2021-11-13

25歳下の女と結婚した

50代後半、バツイチ子供はいない、親兄弟もいない、複数経営中でぼっちの小デブおじさんだったけど結婚した。

出会いガールズバーで、あっちもそれなりにベテランで話が上手くて通うようになった。見た目は橋本環奈大人っぽくしたような要するに絶世の美女ガールズバーにはもったいない。元々六本木にいたけど女同士の派閥がいやでやめて移ってきたばかりだったらしい。

でもはっきりいってこちらにしたら娘のようなもので、抱きたいとか付き合いたいより癒されるから会いに行ったり言われるがままにメシに行ったりプレゼント買ってあげたりしてた。妻子もいないしそれこそ娘が結婚となると莫大な金がいるだろうから、それに比べたら安いし喜んでるならどうでも良かった。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

そんな感じで健全パパ活おじさんライフを送ってた。その間に相手彼氏が出来たり彼女が出来たり(バイセクシャルだとカミングアウトされた)DVされたり、彼女と3人で食事に行ったり旅行に連れて行ったりした。旅行の時はあちらが2人部屋でこちらがシングルだった。

こちらも彼女らしき人物が出来たりしたり、元嫁の話もしたりそれなりにいい関係だったと思う。

ある時、相手仕事で揉めた。女同士のいざこざに巻き込まれて相当病んでいた。その時は恋人もいなかったから俺が全部話を聞いていた。ルックスとさっぱりした性格関西出身の話術でファンの多かった彼女は1店舗任されていたけど、実質彼女ファンの集まりの店でほかの女の子たちは稼ぎに繋がらず不満だったらしい。そしてボイコットを受けて店をやめた。

店の寮に入っていたから家もなくなると相談を受け、とりあえず持ってるマンションの一室に住まわせた。何度も礼を言われ困ってる友人を助けるのは普通だとカッコつけたが、娘ならそうすると思ったかしたことだった。

学校へ行くなら費用を出してやるつもりだったし、なんならうちの会社で働かせて仕事を覚えさせて継いでくれてもいいし、どうせ遺産は国に持っていかれるのだから好きにすればいいと真面目に考えていた。

夜の商売をする女には父親がいない場合が多いが、彼女も例に漏れ父親はおらず母とも疎遠で同じように孤独だった。

そうして俺がカードを渡し、それで生活を賄う彼女料理を持ってきてくれる本人曰く通い妻になってくれた。

2人で食べる手作り食事が美味しいとか当たり前のことを数十年ぶりに思い出しながら、俺は今後のことを考えた。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

養子縁組をしようと彼女に持ちかけた。養子縁組になれば財産は全て彼女にいくと真面目に考えてのことだった。

すると彼女はそれなら結婚でよくない?とケロッとした顔で言った。その方が手続きも楽じゃん、らしい。でも恋人が欲しくなったらどうする?と聞けば今みたいに穏やかに暮らすのがいい、人生で今が一番幸せだと言う。

ならそれでもいいかと甘えて結婚した。

1度も手を握りすらしないまま籍を入れた。流石に何もしないのは可哀想だと思ってハリーウィンストンで好きなのを選べと言ったら遠慮して小さな石を選ぶからのものを買ってやった。店員の目が生ぬるかった。

未だにスキンシップも頭を撫でるくらいで何もしてない。彼女は元々性欲も少なく子供も苦手らしい。俺もED気味だしそこに問題はなかった。

彼女最近今まで持ってなかった運転免許を取りに行っている。一発で取れたらポルシェを買ってあげると言ったから頑張ってるらしい。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

専業主婦を悪くいう人もいるが、一人暮らしが長すぎた俺にとってはせっせと食事を作って帰ったら家の空調が作動してるというだけで幸せものだと思う。家を清潔に保つ大変さはビジネスと違ったものがあるのでいつも感謝している。

フェミニズム的に見ると最悪な男かも知れないが今とりあえず幸せである

追記

気づけば反響が多く驚いている。

ある程度日常を重ねてわかったが、彼女はなかなか孤独に生きていてその容姿もあって不快なことも多く恋なんかより家族の方に憧れが多かったらしい。

俺に育て直されてると言っていた。

正直家事は投げっぱなしだし地頭の良さを感じるのでこちらに育てている感覚はない。

それこそペットだと言われると言い返せないところがある。

でもせめて俺は確実に先に死ぬけど彼女が生きていけるように金は残すつもりだ。

ただ大金不動産を抱えた未亡人専業主婦なんて正直カモでしかいから、俺がボケるまでには信用の出来る次のパートナーを探せばいと思う。

他に好きな人ができたとしても娘を嫁に出す気持ちで金を持たせてそちらに行かせてやりたいとすら考えてる。

こういう境地になれたのも昔は散々遊んできたか悟りを開いたようなものだし、褒められたことではないと思っているが予想外にいい話とされていて驚いた。

俺は若く今後のある美女が金しか取り柄のないじじいに絆された悲劇だと思っている。

もし彼女父親がまともで母親普通感性を持っている中流家庭なら大学だって行けただろうしそこで同じように将来性のある男を選び放題だっただろう。そういうなかった未来勝手に考えて哀れんでるきもいおじさんの話だ。

フェミ云々言ったのは彼女の友人のフェミニズム思考女性女子会をした際囲われ物だの男の寄生虫だの色々言われたらしいから、言ってみたことだったが予想外に好意的意見が多く嬉しく思っている。

同じように若い女とお近づきになりたい男性陣には見返りを求めないこと、性的なことを一切出さないことをおすすめする。それを出すと彼女が散々愚痴ってきたいわゆるきもおじと同じになってしまう。

若い女にとってじじいなんてものは無価値どころが害虫と変わらないレベルなんだから若い男のように優しさとか思いやりで勝負を仕掛けても駄目なのだ若さにはない悟り包容力経済力勝負するしかない。娘のような歳の人間と同じ土俵に立つなんて恥ずかしいマネはしないでくれ。

  • 末永くお幸せに。そういう組み合わせがあってもいいと思う。

  • お互い幸せそうで何より。結婚おめでとう。

  • 超・おじさん…!幸せになって!

  • 刹那。 …しかし、いろんなひとがいるなぁ

  • こういうの本気の話だとして乗ってあげた方がいいのかね

  • ま、本人がいいならいいんじゃね。両者とも救われた感じでよかった

  • 実際の年の差婚となると、こういう形になりそう。

  • そら女の方にしてみればこういうのが一番都合がいいわけだからフェミニズム的にも何も悪く言われるわけがない。

  • 多様性の時代だから同じ意見ばっかなのはむしろよくないことなんだぞ!

  • 年の差カップルって芸能界や経営者に多いけど、やっぱり例外なく男が金をもっているケースばかりだな。 男は金、女は若さ。

  • フェミニスト的には、増田ではなく「増田のように経済的・心理的に余裕のあるパトロンに出会わなければ女性が苦境を脱出できないこと」が最悪なのです。増田に出会わなかった全て...

    • その権利、男性にはありませんから

      • まあでも眉目秀麗な30近いホストが50代の性欲ない小デブおばさんに拾われる可能性もゼロではないよね。

  • 胸糞悪い点が特にない、増田にしては珍しいいい話。 金と心の余裕がある男が結婚という形で1人の人生を救った。そう、誰か1人の人生を救うには自分の人生変えることが必要なんだよ...

  • 30くらいの時にそういうおじさんと仲良くしてたな。おたがいに親友だと思っててこっちに彼氏がいたりいなかったりするときもよく飲みに行ったり映画に行ったり戦車見に行ったりして...

    • そうした経済的に成功したおじさんの中には、同性たる男性は敵か味方か、上か下か…と二元的に自分と比べちゃうから疲れちゃったり安まる友達ができなかったりするのだろうね。 と...

  • 人生をすぐに全額かけれる人ってかっこいいよね

  • anond:20211113151134 近所にテチさんというばあさんが1人で暮らしていた。 私が生まれる前から仕事をしていなく、一間しかない茶室みたいな家に住んでいた。 子供の頃に家に遊びに行って...

  • https://anond.hatelabo.jp/20211113151134 これと作者一緒だな。書いてるのは「理想のパパ」なんだけど、根底に「おじさんはわきまえて生きろ」みたいな蔑視がある。 あと文体も似てるよね。 汚...

    • はてなが雇ってるライターかなあ

    • なんだか文体が似ている、指摘しただけで執拗に複数のトラバが数分以内に飛んできたことがあったなあ おかしいなな

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん