2018-09-18

社会正義を叫ぶひとに対する一抹の違和感

一言でまとめると「自分が支持し、主張する立場恣意性(非論理性)に無自覚人間が多すぎる」。

青識亜論まわりでいま丁度燃えているけど、個人的な印象論の範疇で言えば、フェミニストLGBT側の立場人間は、「自分他者を抑圧している可能性」というもの無自覚すぎるんですよ。

自分が、自分自身にとって大事だと思う権利を守るために、それを侵害する他者権利を抑圧する」、これ自体別に珍しくもなんともない。だけど、それを無自覚にやるのは流石に問題がある。丁度、「ラノベの表紙が気持ち悪い」「LGBT気持ち悪い」「殺人」を等価に置いた社会学者がいたよねという話題でもそれは結構散見される。

今更こんなことを言わなきゃいけないくらいに人類の知性は発展してこなかったんだという事実を目の当たりにするのは悲しいけれど、「論理的に等価である」というのは別に珍しくもなんともないんですよ。

LGBT気持ち悪いと思う権利」も、「ラノベの表紙が気持ち悪いと思う権利」も、誰にだってあるんです。

そこから一歩進んで、「LGBT気持ち悪いと発言する権利」も、「ラノベの表紙が気持ち悪いと発言する権利」も、誰にだってある。ただし、そこには発言したなりの責任が伴う。「LGBT気持ち悪い」と発言することによって、LGBTである人々を抑圧することはあるでしょう。それと同じことで、「ラノベの表紙が気持ち悪い」と発言することによって、ラノベの表紙を描くことをライフワークにしているイラストレーターさん・ラノベの表紙によって生きる糧を得ている人々(ざっくり言うと女性から切断された「キモくて金のないおっさん」を例に挙げておきますが、もっと単純にそれを単純に「いいイラストだなー」と思いながら受容する人々[男女問わない])を、抑圧することもあるでしょう。

そこは、何をどう解釈したとして、論理的に等価です。

では、その二つの何が違うかって、「何かを気持ち悪いと発言することで、どれだけの存在保護しようとしているのか。そうすることで、どれだけの存在を切り捨てることになるのか」という違いでしょう。

LGBTへのヘイト発言禁止することで救われるLGBT当事者気持ち価値は、LGBTへのヘイト発言禁止された人々の気持ち価値を上回る。LGBTに対するヘイト発言は、LGBT当事者を下手すると死にすら追いつめてしま可能性があるし、そういった想像は容易だからだ。

では、それと論理的に等価であるところの、「ラノベ気持ち悪いと発言する」ことの場合はどうなのか。ラノベ気持ち悪いと言われることで抑圧される対象は、発言を受けたことでLGBT当事者と同程度に守るべきなのか。これは個人的見解だが、同程度の重みを持たせることは、少なくとも想像範疇では難しいのではないかと考えている(これは、あくま個人想像範囲である)。

だけど、そこから一歩進んで、「気持ちいか規制すべき」という話になると、話は別だ。

LGBT気持ちいからその権利規制すべき」となったら、まあ、少なくない人間直感的におかしいと思うだろう。「気持ち悪い」という内心の権利を守るために、他者人権制限するというのは、保護法益バランスが全く取れていない。

では、「ラノベの表紙が気持ちいから、ラノベの表紙を制限すべき」という話になると、直感的におかしいと思う人が減る、という印象が、本増田にはある。減る理由はわかる。当事者属性の違いだ。LGBTである人々の存在は、少なから想像がつく。フェミニズムが守ろうとしている「女性」という存在も同様である。それに対して、「ラノベを表紙を制限することによって抑圧される人々」の存在がやや想像しづらいというのは、まあ、わからなくもない。

ラノベの表紙は「娯楽」である。娯楽に対して、LGBTというのは在り方そのものである。在り方そのものと、娯楽とであれば、そこの比重が異なるのはわかる。だが、世の中には、少数であっても、「ラノベの表紙を書くのが生業である人々」「ラノベによって救われている人々」が存在する筈なのだ。そこにあるのは、人類の数%(1億人近く)の権利を守るために、数千人の権利を縛るべきかどうか、という利益衡量の問題である人類の半分である女性権利を守るために、何千万人と存在するミソジニーな人々を抑圧すべきか。あるいは、女性権利を守るために、ラノベ関係する人々の権利を抑圧すべきか。

ここで本増田が言いたいのは、「お前の発言で抑圧される人々がいるから、ラノベの表紙を気持ち悪いと言うな」という話ではない。

現実世界において権利権利がぶつかるのは当然であって、そのような現実において、ある特定立場の人々を「守らない」という選択をするのは、仕方がないことだとは思う。だけど、その「守らない」という選択したことから目を背けるのは、誰がどう取り繕ったとしても、欺瞞しかありえない。

LGBT気持ち悪いと思ってしま人間にとって、それは仕方がないことだ。だが、発言した瞬間に、LGBTの人々を敵に回す覚悟必要だ。

それと同時に、ラノベの表紙を気持ち悪いと思う人間が、それを口に出し、主張する場合、「他人を抑圧する」という現実から目を背けてはならない。

況んや、「規制すべき」という話になると問題はかなりでかくなる。ここに来ると、「規制すべき」という形で、表現の自由問題が関わってくるからだ。

表現の自由」は、誰かが誰かから抑圧されないための権利である(それは主に公権力であることが多かったが、それ以外の私的権力からの抑圧を防ぐためでもあろう)。それは、どんな人間にとっても、本来的に備わっているものである、と法学人権定義をそのように構築してきた。それを制限するためには、それなりの整合性、具体的には「保護法益がどの程度大きなものなのか」を精緻検算しなければならないと、様々な判例の構築によってその線引きを見積もってきた。世の中の人々が考えている以上に、表現の自由ものすごく大きなものなのだ

それに対して、気軽に「ラノベの表紙が気持ちいからそれを制限しよう」と言い出す人たちは、その権利の重さをどの程度理解しているのだろう。「ラノベの表紙が女性扇情的に描くことで、女性蔑視・女性の「モノ化」・男尊女卑的な観念等を強化する」というのは理解できる。そして、それを守ることがそもそも男尊女卑的な、フェミニズム批判し続けてきた構造権力を強化するから全く擁護できない、という話もわかる。

だけど、それを主張することで、逆に自分たちが誰かを抑圧する可能性について無自覚か、目を背けているひとが多すぎやしないだろうか。

最悪、抑圧が発生するのはいいよ。民主主義ってもの絶対に少数派の意見を切り捨てる(厳密に言えば、多数派は少数派の意見を最大限聞かなくちゃいけないのだが、本題から逸れるので一旦措く)ので、仕方がない、避けようがない部分もあろう。でも、「そもそも自分たちは誰も抑圧していない」と言いはじめるのは、何か違うんじゃないか

俺が、青識亜論は少しむかつくけどそれ以上に彼を擁護したくなるのは、それが原因だ。青識亜論は特権性について何度も言及していた。市民社会において、どのプレイヤーも、プレイヤーとしては等価な筈なんですよ。市民市民を抑圧することはできない。市民は抑圧に対して抑圧に反発する権利がある。その権利が、あたか存在しないようにふるまう少数派が多すぎる。

せめて、「私は少数派の権利を守るために多数派権利を抑圧する立場に立ちます」くらいの大上段はふるってほしいものだ。本増田はその権利を守る。

  • LGBTとラノベの表紙を等価に扱うことはヘイトかもしれません

    anond:20180918223038 「LGBTを気持ち悪いと言うことと」 「ラノベの表紙が気持ち悪いと言うこと」 を同じ気持ち悪いと言うことは同じ「表現の自由」の話だから等価だ という主張があるけ...

    • anond:20180918234140

      LGBTを気持ち悪いということ=生存権を脅かすってのがそもそも意味不明なんですが 気持ち悪いって言われて生存権脅かされるんならそれこそオタクなんてもう全員生存してないと...

      • anond:20180918234945

        LGBTに対する嫌悪感情が、その属性にいる人を殺してきた歴史があるからですよ。 キリスト教圏などでは、同性愛者であるだけで、投獄されたり ロシアや中国などの社会主義国家も、思...

        • anond:20180919001918

          「気持ち悪い」って表明すること=生存権を脅かすっていう論理が現代において飛躍してるって言うのがこっちの意見で それに対して「歴史が~」ってちょっとおかしくないですかね? ...

          • anond:20180919003137

            「気持ち悪い」って表明すること=生存権を脅かす に対する反論がわたしの手持ちの知識にないので、 (わたしはこの点を調べときます。そちら様も議論に勝ちたいだけじゃなくて本...

            • anond:20180919013535

              両性具有やトランスジェンダーに関してはそうですね。 むしろLGBとTを一緒にしてること自体そのものが間違いだと前から思ってるんですけど。 ただ今回の件、その人のやり取り詳...

              • anond:20180919031202

                これはデータも何もないただの推測なんですが、ストレートの人らがLGBTについてまず思うことはセックスについてだと思うんです。 その性行為そのものが特殊なので生理的嫌悪...

                • anond:20180919033352

                  「殺人の嫌悪感」と「LGBTラノベ表紙の嫌悪感」は別種でしょうね 繰り返しになりますがLGBTラノベ表紙の嫌悪感は性的な部分に起因してると思うので なぜLGBTを絡めるのかと言えば、個人...

                  • anond:20180919130359

                    「ラノベ表紙」「LGBT」に対するのが性的嫌悪だという根拠で同じ分類分けできますというのは、 「何言ってるんだろコイツ根拠もないことを」としか思いませんが、 「「LGBT」の奴が噛...

                    • anond:20180919132127

                      実際にLGBTは健常者に噛付いてるぞ。 一橋自爆訴訟、とんねるず、ヨハンソンetc... それを見もせずに悪意呼ばわりは 自分の考えに拘泥しているだけの人だとよくわかるので、大変よろ...

                    • anond:20180919132127

                      実際に噛み付いてるわけだから仕方ないでしょ ここで晒すのは流石にマズイから晒さないけど

    • anond:20180918234140

      > LGBTはそもそも存在する人間の属性です。 この前提はどこから来たの? そもそも男性だからとか女性だからとか、そういうのってヘイトなんじゃないの。 私はAが好き、私はBが好きっ...

      • anond:20180919000954

        LGBTはそもそも存在する人間の属性です。 この前提はどこから来たの? そもそも男性だからとか女性だからとか、そういうのってヘイトなんじゃないの。 私はAが好き、私はBが好きっ...

        • anond:20180919003204

          歴史的経緯があろうと差別は差別であり、解決に優先順位をつけることも差別だということでいいね。

          • anond:20180919004646

            うん、差別だけど、何を悪い差別とするかは時代によって変わるって話さ。

            • anond:20180919010436

              変わりませんよ。人間個人を識別する差別は普遍です。

              • anond:20180919010635

                ナチスドイツの元ではユダヤ人が差別されることは肯定されたでしょ。 でも今はユダヤ人差別しちゃダメでしょ。 その時代や場所によって、良い差別と悪い差別が決まるのよ。

                • anond:20180919011407

                  無関係な話はやめていただけませんか。 良い悪いなんて話はしておりません。 差別は差別。差別反対。

                  • anond:20180919011953

                    わかりました。 素晴らしいお考えですね。 街の公衆トイレに入るとき、男女、多目的と気にせず入っちゃうと捕まるので それに注意して生活してくださいね! 服も男性用と女性用に分...

                    • anond:20180919012606

                      うんこ漏れそうで異性用のトイレしか空いてなさそうだったら気にせず入るね、俺は。

                    • anond:20180919012606

                      なにもおかしくはないですね。

        • anond:20180919003204

          >社会に属する当事者たちの合意形成で決められた前提です。 つまり今現在は合意形成されてないからLGBTに対する差別は問題ないってこと? ラノベが前提にされていないのと同列です...

          • anond:20180919010707

            あなたやそのお友達がそう思うと、LGBTの権利が守られるべきか否かはまったく別問題ですし、 LGBTの方に共感できない、と、ここでわたしに言われても、「へーそうっすか」としか思え...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん