2014年11月12日の日記

2014-11-12

http://anond.hatelabo.jp/20141112233837

なるほどね。やっと何を言っているのかわかってきたよ。

言っていることの意味はわかるが、結局何を言いたいのかわからない。

全体の分布と一部分の分布の不一致の話なのか、個々の要素の相関の話なのか、それとも他の何かか。

もうちょっと人に伝えるための力を養ったほうがいいな。

世の中は多分に複雑で

いくらデータを集めたところで十分ではない

それでも手持ちの情報で何とかやりくりして

少しでも目のある方に進まなければならないんだ

意味がない、意味がないと繰り返しているだけでは

本当に意味がない

あ!

なるせっくす

消費税を上げよう!by山形浩生

昔、山形氏が以下の様な記事を書いていたんだよね。

http://cruel.org/hotwired/hotwired01.html

消費税を7%にあげよう。

 さっきぼくの景気対策の説明を読んだ人は、アレ、と思っただろう。景気対策には減税してみんなの手持ちのお金を増やすんじゃないの?

 そしてそこで爆笑してるか絶句してるあなた。うん、あなたはわかってる人だ。あなたが考えてるのは、こういう話だろう。1996年には、景気が上向いてきてた。なのに、1997年消費税が導入されたので消費者が買い控えに走って景気がまた冷え込んだんじゃなかったっけ? だから共産党は、消費税を3%に戻して景気回復、なんて口走る。それなのに、そこで消費税をまたあげたら、さらに景気が悪化するに決まってる!

 でもそれはちがうと思う。それは因果関係が逆じゃないだろうか。1996年当時、あなたのまわりで家や車を買おうとしていた人はいなかった? 思い出してよ。みんなもう、9月までに買えば消費税が3%というので必死こいて駆け込みで買ったでしょう。だから消費が上向いたんだ。このケチなぼくですら、3月コンピュータを(中古だけど)買い換えたもの。だから景気が上向いたんだよ。増税したせいで景気が下がったんじゃない。増税期待のせいで景気があがったんだ。

 だったら、それをもう一回やろうよ。いますぐに税金を引き上げるって話じゃない。将来それがあがるという期待をつくるんだ。「2000年元旦消費税を7%に上げまーす」とアナウンス。するとかけ込み需要がたくさん発生して、景気は盛り上がるだろう。さらにそのままだと、増税した時点で1997年4月みたいに消費が冷えこむので、そうならないように、あげたその日にもう一発増税アナウンスしておけばいい。来年には10%にするよ、と。

公平を期すために言うとこれは、かなり昔の記事だ。(小渕総理時代!)

そして、この記事の中で山形氏は、当時はかなり過激な考え方だったリフレ政策を紹介している。

2014年現在リフレ現実経済政策として実行され、

そして消費税に関しても彼の提言とほぼ同じ案が実行されつつある。

で、結果はどうだったか

2段階の消費税増税はあんまり芳しくない結果を引き起こしつつあるように思える。

山形氏の経済学観に大きな影響を与えていると思われるクルーグマン氏も

消費税はあげるべきではない。むしろ下げろ」と言っていた。

わりと山形氏の翻訳した本とか読むから

上記の消費税増税記事を読んだ時に「そんなもんなのか」と思ってたけど、

今、彼はどう考えているんだろう?

いたことが間違いだったと思っているのか、

これから消費税増税効果が出て景気が上向くと思っているのか。

どうなんだろう?

http://anond.hatelabo.jp/20141112220140

頑張った経験のある奴は一時的堕落してもいずれは自然と立ち直る。

世の中には踏み外したことの無い選ばれた人間しか進めない道もあるが、図らずも踏み外したことによって開ける道もある。

まずは心の思うがままに突き進んでみて、間違ってると思ったら軌道修正すればいい。

とりあえず「Connecting the Dots」を聞いてみろや。いい話だから

旅行中に父親が死んでいた話

やーびっくりした。

空港についたら携帯に着信が三桁。

何事かと思った。

何事かと思ったら父親か死んだという話だった。

確かに少し前母親と話した時父親が余命少ないとか言ってたような気はした。

でもそれで旅行やめるのも馬鹿らしいなと思いそのまま旦那と二人で二週間の海外へ。

旅行に行くことは両親には何も伝えておらず、

職場の人に○○方面に行ってきますということだけ言っていた。あとツイッターでも報告はしていた。

携帯ローミングすると電池を食うのでホテルカフェのワイファイでしか使っていなかった。

無論ホテルの予定とか誰にも一切伝えていなかった。

なので母親は連絡しようにも連絡できなかったらしい。

とりあえず空港から自宅について、父親のところに行ったけどすでに骨になっていた。

二週間も前だったから致し方ないのだろうけど。

そして何がすごいって全く悲しくない。

年に1度しか既に合わなくなってる人が死んでも悲しくならないようだ。

しろ介護とかでめんどくさくなる前に死んでくれてありがたいとか思ってしまう。

そして旅行中にほぼすべての葬儀が終わっていたので何もやらずに済む。楽。

ぜひとも母親来年あたりの旅行中に死んでいただけるととても楽だ。

http://anond.hatelabo.jp/20141112220140

まずは、親か先生友達相談しろ

親の顔色伺ってたいい子ちゃんタイプ

増田の言う通り、勉強したって、頑張ったて、うまく行くなんて保証はない。

てか、人生なんて思い通りならない。絶対に失敗する。

絶対につまずく。つまずいたことないやつなんかいないよ。

みんなを幸せにしたいってかいてあるけど、

親の気持ち考えた?増田勉強して欲しいって、親の欲求じゃない親の気持ち。

親の、心配したり、期待したり、不安になったり、喜んだり

気持ちのキャッチボールできてる?

まずは自分だけど、次は親幸せにしてやろうぜ。

http://anond.hatelabo.jp/20141112233358

下は正しいが上は間違い

そのO型部族は実は遺伝的に前頭葉に障害がある部族で、全員潜在的にギャンブル狂だったとしたらどうか。

http://anond.hatelabo.jp/20141112232850

コミュ力善悪は別ってことなんだろうね。

さっき統計がどうのという流れがあったけど、コミュ力が高いほど悪よりという相関関係があったりして。

http://anond.hatelabo.jp/20141112232311

指をしゃぶる人はちょっと見ないな・・・(成人だよね?)

あなたの愛を試しているのかもしれない

http://anond.hatelabo.jp/20141112231241

増田地球全体でO型は25%で喫煙者が○○%で○○が○○%で〜〜、全部加味して確率10%だね」

O型部族少女「ということは私の部族O型100%から確率40%ね」

A型部族少女「私の部族O型の人は 0%だから確率 0%ね」

これは間違いなのか?

http://anond.hatelabo.jp/20141112231241

見たがよくわからない。

「間違っている」「意味がない」でなく「正確に計算できない」とか「条件によって数値に1000倍(数字適当)の開きがあるので推算方法として不適切である」というならわかる。

http://anond.hatelabo.jp/20141112213429

普段「コミュ力」という単語を、男性揶揄する文脈で使っている人達

このナンパ外人についてどう思うのか訊きたいところ

増田には特に多いでしょ

http://anond.hatelabo.jp/20141112231412

実際に施策を打つ時には当然もっとかいデータを使うものだろう。

結局データがあってもそれを正しく使える脳みそがないといかんしなぁ。

どうなんだろうか

ちょっといい感じの人とこの前会った時に、相手が会話のあいだに指をしゃぶってるのでびっくりした。

好きなので引きはしないけど、緊張してるんだろうか。

緊張してるっことは話してて楽しくないんだろうか。

http://anond.hatelabo.jp/20141112231412

もう違う話になっちゃうけど、世の中の人って「平均値」そのものとかを「データ」だと思ってるように見える。

データというのは、「モデルに現れる変数の実現値」であって、平均値それから計算した統計量だからデータじゃないと思うんだよね…。

(無限次までのモーメントとかキュムラントのセットみたいな、元データを再現できる統計量の集まりなら別だけど)

http://anond.hatelabo.jp/20141112223132

でも濃いグレーがこの国の標準です。

http://anond.hatelabo.jp/20141112230852

確かに平均寿命なんかでも、単に国民平均を出すよりも(国民平均は頭打ちなんだし)、地域別だとか職業別だとか病歴別とか身長別とか体脂肪率別とか、色んなファクターで出した方が社会の情勢みたいな物は見えてくるね。

個人も自分の状況に照らし合わせてデータを使えばいいわけだし。

それらの重要さに比べれば国民平均寿命なんて、地球人全体の平均寿命と同じくらい大雑把過ぎて使い道の少ない統計だという気がする。

http://anond.hatelabo.jp/20141112230126

さっきの単一血液型部族の話を見てくだせえ…

さっきくらいの深刻に間違った理解ビジネス分析とかすると本当に酷いことになる(分かってる人が苦労して食い止めてくれてると思うけど)ので、ちょっと心の隅に留めてくれると助かる。

勉強するには何がいいだろうか…。雨後の筍状態の初心者向け統計本を読むとむしろ勘違いが加速すると思うんだよね…。計量経済学マジで勉強するくらいしかないか…。ベイズガチ寄りの本とか読み込むのが理想だけど辛いし。

業界で「緑本」と呼ばれてるあれは簡単でいいのかもしれないが、俺はあんま好きじゃない(モデル理解が一部間違っていると思う)んだよね…。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん