2014-03-12

振られた後もどうしても元彼女を好きになってしまう話

振られた後もどうしても元彼女を好きになってしまう話


出会ったのは2年半前

付き合ったのは2年前

ネットで知り合って、オフ会してそのまま付き合った

自分にとっては始めての彼女だった

たった四ヶ月で別れた


長期休みにお互いの家に泊り合って20日間同棲のようなことした

遠距離でもないが、すぐに会いにいける距離でもない

一緒にいられる時間は貴重だったので、幸せだった

一緒にいるのはすごく幸せだが、自分時間が取れなくて不満に思うこともあった

泊りあった20日間の後は、自分時間が欲しくて、少しだけ彼女と通話する時間が減った

付き合い始める前から毎日最低3時間、長いときは6時間は通話していたが、

そのときから1日おき、1時間くらいの通話になった



それから一ヶ月も経たずに振られた



そうして彼女と接する少しずつ時間が減っていった

振られる前の一週間くらい彼女から通話で「好き」と言われなくなった

以前は私が「好きだよ」と言うと「私も好き」と返してくれた

それが振られる直前は「好きだよ」と言っても「ありがとう」と返ってくるようになった

私はこれがすごく気に食わなかった

それをやめてくれ、と彼女LINEを送ると、「他の男を好きになった」と別れを切り出された

最初はなぜか冷静に「やっぱりな」と思った


彼女はあまりの冷めた私の反応に「怒っている?」と聞いた

そのときは頭が真っ白になってどう返していいかわからず、簡素の受け答えになってしまった

振られて30分くらい放心状態が続くと、頭も状況を理解したらしく

涙が流れてきた

そのとき大学講義中だったが、どうしても涙を抑えることはできなかった

さらに嗚咽も漏らし、まさになりふり構わずという感じだ


講義が終わるとすぐに彼女電話した

電話には出ず、「今話したくない」とだけLINE

このまま終わるだけは嫌だった

その足ですぐに彼女の家に向かった

向かっている最中に「今向かっているから会って話そう」と送った

「来るなストーカー」という返ってきた文字を見て戦慄した



『振られる直前まで彼氏という立場だったのに、自分彼女にとってもうストーカーしかないのか』



この事実が何よりも悲しかった

自分を好きな彼女はもういないと理解してしまった瞬間だった

「とりあえず行くからどうしても嫌なら警察でも呼んで」と返した

もうやけくそ


彼女の家に着くと、父親が出た

「あれ?今日来るなんて聞いてないよ、どうしたの?」と不思議そうだ

まだ別れたことを親には言っていないみたいだ

事情を説明して、とにかく話がしたいと訴えた

彼女を呼びに言ってくれたが、彼女は会おうとしなかった

つい最近まで朝も昼も夜も一緒で、「好き」と言い合っていた相手に会えない

距離にして10mもないところにいるのに会えない

私は父親の前でみっともなく泣いてしまった

どうしようもないので、その日は会えないまま帰った


まさか振られるなんて思っていなかった

それだけが頭の中をぐるぐる回っている

しかし、彼女と接する機会を減らしたのは紛れもない自分

自己嫌悪でどうにかなりそうだった


翌日から彼女と連絡を断つことはなかった

朝起きると「昨日は会えなくてごめんね」とLINEが入っていた

毎日ではないが、彼女と通話することも何度もあった

通話する内容も、お互いの対応も付き合っているときと何も変わらないのに

ただ"関係"が以前とは違う

それでも、彼女と接することができるのが嬉しかった

始めての彼女であるし、こんなに自分のことを想ってくれる人はいなかった

別れた後でも、連絡できなくなるのが怖かった


振られてから二週間ほど経ったある日

彼女が「新しく好きになった人」に振られたらしい

私は「また付きあおう」と猛烈にアピールした

彼女はそれに了承し、また付き合うことになった

私はもう二度と失敗を起こさないことを胸に誓った


次の日、彼女が泊まりに来た

その表情は暗かった

また会えて嬉しかったのは自分だけのようだ

「好きだよ」と言っても、「私も好き」とは返ってこなかった

以前と全然様子が違った

彼女は口では言わなかったが、自分のことを好きではないことがひしひしと伝わってきた


自分クリスマスの話をすると、彼女は「クリスマスは会えない」と言い出した

理由を聞くと、クリスマスは新しく好きになった人と会う約束をした、とのこと


やっぱり、私のことを好きだった彼女はもういなかった

このときは聞かなかったが、なぜ好きでもないのにまた付き合うと言い出したのかと疑問に思った

しかし、それでもそのときの私は彼女といられればそれでよかった

彼女のことが本当に好きだった


その夜は彼女と久しぶりのセックスをしたが、本当に味気のないものだった

彼女セックス消極的なのが顕著だった

月並みだが、同棲していたときもっと愛情を感じた

お互い名前を呼び合い、「好き」と言い合い、お互いを感じ合った

こんなにも人が変わってしまものかと思った

自分は付き合っている頃と同じ、いや一度振られてからそれ以上に愛情を注いでいるのに

自分愛情反比例して冷めていく彼女は本当に別人だった


それでも

それでも私は彼女が好きだった

次の日、彼女が帰る前に自分の家で、新しく好きになった人と電話をしていても

それでも私は彼女が好きだった

彼女が私のことを好きでなくても、彼女は私と付き合うと言ったのだから

私達はカップル

そう信じ込んでいた


この文章を読んだら、誰だって「そんなのカップルではない」と思うだろう

それでも彼女が好きすぎて、そう信じこむしかなかった


それから毎週末に「会おう」と持ちかけたが、何かと理由をつけて会ってくれることはなかった

そしてそんな関係が長く続くはずがなく、一ヶ月と経たずに振られた


「今度、新しく好きになった人の家に泊まりにいくんだ」


あ、ついに来たかと思った

彼女は新しく好きになった人に振られた後も連絡は取って猛アタックしていた

その話を何度も楽しそうに自分に語っていた


「乗る新幹線からないから東京駅来て案内して」と言われた

まったくすごい女だ

新しい彼氏に会いにいくために、元彼を案内に利用するのである

この時点では、新しく好きになった人と彼女は付き合っていなかったが

会うなら付き合うのは確定のようなもの

日頃の惚気話を聞いていればわかるし、彼女性格は知っている


そして最後に「そういうことだから、やっぱり付き合うっていうのは撤回ね」と

ついでのように書いてあった


ここで彼女と会ったときに攫うか殺してしまえば、新しく好きになった人に会わせなくて済むな

そんなことを少しでも考えるほど、ショックだった

それでも言われるがままに駅の案内をした

彼女が好きだったから、会いたかったから

彼女が誰も好きになろうが、自分彼女が好きだった


彼女が案内を終えて去る私に言った

「私ではなく、もっと良い人見つけなよ」

これ以上にない皮肉だった

彼女皮肉を言うような性格ではないのは自分がよく知っている

からこれは彼女の素直な気持ちだ

それでも、このとき自分にこれ以上の皮肉はなかった


私は酒は飲まないが、この日は酒を飲んだ

何も美味しく感じなかった


彼女は一週間くらい新しい彼氏の家にいた

その一週間の彼女幸せそうなツイートといったらなかった

自分と付き合い始めた当初の彼女ツイッターを見ているようだった


それでも彼女との関係は絶たなかった

彼女とは一週間に2,3回通話した

やはり付き合うことになったということを聞いた


しばらくは幸せそうな彼女だったが、しだいに私と通話するとき

新しい彼氏との愚痴が増えた

増田ならそんなことで怒らないのに、新しい彼はすぐ怒る」「束縛が厳しい」

他にも不満だらけだったような気がする

日に日に愚痴が増えていき、「増田と別れなければよかった」なんて言い出す始末

「それなら今からでも俺は全然構わない」と言っても

「束縛されて我慢している分、付き合っていないと悔しい」とわけのわからないことを言われた

このとき以外にも「悔しい」とよく言っていた

悔しい思いまでして付き合うことあるのだろうか、と毎回思った


しばらくして、新しい彼が彼女内緒で他の女とデートしようとしたことが発覚した

彼女と新しい彼は大喧嘩した

それでも、結局付き合い続けることにしたらしい

彼女と新しい彼のことは何かあるたびに通話で聞いていた


束縛が厳しい、新しい彼の浮気

この2つのことで何度も何度も喧嘩していた

その度に新しい彼は逆ギレし、彼女うんざりしているようだった

それでも付き合い続けていた

毎回同じパターンだった

喧嘩して仲直りして・・・

喧嘩する度に聞く自分も嫌になってきた


彼女精神的に病んでいた

そのときにはリスカは当たり前で、精神科にも通っていた


その頃には彼女との連絡も少なくなってきた

彼女の様子はツイッターで、なんとなくではあるが把握していた


2ヶ月くらい連絡しなくなった

このとき彼女最初に付き合い始めてから1年が経過していた


突然、彼女から連絡が来て「遊ぼう」と言われた

新しい彼の家に泊まりに行く帰りに東京に寄るので、そのついでだそうだ

まだ彼女が好きだった自分は、喜んで会いに行った

ただ一緒にご飯を食べたり、カラオケに行くだけで楽しかった


それからずっと連絡を取らなかった

半年が経った

半年も連絡を取らないとさすがに彼女への気持ちも薄れてきた

そんな自分が悲しかったが、

やっと「自分を好きではない人を好きでも仕方ない」と思えるようになった


ある日、急に彼女から連絡がきた

また彼氏喧嘩したらしい

さすがに彼女も彼に呆れたらしく、今度は別れるつもりらしい

と言っても、過去に何度も「別れる」と言って続いてきたので

内心信じていなかった


しかし、今回は本当に別れたいらしい

彼に別れを切り出してもしつこく連絡がくる、鬱陶しいから助けてくれ

と私にSOSを出してきた


彼女に頼まれ、私と彼女で数日かけて相手を納得させた

ここ数日ずっと彼女の話を聞いたり、慰めたりしていたので

彼女を好きという気持ちが、また沸き上がってきてしまった

「また付きあおう」と切りだすと、その場では断られたもの

数日後に彼女から「付きあおう」と言ってくれた


また彼氏彼女として会う約束をした

私は楽しみで仕方がなかった

しかし、二度目の復縁の二週間後にまた振られた


私が迂闊に別れさせた彼の話題を出してしまったのが理由だった

そう彼女は語ったが、それが本当の理由ではないのは明白だった

彼女は他に好きな人が新しくできていた

三度目の失恋のすぐ後に、新しい彼とお泊りデートをしていた


ここでようやく

ようやく自分彼氏でもなんでもなく、ただの暇つぶしのためだけの「キープ」なんだなと悟った


私がまともな人間ならここで話が終わるのだが

先月また彼女から連絡があった

2月誕生日から何かくれ、と冗談のように送られてきた

もちろん本当に何かほしいわけではなく、新しい彼に振られたから私に連絡をよこしたのだった


付き合っている四ヶ月のうちに自分誕生日を迎え、彼女誕生日を迎える前に別れた

から彼女誕生日をしっかり祝ってあげたかった

・・・なんてことは言い訳で、彼女会いたかった

キープってわかっていて、同じ想いをするのをわかっていたのに

やっぱり彼女が好きな自分がいることにも気付く

どうかしていると思う、病気か何かだと思う


それでも彼女に会って晩飯を奢った

彼女に会うと、仕草言葉ひとつひとつが愛おしく思ってしま

本当に馬鹿だと思う


彼女に会った二週間後には、またまた別の新しい彼ができていた

私は彼でもなんでもなく、暇つぶしなのだから何もおかしくない


彼女からしたら、自分はなんて都合の良い存在だろうとも思う

利用されているのもわかる

そんな自分が嫌になる

今となってはこれっぽっちも「好き」と思われていない相手を好きになってしま自分

付き合っていたときのように愛情を注いでほしいと願う自分

本当に嫌いだ


この文章を書いている今は、彼女は新しい彼と絶賛交際中だ

から、私は彼女を好きとは思わない

しかし、また彼女が別れて自分に連絡がきたら

これまでと同じように対応してしまうだろう

また彼女を好きになってしまうだろう

そんな自分が本当に嫌だ

しかし、彼女に「もう関わらない」と言う勇気もまったくない

彼女友達のように接することができない

どうしても、付き合っていた頃を思い出して好きになってしま

もう「好き」というより、「執着」に近いかもしれない


こんな女を好きになっても良いことないのはわかっている

から他の女性を好きになってみたいとも思っている

それでも、出会いがなく、自分から積極的に行動しないので

たびたび連絡をくれる彼女を好きになってしま

自分にこんなに優しく接してくれたのは、彼女だけだから

もう自分のことを好きな彼女がいないのはわかっているのに

自分のことを好きな彼女がまた戻ってくるのでは、と思わずはいられない


都合よく、無条件に自分を好きになってくれる女性がいれば

その女性愛情を注げるだろう

しかしそんなことはあり得ないし、あったとしても彼女とその女性比較して

「やはり彼女のほうがよかった」と思ってしまうかもしれない


彼女のように積極的恋愛をするタイプではないので、

私は永遠にこの悪循環から抜け出せないのだろう


それでもこんな自分をどうにかしたくて、ここに投稿しようと決意した

目を覚ますためにも厳しい増田意見が聞きたい


  • http://anond.hatelabo.jp/20140312012740

    見てない。長い。

  • http://anond.hatelabo.jp/20140312012740

    あなたの好きだった彼女は、もうどこにもいない。 面影がある違う妖怪がいるだけで、いつまでも面影を追いかけてもどうにもならない。 万一彼女とヨリが戻って結婚したりしたらそれ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140312012740

    めんどくさいから、会って、抱いて、避妊に失敗して、妊娠させて、俺が責任取るよって言ってみなよ。 母になれば落ち着く子もいるし、母になっても落ち着かないなら今度こそ目が...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140312012740

    そりゃ抜け出せないよ。 増田はもう1から恋愛するのが面倒なんじゃない? 新しく誰かに出会って性格や好き嫌い、どういう面があるかとかそういうのを知る手順が面倒だから、 出戻...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140312012740

    初めて付き合った人とは ネットで知り合って オフ会して そのときは彼氏が居たのでそのまま付き合わずに恋人未満的関係になって 更に一番好きな人は他に居て 付き合ってから...

    • http://anond.hatelabo.jp/20140312101710

      横からだがめっちゃ刺さる その状況を見て「そいつサイテー」と(できれば本気で)(できればこちらに好意を持ちつつ)言ってくれる人が必要だった 元カノとまだ普通に親交が...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140312012740

    お前めんどくせーヤツだな。 自分を好きな彼女はもういないと理解してしまった瞬間だった おまえ彼女が好きなんじゃなくて「自分の中の彼女」が好きなだけだろ。 思い込みが激し...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140312012740

       「マンガで分る診療内科」の10巻    を読んでからメンタルへ!

  • http://anond.hatelabo.jp/20140312012740

    その子が大事だろうがなんだろうが別の女と付き合いをそれなりにしてればよくね?本当に一緒になるタイミングを見計らってればいいんじゃん。俺が今の嫁と結婚する流れがそれだっ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140312012740

    んー、辛いですねぇ。 ではここで、H.N.マスダさんにぴったりの曲を! http://www.youtube.com/watch?v=vvepe04Dbh4

  • http://anond.hatelabo.jp/20140312012740

    開き直ればいいじゃん 多分誰が何を言おうと考え方かわんないよ増田みたいなタイプは すっげー頑固で他人の意見を受け入れられないタイプ 自分とおんなじw 気が済むまでずーっと彼...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140312012740

    初めて入れた穴ってトラウマだよね! 男子が処女厨になってしまう理由がわかるね! でも女子は童貞厨とかにならない、ってのもわかるね! それは一種の生理現象なので、次いこ...

  • anond:20140312012740

    男は彼女(自分という人間)にだけは甘いものだと心の奥底までも信じ込ませることでどの新しい彼氏とも上手くいかなくなる呪いをかけたという話ですね。 もう十分ダメ女にした。目...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140312012740

    彼女はおそらく「境界性人格障害」だと思われる。ボーダー、ボダなどと言われているものだ。 他人、特に異性の心をコントロールすることにとても長けているのが特徴。 増田のその気...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140312012740

    たまに連絡してきてセックルできるセフレがいるなんてうらやましい話だ。楽しみたまえ。

  • http://anond.hatelabo.jp/20140312012740

    元増田です 「増田の意見くれ」と言っておきながらツイッターからブコメまで、 こんなに意見を頂けるなんて思っていませんでした 嬉しい限りです せっかくなので、返信と少し追記を ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140312012740

    元増田です ※間違えてトラックバック記事にトラックバックしてしまったので再投稿 「増田の意見くれ」と言っておきながらツイッターからブコメまで、 こんなに意見を頂けるなんて...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん