2018-10-31

ふざけんなFGO

はてぶにも投稿したものだが。

先ほどから怒りで手が震えている。

憧れの女性公衆面前で辱められたような怒りだ。

ふざけるなFGO。ふざけるな、タイプムーン。ふざけるな、DW

これ以上、エリザハロウィンという呪いに縛り付けるのはやめてくれ。

順をおって説明しよう。

Fate/GrandOrderというソーシャルゲームがある。

以前から人気のあったFateシリーズソシャゲ版だ。

元々のFateブランド効果もあり、ジワジワと人気が出て、現在大人気のソシャゲである

巷では、頭文字をとってFGOと呼ばれているものだ。

このFGOというゲーム、確かに人気はあるのだが、一部の過去作のファンの反感を買っているという一面もある。

タイプムーンというチームが制作しているFateシリーズは、シナリオライター奈須きのこ氏による魅力的なキャラクター少年漫画のような熱い展開、ゾクゾクするようなニヒルテイスト(ヲタク用語では厨二系と呼ばれる)が好評で人気を博していた。

私も、奈須きのこ氏が展開する世界観に魅了された一人だ。

だが、そのタイプムーンオールスターのような扱いのFGOで、奈須きのこ氏は過去作品登場人物をないがしろにし始めており、それが反感を買っている。

たとえば、凛とした誇り高き少女騎士であったアルトリアというヒロインは、下着姿を衆目にさらキャラクターに変えられてしまったり。

過去作品ラスボスであったキャラクターが、FGOから登場したキャラクターに倒されてしまったり。

FGOのヒットに酔っているのか、奈須きのこ氏は、過去作品の設定が邪魔だといわんばかりに「過去設定資料集は焚書」という言葉を発し、ファンを幻滅させたこともある。

そして、FGO以降顕著な傾向が、キャラクターの見当違いな方向性の贔屓だ。

もともとFateは良い出番が与えられるキャラクターと、ぞんざいな扱いをされるキャラクターで、贔屓の差が激しいことは指摘されていた。

が、その傾向はFGOになってから更に顕著だ。

原作者たちのお気に入りキャラクターは、出番がどんどん増え、そうでないキャラクター踏み台にされるといった、ファンからしたらたまったものではない現象が起きており、それが年々ひどくなっているのである

踏み台にされたキャラクターファン可哀想であることは言うまでもない。

好きなアイドルを辱められるようなものだ。

だが、ゴリ押しされたキャラクターおよび、そのファン幸福かと問われればそうでもない。

贔屓されて出番が増えるたびに、キャラクターの底の浅さが露呈し、そのキャラクターの持っていたカッコよさ、可愛らしさが潰されて、魅力がすり減っていくのだ。

笑える3枚目ポジションに収まるならまだいい。

タイプムーンギャグは、年々、パロディと身内ネタばかりの寒いものとなっており、笑えるコメディアンポジションにすらなれないのが現状だ。

そして、隠すつもりもない贔屓は反感を買い、ゴリ押しされたことによってキャラクターはどんどん嫌われていく……。

そして、現在、そのゴリ押しによって最も被害を被っているのがFate/EXTRA-CCCから登場した悪役のエリザベート・バートリーだ。

作中では、エリザベートからとってエリちゃんと呼ばれている。

Fate/EXTRA-CCCで登場したときエリザは、ワダアルコ氏の耽美な絵柄に西洋人形のようなキャラデザと、殺人鬼としてのパーソナリティが相まって、悪役として可愛さとカッコよさを両立させた素晴らしいキャラクターだった。

演じた大久保瑠美さんの演技も最高だった。

Fate/EXTRA-CCCというゲームは、PSP後期のゲームなので、微妙マイナーであったが、その完成度の高さからプレイしたファンからは口々に絶賛される名作だった。

その名作であるCCCにおいて、悪役として完璧な立ち振る舞いをしたエリザというキャラクターも、プレイヤーからは支持されていたのだ。

だが、FGOエリザの魅力を潰してしまった!

殺人鬼として悪役として魅力的だった彼女を、愛玩具に変えるために、カーミラというエリザ分身が作られ、エリザ邪悪性はカーミラに全て押しつけられた。

エリザ殺人鬼というアイデンティティを失い、カーミラエリザの関連キャラという側面が付きまとうという双方にとって美味しくない采配をされたのである

だが、これはまだいいほうだった。

カーミラというキャラクターが、不気味さとカッコよさを兼ね備えていて魅力的だったかである

エリザの魅力を潰してしまったのは、ハロウィンである

FGOは他のソシャゲと同様に季節ごとにイベントがある。

12月にはクリスマス2月にはバレンタイン

それぞれの季節のイベント担当となるキャラクターが割り当てられ、誰が担当となるかは毎年、変わっていく。

サンタクロースの中身は毎年、違う子が担当するのだ。

これは夏のイベントやお正月でも同様である

例外ハロウィンだ。

ハロウィンだけは、年が変わっても毎回、変わらず、エリザが主役なのである

いい加減、エリザファンでも辟易するほどにエリザばかりだ。

原作者である奈須きのこ氏がエリザ役の大久保瑠美さんを気に入ってしまった、などの憶測は様々に飛び交うが、どうして頑ななまでにエリザハロウィン担当させるかがファンには全く分からない。

エリザキャラクター性が掘り下げられるならまだいい。

そうではないから困る。

コメディイベントであるため、エリザの魅力がハロウィンではまったく伝わらないのだ。

ただただ、エリザ間抜けな面が強調されて、カッコ良さが擦り減っていくのみだ。

もっと言ってしまえば、エリザベートはFate/EXTRA-CCCで十分な掘り下げをされているのだからハロウィンで主役を続ける意味がないのである

そんな意味のない采配も今年で終わるか、と思われた。

ハロウィンを前にした、マチアソビというイベントで、今年のハロウィンエリザが主役ではないよと発表されたのだ。

そのイベントでは、ゲストエリザ役の大久保瑠美さんだったので、彼女の前で「今年でハロウィン降板ね」と宣告するのは残酷であったかもしれない。

だが、ようやくエリザハロウィン呪縛から解き放たれるのだとファンには朗報であった。

エリザ間抜け役回りから解放されるぞ、と。

だが、これはぬか喜びであった。

蓋を開けてみれば、今年のハロウィンエリザ黒幕だったのである

しかも、黄金を身にまとい、エリザはでっぷりとした短足オッサンの格好をさせられて、さら間抜け役回りをされてしまったのだ。

何度でもいうが、CCCエリザはすらりとしたモデルのような美脚をもち、シャープ殺人鬼の側面を持つ、かっこいい悪役であった。

それが何度もハロウィンにしばりつけられていくうちに間抜けな姿で醜態さらす羽目になってしまったのである

奈須きのこ氏に問い詰めたい。

これが、あなたの望んだエリザですか、と。

最後になるが私がタイプムーンに言いたいのは、たった2つだ。

特定キャラの贔屓をやめろ。

エリザハロウィンから解放してやれ。

今のタイプムーンは、聞く耳を持たないかもしれないが、今の彼らがしていることは、エリザゲロぶっかけ腐臭を放つ姿の彼女を市中引き回しにしているに等しいと感じる。

哀れな犠牲者をこれ以上増やさないことを切に願う。

  • そうですか。 私はどんな形であれ、エリちゃんに出番があるだけで嬉しいですね。

    • もう散々、出番があったじゃないか。 今回のはエリザである必要性がない。 黄金が意志を持って暴れていました、で。エリザは醜態をさらしただけ。 これで良かったとは、とても思え...

      • 散々出番はありましたが、今後も許されるのならば無限に出番が欲しいですね。 また、エリちゃんである理由は「ハロウィンだから」であり、エリちゃんで駄目な理由もありません。 強...

        • 私も出番があること自体は歓迎です。 ただ、その出番が醜態をさらすような、ゲロを吐きかけるような描写だから嫌なんです。 これは他のキャラならいい、というわけではなくて、そう...

    • ラインの黄金が鬼王の正体で良かった、ということね。 それなら、誰も嫌な気持ちにならずにすんだと思うんです。 わざわざエリちゃんを引き合いに出す必要がなかったと思うんです。...

      • そもそも踏み台でも何でもない、普通の出番だろ。 お前の趣味嗜好次第過ぎる。

        • いやいや、今回のように「ガハハ」といった下品な笑い方をさせたり。 でっぷりとした鬼のガワを被らせたり。 かといって、倒されてから掘り下げがあるわけではなく、なんで船旅をし...

          • 人間に喜んで欲しい、楽しんで欲しいという欲を具現化した遊園地で、 鯖や普通の人間が楽しむという尊さの塊をガン無視してどうでもいい表層しか見ないんだな。 ガハハ笑いもでっぷ...

      • ラインの黄金は巨万の富と引き換えに人を破滅に追い込む性質を持つので、 ラインの黄金自体が黒幕ではダメなんですよ

  • 奈須氏の気持ちにもなってみろ 何億円もポンと貰って、それでもまだ手作りしたような台本を後生大事にできるわけないだろう

    • 大金を前にして、人が変わるのは分からなくもないが、それでも奈須きのこ氏は違うと思いたかった。

      • ナンデ!?ただのキモいオタクじゃん。。。

        • キモヲタながら、昔書いたシナリオには光るものがあったように見えたのです。 人とは違うような何かが。 私の錯覚だったのかもしれませんね。

  • はい棄民は聖伐 過去の作品に忠誠を誓い続けるのも結構なんですが いまは全てのキャラがFGOだったりFGO主人公様に頭を垂れる時代になったのですよ 文句ばっかうるさく細かい設定ばか...

    • まぁ、きっと公式はそのように考えていて、ユーザーの言葉に耳を傾けないということなんでしょうね。 FGOなんて潰れてしまえばいいのに。

      • ユーザーの声は聞いているよ 単にそれを反映しないだけだ ただ、それだと残酷に過ぎるから、ぜんぜん聞いていないふりをする ポイントはここだ、そして落っこちる企業が間違うとこ...

  • 今日も女はめんどくさい

  • たとえば、凛とした誇り高き少女騎士であったアルトリアというヒロインは、下着姿を衆目にさらすキャラクターに変えられてしまったり。 過去の作品でラスボスであったキャラク...

  • 月姫→歌月十夜とか、Fate→Hollowとかで何度もみたことがFGOでまた繰り返されてるんだなぁ。 TMに公式がセルフ同人パロするムーブを辞めろって言って聞くわけも無し。

  • Fate/EXTRA-CCCで登場したときのエリザは、ワダアルコ氏の耽美な絵柄に西洋人形のようなキャラデザと、殺人鬼としてのパーソナリティが相まって、悪役として可愛さとカッコよさを両立...

    • これな。ただ不満だって言うだけなら「ああそうですか」で終わるけど、美化した思い出で殴られたら「お前こそふざけんな」って思うよ。

  • 外圧が運営様に逆らっていいと思ってるのか 捨てるぞ

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん