「クラシコ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: クラシコとは

2016-06-13

E-sportsの現状

最近はてなでもちょこちょこE-sports話題ブクマ集めてて日本世界の差を嘆く声があるけど

もちろん日本とは比較にならないくらい盛り上がってるとはいE-sports先進国でも一般層まで浸透してるかというとそこまででもない。

最近ESPNLeague of Legends(LoL)のスーパースター"Faker"ことイ・サンヒョクとサッカーメッシNBAレブロン・ジェームズ比較する記事を書いたところ

スポーツゲームを一緒にするな」「マウスクリックしてるだけの奴の何がアスリートだ」というようなコメントが大量についた。まあそれに対する反論もいっぱいあったけども。

まだまだゲームスポーツ扱いするなんて我慢ならんという層は向こうにもいっぱいいる。

あとアメリカではだいぶ状況は良くなってるみたいだけどEUではまだまだプロゲーマービザ取得は大変なようで、ヨーロッパのチームマネージャーの苦労話はあちこちから聞こえてくる。

そもそも「一日10時間ゲームをして給料をもらう若者」というもの理解してもらうだけで一苦労らしい。

その一方でE-sportsのチームはただのゲーム仲間の集まりではなく、本格的にビジネス界やスポーツ界の人や組織が参入してくるものになってきている。

アメリカでは元々テレビE-sportsについて肯定的発言をしたり、LoL試合子供と身に来たりとE-sportsファンとして知られてた元NBA選手LAレイカーズの3連覇のメンバーであるリック・フォックスが

今年LoLのチームを買収してE-sportsに参入した。フォックスのチームメイトだったNBAレジェンドシャキール・オニールや元MLBスーパースターアレックス・ロドリゲスLoLにチームに出資をしているし

NFLダラス・マーベリクスのオーナーとして知られる実業家マーク・キューバンインテル主催大会インテルCEOLoLエキシビションマッチを行い、チーム所有にも前向きな姿勢を示すなど

スポーツ界のOB関係者E-sports視線を向けている。

さらヨーロッパでは大きな動きが。内田篤人所属することで日本でもよく知られているヨーロッパの名門サッカークラブ シャルケがこの夏チームを買収してLoLに参戦。今後OverwatchやHearthstoneにも参入を予定している。

さらリーガ・エスパニョーラバレンシアFCE-sports部門設立を発表するなど、名門スポーツクラブE-sportsに熱い視線を向けている。ひょっとしたら将来バルセロナとR・マドリードゲームクラシコを行うなんてことがあるかもしれない。

2016-02-12

[] イタリア DOCG

フリウリ・ヴェネチアジュリア

名前生産可能色主要品種備考
ラマンドロ白甘ヴェルドゥッツォ・フリウラーノぶどうを陰干し
コッリ・オリエンターリ・デル・フリウリ・ピコリット白甘ピコリット
サッツフリウラーノ、シャルドネ、ピノビアンコ等フリウラーノ50%以上
リゾンタイ(トカイ・フリウラーノ)タイ85%以上 ヴェネト州にまたがる

エミリア・ロマーニャ州

名前生産可能色主要品種備考
アルバーナ・ディ・ロマーニャアルバーナ甘口~辛口、パッシートも可
コッリ・ボロネージ・クラシコ・ピニョレットピニョレット

2016-02-04

[] イタリア DOCG ロンバルディア州ヴェネト州

ロンバルディア州

名前生産可能色主要品種備考
ヴァルテリーナ・スペリオーレキアヴェンナスカ(ネッビオーロ)キアヴェンナスカ90%以上
スフォルツァート・ディ・ヴァルテリーキアヴェンナスカ(ネッビオーロ)陰干しぶどうで作る辛口
フランチャコルタロゼ、泡白ピノ・ネーロ、シャルドネ、ピノ・ビアンコ等瓶内二次発酵
オルトレポ・パヴェーゼ・メトード・クラシコロゼ、泡白ピノ・ネーロ、シャルドネ、ピノ・ビアンコ等ピノ・ネーロ70%以上(ロゼ80%以上)、瓶内二次発酵
モスカート・ディ・スカンツ赤甘口モスカート・ディ・スカンツパッシート

ヴェネト州

名前生産可能色主要品種備考
アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラコルヴィーナ・ヴェロネーゼ等陰干しぶどうで作る辛口
チョート・デッラ・ヴァルポリチェッラコルヴィーナ・ヴェロネーゼ等陰干しぶどうで作る甘口
バルドリーノ・スーペリオーレコルヴィーナ・ヴェロネーゼ等
チョート・ディ・ソアーヴェガルガネーガ等陰干しぶどうで作る甘口
ソアーヴェ・スーペリオーレガルガネーガ等
チョート・ディ・ガンベッラーガルガネーガ泡も可、ガルガネーガ100%、陰干しぶどうで作る甘口
コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ泡白グレラ(プロセッコ)等スティルも可、グレラ85%以上
コッリ・アゾラーニ・プロセッコグレラ(プロセッコ)
コッリ・エウガネイ・フィオール・ダランチ泡白モスカートジャッロ
リゾンタイ(トカイ・フリウラーノ)タイ85%以上 フリウリ州にまたがる
バニョーリ・フリウラーノラボーソ・ピアーヴェ(フリウラーノ)
モンテッロ・ロッソカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フランカベルネ・ソーヴィニヨン40~70%、メルロ、カベルネ・フラン30%~60%
コッリ・ディ・コネリアーノ赤、白マルツェミーノ、CS,CFマンゾーニ、シャルドネ、ピノ・ビアンコ等
ピアーヴェ・マラノッテラボーソ・ピアーヴェ、ラボーソ・ヴェロネーゼ

2014-07-23

ブックメーカーを始めて4ヶ月続けたきた経緯を書いていく

3月ごろに「ブックメーカー生活費稼いでるんだけど質問ある?」という2chスレを見て以来乗ってみた一人です。

2chブックメーカースレにはけっこう似たような人がいたらしいけど、なんとか生存しているのでここまできた経緯を淡々と書いていこうと思う。

4ヶ月トータルで賭けた金額は2700ドルくらい。(回収しながら賭けるので元手はもっと少ないです)で、利用ブックメーカーピナクルスポーツのみ。

3月ごろ

サッカーが好きなのでヨーロッパサッカーを中心に賭けていた。時々NBA

回収率は80%程度。4ヶ月の中では一番損した時期。

損した理由はわりと明白で、レアルバルサクラシコに大きく賭けて大敗したり、どれくらいの金額で賭けていけばいいのかがまだよく分からなかった。

賭けた内容と結果を細かくノートに記録していた。

4月ごろ

回収率は99%と3月に比べると安定した。

NBAであまり稼げなくなったので、日本プロ野球メジャーリーグ、あとJ1やJ2にも賭けるようになった。

普段見ているだけでなく情報が得られやすい競技に賭けるようになったので回収率が安定してきたように思う。

金額も多少幅を出しながらもほぼ一定の金額を賭けるようになったので、もう少しで回収率100%越えというところまできた。

ヤンキース田中将大が無敗記録を続けていた時期でもあり、彼のおかげでいくつか勝たせてもらった。

5月ごろ

回収率は97%で、安定と言えば安定だがトータルでプラスを出せないのが悔しかった。

賭け方は4月とほぼ一緒。平日は野球、週末はそれに加えサッカーといった感じ。

ヨーロッパサッカー5月半ばにはほぼシーズンを終えたので、後半は賭ける対象がほぼ野球のみ。

ワールドカップの直前でもあったので代表チーム同士の親善試合にもいくつか賭けたがプラスにはならなかった。

という感じで、比較的安定はしていたが後半に取りこぼしが多くて回収率が97%止まり

6月ごろ

野球ワールドカップがメイン。回収率は93%。

ワールドカップ見ていた人は分かると思うが大国が早々に敗退していく波乱含みの展開が多く、ワールドカップで損を大きく出してしまった。

韓国グループリーグ敗退、アメリカグループリーグ通過に賭けていたので多少持ち直したが、ワールドカップで損した分を野球で取り返しということを繰り返す月だった。

7月ごろ

まだ今月は終わってないので現在進行形だが、回収率は114%。ようやく月単体でプラスを出せるようになった。

ワールドカップドイツ優勝とドイツの決勝進出に、少額だが事前に賭けていたおかげでこの結果がプラス幅の半分に寄与している。

残り半分はほぼメジャーリーグでとっている。開幕からずっと見続けているせいか、選手名前特に先発投手陣)も大分覚えてきたのが結果につながっていると思う。

あと、野球はチームのコンディションや勢いがけっこう重要で、戦力はあってもずるずる連敗するときもあれば中堅チームが連勝を続けたりする。今年ならロイヤルズブレーブスなど。

こういったことも考慮しつつ、組み合わせチームの相性や強弱を見て賭けるようになったので、かなり安定してきた。負けても大きくマイナスを出すことが減った。

あと、タイガースアスレチックスといった勝率が安定して6割前後のチームに賭け続けるのはけっこうおいしい。チーム状態が悪くなければほぼ毎試合賭けている。

逆に、カブスレンジャースのような勝率が4割前後のチームには逆張りで賭けている。ただしレンジャースはダルビッシュが投げるときだけ逆張りはしない。

気づいたことなど

時系列的に書くとこんな感じ。

メジャーベースにしつつ、合間に日本野球やJ1、J2、あと来月から始まるヨーロッパサッカーにちまちま賭けていく感じでいく予定。

雑感としては、途中からメジャーに主戦場をしぼったように、ある程度目途をつけながら賭けるほうが安定につながる気はしている。

日によって波乱は起きるから予想が外れることもあるが、重要なのは勝つことよりも大きな負けをしないこと。

オッズがかなり低く設定されていて、いかにも賭けてくださいと言わんばかりの状況でも何が起きるか分からないのがスポーツ(だから面白いわけだが)であって、冷静に、データを見ながら賭けることが大事だ。

データに関しては、たとえばメジャーならMLBサイト選手やチームのデータや事前のゲームプレビューなどが載っている。もちろん全て英語だが。

日本野球Jリーグならヤフースポーツにもデータはそこそこあるが、海外スポーツだと乏しい。サッカーだとsoccerwayのお世話になってる。

まあ、まだ始めてから4ヶ月程度のアマチュアだが、マイナスを出し続けたあとに安定してプラスが出てきた(かもしれない)ということをとりあえず報告しておこうと思う。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん