2013年08月15日の日記

2013-08-15

http://anond.hatelabo.jp/20130815235514

あーわからなくはないけどそっちじゃ勃たなかった

飲食店をクビになりました。

正社員でした。

仕事はそこらの人以上にできるんだけど、

やる気が見られないからという理由で辞めさせられました。

もういい加減普通に働かせてくれるところがいいんですけど。

必要以上にやる気とか求めないでもらえません?

そういうの面倒くさいんで。

労働者はそれなりの労働しかやりたくないんですよ。

経営者のアンタはもっと稼ぎたい、もっと認められたいからしゃにむに頑張るんでしょうけど、

俺はただ毎月決まった給料が貰えればいいだけ。

から必要最低限のことしかやらない。

そこに何か問題がある?

そんなにやる気を引き出したいんだったらそういう教育をするか、

ハナからそういうヤツを募集しろよ。

お前の経営者ごっこになんか付き合いたくねーんだよばーか

俺、今は経営者です。

http://anond.hatelabo.jp/20130815234005

とりあえず、野球ってものをもうちょい知ってから発言してください。

単に夏場に大会やって体力消耗するわーってのはそれ程問題ない(それ自体問題視する人も居ることは居るけどそういう人は他のスポーツもそう思ってるんだろう)

問題なのは投手

投手の肩は消耗品だと言うのはプロでは常識で、

実際高校酷使し過ぎてその後プロで上手くいかなかった選手大勢いる。

ホントヘタすると肩に障害を持つような形で生きていかなくてはいけない人もいる。

あんたから見ればただ投げてるだけで他の選手となんら変わらないように見えるかもしれないけど、

あれだけの球速を投げれば(無理やりその速さで動かせば)、あなたの肩なら10球も持たずに使い物にならなくなります

それ程のものなんです。

ただ、"消耗品"であるため、使えてるうちは甲子園酷使してもすぐにはどうこうなるか見えづらい部分があるんです。だからやっちゃうんです。

その一方、3年生になる前に肩を潰して投手を諦めざるをえなくなる選手大勢いるんです。

制限がない以上、無理をしてしまうのは仕方ないことなので、

日程を緩やかにしたり、いっそのことWBCの様に球数制限をしたり、ルールとして制限するしか無いのでは、ということで

話が出ているのです。

http://anond.hatelabo.jp/20130815222506

歯だけは磨かないとあとでえらいことになる

http://anond.hatelabo.jp/20130815234106

密林にあるのよりも良いのないかなと思って

http://anond.hatelabo.jp/20130815233814

空気嫁自体はどこで買ったんだよ

Amazonならそれも同じくamazonだろ。

空気嫁用のスカートを買いにドンキに逝ったのだが結局恥ずかしくて買えなかった

へたりあ。。。

どうすれば良かったのか

仕事をいただいてからヒアリング

そこから目的を洗い出してその目的を達成可能な具体的なデザインを出来る限りのスキルを詰め込んで提示した。

パソコンOSって何?ってクライアントだったので、分かりやすいように0ベースでは無くて既存デザインを提示して完成形の摺り合わせ)。

そこから仕様を詰めてガントでタスク/期限を洗ってゴリゴリ日程を詰めてった。

作業完了日と支払いに関して詰めていった。

見積もりについてはブランクがあったので、金額は相場の半値以下で引き受けた。

(今思えばコレが間違いだった。労力に見合う対価を自分で安請け合いして、自分の首を絞めていた。社畜根性抜けてない)

OKが出たので、ワイヤー作ってコーディングの大体の雛形もついでに並行して作った。

ただそのままだと内容的に「いや、パクリだろコレ?」ってのに近かったので、コンテンツや細かいとこで被らないようにフルコーディングレスポンシブで独自コンテンツを詰め込んでガリガリ書いた。

お仕事なので、それに見合う様寝る間を惜しんでもてる全ての技術要望に沿うように詰め込んだ。

最初の納品期日が訪れた。

データを納品して、仕様が確定していない部分を残して仮公開した。

この時点では、「クライアントさんものんびりしてらっしゃるのでこういうケースの場合の後学のために勉強させてもらおう」ぐらいに思っていた。

一度目の期日が過ぎ、ガントからタスクがはみ出し出したのでバタバタとタスクを消化しながら、更新作業の教習を実地で行い、完全とは言えないが業務に支障が出ないレベルには育て上げた。(つもり...)

2回目の暫定期日が過ぎた。この段階からクライアントさんが今までのヒアリング等を無かった事にして想定外の変更を修正・指示依頼を出してきた。

「まぁコレはこっちがしょうがないよな。その際の詰めを甘々にした自分が悪いし、コレも仕事だろ」と契約の際に修正対応の限度を設けなかったのを反省しながら対応していった。

日々修正対応に追われていたが既にクライアントに投げている仕様確定がまだ返ってこない。

この段階で嫌な予感(炎上臭)がしたので、やるべき事に専念するようにして気長に待ち、その後仕様を催促して詰めた。

3回目の期日を設定し、それに伴い延長されていた入金日を確定させた。(ここで不信感が少し芽生えた)

期日を過ぎても入金がされていないので、確認すると「え?その日だったけ?」と眩暈がする返答だった。

これには正直殺意を覚えたし、リアルネットでそんな荒れたツィートとかメッセやらただの害をまき散らしていた。(当時を知ってる方、ホントすみませんでした)

気を取り直して入金日を再設定した。

すると、今度はとある法人から連絡が「ウチから今月請求無いけど、この入金何?」

ラグラと常識が崩れる音がした。

なんとなく泣き寝入り炎上現実味を帯びてきたので、なんとかして元本を回収してなるべく被害が拡がる前にこの件から撤退しようと考えた。

なんとか回収自体は成功し、ホッと一安心したのもつかの間、今度は追加対応に関して「言った/言ってない」に至り、

クライアントがコチラを罵倒しながらなんとか費用を払わない方向に持って行こうとした。

この行為に呆れと怒りが爆発し、採算度外視でキレてしまった。

「やってしまった。」

今思えば、コレも向こうの手だったのだが当然こっちが悪い。

どんな相手でも客は客。

客を選ぶところもあるが、あいくそんなこと言えない。

切れたら負けだ。

当然、クライアントからは「金返せ!金返せ!」と怒りの連呼

その後「・・・それで宜しく」電話が切れた。

学ぶことは多かったが、地雷案件だったとどうにも割り切れない。

キレてる負い目も利用されてるんだろう。

あぁもう少し耐えてリリースすれば良かったのか。

家族にも友人にも、職場の同僚にもこの話は出来ないから、ここで告白させてくれ。

正社員なら、正直手取り10万あればいい。

中央区ワンルーム借りて、十分贅沢な生活できる。

労働時間はもう少し長くして欲しい。

必要もの優先順位が低いと置き去りにされていくことが辛い。

それを説得できない自分の実力不足も。

責任感というもの意識できない。

給与をいくらもらおうが減らされようが応じた責任を感じることができない。

給与インセンティブにして働く意識を変えることができない。

おそらく何時になっても会社に貢献することができないだろうという直感がある。

低学歴高学歴って

学歴が力か

暴力が力か

信ずるものが違うだけだな

あとは金とセックスのことしか考えてないし同じだわ

http://anond.hatelabo.jp/20130815233123

確かに俺も友だち少ないか

友だちと下ねた話もしたいなあ

http://anond.hatelabo.jp/20130815232733

してえよ!

してえけどさ、相手と云々するという面倒くさい事をやり遂げてまでのやる気はないし

かと言って金払ってまでやりたい程でもないし

・・・なんだろうな・・・

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん