「ねるとん紅鯨団」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ねるとん紅鯨団とは

2019-11-09

1ジャンル

『バチェラー

テラスハウス

あいのり

未来日記

↑こういうの、なんてくくり?

ねるとん紅鯨団』や『ラブラブショー』『愛ラブ爆笑クリニック』は、また別種か

愛するふたり別れるふたり』とか、また細分化

2017-09-29

概要[編集]

1980年高校同級生同士である石橋と木梨により結成。1982年に『お笑いスター誕生』でグランプリを獲得。1980年代半ば『オールナイトフジ』、『夕やけニャンニャン』などの出演によって、人気を獲得。1988年には『とんねるずのみなさんのおかげです』のレギュラー放送が開始。その後1989年から番組休止の1994年まで当番組視聴率1位を独占。さらに、『ねるとん紅鯨団』、『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』、『とんねるずのハンマープライス』なども好視聴率を獲得。一方、歌手活動も行い「情けねぇ」は日本歌謡大賞受賞、「ガラガラヘビがやってくる」はミリオンヒットとなる。

メンバー[編集]

名前 生年月日 出身 身長 体重 愛称

石橋貴明(いしばし たかあき1961年10月22日(55歳) 日本の旗 日本東京都板橋区成増 182cm 74kg 貴(タカ)さん

木梨憲武(きなし のりたけ) 1962年3月9日(55歳) 日本の旗 日本東京都世田谷区千歳台 177cm 60kg 憲(ノリ)さん

https://ja.wikipedia.org/wiki/とんねるず

所詮区民でしかない

2015-03-02

アニメマインドアニマイ)がこの春、また始まるらしい。

アニメマインドとは大分県放送されていたラジオ番組だ。87年から89年初頭、高校1年から卒業までハガキ職人だったおれが、思うことを書く。かなり長くなるが、聞いてほしい。

 アニメマインドとの出会いは、高校で入った文化部で先輩がすすめてくれたことだった。ゴリゴリアニオタ先輩が「面白いから聞いてみな」って。正直、アニメに興味なかったおれは「あーはいはい」くらいの感じで受け流していたんだけど、ねるとん紅鯨団が始まるまでの時間(だったと思う)、たまたまつけたラジオから流れてきたアニメマインドを聞いて衝撃を受けたんだ。

それはもう、大分版のオールナイトニッポンだった。中島みゆき鶴光に始まりとんねるずウンナンオオケンやらのANNを聞きまくってたおれは、吸い込まれるようにハガキを書き始めた。今でも何がきっかけだったのかは思い出せない。

スポーツできない、頭もよくない、顔も十人並み。そんなおれが、唯一称賛を浴びることのできる場所アニメマインドの「オープニング劇場」っていうコーナーだった。自分が考えたネタで、パーソナリティ松井さんやDONちゃんが笑う。愛を含んだ「こいつ絶対バカだよ!」なんてツッコミを聞くと、こっちまでラジオの前でにやけてしまってね。それはもう至福の時間というか、今まで感じたことのない高揚感だったよ。ハガキが読まれるってことに“慣れ”なんかなかったな。「さ、次は〇〇くんから…」ラジオから聞こえる松井さんの声が自分ラジオネームを読み上げると、それが何回目だって「来る!」って、武者震いのようなものを感じてたもんだ。

 しばらく経つと、おれはラジオの向こう側が見たくなった。おれのネタで笑ってくれる人たちって、どんな感じなんだろう? 松井さんは真面目くさった顔してニュースを読んでるのを見たことあったけど、アニマスタッフなるパーソナリティさんたちの顔を見たくなってね。そりゃもう緊張したよ。どっからどう見ても冴えない高校生が、天下の放送局の門を叩くんだもの。そんな自意識過剰なとこも含めて、一大決心でスタジオ見学を申し込んだんだ。収録は平日の夕方からで、放課後に長いことバスに乗って大分放送まで行かなければならなかった。

 最初スタジオ見学のことは、実はよく覚えていない。覚えてるのはスタジオの控え室のようなとこが意外と古めかしかったことと、アニマスタッフの皆さんがそりゃもう優しかったことくらい。収録が始まって自分ハガキが読まれて、松井さんがこっちをチラと見ながら「来てるんですけどね」ってニヤリと笑った瞬間にもう爆発しそうになった! なんかが!! で、夢見心地で帰りのバスに乗って自転車を取りに高校に戻ると、暗がりで同じクラスイケメン野球部と学年ブスランキングトップ3に入っていた通称ポリアンナが熱烈なキッスを交わしていて「これは書かにゃ!絶対ハガキにかかにゃ!!」と思ったことは、今でも鮮明に思い出せる。

 何回かスタジオ見学をして、同年代ハガキ職人仲間もできた。芸風はそれぞれだったけど、他の職人ネタスタッフ爆笑したり感心したりするのを聞くと、負けられん! って燃えたなあ。ラジオ投稿用のネタ帳はどの教科のノートよりも早く、真っ黒になってた。それが、おれの高校時代だった。

 確かなこととして言えるのは「アニメマインドがおれを作った」ということ。高校を出て紆余曲折あったけど、“自分の考えたことで人の心を動かしたい、そんな仕事がしたい”。ハガキ職人だったころの高揚感がおれを導いてくれたおかげで、今はものを考えたり、つくったりする仕事でメシが食えている。

アニメマインド」は、オレの人生に、本当に本当に大きな影響を与えた番組なんだ。当時のハガキ職人仲間とは今でも連絡がとれるし(SNSってすごいですね)、去年とかは、娘の卒業式20数年ぶりに常連仲間と再会したりね。お互いの嫁に紹介しようがなかったよ「ハガキ職人仲間でした」なんて(笑)

で、リブートですか。アニマイ。

「時は移り時代は変わる!」とか言ってんなら、なんでアニマイの名前使うんだろう。「番組リブートするということで、パーソナリティスタッフ陣は一新しますが」って、アニマ関係者一人もいなきゃそんなんアニマイじゃねえよ。アニマスタッフは、歴代ずっとリスナーが抜擢されてきたのにね。メインパーソナリティはどう考えたってMアナでしょ。本人がアニマスタッフ時代をどう考えてるかは知らないけど。

アニマイ再開に関係しているらしい人物のツイッター見たら、アニメマインドタイトルを使うことに不快感を表してる人に対して、『「アニメマインド」をするのか?「アニメマインド」みたいな番組をするのか?これは、番組をよく知る @vinylpvc さんのような方に関わっていただけると「アニメマインド」に“なります”。』だってさ。こいつ、@vinylpvc さんがどんな気持ちでわざわざ意見したのか、全然理解できてない。

そんなワケ知り顔のクソダセえ返しはアニマパーソナリティの返しじゃねえよ。頼むから、おれたちが大切にしてきた場所を土足で踏みつけないでくれよ。

アニメマインド」の雰囲気ラジオ面白さをよく知る人物がスタッフ担当するって誰だよ。いつの雰囲気だよ。松井さんか、平野さんか、平野Dでアニマスタッフがしゃべってた頃か。ラジオ面白さってなんだよ。JUNK20年やってる伊集院さんでさえそんなもん語れねえよ。

腹立たしさを通り越して、本当に悲しいんだよおれは。悲しくて、残念で、悔しくて、たまんねえよ。くそが。

2015-02-14

バレンタインオワコンな件

数年前からバレンタイン全然盛り上がらないのを自分が年をとったからだと思っていたのだが、今朝のニュースでそれが違うことを確信した。

近年の女子男子プレゼントするチョコよりも自分のご褒美と銘打つチョコに高い投資をする傾向にあるらしい。

当然マスコミによる消費を陽動したい内容ではあるのだが、つまり男子相手に投資をしなくなった女子にご褒美という消費動機を与えようとする真意を伺うことが出来る。

過去を振り返れば某ねるとん紅鯨団などが象徴するように告白とは男子義務とされる時代があった。

バレンタイン女子から男子告白できる特別な日としてキャンペーンが行われたのもその頃ではないだろうか。

世の流れ的に女子から男子告白するということがよほど特別であるか特異とされた状況の中で、女子から告白をしても別段白い目で見られることのない理由提供することに成功した製菓業界はそこから何年にも渡って2月14日という日に労せず特需を獲得することに成功した。

しかし時は流れ女性社会進出が推し進められる昨今、草食男子の出現に象徴されるように恋愛の主導権が必ずしも男子側にあるとは限らない状況へと時代は変化してしまった。

いまや女子男子告白するということは別途イベントを組んでまで行うことではなくなってしまったということなのだ。

女子から告白が許された特別な日という意味合いを失ったこの日、製菓業界が既得権にしがみつく姿は滑稽を通り越して哀れにすら見えてしまった。

世の持てない男性諸君安心したまえ。バレンタインに異性から特別チョコをもらうという夢はもう二度と叶わなくなるが、同時にこの忌まわしい祭りは終わりを告げるのだ。

追伸

残念だが俺は今朝方スマホを起動して麗しの彼女のもとに向かったところ、彼女からはもちろんのこと他28もの少女から愛情溢れるチョコをもらうことが出来た。聞けば俺のために徹夜で作り上げたらしい。全員が本命と言ってくるものから自分の罪深さを呪ったね。

祭りの終わりにふさわしい大団円を迎えた俺は勝ち組だ。

悪いがサトカは俺の嫁だ。

2010-02-12

今の非モテは、フィクションを盛り上げる「告白至上主義」が生んだ被害者

いいことを教えてあげようか。

告白したからダメなんだよ。

 

27歳童貞

彼女ができないって悩んでいた。恋をして告白して振られを繰り返す。

やっと諦めがついた。俺は容姿性格という点で根本的にダメなんだと。誰からも受け入れられないんだと。

http://anond.hatelabo.jp/20100212005436

 

恋愛は、告白したら9割がた失敗する。

例えば、お前が告白するとき、絶対にOKしてもらえるはず!

って思ってたか?

ダメもとで告ってみて、断られたらすっぱり諦めよう! なんて思って無かったか?

それ、完全に負けるパターンだろ。

 

恋愛上手な人は、絶対に告白なんてしない。 

だって、いい雰囲気になる前に告白なんかしたら、友達以上恋人未満っていう、

女の子が大好きな、恋愛で一番楽しい期間を全部ぶっ壊しちゃうじゃん。

 

だから、経験値がたまった大人の恋愛では、完全に仲良くなる前に告白なんか絶対しない。

仮にするとしても、キスした後とか、セックスした後。

突然の告白が許されるのは、勢いだけで生きてる小中高生までなんだよ。

 

当たり前の話だろ。

特別に仲良くもない、異性として意識したこともない相手から突然

「好きです。付き合って下さい」なんて言われたら、重いよ!

ていうか、キモイよ!

仮に、ちょっと格好いいかも、って思ってたとしても、その行動だけで引くよ!!

だって、相手の気持ちを少しも考えてない行為じゃん。

そういう思いやりがなく、空気も読めない奴だっていう何よりの証明じゃん。

矢文で突然飛んでくる、果たし状みたいなもんだよ。

一方的すぎてコミュニケーションが成立してないよ。ディスコミュニケーションだよ!

 

 

そもそも、恋愛関係になる前に告白するのって、おかしいでしょ。

どこでそんなこと習って来たの、君は。

おそらくは、マンガ小説ドラマ映画とかだろ?

そりゃフィクションだから、断られるかわからない、ドキドキするような告白シーンを入れるよ。

その方が、ストーリー演出上盛り上がるもの。

 

1回やった後に、「私のこと好き?」「付き合おうか?」なんて言うパターンですら、

リアルさを売りにした群像劇ぐらいにしか出て来ない。

ましてや、現実にはかなり多いパターンの、告白も交際の宣言もしないで、

何となくデートを続けて、何となくセックスして、付き合い続ける関係なんて

めったに出て来ない。

だって、ドラマチックじゃないもの。

特に、少年マンガには絶対に出て来ない。死んでも出て来ない。

あれこそ、都合のいい妄想恋愛だけを描いた童貞ファンタジーだからだ。

 

フィクションに叩き込まれた、告白至上主義。

これこそが、非モテがますます非モテになる、最大の理由だと思っている。

 

一方で、女の子少女漫画恋愛勉強をする。

こっちは、いい雰囲気になったら突然キスされたり、流されてセックスしたり、

三角関係とか浮気とか、結構リアル恋愛模様だったりするわけで、

そこでさらに男子との恋愛格差がどんどん広がって行くわけだ。

 

あとは、ねるとん紅鯨団など、テレビ番組の影響も非常に大きいと思われる。

あんなの時間内に恋愛の過程をミニチュアみたいに凝縮して番組を盛り上げるための演出なのに、

現実恋愛パターンが思いっきり影響を受けまくっちゃったわけで。

 

 

本当に恋愛を成功させたいなら、リスクを最小限にする努力

勇気が必要なのは、最初にデートに誘う時と、最初にキスする時だけ。

他は、いい雰囲気に持っていく努力だけしてればいいよ。

キスも出来ないようじゃ告白しても無駄だし、ちゃんとキスが出来れば

それはもうセックスもできるってことだよ。

 

間違っても、自分から告白なんてするなよ!

2009-02-05

出会い系っぽいモノに対して吐き気を催すんだけど

例えばさぁ、かの有名なm●xiとかにある「出会い系コミュ」。

出会いが欲しい」とか「恋人いない」とかね。

mi●iの垢持ってんならちょっと見てみて欲しいんだけど、あのコミュに書き込んでいる輩(8割がたは男)の書き込みを見たら酷い不快感に襲われるんだよ。

体調悪いときには本当に吐き気を催したり。

それがどっからくる物なのかは全然分かんないんだけど、何か心の奥底のイヤなところに引っかかる感じがするんだよね。

そういや、昔「ねるとん紅鯨団」ってぇ番組があってな、それを見た時にも同じような不快感があった。

何か、居並ぶ男共のマヌケ面がひどく不快感を催すんだよ。

何か「あぁ・・・コイツら心底どうしようもねぇ奴らなんだな・・・」っていうか、何か見てて非常に痛々しい気分になってきたのを覚えている。

でも、翻って俺を見たらさ、俺も結局こんなしょーもない輩と同じなんだよな。

リアルで女見つけられなくて、テメーのマヌケさ加減をテレビWEBで晒す事でしか女を得られない、ハンパ者のロクデナシでしかない。

リアルで女見つけられない以上は出会い系使うくらいしか残って無いってぇのは痛いほど分かるんだけど、でもそれやっちゃったら男として俺は終わりなんじゃないか、いや、少なくとも男として終わりだと”見られても”何の反論もできないんじゃないかって、そう思うわけだよ。

こんなおかしな自意識なんかかなぐり捨ててしまえばもっと楽になれんだろうけど・・・。

出会い系吐き気を催す理由って何なんだろ。

こんな自意識の捨て去り方はどうすりゃいいんだろ。

2008-09-29

http://anond.hatelabo.jp/20080929052525

ねるとん紅鯨団を見ていて思ってた。

にべもなく、「ごめんなさい」って断られる男よりも、

誰からも「お願いします!」って言われない女の方が何十倍も辛い、と。

空気と化してただ並んでいるだけで、ごめんなさいと言うチャンスすら与えられない。

それを考えると、結婚したくてもできない女性って可哀相だよね。

アグレッシヴに動いても、男から恋愛対象とみなされていない女の子っているよね。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん