2021-12-22

10年前に首を吊ったことがある

失敗したというか、そもそも成功するかどうかわからない雑さだったので生きている。

それは本気で死ぬ気ではなかったのでは、と思われるだろうが、後にも先にもあんなに「死」に取り憑かれたことはないし、本当に病的に死ぬ気だったのだと自分ではわかる。

当時の自分は、社会人一年目で、新卒人間自分の他に一人しかおらず、あまり職場に馴染めず鬱々としていた。

こう書いてしまうとさもありなんと思われるだろうが、それ自体別に死ぬほどのことではなかった。

仕事の代わりに趣味が充実していたし、楽しいこともいろいろあったし、明確なパワハラがあったわけでもない。

なんとなく職場のことは好きではないが、やってることはまあ嫌いでもなかった。

なかったのだが、色々なストレス自覚もないまま積み上がっていたらしい。

とある連休の折り、地方住まいの両親が会いに来てくれた。

食事の席で珍しく酒を飲み、少々酔い、気分良く話していたはずが、気がついたら父親口論になっていた。

なんでそんなことになったのか、全く思い出せない。実際、ものすごく些細な話だったのだと思う。

不機嫌に別れて家に帰った。帰り着いて、風呂に入って、なんでかわからんがめちゃめちゃに泣いて、時間はすでに深夜だった。

まりにも突然急に、あっ、死のう、と思った。

自分で言うのもなんだけど、正直昔からメンタルが強いほうではなかった。人生のうち半分以上を「死にてぇ〜」と思いながら生きていた。

と言いつつ痛いのも苦しいのも辛いのも嫌なので自傷行為などノーサンキューだった。

まり普通に生きていた。

生きていたけれども、「死にたい」じゃなくて「死のう」となったのはその時だけだ。

そして「死のう」の質感は、「死にたい」と全然違っていた。

WEBで今できる死に方を検索した。できるだけ苦しみが少ない方法。それらしいのを見つけた。これだと思った。

親しくしてもらっている大家さんに迷惑がかかるとか、今まさに近くに来ている両親のこととかも考えた。

胸が痛むような気持ちを遥かに上回って「死んじゃうんだからどうでもいいじゃん」と思った。

誰かが困っても、泣いても、死んだ後だからどうでもいい。

そのころ私は趣味WEBサイト運営していて、そこそこ閲覧もされていた。

親しくなった友人も、慕ってくれる閲覧者もいた。

当時はまだ個人サイトを作る人間も多く、そしてなんらかの理由更新が止まってしまったところも多かった。

いつかまた更新されるかも、という期待の残る跡地は切ないので、自分サイトを閉じる日が来たら、ちゃんとその旨を掲示して、これまで見てくれた人への丁寧な感謝文章を書こうと、ずっと前から決めていた。

お知らせのための新規ページを準備して、文章を2行くらい書いたところで思った。

「これもやっぱり死んじゃうんだからどうでもいいじゃん」

この瞬間の確信は、今思うだに異常だった。

周りが聞いたら些細なことかもしれないけれど、当時の自分の一番の矜持とかこだわりみたいなものが、バツンと切られて散ってしまった。

スイッチが入る、という表現が一番近い。切るのではなく、入るのだ。「死のう」という方向に入ってしまう。

恨んだ人間も、お礼を言いたい人間もそこそこいたけれど、それも全部どうでもよくなってしまった。だから遺書も書こうとしてやめた。

面倒くささのほうが圧倒的に上回っていた。

詳しい方法は書かないが、死に損なって障害が残るのは絶対に避けたかったので、そうなる確率が低い方法をとった。

実行する直前で、就活中に軽い不眠になった時期があり、一時的に処方されていた睡眠導入剤のあまりがあった(このときかかっていたのは普通内科だった)のを思い出した。

全部飲んでしまおうかと思ったが、胃洗浄などになったら死ぬより辛いという話を聞いていたので、普通より効果が出るだろう、くらいの量だけ口にして首を吊った。

死にたいけれど苦しみたくはない自分が本当におかしかった。けれど、死んでしまえたらもうそういうことも考えないんで済むんだな、と思った。

頭がぼんやりしてきて、手と足の感覚がなくなったときものすごい解放感だった。

死ぬとわかっただけでこんなに楽になるのなら、もっと早く思いついておけばよかったと思った。そのあたりで意識が途切れた。

目が覚めたら翌日の朝で、床にすごい体勢で倒れており、身体中がばきばきに痛くて、首には紐の跡が残っていた。

要は紐の結び方が甘くて、主に薬の効果意識が飛んだあとに自重で解けて、そのまま床で寝ていたらしいのだけれども、起きたら「死のう」の気持ちは吹っ飛んでいた。

びっくりした。死にたくなくなったことではなく、あんなにも盲目的に死のうとしていた自分のことが、まったくもってわからなかった。

魔がさすとか、憑き物とかいうけど、ほんとそんな感じだった。あまりにも明確に「どうかしていた」。

自分のしでかしたことが怖すぎて、トイレで吐いた。ついでにめちゃくちゃ腹が痛くなって困惑していたら、普段の周期より1週間も早く生理が来ており愕然とした。

(一部の女性には、ホルモン作用により生理前の時期に鬱に近い状態になってしまうPMDDという症例があるのだが、このとき生理周期が狂ったことも含め、なんらかのホルモンバランスの不調が原因で、それだった可能性がなくはない)(ただ、一因ではあるかもしれないがそれだけではないし、それが理由とも限らない)

首を吊った紐は捨てた。気に入っていたワンピースベルリボンだった。悲しくて怖くて服も捨てた。もう一度泣いた。

仕事は休んで心療内科に行って、薬をもらった。首の残った紐のあとは、夜には消えていた。翌日は普通に仕事に行った。次の日も、その次の日も普通に行った。

薬は最初の処方分だけで不要になった。

それから10年たった今も生きている。

で、それでなにが言いたいかというと、人はあまりに突然死に取り憑かれて、急に死んでしまうことがあるだろうということである

ミステリとかで「あの人は近々こういう予定があって楽しみにしていたか自殺なんてありえない」みたいなシーンを良く見かけるが、結論として全然ありうる。

どんな予定があっても、約束があっても、「死のう」は突然やってくる。

あと、死ぬ前に思い悩んでいたことがあったのではとか、誰かに相談はできなかったのか、みたいな話も出てくる。

もちろん誰かに相談したくて、それができなくて思い詰めて、確固たる意志自死を選んでしまった人も多いと思う。

でも、自分が悩んでいる自覚もなく、ある日突然「死のう」が顔を出すこともある。

このときよりも「死にたい出来事なんていくらでもあったのに、それが現れたのは、本当になんでもないはずの夜だった。

人は準備がなくても、杜撰でも、衝動的でも、一瞬の気の迷いでも、タイミングが重なれば、死ぬときは死んでしまうのだ。

たとえそれが自死であろうが、突然の事故と同じくらいに、本人だってわけもわからず、死んでしまうことは、たぶんある。

から他人の死に対し、できればあまり物語を見ようとしないでほしい。

もちろん、なんらかの明確な理由で追い詰められた際に、その解明が必要とされる場面もあるだろうけれども、本人や周囲の意思が示されていない限りは。

そしてもし、そんな事故みたいな「死のう」が来たときに、この文章を思い出して、「ああ、今自分はそういう状態で、本当に一過性のものかもしれない」と思えることがあればいいなとも思う。それは私のエゴだけれども。

どちらにしても夜は深いこと考えないで寝たほうがいい。

こんな時間に書いてること自体があれだけど。




追記

この出来事前後でなにか変わったことは特になく、びっくりするほど普通日常が続いているけれども、その何年か後にバンジージャンプやったときにはこのときの何百倍も生まれ変わった清々しい気持ちになったので、最近人生くさくさしてるなと思う人で健康上の問題がなければやるといいと思いますコロナ明けたらスカイダイビングもやりたいんだよな。

  • お疲れ

  • 死んだの?

    • そうだよ ここは「あの世」と呼ばれていた世界だよ あの世でも増田楽しいね

      • 肉体は滅びでも、魂は統合思念体として残るんだね。不思議だ。。

  • そんな私にも今では理解のある彼くんが

  • 自分にも似たような経験がある。感触としては、スポーツの試合で無我夢中になっていていつの間にか勝っていた時に近いと思った。自分の意思が消えて、身体がマシンのようになって...

  • うーんメメント・モリ

    • 人生観は様々 そう 誰もが知ってる 虚しさを ただやさしさに 変えながら 生き―てる 感情論や人生観で愛は語れない 思い出すよ

  • ワシも生理前の死にたい現象がすごかったけど 死にたくなる周期をチェックしたら生理前と重なってて気を付けられるようになった あと30歳過ぎたらいつ死んでもOKだから30までは死ん...

  • すごく興味深く読んだ。死のう発作の間の感覚、発作収まりその後の驚き、どちらもすごくリアルに感じた。うつ病とかと同じで、本人の意志に関係なく脳の状態でそうなってしまうと...

  • 自分もギリギリ死にきれなかった。あと50cmぐらい前に踏み出して、重力に身を任せていたら、今ごろ生きていなかった。 死にたいと思いながら、いざとなると死にたくないと怖じ気づい...

  • 成仏してクレメンス😞

  • 俺も昔リストカットした時そんな感じだったな 「あ、もうだめだ」 って思った瞬間に一気に周りの音が消えて 洗面所の鏡の前で気づいたら切ってたな トマトケチャップみたいな血が溢...

  • 喧嘩して自暴自棄になり、精神的に弱ったところへ以前そこで首をつった人の霊が取り付いたとしか思えん

  • 分かるような気がする。 最近ニュースを賑わしているあのミュージカル女優も、一瞬でスイッチ入っちゃったのかなー、何故か凄く恐怖を感じる。 身近な人の自死の時はそんな事感じな...

  • 命を落とさずに済んでよかった。 自分も以前、度々猛烈に死にたくなる日があるので数ヶ月にわたって記録をつけてみたところ、見事に生理の5日前ばかりだった。 すぐ産婦人科にいっ...

  • 私も首吊をしたことが有るが、柔道で絞め落とされたような感じ。 なので上手く行けば苦痛は全く無い。 意識が遠のきそうになる手前で反射的に止めてしまったけど。 以来、死ぬとき...

  • わかるー俺も11歳年下の彼女に振られたときは首つろっておもった いざつろうとしたら寒かったからおうちにかえっちゃったけどね ちょうどいまごろだったわー

  • 新卒で働き出した10年前。ある日出勤したら、昨日まで可愛がってくれてた上司が単身社宅で首吊り自殺してたことがあった。 ご遺族にも詳しく聞く機会がなかったので、今でもたまに...

    • 職場が合わずに転職とか退職を決心&伝えるとき、ってあふれそうになったコップの水がついにこぼれる感じでさ、 …突発的、発作的な自死も、そんな感じで決行しちゃうんじゃないの...

  • 子供の頃は20代前半くらいには死んでいると思っていた。別に余命の短い病気にかかっているとかではない。それ以上生きる事が想像できなかったからだ。 20歳になって将来もある程度見...

    • そんなこと言いながら 投資したりキャリア設計したりしてるんだろ

  • 生理のくだりまで男性かと思って読んでた 生理前メンタルがやられるから気をつけてる

  • https://anond.hatelabo.jp/20211222013239 ↑ こういう増田に対して、俺は「そのまま死ねばよかったのにね!」とかそういう言及がつくのが当然だと思っていた。 (俺はそんなこと書かないけどな...

    • そんな長文書いてる時点で健康とは程遠いよ

    • なんかつらいことあったん?あったかくして寝なね

      • いやメンヘラに優しくしないと辛いことがあった判定される世の中っておかしくね?って話でな。

        • メンヘラに優しくするとかしないとか関係なく君のことが大丈夫か気になっているよ あるいは君は無自覚にかわからないけれどしんどさを呼びかけているようにも見えているよ これは私...

    • 市民権を与えているというかみんなメンヘラになっちまってんだよ今の日本は クリニックなんかどこも予約満杯でとれないんだから

    • でもお前もメンヘラじゃん 逆張りしてまでかまってもらいたがっちゃって よちよち

  • どうせ自虐風自慢だから読みずに自分語りすると、下敷きなった椅子が木っ端微塵になって怖くなって以来首は吊ってない 恐怖は学習に役立つ

  • その「死のう」スイッチが入らないから生きてるだけって人はたっくさん居ると思う。自分も含め。 自殺に伴う痛みとか失敗への恐れが全く無いくらいに振り切れた状態になるなら、あ...

  • 「死にたい」と「死のう」のあいだには壁があるのだけど、でもふとした瞬間にその壁が溶けたようになってしまうことがある。「どうでもいいじゃん」となる感覚もわかる。けっこう...

    • 本気でってのが錯覚じゃ 何で首つるぐらいのことがめんどくさいとかそれは本気じゃないってことだろ なんとなくだ なんとなくレベルのことを本気と錯覚するぐらい頭がバグっとる...

  • なんとなくわかるなぁ。「死にたい」と思ったことはないけれど、もしかしたら「死んでたなぁ」ってことは数えるくらいはあったので。 結局の所、現世とあの世を繋いでいるのはそん...

  • なぜ「自殺しようとすること」を他人に伝えようとするんだろう。それを伝えられた側の人間はどうすればいいの? 友人(だと思っていた人)から真新しい首吊り紐のアザを見せられなが...

  • リンク 2021年度 匿名ダイアリーTOP250 2021年度 匿名ダイアリーTOP251-500 ランキング 順位 ブクマ タイトル 1 2558 当たり屋対策の集合知 2 2336 洪水被害にあったらやる...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん