2016-11-01

6年間待ち続けたアニメブルーレイの予約をキャンセルした。

2008年、僕はその世界に恋をした。

そう、あれは今から8年も前のことで、僕はまだ大学生だった。軽い気持ちで入ったオタサーに所属しており、新作アニメで目についたものを、取り敢えず視聴するのを習慣にしていた。それらの内容について、サークルメンバーとうだうだ語るのが日課だった。とはいえ、ぬるま湯めいたモラトリアム生活にそろそろだれ始めたまさにその時、破格のアニメ既存の枠組みをぶちこわすような、エポック世界観をもったアニメシリーズが放映され始めて、僕は瞬く間に虜になった。アニメ一期の遥か前からOVAや企画などの展開があって、物語の背後にとてつもない情報量を含んだ異世界が広がっているのを知って、沼にはまり込むようにその世界へ沈んでいった。DVDを買い、マンガを買い、小説を買い、ゲームを買い、記事の載っている雑誌を買い、ドラマCDを買い、同人誌を買い、SSを読み、ラジオを聞き、イベントに足を運んだ。絶叫上映会で吠えた。自分がこんなに深く、何かに夢中になれると初めて知った。

就職活動をして、社会人になり、いつの間にか新作アニメを追う習慣が失われていっても、そのアニメに対する想いは失われなかった。劇場版ライブイベントに、欠かさず足を運んだ。声優イベント歌手ライブアニメ会社イベントもだ。補給が何度か途切れそうになっても信じて待ち続けていた。だからイベントで、テレビアニメの第3期制作が発表された時には狂喜乱舞して、夜、サイゼで仲間と祝杯をあげた。

1期、2期、劇場版、OVAと違って、今回からは新キャラたちの物語になるのだけれど、大した問題ではなかった。もう一度あの世界がテレビで観れる、と考えるだけで多幸感に満たされた。 第3期の第1話はまず先行上映会で観た。少し引っ掛かる部分はあるにはあったけれど、その場の興奮や、長い時間を経てようやく新作を観れた感激が、不安を押し流した。先行上映会の帰りに、アニメショップで即座にBDを予約した。第1巻にはイベント参加チケット付属していて、早めに予約しないと参加券が無くなるという危惧もあった。 その後、第1話をとうとうTV画面で観ることになり、少し引っ掛かっていた、違和感めいたところが更に目立つようにはなっていたけれど、それでもまだ、この世界をもう一度TVで観れたという喜びが上回った。録画を何度も視聴し、次回を待つの幸福時間だった。

その1週間後、第2話が放映され、地獄に叩き落とされるまでは。

第2話の大半を占め、物語全体でも重要な転機となる戦闘シーンが、正視に耐えない代物だったのだ。いまや流行りのアニメを多少追うくらいの超ライトオタクに過ぎない自分が、耐えられないほどの惨状だった。1期、2期、劇場版、OVAと、8年続いてきた映像魔法が、一夜にして解けたようだった。海面は水色の板になり、艦船は書き割りになり、航空機は張り子になり、キャラクターは棒人形になった。画面を覆っていたのは、僕を釘付けにした踊るようなキャラの動きではなく、素人でも稚拙と分かるCG人形遊び、ハリボテの継ぎはぎだった。これがいわゆる「作画崩壊」ならまだ救いはあった。円盤での修正に望みを繋げばいいのだから。でも、そこには欠片の希望も残されていなかった。CGでボロを出さないようにするためだろう、一定距離を置き続けた、単調で臨場感皆無のカメラワーク物語世界観や戦いのリアリティを根こそぎ崩壊させるコンテがそこにあったからだ。万一円盤に修正が入ったとして、コンテから切り直されることはないだろう。

そこからの1週間は、うってかわって、処刑を待つような気分で過ごした。まともな第2話が放映される夢を2回見て、2回とも、目覚めた後、激しい悲しみに襲われた。そうして迎えた3話は、ストーリーに集中することさえできなかった。前話のことは何かの間違いだったのでは、と、祈るような気持ちで画面を見つめ、もう一度裏切られた。戦闘シーンに移るたび魂が削られ、どうかもう日常だけ映していてくれ、と思った瞬間に、突然、反射的にテレビを消した。そしてもう一度電源をつけることも、続きを見ることもできなかった。電源を落として真っ黒になったテレビ画面の前で、リモコンを握り締めたまましばらく金縛りにあったように動けなかった。激しい動揺が自分の中で荒れ狂っていた。

たかCGが壊滅していたくらいで、自分が、もうこの世界実在を信じていないのだ、と、気づいてしまって、もはや、続きを見ることはできなかった。

驚いたのは、自分の中にこんな逆鱗があったと気付いたことだ。自分のようなライトオタクとしては、キャラの絆や誇りさえ美しければ良いとまで思っていたし、このアニメについて他人に紹介するときも、世界設定や関係性の話ばかりしていて、戦闘シーンがカッコいいから観て、と言ったことはなかった。そんな自分不見識を心より恥じたい。あまりにも当然のように実現されていて意識にのぼっていなかったが、この世界や、キャラ喜怒哀楽といったものは、戦闘シーンを含む特殊な動きのリアリティによって説得力をもたされていたのだ。それに以前は、一般論として「作画に比べてCGダメ」と言われているのを見ても、老害迷信に過ぎないと考えていた。あの戦車アニメCGは凄いし、あの劇場アニメCGは格好いいじゃないか、などと思っていた。今なら分かる。CGは、舐めて使う連中、省エネを考えて安易に利用する者たちの手にかかれば、作品抹殺する、世界を絶命させる力さえあるのだ。

円盤キャンセルすると決めた理由は、最初は怒りだった。この世界をこんな風にした連中に、一文たりとも落としてやりたくない。あり得たはずの3期を奪った奴らに、免罪を与えてはならない、と。アニメが壊れていても、まだ小説マンガは次々出る予定がある、そう考えて、自分を慰めようとした。これまで集めた小説マンガを読んで、心を鎮めようとした。 しかし、駄目だった。かつて僕の心を満たした幸福も興奮も甦ることはなく、ページをめくるたびに、奪われたものの大きさが実感され、胸を絞られるような痛みが襲った。もうこの世界は壊れてしまったのだ。いま僕の本棚に収まっている無数の物語は、かつて確かに存在した、けれど既に潰えてしまった世界の残骸でしかなく、僕の心は、死者の生前の姿を眺めて安息を得られるような、鈍感な構造をしていなかった。やはり耐え切れなくなって本を閉じた時、怒りよりもずっと深い悲しみが僕を包んで、ああ、きっと僕はもう、この物語円盤どころか漫画小説も何もかも楽しむことはできないのだろうと悟った。

僕より度量の広いファンは、「この程度で円盤を買わないというのなら、お前はファン失格だ」と言うかも知れない。だが僕にとっては、円盤を買ってこの作品を認めてしまったら、その時こそ僕は、ファンとして死ぬのだ。

シリーズも、爆発的にではないだろうが、そこそこ売れるはずだ。昔から視聴者でも僕より大らかな人間は、作品に満足し、あるいは満足しなくてもお布施として、ソフトを買うだろう。当初目標とされた売上からは大きく落ちつつも、まだ戦える、と、制作側は思い込む。既に戦争は最悪の形で終わってしまったことにも気づかずに。 そして4期なのか劇場版なのかOVAなのかが既定路線的に作られ、しかし売り上げはジリ貧となり、遠から作品を閉じることになるだろう。そうなったら、なぜコンテンツが死んだのか犯人探しが始まり、新しいキャラや新声優シナリオ濡れ衣を着せられ、いわれなき誹謗中傷を受けるかもしれない。その時のために、だから、僕は、宣言しておく。

CGだ。あのCGを作った連中が、翼を折り、魔法を潰し、少女たちと世界の息の根を止めた下手人なのだ

今考えれば、電話などで済ませられたのかも知れないが、円盤キャンセルなどしたことのない僕は、予約したアニメショップまでもう一度赴いた。ここまで辿り着いたのに踏ん切りがつかず、広くて階層もあるアニメショップをうろついて、このシリーズ小説新刊が目立つように並べられているのが目に入ってしまって、出し抜けに嘔吐しそうになった。声優結婚が発覚して吐いた、みたいな、よくある都市伝説が、自分の身に起きかけると思わなかった。すっぱいものが、何の前触れもなしに体の奥、心臓のあたりから、とがった感じでせりあがってくるのだ。それを無理やり押しとどめなくてはいけなかった。ほとんど破れかぶれでレジに向かった。キャンセルをしたいという僕の説明が下手で、BD予約に来たと勘違いしたらしい店員が、一旦は、新たな予約申し込み書とイベント参加券を渡そうとしてくれた。ああ、急いで予約したのに、まだ余っているんだな、とぼんやり思った。あまりにも、精神の均衡が狂っていた僕の説明が要領を得ず、店員さんにキャンセルの旨を伝え、イベント参加券を返却して、前金を返してもらうだけの行為に、20分もかかってしまった。

すべてが終わって、地下鉄に揺られている間、これまでの8年間で堪えていたたくさんの悲しみが、走馬灯のように蘇って、一挙に僕に襲い掛かってきた。イベントアニメの発表がされなかったときトラブルコミカライズの終了が決まったとき小説を書いてくれた作家が亡くなったとき世界が壊され、死んでいくのを看取ったとき。週末の夕刻、都営新宿線座席で、ぶざまに泣きじゃくっていた三十歳近いキモいオタクを目撃した人がいれば、それは僕である

さようなら、僕の愛した世界。8年間、たくさんの楽しい時間をくれて本当にありがとう。そして、あなたが死んでいったときに、何もしてあげられなくて、本当にごめんなさい。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20161101023846
  • http://anond.hatelabo.jp/20161101023846

    ストライクウィッチーズかね なんで隠そうとするのかわからん ファンとしての最後の良心がそうさせたのだろうかと思うと切ないが

  • http://anond.hatelabo.jp/20161101023846

    アニメなんか3Dでやればいいだろマンが増田とかでも結構な頻度で現れるけど、 セルアニメの文法を知りつつ3DCGやれる奴がそんなに簡単に育成できる訳ないだろっていう。

    • http://anond.hatelabo.jp/20161101123927

      もういいかげん、セルアニメから卒業しても良い頃だと思う。

      • http://anond.hatelabo.jp/20161101124051

        それやったらコンソールゲームと同じ末路辿るよ。

        • http://anond.hatelabo.jp/20161101124738

          とっくの昔にセルは使われなくなってるがバカ?(言葉尻を捉えて叩く系。マジレスするとサンジゲン等、3Dの強い会社でも作画班強化するのが昨今のトレンドなんだが

        • http://anond.hatelabo.jp/20161101124738

          コンソールゲームのCGも捨てたもんじゃないぞ。ゲームとしてのクオリティはともかく、グラビティデイズは造形はよくできてた。overwatchもよく出来てたし。海外にも目を向けたらCGはま...

  • http://anond.hatelabo.jp/20161101023846

    自分はストライクウィッチーズ別に好きなアニメじゃなかったけど、確かにブレイブウィッチーズはシリーズとして見るとみすぼらしさが際立っちゃうし、ここまで騒ぎ立てないにしろ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20161101023846

    よくある萌え豚用の資金回収スキームにハマれないほど成熟しちゃっただけなのでは

  • http://anond.hatelabo.jp/20161101023846

    童貞こじらせたおじさんみたい

  • http://anond.hatelabo.jp/20161101023846

    3Dが破壊するんじゃなくてシドニアの騎士レベルの製作環境と利率を維持するプロダクションが目指すべきアニメスタジオの到達点だったのに それを10年間後回しにし続けた結果が今だ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20161101174730

      動画工房みたいな道は生き残れないのかな

      • http://anond.hatelabo.jp/20161101175139

        動画工房は特別エッジの利いた要素がどこにあるとかいう言い方できないけど アニメ制作に何が必要なのか自分で理解してるしクライアントにもちゃんと理解させてスケジュールに破綻...

  • http://anond.hatelabo.jp/20161101023846

    アニメに限らないけど、すごい勢いでハマる人って、ある日プツンと冷めるよね。 「そんなペースでやってると続かないよ」って言うんだけどムダ。けれどもその勢いがある人ってのは...

  • http://anond.hatelabo.jp/20161101023846

    ながら見してたせいかCGのしょぼさには気付きさえしなかった 元からストパン好きじゃないしな

  • http://anond.hatelabo.jp/20161101023846

    つーかこれも一種の原作厨は死ね案件なんだよな 「ストライクウィッチーズ」が好きだったくせに「ブレイブウィッチーズ」で「翼を折り、魔法を潰し、少女たちと世界の息の根を止め...

  • turimotonaoki

    >このアニメについて他人に紹介するときも、世界設定や関係性の話ばかりしていて、戦闘シーンがカッコいいから観て、と言ったことはなかった。   んんんん?これって本当にストラ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20161101023846

    作画や演出でファン辞めるとか、世界観ブレまくりで、パラレルだからとやらかしまくりで、でも新作期待しちゃう天地ファンの俺からすると、理解不能の生き物。 なのはStrikerSみたい...

  • http://anond.hatelabo.jp/20161101023846

    円盤をキャンセルすると決めた理由は、最初は怒りだった。この世界をこんな風にした連中に、一文たりとも落としてやりたくない。あり得たはずの3期を奪った奴らに、免罪を与えて...

  • http://anond.hatelabo.jp/20161101023846

    ブレパン製作関係者がこれ観ても、HAHAまた一人文句言ってるよ〜ぐらいの認識しかしてなさそう ストパン関係者は、ガルパンの売れ行き観て少しは反省して欲しいものだ

  • http://anond.hatelabo.jp/20161101023846

    こちらも似た様な記事なのでご覧下さい。 テレ東我慢してた→ようやく観れるようになったのにラインナップがパワーダウン http://s.ameblo.jp/lancelot2006xt/entry-12066485808.html BDレコーダー購入...

  • http://anond.hatelabo.jp/20161101023846

    問題のテレ東記事について全文 第一章:テレ東の地方局開局とその問題~BSJ開局まで この記事は、俺の「アニメ放送局問題」への取り組みのきっかけとなった出来事について取り上げ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20161101023846

    「ゼロムス帝国宣言」より抜粋 元旦ラストの日にデュラララ待機時でのラクエンロジック番宣に対する怒りから始まった。 普通にネバーエンディングストーリーのような王道冒険ファ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20161101023846

    便乗します。 やいいあいあいあいあいあやいだぜぇぇっぇえっぇぇぇぇ 劇場版艦隊これくしょんとかいう黒歴史認定の分際で生意気な映画!!!!! SAN値低下する様なCMを「ステラの...

  • anond:20161101023846

    長々と書いているが、結局は作画崩壊に嫌気が差した、ということではないの? 正直ミーナがケツでネウロイを潰したりだとか、何故かネウロイではなく騎士人形と戦ったりだとか、そ...

記事への反応(ブックマークコメント)

人気エントリ

注目エントリ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん