2017-11-12

骨髄移植の話

骨髄移植話題になっている。

ボランティア骨髄バンク経由で骨髄を提供したドナーさん

https://anond.hatelabo.jp/20171110125209

過去に別のドナーさんから提供された骨髄を移植したレシピエントさん

https://anond.hatelabo.jp/20171110205203

どちらも普通に生活をしていると全く知り得ない出来事で、マンガドラマの中によくある「ドナーさえ見つかれば万事解決」的な描かれ方とは程遠い、圧倒的で重くて細かい現実が良くわかる。

いい機会なのでここで骨髄移植について書いておこうと思う。

まず移植というと腎臓移植とかを思い浮かべるだろうし、コメントにもちらほら手術とあるから誤解を受けやすいのだが、骨髄移植に限っては、手術はしない。

ドナーが見つかったら移植日を設定し、そこに合わせて致死量を超える抗がん剤放射線移植処置)により、レシピエントの免疫を完全にゼロに持ち込む。これは一旦Goとなったら止めることはできない。

そしていよいよその日、day0に移植となる。移植自体はむしろ輸血に近い。血管から提供された幹細胞を輸注するのだ。そして生着を待つ。

ここで幹細胞が入れられないと当然レシピエントは死ぬ移植が受けられなければ、移植処置とは単なる殺人行為からだ。ドナー提供前に危険を伴う行為制限される理由はこのことに他ならない。

ただし、やはりドナーにおける負担は現状、相当重い。自身健康を損なう危険がある上、仕事を休んで検査をし、入院して痛みを伴う処置に耐えなければならない。

また、レシピエント側の問題として、ドナーの上記の準備を待つ時間がない、ということもある。その間、少なくともがん細胞コントロールし続けなくてはならないのだ。

そういう意味骨髄バンク経由の移植というのは最もハードルが高い。

そこで、骨髄のマッチングに関して様々な対策がとられている。

まず知名度もあり、利用も多いのが臍帯血バンクだ。出産ときに廃棄される臍帯血を保管し、移植使用するものだ。骨髄バンクとは違い、もともと捨てるものを保管管理するだけなのでドナー側の負担はほぼゼロだ。(出産前に提供意思表示をするくらい。)

問題点としたら、得られる造血幹細胞が限られており、レシピエントの体格が良いと足りない場合がある、再発した場合効果が期待できるドナーリンパ球輸注が使えない、臍帯血を採取できる施設が限られており、なおかつ出産はいつ何時始まるかわからないため、週末や年末年始など、採取できないケースが結構ある、などだろう。

次にハプロ移植だ。

骨髄移植白血球の型(HLA)が全て合うことが望ましいが、これが一致するのが非血縁者間(骨髄バンク)だと一万分の一以下である

この合致率を下げて、血縁者をドナーとしようではないか、というのがハプロ移植である血縁だけあって、兄弟なら50%の確率で、親子ならほぼだいたいドナーになることが可能である。縁もゆかりもない他人のためにドナーになるのは負担が大きいが、兄弟子どもであればどうだろう。しかも、抗がん剤放射線で叩ききれない残存がん細胞に対する抗腫瘍効果も高いと言われている。

こう書くとまるで夢の治療だが、実際行われているのは日本でも数施設である。なぜか。移植をするということは、他人免疫細胞を招き入れ、定着させるということである。そして、免疫細胞役割とは、自己でないもの攻撃することである

移植された免疫細胞にとって、レシピエントの身体は非自己しかないため、当然攻撃対象となる。これが移植片対宿主病(GVHD)だ。

プロ移植GVHD重症化しやすい。

消化管に出れば1日何リットル単位での下痢になるし、吐き気が出ることもある。皮膚がぼろぼろになったり、肝臓がやられる場合もある。

そして、何より問題なのが、GVHD有効な薬剤があまり市販されていないことだ。免疫反応がその実態であるので、免疫抑制剤が主力になる。当然、移植から全身性の免疫抑制剤は綿密な血中濃度コントロールを行いながら投与されるのだが、強力な免疫抑制感染と表裏一体だ。局所GVHD 制圧のためにはその場所にさえ薬が届けば十分なのだが、なかなかそういう薬はないのだ。

ではどうするか。

作るのだ、病院で。

この、2017年日本において、薬剤師が、カプセルに、手動で粉薬を、つめている!

また、健康な人の腸内細菌移植する、と言えば聞こえは良いがその実態ちょっとここでは書けないような、そんな治療医師が自ら犠牲犠牲?)になって行われていたりもする。

骨髄移植、それもハプロ移植となれば最先端医療であるしかし、最先端であるが故、市場規模が小さすぎ、まだまだ製薬会社を始めとする企業が手を出しにくい状況であり、医療スタッフ手弁当で補わなければならない部分も多々あることは記しておきたい。

レシピエントの方が書いていた、骨髄移植が生きるか死ぬかぐるぐるポン!というのは確かにその通りであるが、移植後の生存率とQ O Lを少しでも上げるために、現場はいろいろ、本当にいろいろ、試行錯誤を重ねている。

ほとんどの人は関係ない話だとは思うが、現場からは以上です。

記事への反応 -
  • 骨髄提供をしてみた【追記/ 11/16さらに追記】

    もう1年以上前になるが、骨髄提供をしてみたのでその感想をつらつらと書きます。 そもそも献血が好きだったので、骨髄バンクの登録もそのついでにした。登録はしたけど5年くらい...

    • 骨髄移植の話

      骨髄移植が話題になっている。 ボランティアで骨髄バンク経由で骨髄を提供したドナーさん https://anond.hatelabo.jp/20171110125209 過去に別のドナーさんから提供された骨髄を移植したレシピエ...

    • https://anond.hatelabo.jp/20171110125209

      献血もそうだが、こういうのが善意だけで成り立っている社会は、あまり褒められない。 増田は褒められる。すごい。

      • anond:20171110130641

        献血は、たまにくれる図書カード程度でも、売血になるからうんぬんと(多分国際機関から)物言いが付いて止めた経緯があった筈。金で買う事になるから、骨髄移植もダメなんじゃな...

        • anond:20171110171045

          図書カードもらってよく技術書買ってたけどなぁw でも、図書カードのお礼が廃止されて見事そこから献血数が激減してるんだよねぇ

    • anond:20171110125209

      そこまで面倒で見返りが無いのにまたやるかもって言える増田すごい

    • anond:20171110125209

      つまり、骨髄移植はしたけど、結局助からなくて死んだってことなのかな。

    • anond:20171110125209

      献血もそうだけど医療のリソースはいろいろと善意に甘えすぎだろ 日本ってなんでこうなんだ しかるべきコストをきっちり払ってお互いすっきりギブアンドテイクさせろよ といつも思...

    • anond:20171110125209

      面白かった 免許裏の臓器移植のサインなみに簡単なら別にいいかなくらいの感覚はあったけど、これ読んで絶対やらねーって思った

    • anond:20171110125209

      すごいな、いいことしたんだよ。 俺は、脊椎に注射を刺されると聞いて、骨髄バンクの登録はできなかった。 もしかしたら間違いかもしれないけど、聞いた話では、 ベットの上に膝を...

      • https://anond.hatelabo.jp/20171111195705

        https://anond.hatelabo.jp/20171110135732 いやいやおめー、それは一昔前の髄液検査の事でね? 髄液検査でさえ、今は局所麻酔もしてくれるみたいだ。 http://www.oceanbridge.jp/taka/archives/2014/03/9_4.html ...

    • anond:20171110125209

      10万円の助成金もらえたことをメリットとして強調しときなさいよ この情報は初めてしってぞ

      • anond:20171110142408

        http://www.jmdp.or.jp/documents/file/02_donation/donor_municipality171015.pdf 実際に助成金を行っている自治体の数だけど、少なすぎ・・・w

    • anond:20171110125209

      見返りを求めない(自己満足はあるかもだが…)でそれだけの善行を詰める増田は、 きっと良いことがある。返報性の法則で、きっと世界のどっかからお返しが来る。

    • 手紙の件

      sangping “私には手紙が来なかった。” 骨髄提供したからといって、相手が100%助かったとは限らんのでは? 2017/11/10 リンク Add Starteruwyilavandingekitanucroissant2003nekonuma 最終的に助か...

      • anond:20171110154947

        仏教は価値あるものと思うが、大病に罹ったらそれは今生の努めが終ったことの証左と捉えるべきとする自分は、骨髄や臓器の提供を受けることも提供者になることも考えられない。 お...

    • anond:20171110125209

      とにかく増田ほんとにえらい、これでまたやってみようかなと思えるのがほんとにすてきな人だなと思った

    • https://anond.hatelabo.jp/20171110125209

      割とリアルに100万円もらってもやりたくないレベル。 増田は天使か?

      • anond:20171110160225

        「報酬がない」っつうより「持ち出しが多すぎる」って感じだよな

    • anond:20171110125209

      公益財団法人 あっ

    • https://anond.hatelabo.jp/20171110125209

      1億円もらえるとしても考えるレベル…。 体に穴あけるとか、もぅマヂ無理。 痛いのももぅマヂ無理。

    • https://anond.hatelabo.jp/20171110125209

      これを読んで思ったのは自分は絶対にやらないだろうなってこと 正直100万もらえるっていうのでもリスク考えたらギリギリレベルなのに かかる経費で実費なものがあるって時点で信じら...

      • anond:20171110194143

        なんか元増田の文章からだと骨髄バンクって金のためだけに存在する利権団体って感じ

    • anond:20171110125209

      うむ 提供者に例も言えないカスはそのまま死ねということだな

    • anond:20171110125209

      増田さんの骨髄ドナー、本当に偉い💓です。尊敬します。勇気と無償の優しさに感動しました✨ 私は献血を数回してるだけです。

    • 提供者へは 手厚い お礼を するべき

        提供者に パジャマ代を 支払わせるとは ひどい 仕打ち   骨髄を 提供すると 生命力が 減少するので   完全に 回復するまでの期間 給料を 補填する 必要がある     ...

    • 拝謝】骨髄移植させて頂いた【勝手返信

      https://anond.hatelabo.jp/20171110125209 何よりも まず、ありがとうございます。    私は既に提供者の方と手紙の交換をさせて頂いているので 増田さんのレシピエントでは無いのですが、   ...

    • anond:20171110125209

      子供のころ骨髄提供を受けたことのある者です 私の提供者は兄弟だったので増田さんと全然状況が違うけど ありがとうという気持ちと尊敬の念でいっぱいです 一般の骨髄ドナーの...

    • anond:20171110125209

      あんたスゲーよ。 尊敬する。 全身麻酔なんて怖くてできねー。

    • https://anond.hatelabo.jp/20171110125209

      ある期間に英国に滞在したことにより献血すら丁重にお断りされる私は、骨髄提供も出来ないんだろうか? しかし早くESなりiPSなりで簡単に治療できる世の中になって欲しい。

    • anond:20171110125209

      善意の足かせは無くしてほしい。献血も過去一ヶ月に海外に行っているとできないし。

    • https://anond.hatelabo.jp/20171110125209

      →「最後まで治療をしてあげられた」という患者さん【とその家族】の心の支え わかる。知り合いがガンで亡くなって、俺はそれを知らなかったから「何かやってあげられたかもしれな...

    • anond:20171110125209

      入院中に検査のための骨髄穿刺はしたことがあるけど、そのときは局所麻酔だったし、主治医からは外来でもできる検査だから安心してって言われてた なんで骨髄提供だと全身麻酔なん...

    • 自尊心が低い私には骨髄移植は最高の偽善だったのでまたやりたいと思

      https://anond.hatelabo.jp/20171110125209 自分も骨髄移植ドナーである。 毒親に育てられてきたので、自尊心はとっても低い。厳しい親に嫌われないように勉強も頑張っていい大学に行きいい会社...

      • anond:20171111122841

        でもお前の骨髄だけはイヤ

        • anond:20171111130633

          お前も病にかかってみろよと、ありがちなコメントですが、思うわけですよ、元患者としては。ゆうてられへんよそんなこと。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん