「CocaCola」を含む日記 RSS

はてなキーワード: CocaColaとは

2021-06-04

五輪スポンサー不買運動

いい加減、本当に今夏の五輪はやめなければならない。この記事を見て改めて思いました。

https://mainichi.jp/articles/20210603/k00/00m/010/182000c

ただ、私は権限時間金もない一般人なので何もできることはありません。

それでもできることを考えた結果、五輪スポンサーのもの今日から買わない、使わないことにしました。

五輪を中止もしくは延期することに賛同する方は、一緒に不買運動をお願いしたいです。拡散も是非に。

ハッシュタグはすでにあるようなので #五輪スポンサー不買運動 でお願いします。

この際、中止すべきか延期すべきかの議論は置いておきます

一番下にスポンサー企業の方への、私なりの思いも書いておきました。

スポンサー一覧

リンクはJOSのものを参照しています

https://www.joc.or.jp/about/partners/

不買運動難易度独断で考えてグルーピングし、簡単そうな順に並べました。

多すぎて煩雑になったので、オフィシャルサポーター記載していません。

単価安めのメーカー
競合への乗り換えや利用停止ができそうなサービス
単価高めのメーカー
競合への乗り換えや利用停止が難しそうなサービス
我々にはあまり関係なさそう

スポンサー企業の方へ

こうして改めて一覧してみて、普段から使っている好きなものの多さに改めて驚きました。

これまで努力してブランドを築いてきた結果として、私のような一市民が愛しているブランドになっているのだと思います

ですが、そのブランド価値が、少なくとも私にとっては大きく毀損しようとしています

もしこのまま五輪が開催された場合、私は死ぬまで二度と、五輪スポンサー商品サービスを利用しません。

絶対転職しませんし、子供就職するときも、可能ならば入らないよう勧めます

それは、最終的には、顧客のことよりもしがらみや目先の損得を追う企業であるというイメージが、私の中に固着してしまうからです。

とても難しい判断なのはわかります

スポンサーを降りることでおそらく多額の違約金が発生するのでしょう。しがらみもとても多いのでしょう。サンクコストは途方もないものだと思います

それでも、今スポンサーを降りるという判断をした企業に、我々多くの国民が救われるはずです。

本当に優先すべき顧客は我々国民へのブランドであると、思ってはいただけないでしょうか。

一社目が鍵だと考えています一社降りていただければ、他の企業追随やすくなるはずです。

私は、一番初めにスポンサーを降りてくれた企業のことを一生忘れません。

世論調査

最後に、スポンサーである新聞社が出している世論調査を貼っておきます

https://mainichi.jp/articles/20210522/k00/00m/010/128000c

https://www.asahi.com/articles/ASP5J6F6SP5FUZPS003.html

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA27DMA0X20C21A5000000/

https://www.yomiuri.co.jp/election/yoron-chosa/20210509-OYT1T50173/

2020-12-02

anond:20201201184650

嘘松ではないだろうけど、話を盛りすぎ。というか車買え。

大きな工場があり、新幹線が止まる地方で、「何もない」なんていうことはあり得ないだろ。

どうせ車で30分飛ばせばイオンモールとかあるに違いない。

というか、本当に「何もない」田舎を知らなすぎると思う。

コンビニファミレスは当然のようにない。スタバテレビで見るだけのほぼ外国

CocaColaの赤い看板を掲げている個人商店けがなぜか生き残っている。

・最寄りのスーパーも車で1時間かかるので、最低一週間分食材を大量に買いだめする。

・近所は全員が知り合いで、匿名性やプライバシーゼロ地域の集まり活動はほぼ強制参加。

マンションアパートなんかあるわけがない。

平成合併で、市役所にいくのも車で1時間以上。旧役場も支所として存在している場合があるが、老朽化がひどい。

・大きな建物神社とお寺だけ。娯楽も祭りだけ。

小学校だけはかろうじて存在していたが、それも最近は次々と廃校に。

・鶏の鳴き声がめざまし時計がわり。

・猫は普通に放し飼い避妊もしない。家に帰って来なくても探しに行ったりしない。

・家でテレビばかり見ているので、政治芸能ニュースには人並み以上に詳しい。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん