2014年04月08日の日記

2014-04-08

http://anond.hatelabo.jp/20140408235617

そういう情報を共有するために医療情報技師っていうのがあるんだけど、ものすごーーーーーーく医療業界保守的なので進まないのです合掌

http://anond.hatelabo.jp/20140408235851

そんな奴がいるのか。知らなかった。

いつものピンポンだろ

会計ソフト云々のやつは

相手にするだけ時間無駄

バカになんで教えなきゃいけないんだって話だから

http://anond.hatelabo.jp/20140408234021

これに限る。データを出すなら論理もしっかり構築しろよって話だね。

病院スタッフが教える意外でも何でもない医療費を削減する方法

病院に来るときお薬手帳を必ず持ってくるようにする。

ほんとこれだけ。

これだけで同じ薬を複数の病院で出すということがなくなるので医療費は減ります

え?そんなの当たり前でしょ?というそこのあなた

そう。ほんとは当たり前。でも当たり前じゃない人もかなりいる。

実例その1。

とあるおばあちゃん。家族が薬の袋がたくさんあって管理できていないみたいと病院相談に来た。そして発覚。なんと2つの病院から同じ薬をもらっていて、気分で飲む量を加減していたと。その薬、1ヶ月でざっと1800点×病院2つ。少なくとも3年はそうしてたみたいでざっと50万円くらいは無駄に?

実例その2。

とあるおばさま。眠れないので眠剤もらってるんだけどいつもの病院(中心部の大きい病院だ)にいけないのでこちらで出してもらえませんかと来院。薬の袋を持ってきていたのでああこの薬ねしょうがいねと確認して処方。その後同じ事を市内の複数の病院でやっていたことが発覚。保険で認められる量の3倍飲んですやすやと。もう耐性ついて効かなくなってるから別の薬にすればよかったのにという。

他βブロッカー副作用を別な医師に薬のことは黙って診てもらったじいちゃん、「あそこの医者もあそこの医者も効かない薬を出しやがる」と確認してみればお薬手帳を持っていかなかったばかりに2ヶ所でだいたい同じ風邪薬をだされていた若者などなど。

今のクラウドな世の中、患者に処方された薬のデータもうまく共有できたりしませんかねほんと。

http://anond.hatelabo.jp/20140408235354

日系商店なら個人のもあるな。

でも中華系や韓系大手に押されてたりして。

http://anond.hatelabo.jp/20140408233718

個人のほうが作業量減って便利そうだよね。ちょっと興味あるから詳しく見てみるわ。

元カレ結婚した

殺すなら早く殺してくれという気持ちでこの時を待っていた。

元カレ結婚した。

元カレが別の女と結婚するという話を聞いてから半年が経っている。

話を聞いてから2ヶ月くらいは仕事中も気づくと涙が出てきたり、食欲がなかったり、

一人になるといつもそのことについて考えてしまう状態だった。

諦めきれなくて元カレに会ってくれと要求したり、過去メールを読み返したり、

過去の紙の手紙実家から掘り返してきたり、失恋系の映画DVDをひたすら見続けたり、

別れさせ屋を使おうかと思案したりしていた。

3ヶ月目くらいからはなんとか、普通生活ができるようになってきた。

もう諦めよう、元カレは死んだと思って別の人生を歩もうと言い聞かせて今に至る。

結婚式写真FBにアップされてどんな女と結婚したのかが見れたら、

本当にさよならできると思った。

早く楽にさせてくれ、そんな気持ちでこの1ヶ月くらい待っていた。

失恋をしたのは初めてで、自分がこんな状態になるとはよもや思いもしなかった。

中学高校の時にはそれぞれ10人以上の人に告られていた。

大学に入って数は減ったけれど、それでも年に1回ペースで告られたりしていた。

自分身の回りにいて結構話す人で彼女がいない人には大抵告られていたと思う。

彼女いない人ってそういうものなのかな?)

正直、自分が好きになった人を本気出して捕まえられないことがあるとは思っていなかった。

本気出せば振り向いてくれると思ってた。

今考えると勘違い甚だしくて恥ずかしいけれど、無邪気にそういうものだと思っていた。

それが誤りだと気づいた今回の失恋は、なくした物は大きいが得るものも大きかったとも言える。

人生は思うようにならないということ、

失恋は人によっては死ぬほどつらいということ、

何もいらないからこの人のそばにいたいという気持ちが生まれること、

そして

一緒にいたい人といれないなら人生って味気ないということ、

こういうことに27歳にしてようやく気づいた。

気づいたのが遅すぎてこの先どうしたらいいのかと途方にくれている。

気づいた時点で大事ものは手に入らなくなっている。

人生おわってない?

今まで頑張ってきたのは自分に自信をもてるようになって、元カレと比べて自分を卑下しないためにしていたようなものだった。

一緒にいると自分ダメなところばかり見えて苦しくて耐えられなくて大学生とき別れた。

大学では研究で賞をもらったり、成績優秀者として表彰されて学費免除になったり、奨学金返還免除も勝ち取ったり、大手企業就職したりして、

自分努力の結果が人から褒められるような結果につながって、少しずつ自信を持ち始めていた矢先に今回の失恋があった。

何のための人生だったんだろうとやっぱり思ってしまう。

これから何をめざしていいかよく分からない。

何かをしたいわけではなく、楽しく過ごせればそれでいい。

そのために必要な人がもう手に入らない。

もうこれ以上やることないよ。

頑張ってお金稼いでも一人じゃなんも楽しくないよ。

ようやくFB結婚式写真がアップされた。

女はお世辞にも大してきれいな人ではなく、元カレにも懐かしさは感じてもピンとくるものはなかった。

あんなに好きだったのになんでだろう。

全然羨ましくない。

その写真を見ても幸せそうな二人に見えないし、

幸せになってくれとも思えないし、

私と一緒にいないならむしろ不幸になってくれと思う。

私と結婚しなかったことを後悔するときがくればいいのに。

この先何を目指して生きていけばいいんだ。

まだ行き先が見えない。

http://anond.hatelabo.jp/20140408234942

そりゃ日本人がいくようなとこは同じような店しかないよ

http://anond.hatelabo.jp/20140408234914

ふーんへー何と何と何と何の指標でどれとどれとどれとどれが何番くらいで最高クラスなんすかー

告白の返事が

「好きだ」と告白した

彼女の返事は笑顔で「今のところは、親友かな」だった。

・・・俺ってフラれたってこと?」と聞いたら

「違うよ、もしフッたらとしたらもう友達としても居づらくなるでしょ」と、また笑顔で言った。

・・・これって 俺はキープ君にされたってことか?

http://anond.hatelabo.jp/20140408234704

意外とくだらないようでくだらなくないけどな。あの時、できないかも、と思わなかったら、そこから行動をかえなかったら、今の良い彼女に巡り会えなかったんじゃないかと思うことはある。

収入男だが

気になる女性がいても自分より年収が高いと腰がひけちゃうよね。

同じ職場女子だったら釣り合うかなって気もするが、ぎゃくに年収レベルが丸わかりだから、それも恥ずかしい。

意外とマッチョ固定観念に囚われてたんだな、俺。

女子自分より高収入な男を見つけても「自分じゃ釣り合わない」とか引け目を感じたりはしないのかな?

http://anond.hatelabo.jp/20140408234456

なんで想像だけでこんなこといえるのかな?現場感覚がなさすぎて、恥ずかしいと思わないのだろうか...。低学歴ってそういうもんなのかな、バカは死ぬまでなおらない

http://anond.hatelabo.jp/20140408234231

お前が低学歴だということが良くわかった。

ニート予備軍だとおもうが、今後もがんばってくれい。そういうヤツも含めて応援してるぞ。障碍者も生きれる世の中づくり、お前みたいなバカでもコレからいきていけるさ

http://anond.hatelabo.jp/20140408163241

アメリカぐらい広くて人種もいろいろなら大手だけじゃカバーしきれないから個人商店とかニーズあるんだけど

日本狭いし単一民族から大手で一気にカバーできちゃうんだよね

http://anond.hatelabo.jp/20140408233635

もてあそばれてるのに気づけよ。かわいそうなやつだな。

http://anond.hatelabo.jp/20140408234138

それならきっと営業が良いよ。凄くおくが深くて面白い

http://anond.hatelabo.jp/20140408233800

このスペック童貞はありえん。男の顔が妖怪でも女がよってくるわ。

http://anond.hatelabo.jp/20140408232608

それは思うな。データ示しただけでドヤ顔してるクズがいる。元データが参照できない、データ論理のつながりが無茶苦茶論理無茶苦茶、で間違いを指摘されると価値観は人それぞれ!などと意味不明なことを言う奴は頼むから二度と口を開くな!って思うわ。嘘と精査のコスト理解しろと。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん