2018-02-28

彼女にうんちを見せてもらった ※下ネタ注意(追記あり)

タイトルのとおりなんだけど

同棲してる彼女にうんちしてるところを見せてもらった

彼女黒木華に似ているのでここでは華ちゃんって呼ぶことにする。

華ちゃんはうんちがいっぱい出るらしい

特に大きいのが出ると携帯で撮ったりしたり

油断しているとトイレを詰まらせるので

大きい方は2回に分けるらしい

何回か見せてもらったんだけど、60cmくらいのソレが

あたりまえに和式便器にUの字で鎮座しているのを見ると

どうやってでてくるのか、ほんとに華ちゃんが出したものなのか

気になってしまった。そしてノリでお願いしてみたわけ

なんでそんなにでるんだよw今度目の前でだして見せてよって

最初はやだよ恥かしいって言われたけど

とあるたんびにマジな感じでお願いしてたら、ついに折れたみたいで

細目の華ちゃんが目をまんまるにして「本当に見たいの?」

なんて聞いてくるから僕は二つ返事で頷いた。

ビーチバレー選手華ちゃん

大人しそうな顔とは裏腹に身長170、お尻が100センチ近く?の寸胴で安産型。

その大きな体を動かすためかほんとうによく食べる。

僕の二倍くらい、いや下手したら三倍くらい。朝からご飯三杯とか。

食費にすごく持っていかれるけど、ご飯を食べてる時の華ちゃん

とても幸せそうなのでまあいいかなって思う。

その食事量と鍛えられた腹筋じゃそりゃ出るものますわなって思う。

僕は華ちゃんにうんちを見せてもらう代わりに焼肉をたらふく奢ることにした。

華ちゃん遠征ハワイに行って帰ってきてからなかなか時間も取れなくて

何かしてあげることもなかったのでいいタイミングだったかもしれない。

せっかくなので、華ちゃんには申し訳ないけど大食い効果を見たくて

日大きい方を我慢してもらった。(消化には24時間かかるらしいので)

金曜の午後6時頃にパンパンだった華ちゃんお腹

土曜の朝に起きた頃になると嘘のようにすっかり引っ込んでいた。

華ちゃん身体の中では

噛み砕かれてすり潰されて胃で溶かされたあと、腸でこねくりまわされて

栄養を吸い尽くされるなんて、まあいものことなのかもしれなけど

考えれば考えるほど何とも言えない気持ちになる。

毎食後に当たり前のように催す華ちゃん。朝食後が一番きついらしい。

ぞの負けん気で夜まで我慢したけど、30分おきにおならをしてて

夜になるにつれ悪臭だけのすかしっぺをぷしゅ..ぷしゅっと。よく頑張った華ちゃん

そして日曜の朝、華ちゃんお腹はうっすら腹筋が見えるほどそんなに出てないけど

下腹部は明らかに膨らんでいた。

苦しいみたいけど起きたほんの直後は催してないみたい。

朝食を手につけ何分かすると華ちゃんの手が止まった。

それと同時にぎゅううううううというすごい音が華ちゃんお腹から響く。

華ちゃんは食べるモードから出すモードスイッチが切れ変わったのか

「ああああやばいやばいやばい出そうだわ」なんてそわそわして言う。

僕は苦しそうな華ちゃん下腹部に手を当てると、腸がうねうねと蠕動してるのが手に伝わった。

朝は味噌汁臭いを嗅いだだけでお腹が鳴ってしまうほど、

留まることを知らない華ちゃん胃腸が全力で動き出した様だった

今まさに消化を始めようという時に溜まりに溜まった上に

一晩置かれたうんちが邪魔している状態だろう

僕はリビングの壁際に昨晩敷いておいた新聞紙とその上のペットシートに

急いで台所の椅子を向き合うように置く。

自宅のトイレ絶対詰まるし狭い。華ちゃんには思いっきり出してほしいし僕はそれを見たかった。

その間に華ちゃんにはおしっこだけ出してもらった。(飛び散りそうだったのでw)

華ちゃんは上はブラだけ下半身すっぽんぽんのままトイレから出てくると椅子に片足づつ乗せてしゃがみ込む。

朝の日差しがまだ眩しいなか、完璧なうんこ座り、ウンチングスタイル華ちゃん

目の前でむき出しになった100センチ近いお尻は日焼けで見事な白と褐色ツートンカラーになっていた。

まるで皮を剥きかけた巨大な桃だった。

その大きな桃と身長を支える鍛え上げられた足腰はサーブを打つのでもレシーブを受けのでもなく

僕のためにうんちを排泄しようとしている。

華ちゃんと一週間近く致してなかった僕はその身体を見ただけであたまがいっぱいいっぱいになってきた、

おそるおそる桃の下部中心を覗きこむと肛門様のお出まし。、華ちゃんのお尻の穴をまじめにちゃん

たことがなかった僕は大きいお尻の奥にこんな窄まりがある事自体意識してなかった。

奥の茂みとは対象的にほぼ無毛で薄ピンクのそれはエロ漫画とかネットで見た画像で見たより

かに皺の数が多く、大きい気がした。遺伝なのか鍛えられたのかはわからないけど。僕が華ちゃんのお尻に見とれているのもつかの間、

「そんなにじろじろ見ないでよ、出すよ」という声が聞こえてきて僕はお尻に返事をしてしまった。

華ちゃんがいよいよ力み始めると奥ゆかしく窄まってた肛門レンズの絞りを開放するかのごとく

皺が伸びていくと逆さに隆起した富士山のようになり、中心をググーッと押し広げるように茶色い塊が現れる。

紛れもなくそれはうんちだった。とか思ってたらすぐしぼんだりを繰り返す。

華ちゃんの息む声とふるえるでっかいお尻、そして肛門。僕は童心に帰ったような感覚で見ていた。

緊張してなかなか出ないのか、華ちゃんは力がさらに入るように一度しゃがみなおして、

少しつま先立ちながらまえのめりに壁に手を付くと、再びいきみ出した。

するとついにお尻からうんちの頭がにょきにょき出てきた。うんちの先端は我慢してたこともあって

水分を失ってチョコクランチのようになっていた。お尻ばかり見ているとケツだけ星人じゃないが

別の生き物のようにも見えてくる。缶コーヒーより一回り小さいくらい開いた肛門からフリスクケースの長辺

くらい硬い部分が出ると、そこから色が変わり健康なうんちがゆっくりとズルズルと聞こえるように出始めた。

華ちゃんの大きなお尻から尻尾のように垂れ下がり始めた立派なうんちは、不思議と汚さより気品があった。

苦しそうだった華ちゃんの表情も和らぎ始め、本当に気持ちよさそうだ。

しかし力いっぱい引っ張られた弓のように張り詰めた腹筋と震えるお尻は

うんちを押し出すために物凄いエネルギーを使ってるんだという感じだった。

椅子の高さが50センチ以上あるのに華ちゃんのお尻からでたうんちはついにペットシートに着地してもなお

出続け、60センチほどの大蛇を産み落としたあとズサッという音とともについに切れ落ちた。

華ちゃん肛門はぱっくり口を開けたままゆっくり窄まりにもどっていく。

と思いきやけたたましい爆音ギャグ漫画さながらブウウウウウウウウウッ!!と響き渡る。

栓をされ溜まっていたおならが一気に放出されたようだ。華ちゃんは顔真っ赤。

いっぱいでたね、すっきりした?と聞くと華ちゃんは「まだ残ってるみたい・・・」と表情を曇らせる

僕は華ちゃんお腹を円を描くようにマッサージしてあげると返事をするかのようにすかしっぺがでた

何分かすると華ちゃんは「あーきたきたきた、出そう」と言って再びしゃがみ直すと、また力みだす。

みたび、いや何度目かのずっと見ていたくなるような肛門の収縮。今度はスムーズだった。

さっき出した一本目のうんちは繊維がぎっしりで重みのあるまさにうんち、一本糞wといった感じで

二本目は太さは同じくらいだったけど柔めで黄土色がかってた上、臭いが強烈。

多分できたてホヤホヤのさっき固まったうんちという感じだった。

柔らかくスピードのあるその新人はすかしっぺと相まって、ゆっくり姿を現す気迫のある一本目とは裏腹に、

そこはかとなく下品な破裂音で直腸を滑り降りては、さっき出したうんちに積み重なっていく。

最初羞恥心なんて屁と一緒に飛んでいったのか恍惚の表情で色っぽい声で息む華ちゃん

しかし二本目だと言うのに相変わらずの大量だ。でる途中で何度か切れたが少なくとも60センチ近くあったように

思える。ダックスフントのように寸胴で骨盤のでかい華ちゃんは腸が長いのかもしれない。

キレがいいのかほとんど拭く必要もないお尻を何度かティッシュで拭いた華ちゃん

出し切った達成感か、ご満悦の様子。すごい、ほんとうにすごかった。

山盛りになった華ちゃんのうんちは新聞紙ごと丸めて家庭ごみに捨てた。

その後ファブリーズ死ぬほど使ってにおいを消したけど。さっきまで華ちゃんお腹にあったものだと考えると

なんか不思議な感じ。

ただの彼女の排泄行為ものすごく長い一日だった。

=====================================================

以下追記

-----------------------------------------------------

お昼休み携帯を取り出してはてブアプリを開いたら

トップに上がっていて、びっくりして思いっきり吹き出し、釜玉うどんに鼻水がトッピングされました。

客観的にみたらキXガイだと思うしに勢いに任せて書いたので(名前を隠して楽しく日記)そんなに伸びるとは思ってませんでしたが

いろいろなコメントをもらえて素直に嬉しいです。少し返したいと思います

はてな記法がわからないので体裁はごめんなさいです。

「貴重な体験」「良い」

ありがとうございます。その通りだとお思います

「食わないのか」

汚いですし、できれば触りたくないです。

かに感覚麻痺してうんちは好き(に、なってしまった)ですけど

食べ物カテゴリには入らないですかね、そもそも僕の中では排泄物って死のメタファーですし?

肛門を見たことがなかったのか」

そもそも盛んではないのと体位的な問題

ご指摘あったとおりお尻をガッツリ開かないと見えないのと

戦闘中眼鏡をかけてなかったなどボトルネックが多く切り分けが難しいですが

強いて言うなら開く前がお尻なのが閉じてからお尻なのかっていう二択では前者のマインドなので

今回は後者に行けたということは大きいですね。

そこにボタンがあったら押すくらいの勢いでお尻もぱっくりしとけばよかった

「家庭ごみはだめだろ」

今後は?しかるべき方法で捨てます肥料にするにもプロセスを踏まないといけないみたいなので

風評被害

shigekazusan 光と闇が両方そなわり最強に見える

  • FFのセシル的な感じですかね?いやそれじゃ光になっちゃうか

momonga_dash いやいや、長時間腸に残ってた最初のうんちのほうが、後の新しいうんちより臭うくない???はいったい何を考察してるんだ??

monday23 うんこ出さずにおしっこだけ出せるっけ??

  • うんこしながらちょrちょろ出てたので、あくまで寝てる間にたまった分は出せるんじゃないですかね、きいたわけじゃないのでそこは妄想ですけど

travel_jarna 量はともかく、健康ならいやな臭いはしないから、食生活か腸内環境問題があります

 で、「これはいいうんちの臭いだ!!」とか「これはだめな臭いだ....orz」とか分かったら完全にうんこソムリエというか熟練者?じゃないですかそれ

  • anond:20180228005828

    こわい

  • anond:20180228005828

    すっばらしいエントリー! 堂々とした筆致!たくましいウンコの躍動感! 今月最高ジャマイカ?

  • anond:20180228005828

    文才の無駄使い(最高の誉め言葉)

  • anond:20180228005828

    これ読んだら便秘が治りそう。

  • anond:20180228005828

    なんだブスか 彼女は黒木華に似ているので 解散。

  • anond:20180228005828

    ハワイ遠征 バレーボール選手 170cm ハイ特定した

  • anond:20180228005828

    こういうのって年齢制限にひっかからないのかといつも思う 文章なら何書いてもいいって場所なのか増田は

    • anond:20180228100910

      運営に言ったら消してくれるよ

    • anond:20180228100910

      見た目どころか味まで克明に描写した小説がふつうに出版されて本屋で売ってるからなあ。筒井康隆だけど。

      • anond:20180228113147

        小説じゃないじゃろ? エッセイじゃなかったか 皿の上にのっけてナイフでスライスしてたら家人に ついに狂った、って思われたって奴

        • anond:20180228113335

          エッセイを読んだんだね。小説を書くための取材で実際にウンコを食卓に乗せた、それをエッセイに書いたんだよ。 その経験をもとに書いたのが『最高級有機質肥料』、そっちもぜひ。

    • anond:20180228100910

      小説って対象年齢の自主規制とかないんだぜ

  • anond:20180228005828

    増田といえばうんこネタということを 思い出させてくれる素晴らしいエントリー。

  • anond:20180228005828

    肛門で小刻みにちぎればトイレに流れる。その一本糞も手でほぐせば流せるだろ。家庭ごみで出すなよ。

    • anond:20180228132815

      ゴミ収集車のなかでミキサーされてると思うと 悲惨すぎる・・・

  • anond:20180228005828

    君たちはわかってない。 黒木華似の淑女が、第三者に排便行為を観察されることをそれほど嫌がってないということが、どれだけ奇跡的なことか。 おれならこのAVを家宝にするよ。

  • anond:20180228005828

    コピペになりそう

  • うんちを写真に撮る文化

    あまりに本文が凄くて、誰からも?突っ込み入ってないけど、 華ちゃんはうんちがいっぱい出るらしい 大きいのが出ると携帯で撮ったりしたり この、うんちを写真で撮るという行為...

    • anond:20180228202656

      撮らないけど撮りたい気持ちはわかる。自慢したいもん。

  • 便意は いかなる時も 我慢させてはならない

                                    anond:20180228005828

  • anond:20180228005828

    まさかの追記

  • anond:20180228005828

    追記がパワーワードまみれすぎるがファンタジー味が失せて残念

  • 増田文学100選

    通勤通学のお供に ランク タイトル ブクマ数 日付 カテゴリ 1 人生に物語は要らない 2126 2017/12/27 00:40 暮らし 2 自走式彼女 2017 2017/09/07 16:42 暮らし 3 ...

    • anond:20180617025544

      暇な人がいるもんだ。

    • anond:20180617025544

      恋バナ好きなんやな

    • anond:20180617025544

      俺の作り話が3つもランクインしてた

    • 増田文学賞の草案を考えてみた

      増田文学100選( anond:20180617025544 )を読んでいて、そろそろ本当に増田文学賞とか創設されてもいいんじゃないだろうかと思い、ついつい草案を作ってしまったので晒してみる。 いま思いつ...

    • anond:20180617025544

      脱糞増田もたのむ

    • anond:20180618000511

      ブックマーク数合計の伸びが大きくなってるのは「増田文学100選」 anond:20180617025544 がブクマを2600ほど集めたからなんだな。

    • anond:20180617025544

      ブックバカーが大漁に釣れとるなw 増田"文学"なんて読むくらいなら普通に読書しろよ

    • anond:20180617025544

      ググれカスの反対の言葉ってなんだろ? え、文学??

      • anond:20180618101944

        「ググれカス」の反対の存在・・・それは、「教えてあげるおじさん」

    • anond:20180617025544

      非常に味わい深い。 家でストロングゼロを飲みながら読むとより一層よい。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん