2022-09-26

人魚の肉と不老不死関係についての話

人魚の肉を食すると不老不死・不老長寿となる」という物語は、八百比丘尼伝説・昔話として有名でもあるし、仮にそれらを読んだり聞いたりしたことは無くても、高橋留美子連作漫画人魚の森』シリーズを読んだから何となく知っているという人も少なくない。

しかし、そもそも何故、人魚の肉を食したら不老不死・不老長寿となるのか?その理由というか説明については、知らない人も多いのではないだろうか。

これを書いている増田が、その理由らしきものについて書かれたもの最初に読んだのは、神話学者大林太良の著書『神話の話』(講談社学術文庫)であった。この現物を、確かに所有しているはずなのに本棚倉庫の中から見つけられないので、ここでは記憶を頼りに大林説を書き起こすが、もしも『神話の話』の現物を持っている人は、そちらを見た方が早い。図書館で探してもよい。

まず、八百比丘尼伝説概要は、大同小異、以下のようなものである。「龍宮の主を助けた漁師が、龍宮に招待されて主から宴などの歓待を受け、家路につく際に主から土産として、人魚の肉を貰い受ける。聞けば、それを食した人は、不老長寿となるという。家に持ち帰ったはいものの、人魚の肉を食べるのに怖気づいた漁師は、いったん戸棚にそれを保管する。しかし、漁師の留守の間に、彼の娘が人魚の肉を食べてしまう。人魚の肉のことを父から聞かされるが後の祭り。はたして、娘は不老長寿となってしまう。父親である漁師も、娘が結婚した夫も、近所の人たちも、漁師の娘が愛した人たちは皆、寿命が尽きて世を去るが、彼女だけは不老長寿の若々しいまま、この世に取り残される。その孤独境遇を嘆いた娘は、仏門に入るものの、その後も長く若々しいままで生き続け、とうとう八百比丘尼(八百歳の尼僧)と呼ばれるようになり、最後洞窟の中に籠もり、人々の前から姿を消す」

大林太良によれば、これと殆ど同じ内容の話が、朝鮮半島平壌仏教寺院伝説として残るという。但し、日本八百比丘尼物語には見られないディテールとして「結婚して夫を迎えたが、子宝に恵まれない」という描写が、朝鮮半島版の物語には有る。

まり人魚の肉を食することによる不老不死・不老長寿の獲得は、生殖能力喪失するというトレードオフになっている。このような不老不死性と生殖能力トレードオフは、八百比丘尼物語にだけ見られることではないことを知っている人もいることだろう。

例えば日本神話では、人間寿命に限りが有る理由として、ニニギノミコトオオヤマツミノカミから娘の女神を嫁に迎える物語が語られる。オオヤマツミには二人の娘、姿形が麗しくないイワナガヒメ、姿形が麗しいコノハナサクヤヒメがいた。ニニギノミコトは、見た目を重視してコノハナサクヤヒメを選ぶが「イワナガヒメを選んでおけば、不老不死でいられたものを」とオオヤマツミノカミから言い渡される。花が咲き、実を成し、種を残して枯れる植物のように、こうして人は有限の寿命となった。岩石のような、長い年月が経過しても残るような不老不死性は、こうして人から失われた。

女性差別侮辱する古語として「うまずめ(=子を産まない・産めない女)」というものがあるが、これを漢字で書けば「石女」である。言うまでもなく、この言葉にはイワナガヒメ(岩石の女神)とコノハナサクヤヒメ(植物女神)の嫁取り物語と同じ考え・物の見方が、素朴な形で反映されている。

昔の人たちが呪術的な発想として、生殖能力の有無と不老不死性を結び付けて考えたであろうという仮説自体は、現代人も自然と受け入れられるであろう。

問題は、何故、人魚イメージ生殖能力の有無が結び付けられたか、その点が定かではないところである。これについて『神話の話』の中で大林太良は、一つの示唆として、中国の人・袁枚(えんばい)の残した『子不語(しふご)』という書物に収められた、次のような挿話を紹介する。

「袁枚の甥が、地方役人として赴任する旅の途上で立ち寄った集落で、住人たちが騒いでいた。何があったのかと尋ねると、その集落に住む或る夫婦の妻の下半身が魚になってしまったという。彼女証言によれば、昨夜は夫と同衾し(夫婦の夜の営みを行い)、眠りについた。夜更け、下半身がむず痒くて堪らず、手で搔いていた記憶があるが、疥癬のように皮膚がポロポロと剥がれ落ちる感触が有った。朝になり、彼女が目覚めた時には、下半身は鱗の有る魚のものになっていたとのことである。剥がれ落ちていたのは、どうやら鱗だったようである

大林太良は、この『子不語』の挿話について、わざわざ夫との同衾について言及しているのは「下半身が魚になる前の女性は、二本の脚を開いて男性を迎え入れる性行為可能であったが、下半身が魚になったことで、脚を開くこと、すなわち性行為不可能状態になった」と言っているのだと考える。そして、人魚の肉による生殖能力喪失も、これと同じ発想なのではないかと言うのである

個人的には、この大林太良説を初めて読んだ時は「ううん、ホンマかいな?」という半信半疑感想であった。しかし『神話の話』を読んでから暫く経過した後、大林説を補助するような話を、別の学者著作で見かけた。が、やはりこの著作も、本棚倉庫で見つけられずにいた。それがつい最近、その本を古本屋発見して再入手した。嬉しい。だから舞い上がって、ここで記念にメモを残そうと思い立ったわけである

件の大林太良の説を補助する記述が載っていたのは、金関丈夫著作木馬と石牛』(岩波文庫)である。ちなみに、解説大林太良その人である

この『木馬と石牛』に収められた「榻(しぢ)のはしがき」という論文が、人魚による不死性と生殖能力喪失イメージの結び付き仮説を補助するような記述を含むものである。この論文は何について書かれたものか、簡単説明すれば、国文学におけるオナニー文学について論じたものである。これは、悪巫山戯で書いているのでも、嘘を書いているのでもない。本当のことである。初めて読んだ時は「お硬い岩波文庫で、こんな珍論文を読めるとは」と、かなり吃驚したものである

本題に入ると、金関丈夫によれば、天明六年の自序がある東井春江による『譬喩尽(たとへづくし)』という俚諺(りげん)辞典の「い」の部には「一夢二千三肛四開(いちむにせんさんこうしかい)」という俚諺(ことわざ)が収められている。その意味は「性行為の中で快感が大きいものランキングベスト4」である。念のために言うと、男性立場でのランキングである。4位の「開(かい)」が「女色すなわち男女の営み」を指す。この「榻のはしがき」の一節を初めて読んだ時「なるほど、『開(かい/ひらく)』の語と『男女の性行為』のイメージは、昔の人の頭の中では自然に結び付いていたのだなあ」と納得し、大林太良説も納得して受け入れられるようになったと、そういった次第である

何?ベスト3の意味が知りたい?いちいち言わなくても、字を見れば薄々察しがつくだろうからかい説明は書かない。なお、同「榻のはしがき」によれば、戦国時代頃に来日したポルトガル人宣教師たちが、布教活動を行うために編纂した日本初の日本語/ポルトガル語翻訳辞書『日葡辞書』には「Xenzuri」という単語が収録されているとのことである

とりあえず『神話の話』も『木馬と石牛』も、どちらも非常に面白い本なので、機会があれば図書館などで探して一読することをお勧めする。

また、人魚の話に関しては、椿のモチーフなど海女文化八百比丘尼伝承などにおける人魚イメージに影響を与えた可能性の話、人魚の肉はフケツノカイ(キュウケツ[9つの穴]ノカイ)すなわちアワビのことではないかという可能性の話など、色々ほかに面白そうな話が有るので、興味が有る人は調べてみることをお勧めする。

木馬と石牛』再入手で舞い上がっている状態で書いたので、乱文になり申し訳ない。とりあえず以上である

  • 不老不死と人魚、不老不死と不妊のイメージがそれぞれ関係してるだけじゃないかな。つまりA=>B,A=>C,BとCを結びつけていいわけではない。「何故、人魚のイメージと生殖能力の有無...

  • 「人魚なんか実在しない。空想上の人魚についてまじめに語るだけ無駄。」の1行で終わる話。

    • マジレスすると、人魚の伝説を生み出すのに関わった心的システムは、今現在の妄想や社会システムにも影響を与えている可能性もあるんやで。おまえみたいな無教養で馬鹿なのにそれ...

      • おまえみたいなバカは一生人魚について熱く語ってろ

        • 「一生〜してろ」って堀江がよく言うよね。でもそれで何か批判したつもりになれるのって底辺の特権だよね

          • でもそれってあなたの感想ですよね

          • おまえ、リアルの場で人魚について口角泡を飛ばして熱弁してみろ。 次の日から誰もお前に寄り付かなくなるから。

            • 理系だったから大学時代の友人もほとんど理系だが、科学哲学よりの話はたまにするぞ。おまえの周囲ではワンピースの話しか通じないだろけど。

              • おまえマジでアタマ大丈夫か。 その「友人」って実在するのかw

                • 知性と教養に限界があるから相手を傷つける言葉もつくれないんやろ?w

                  • ちょっと何言ってるかよく分からないが、悔しかったらまず資産1億円以上作ってからにしろ。 お前ごときが俺と対等に話すには同じくらいの資産がないと話にならん。 知性があるなら...

                    • こども銀行券の一億円なら誰でも手に入れられるもんな、知識とかと違ってw

        • 知識への嫉妬見え見えで面白い

      • マジレスすると、人魚でドヤってる暇があったら働け。おまえ引きこもりのニートだろ? 早く社会に出て働け。

        • おまえはそれだから底辺のままなんや。おまえみたいなのは例えば引力について語ったニュートンにも同じこと言うんや。物理の普遍的な法則と神話に見られる人間の普遍的な精神構造...

    • 小説とか映画、全否定な訳ですね。

  • つまり寿命と性欲と穴の関係性について人間がそれらを繋げて一つの形を作る性質があるということ?

  • それは全部作り話だよ。 作り話に夢中になってないで現実に目を向けたらどうだ。

    • 「そういう話を作る人がいた」というのは現実でしょ。 元増田は、今みたいに簡単に情報を共有できる仕組みがない大昔に似たようなパターンの話がいろんな場所で作られて語り継がれ...

    • そんなことわかって話してるんやで。おまえ”本当の”馬鹿だな。おまえみたいな底辺は堀江のサロンの方がふさわしいよ。

    • まさにこれ。 人魚がどうのとか、エヴァンゲリオンとかの解釈を熱く語ってるキモヲタなんかと同じ。

      • レヴィストロースとかカイヨワとか一生聞いたこともない底辺は来々来世まで黙ってろって。

        • ハイハイ頑張れ貧乏人。 デュルケムでもウェーバーでもストロースでも好きな学者について死ぬまで論じてドヤってろお前は。

          • 知性を捨てるとこうなるんだな

            • だいたい知性知性とうるさいヤツはたいした能力もなければカネもない、口うるさいだけの爺さんになっていく。

  • こういうの好き

  • バナナ型神話の話をしたな!!!! 神話っていわゆるあこがれや予言みたいな部分があって、バナナ型神話に出てくる「石」=「不変」「不老長寿」って実はAIやロボットのことなのよ...

  • 今年の夏から人魚を飼い始めた。 身バレ防ぐため詳細は伏せるけど、旅行先で縁あって拾ってそれから一緒に暮らしている。 世話は慣れれば意外と難しくない。水道代はちょっと嵩むけ...

  • 最近増田読むようになったけど、「知」に対して劣等感とルサンチマン抱えた奴が巣くってるね

    • ほんそれな

    • 知識はあるけど(単に時間があまっているから摂取できただけ)、社会からは切り離された生活を送っているので、 認められたいという願望が朝から晩まであふれだしているのだろう。

    • anond:20220926201923 みたいな奴とかね やっかみで仕掛けてくるって相当だよな

  • 素晴らしい読み物であった

  • 人魚の肉は実は鮑のこと、というと 女陰の肉を取られて脚を開けない行為のできない魚の下半身になった というイメージなのかな。

  • 自分は「木島日記」て漫画で八百比丘尼を知ったかなあ(春を売る巫女の集団が云々とかいうすっとんだ解釈だけ妙に覚えている)

  • 京極堂っぽい

  • 非常に楽しく読ませてもらいました。 ただこれは一意見なのですが、イワナガヒメとコノハナサクヤヒメの話は、二者択一ではなく、醜い方だけを送り返したという話だったと思うので...

  • 人魚の肉はフケツノカイ(キュウケツ[9つの穴]ノカイ)すなわちアワビのことではないかという可能性の話 九穴のあわび キュウケツノアワビ 怪異・妖怪伝承データベース https://www.nichib...

  • 「女性が陰部を見せることで魔を祓う」という伝承に関する、本しゃぶり(id:honeshabri)さんのエントリを拝読したので、それに便乗して、思い出した雑多なことを書き残す。先に断ってお...

    • 学校周辺に出没してたあのオッサンも道に迷っていたんやな

    • https://en.wikipedia.org/wiki/Teeth_(2007_film) Vagina dentata映画

    • こりゃ与太話かな どうせ汚れるからとふんどしを付けてなかったのを、田んぼの神さんも喜んどるやろわいわっはっはみたいな また一方で、女性器にも似たような発想の伝承がある。...

    • 女性器を表す握り方(握って親指を人差し指と薬指の間から出すやつ)が「マノ・フィカ」。 これが邪眼を祓うための手印だと子供のころなんかの本で読んだ。意味が「いちじくの手」...

      • 子供のころ読むような本でそれが書いてあるのは たぶん新紀元社のファンタジー解説本シリーズ

    • 小難しい話より✋(👁👅👁)🤚。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん