「真如苑」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 真如苑とは

2014-04-12

豊島区エルサレムと『雑司ヶ谷R.I.P.

樋口毅宏小説さら雑司ヶ谷』は、東京都豊島区雑司ヶ谷舞台にした小説ゲリラ豪雨幼なじみとの恋、やたら強い中国人との愛憎入り交じる関係オザケンタモリなどがごちゃごちゃになって、一気に読めてしま楽しい(←人による)話だった。主人公の祖母は大きな宗教教祖なんだけど、続編の『雑司ヶ谷R.I.P.』では教祖だった祖母が亡くなり、後を継ぐことになった主人公に大きな困難が降りかかるという話だった。

主人公が継ぐことになる宗教は、雑司ヶ谷に本拠地がある「泰幸会」。都電庚申塚駅(新庚申塚だったかも…)の近くに「泰幸会スーパーアリーナ」という大きな宗教施設を持っているという設定。ちなみに庚申塚駅というのは「おばちゃんの原宿」で有名な巣鴨地蔵通りの終点にある駅。ここを読んだとき、なるほど!と思った。雑司ヶ谷から庚申塚都電で行けるということだけではなく、巣鴨のまわりには大きめな宗教施設がやたらとたくさんあるからだ。

巣鴨駅の近くには創価学会東京戸田記念講堂、三田線の隣駅である千石の閑静な住宅街にはパルテノン神殿のような天心聖教の本部聖堂巣鴨大塚の間くらいには真如苑大塚支部、西巣鴨というか西ヶ原四丁目には天理教の大きな教会。大きくはないけど、大塚にはサイエントロジー東京もある。もちろん、地蔵通り商店街にはとげぬき地蔵で有名な高岩寺もある。巣鴨宗教施設がたくさんある理由はよくわからないんだけど、これだけの集まっているのはある意味すごいと思う。

そういえば、『さら雑司ヶ谷』が大きな影響を受けているであろう『池袋ウエストゲートパーク』がドラマ化された際、長瀬智也演じるマコト実家池袋果物屋だった。東京で暮らすようになって、池袋駅北口にある小さな果物屋さんをみつけたときには「あのマコト実家だ!」と感激したものだった。『雑司ヶ谷R.I.P.』に出てくる「泰幸会スーパーアリーナ」が庚申塚にあることを「ありそう!」と感じるのは逆だけれども。

夕暮れの巣鴨地蔵通り、とげぬき地蔵の前で、メイドさんが呼び込みをしているというカオス風景を見て、そんなことを思い出した。

2013-11-29

信仰の内容を吟味する必要

真如苑という宗教団体の次期後継者が指名されました。

信者さんの中にはなんとなく不安な人もいるそうです。私の知り合いの人もそういっていました。

不安なのは教えの内容を信じているのではなくて、教祖様やその後継者の方を信じる気持ちが強いからかなとおもいます

それは教えの内容をよく吟味していないから人物に頼っているということでもあります

内容が大切なのではと知り合いにはいったつもりですが、上手く伝わっているかはわかりません。

2010-09-10

大塚巣鴨駒込エリアカルト教団の充実度は異常

目に入ったものだけでこれだけあった。

本格的に探せばまだまだあるかも。

2009-11-17

[]konoike関連

http://anond.hatelabo.jp/20091117080828

埃がつもる

konoike氏などによる定義

埃がつもるほこりがつもる)とは、今の多くの天理教信者天理教組織の状態。

埃がつもる - Yourpedia

http://ja.yourpedia.org/wiki/%E5%9F%83%E3%81%8C%E3%81%A4%E3%82%82%E3%82%8B

今の天理教信者天理教組織の状態。

天理教@ ウィキ - 埃がつもる - @ウィキモバイル

http://www11.atwiki.jp/tenrikyo/m/pages/54.html?guid=on

756 神も仏も名無しさん[sage] 2008/10/23(木) 17:48:33 ID:Y/nDKKn6

天理教よく使われる概念として、「因縁」というものがある。意味言葉どおりである。悪い「因縁」を良い「因縁」に変えることが、信者目標である。

因縁」は生きている間にも増える。これを「埃がつもる」という。

2ch 真如苑63 701-800 - 真如苑 被害状況 まとめページ - livedoor Wikiウィキ

http://wiki.livedoor.jp/semicircle/d/2ch%a1%a1%bf%bf%c7%a1%b1%f163%20701%2d800

因縁」は生きている間にも増える。これを「埃がつもる」という。

おふでさき-液クロサイエンス社員天理教強要

http://yaplog.jp/ekiqlo/archive/65

悪い「いんねん」を良い「いんねん」に変えることが、信者目標である。「いんねん」は生きている間にも増える。これを「埃がつもる」という。

いんねん の まとめ- @PEDIA(アットペディア)

http://atpedia.jp/matome/%E3%81%84%E3%82%93%E3%81%AD%E3%82%93

信者による説明

まず第一点は、人間というものは生きている限り埃と無縁ではありえないということです。「新建ちの家」とはまだ人の住んでいない家で、このような家にも埃がつもるということは、人間が何もせず、じっとしていても心に雑念が去来してくる、人の住んでいる古い家ともなると、つまり人間一日中忙しく行動していると、どれだけ多くの埃をつむかわからないということ、また「新建ちの家」は埃のない家ですから、それを聖人君子悟りを開いた人、解脱した人と考えますと、そういう人でも埃とは無縁ではないことを教えられているように思われます。また「目張り」は外から埃が入らないようにするためのものですから、「目張り」をするということは、人間の心を誘惑する物、財産名誉、地位等から離れること、つまり出家して俗世間との接触を一切たつことが意味されていると考えますと、「目張り」なしで生活をする、社会において人、物にとりかこまれて生活すると、どれほど多くの埃をつむかわからないということを教えられているのではないでしょうか。

天理教,教祖,親,救済,たすけ,つとめ,

http://otasuke-tai.net/tenri_oya9.html

まとめ

因縁」は生きている間にも増える。これを「埃がつもる」という。

これは正しい説明だとして、

今の天理教信者天理教組織の状態。

この説明が誰の発言なのかが不明。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん