「レストハウス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: レストハウスとは

2018-02-17

滅多に怒らない旦那が物凄く怒った話

50歳になる旦那スノーボードが大好きだ。

冬の間週二日の休みは天気が悪くなければ必ず車で二時間ほどで行ける雪山へ行く。

彼の休み水曜日日曜日なので連休ではない。連休は盆と正月以外は一切ないし有給休暇みたいな物もない。仕事に対してもまじめで休日にもまじめに取り組める旦那尊敬する。私だったらそんなスケジュールで働いていたら休みは一日寝て終わってしまう。

車を買うときは四輪駆動以外候補にもならず、休みの日の前日、朝まで仕事飲み会があっても朝5時までには帰宅し、そのまま準備をしてリフトが動く時間までに山へ向かう。

当然小遣いじゃ週二日も雪山には行けないので、安く仕入れた板や機材をリカバリーメンテナンスをしてフリマサイトで売り払いスノーボード資金を年間通して貯めている。

もちろん、彼と出会うまで雪山なんか行ったことなかった私を漏れなく連れていく。

それぐらい彼はスノーボードが大好きだ。

もちろん見るのも大好きで、今期のオリンピックハーフパイプ平野君が金メダル候補だったこともあり決勝を楽しみにしていた。

だが丁度決勝の日は彼の休みの日で夫婦雪山に行く事にしていた。

録画をセットし、結果を家で万全にワクワクしながら見るために全ての情報遮断Facebookは見ないようにし、道中携帯電話に速報が入らないように私がアプリの通知を切ってあげた。同じく速報が入るラインニュースブロックした。

レストハウステレビがあり、もちろんチャンネルオリンピックに合わせていたのでわざわざちょっと離れたところにあるテレビのないセンターハウスでお昼を食べた。

喫煙所でもわざと「今日帰って結果見るの楽しみだね」みたいな話をして、結果を言うなオーラ夫婦で出した。

思いつくことはすべてやった。

が、彼は不意に結果を知ってしまうことになる。

雪山放送局があり、ラジオ放送のようにDJがしゃべっていた。

からオリンピックの話なんか全く口にしていなかったのに、競技後の放送時間枠で当たり前のようにDJ平野が銀、王者ショーンホワイト表彰台てっぺんに戻ってきたことを告げた。

これを聞いた旦那ものすごく怒った。

苦情を言ってやるとまで言い出す位怒った。

旦那の言い分としては

「こんなド平日に雪山に来てる奴は、家で真昼間の決勝戦を見ようと思えば見れる奴らだ。でも見ないで雪山に来ることを選んだ。

そういうやつが沢山いるのに、俺みたいに録画して帰ってみるのを楽しみにしてる奴らもいるはずなのに、結果を言うなんて最低だ。」

と今まで見たこともないぐらい怒っていた。

私的には確かに旦那の言い分も間違ってはいないと思うのだが、情報勝手に入ってくるようになった現代でもう旦那の言い分は通らないと思う。

結婚して3年たち、今まで見たこともないような怒りをそこで出すのかと驚いてしまった。

しかも憤る怒りではなく、冷静に淡々と怒るほうのあれ。怖いやつ。

結果を聞きたくないという旦那に協力はしたしそれは楽しかったのだが、なんだか旦那がすごく理不尽な事に怒る自分勝手な人なんだなと思ってしまった。

かにこれから映画を見ようというときトイレ喫煙所自分がこれから見る映画を見終わった人達感想を話しているのにイラっとすることがある。でもその人たちは少し考えてないだけで特に悪いことをしているわけではない。

今回のDJだって自分仕事をしているだけで思いやる必要があるわけではない。どちらかといえば、結果を伝えなければならない立場人間だと思う。

50年も生きてて、「個人的な楽しみを妨害された」というだれにでも起こりえる理不尽に耐えられないのかとなんだかすごく残念に思った。

長々と書いたが、言いたいことは「そんな子供みてーな事で怒ってんじゃねえぞ」って事です。

でも今の情報社会でそれが耐えられない人はほかにもいるだろうなとは思うので本人には言わずここで吐き出す。

2015-01-13

スキー場でわたしを襲った恐怖体験

今年の冬に味わった恐怖の体験を聞いて下さい

職場の仲間同士6人で、日帰りスノボーに行ったんです

そのうち女子は二人で、男子の中には普段なかなか会話できない意中のイケメンも含まれていました

今思えば行きの新幹線からビールを数本空けてしまったことが全ての原因なのですが、会話が盛り上がってきたところでその人との意外な共通点が発覚したことでわたしは完全に舞い上がってしまいました

そのまま車内での話は盛り上がりイケメンから冗談を振ってもらえるようになった頃、いよいよスキー場に近づいてきました

聞けば他の男子3人は上級者コースに挑むとのこと

知っての通り今年の雪山は荒れていました

スノボー初級者のわたしともう一人の女子には上級者コースなんてもってのほかだったし本来であればその3人についても危険からと止めるべきだったんです

でも、イケメンも初級者ということもあって少しでも会話を楽しみたかったわたしは、3人の背中を押すことでイケメンとの時間を選んでしまいました

天気は荒れていました

標高が低い初級者コースにも関わらず、風も雪も横殴りに吹き荒れて視界のほとんどが奪われていました

それでも少しずつ滑りながらイケメンとの時間を楽しんでいたわたしは、何本目かを滑り降りている時に他の二人を見失ってしまいました

どこかで転んでしまったりコースを間違ってしまっていないか、寒さに耐えつつも心配でしばらくその場で待機していたのだけど彼女たちは一向に姿を見せませんでした

少しずつ溜まってきた不安心配から携帯で連絡を取ろうとした矢先に、わたしは突然の尿意に襲われたんです

それは到底我慢出来るようなものではなく、かと言ってトイレに行くとわざわざ連絡ができるはずもありません

それならば少しでも早く先に降りてさっさと用を済まし、リフト乗り場付近で待っていたことにしようと決めたのでした

そうと決まれば少しでも早く滑り降りる必要がありました

相変わらず吹雪は視界を奪ってきます

すぐ近くを滑る人間の気配すら感じ取ることが難しかったのです

焦って進もうと思うほどうまく前に進めない歯がゆさを感じていました

どうにか到着した麓のレストハウスに入った瞬間、今思えば妙な静かさを感じていました

からは人のざわめきが聞こえてくるのですが建物の入口付近には誰の姿も見ることができませんでした

焦る気持ちを抑えつつ目の前に見つけ出したトイレの扉に飛び込んでみても、そこに人の姿を見ることはできませんでした

頭の片隅に妙な不気味さを感じつつ、入り口にある洗面台で手袋と身体にまとわりついた雪をまずはたき落としました

そうしてトイレの奥に足を進めようとした時、直感的にここはヤバイってわかったんです

目の前には、何かを象徴するような無機質な白い陶器たちがズラリと並んでいました

焦って引き返して外に出ようと振り返った時にはもう遅かったのです

音もなく開いた入り口には、股間をまさぐりつつ目をまんまるにしてこちらを見ているイケメンが立っていました

http://anond.hatelabo.jp/20150113165606

スキー場で俺を襲った恐怖体験

今年の冬に味わった恐怖の体験を書きたい

職場の仲間同士6人で、日帰りスノボーに行ったんだ

そのうち女子は二人で、その中には普段なかなか会話できない意中の女子も含まれていたんだ

今思えば行きの新幹線からビールを数本空けてしまったことが全ての原因なのだが、会話が盛り上がってきたところでその子との意外な共通点が発覚したことで俺は完全に舞い上がってしまった

そのまま車内での話は盛り上がり女子二人からも信用を得ることができた頃、いよいよスキー場に近づいてきた

聞けば他の男子3人は上級者コースに挑むという

知っての通り今年の雪山は荒れている

スノボー初級者の俺には上級者コースなんてもってのほかだったし本来であればその3人についても危険からと止めるべきだった

しかし、残る女子二人も初級者ということもあり少しでもその子との会話を楽しみたかった俺は、3人の背中を押すことで彼女たちとの時間を選んでしまった

天気は荒れていた

標高が低い初級者コースにも関わらず、風も雪も横殴りに吹き荒れ視界のほとんどが奪われていた

それでも少しずつ滑りながら女子との時間を楽しんでいた俺は、何本目かを滑り降りている時に女子たちを見失ってしまった

どこかで転んでしまったりコースを間違ってしまっていないか、寒さに耐えつつも心配でしばらくその場で待機していたのだが彼女たちは一向に姿を見せない

少しずつ溜まってきた不安心配から携帯で連絡を取ろうとした矢先に、俺は突然の尿意に襲われた

それは到底我慢出来るようなものではなく、かと言ってトイレに行くとわざわざ連絡ができるはずもない

それならば少しでも早く先に降りてさっさと用を済まし、リフト乗り場付近で待っていたことにしようと決めたのだ

そうと決まれば少しでも早く滑り降りる必要があった

相変わらず吹雪は視界を奪ってくる

すぐ近くを滑る人間の気配すら感じ取ることは難しい

焦って進もうと思うほどうまく前に進めない歯がゆさを感じていた

どうにか到着した麓のレストハウスに入った瞬間、今思えば妙な静かさを感じていた

からは人のざわめきが聞こえてくるのだが建物の入口付近には誰の姿も見ることができなかった

焦る気持ちを抑えつつ目の前に見つけ出したトイレの扉に飛び込んでみても、そこに人の姿を見ることはできなかった

頭の片隅に妙な不気味さを感じつつ、入り口にある洗面台で手袋と身体にまとわりついた雪をまずはたき落とした

そうしてトイレの奥に足を進めようとした時、直感的にここはヤバイってわかったんだ

目の前には、個室の扉だけがズラリと並んでいた

焦って引き返して外に出ようと扉に手をかけた時にはもう遅かった

扉の外には、聞き覚えのある女子の会話がすでに目の前まで近づいてきていた

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん