「プレートテクトニクス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: プレートテクトニクスとは

2019-02-09

anond:20190209130658

水素に分解されたらという前提ではないけど、割と最近宇宙に水が全部蒸発するのはいつになるかという文章を読んだ気がする。

プレートテクトニクス海水が全て地下に引きずり込まれるのはいつかという記事もほんの数日前にネットで見た気がする。

水素社会が来たとき水素大気中に漏らしたらオゾン層破壊能力フロンの比じゃなく強力だから気をつけなければいけないというのも読んだ気がする。これはジェレミー・リフキンだと覚えている。

読んでも全然役に立っていない。

2016-08-14

[]その時、地殻が動いた

 キャプテンうんこ宇宙漂着した時代増田アースには大陸地殻がなかった。

 しかし、それは陸地がないことを意味しない。

代わりに同年代海洋地殻同士がぶつかりあってできた陸地がわずかに存在した。

プレートテクトニクスの発達した惑星であれば、年老いた分重く厚くなった海洋地殻の方が沈み込むのだが、

若い増田アースでは同年代の厚さの似通った海洋地殻が多く存在した。

彼らはマグマオーシャン時代にあった対流の慣性に押されて、

あるいは冷却にともなう増田アースの収縮の力を受けて、

押し合いへし合うことを強制されていた。

 ジャバラのごとき、黒い地殻衝突現場では山が陸地となり、谷に海水進出し、入り組んだ地形を形作っていた。

 地殻変動によってたくさんの割れ目岩盤にはしり海水と新鮮な岩石が反応して水素を生成した。

 あるいはモリモリと熱水噴出口の煙突が成長する。

 新しい栄養源をもとめていた宇宙漂流最近の一部は、海水に溶け込んでいた星屑うんこをせっせと消費しながら、

性質を変化させ、これらの約束の地にたどり着いた。

 そうして、うこん色の海が自分たちおしっこで満たされる中、光合成発明するまで細々と生きていくのである

 陸地によって複雑に分断されつづけるジャバラ地形は微生物分化をうながし、

後世の多細胞生物の発展につながる蓄積をもたらした。

 やがて起こる「正常な」プレートテクトニクス微生物たちが偏った場所にひたすら排出した

うんちの重みではじまったとか、はじまらないとか。

 いわば増田アースは巨大な水洗トイレである――溶岩トイレというべきか。

http://anond.hatelabo.jp/20160703202951

2014-06-18

大学教師が新入生に薦める100冊」のCSV

大学教師が新入生に薦める100冊: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」のCSVファイルを重複排除ソート出現数3回以上だけを抜き出してみた。記号が統一されていなくて漏れしまっているのもあるかも知れない。(ゲーデルエッシャーバッハの長音風記号はなぜか統一されていて、Amazonでも全く同じ表記

2011-05-04

http://anond.hatelabo.jp/20110504131826

はい、まじです

隕石衝突や、テロなどランダムに発生する事柄と地震はまったく違います。

地震は、地震が発生する構造があるから発生するのであって、原因と結果は直線的に結ばれています。

フランスオーストラリアではそうした大規模な地震が発生する余地が構造的にない。構造的にないけれども、例えば、プルームテクトニクスのような未知の要因で地震が発生する可能性はあります

そういう地震は「想定外」と呼んで差支えないでしょう。

しか東日本震災プレートテクトニクス作用という、わりあいオーソドックスな要因で発生しています。そこにプレートがあったのは事前に分かっていたことで、連鎖的にプレート性の地震が発生することもこれまでに例は無数にありました。ただ、あの海域では観測されていなかったというだけのことです

あの規模の地震が発生する環境自体はあったのですから、あれを想定外と呼ぶのはどだい無理な話です

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん