2019-11-20

誕生日プロポーズをした

彼女のじゃなくて俺の誕生日

結婚してもらう側だから

恥ずかしい話だが俺は当時大学生彼女から借金したことがある

彼女の親はいわゆる公務員のお偉いさんのたぐいで彼女オートロックキレイマンションに住んでいた

俺はそのころ大学院生で、あろうことかスロットにはまっていた

大学院まで行ったのに、いや行ったからか?嫌気がさして朝から店に並びぼーっと1日金を溶かして帰った

彼女デートする暇も金もなくなった

たまに会う彼女は俺のことを心配していて、スロットにズブズブの生活を始めてから半年くらい経った頃かな

俺に何かあったのか聞いてきた

俺はごまかして大学が大変だとか、そんなことを言ったと思う

実際その頃は院での居場所はなくなっていたし俺は奨学金バイト代から学費生活費を捻出して生活していたので、とっくにそんな金はなく

学生ローンサラ金から借金をしていた

でも毎日打ちに行くんだよ、きちがい

彼女には言えるはずもないか適当ごまかしていたけど結局だめで

というか俺の甘えで借金のことを話した

彼女は思い詰めた顔をして、四万渡してきた

なんで?と思ったけど彼女にも余裕はなかっただろうし、そもそも彼女の思う「大きな借金」ってせいぜい5〜10万円くらいだったんだ、全然俺とは違う世界にいたか

俺は泣いて感謝して次の日スロットに行った

そのころから彼女はまだ俺の様子がおかしいと言ってほとんど俺の部屋で暮らすようになった

料理をして洗濯をして掃除をして

パチ屋タバコ臭くなる俺の服を不思議に思っただろうにいつも何も言わなかった

俺はどんどん金を借りた

彼女は十二分に仕送りをもらってると思ってたか

そのころから彼女は妙に太ったり痩せたりするようになった

俺はダイエットがうまくいかないのかなーと思ってた

一年経つと彼女の後頭部にでっかい十円ハゲが出来てることに気がついた

あれ、やばいんじゃねと思った

キャバ風俗かと疑って携帯を見た

大学に行かずに毎日毎日日雇いバイトに行ってたらしい

調べたら大学留年確定してた

正直に言うが、水商売ならもっと楽に稼げるのに、と思った

大学にも行けるだろうし

とはいえ彼女にそんなこと言えないし、俺はそろそろ潮時かなと思って親に今までのいきさつを話した

母親は取り乱した後キレて、父親彼女をどうするのかと聞いた

お前が責任を取れるのか、彼女はどう思ってるのかと言った

俺は彼女が好きだけど、正直彼女はちがうんじゃないかなと思うと答えた

俺は黙って彼女携帯から彼女実家電話をかけた、今思うとやめとけばよかった

彼女の親はとにかく一度顔を見て話したいと言って彼女実家近くの駅を指定された

俺は彼女に黙ってそこに向かった

駅に着くと彼女がいた

泣いていた、酷い顔で

彼女のお母さんが冷たい目で俺を見ていた

お父さんは複雑そうな顔だった

彼女実家ではなく喫茶店の奥に連れて行かれて、どうもウチのを傷物にしてくれたみたいで、とお父さんがいった

俺はすみませんと頭を下げたけど、お母さんの方は「もう縁を切ってください、それでいいですから」と言って俺のことを見もしなかった

お父さんの方は「コレはこっちで面倒みるからお金は返さなくていい」と言った

俺はあまりにも酷い、彼女をコレって呼ぶなんてと思って、俺はこんなことしたけど彼女のことが好きですと言った

ふうんとお父さんがどうでも良さそうな返事をして、コレはウチのものなんで、使い道はこっちで決めてあるからと言った

2.3時間話していたか

金は返す、俺は彼女と別れたとしても彼女大学卒業させてやってほしい、金は俺が自分で稼ぐと言った

彼女の両親は気のない返事をして彼女は死んだ目をしてた

それでも彼女は1週間くらいして帰ってきた

痩せてはいなかったけど目が落ち窪んでた

死人みたいな目だった

メッセージが来たとき、俺はホッとして解決した気になってた

金は俺の両親に土下座して借りて彼女の親に返したし、俺が返済すればいいと思ってた

彼女はポツリと「何でわたしの親に連絡したの」と言ってボロボロ泣いた

親娘仲は悪くないと思ってたし、俺にできる誠意だと思ってたけど違ったとわかった

彼女地元や親をあまりよく思っていないことは知っていたけど、そんなに深刻そうじゃなかったか

俺はひたすら謝って、彼女はやっぱり許してくれた

それから6年経つ

彼女は親のコネではなく自力就職した

俺も就職してどうにか金も返せた

俺はおととい30になった

彼女結婚してくれといって彼女の好きなブランド指輪を渡した

とりあえず趣味が解ってるものを先に渡そうと思ってただけで、ダイヤを買わないつもりとはちがうよ

彼女は嬉しそうな顔をしたあと、でも親がな、といった

きっと彼女の両親は俺のことを恨んでいる

彼女のことも恨んでいるだろう

彼女はずっと親が怖いんだろうか

死んだ目をして両親の隣に座っていた彼女

あの日彼女の顔を久しぶりに思い出した

とにかく指輪プレゼントするよといって、彼女の返事は決まったら教えてくれと伝えた

かけおちなんかして幸せになれるわけじゃないんだろうなと思う

死んだ顔した彼女がずっと怯えて生きてるなんて耐えられない

でも彼女の親が死ぬのを待つなんてバカらしいよな、お互いに

俺がもっと立派ならよかったのかな

きっとあれだからダメなんだよなあ

長くなってしまった

もし読んでくれてる人がいたならありがとう

書いたら気が楽になった

彼女好きだ、でも彼女の両親は嫌いだ

追記

彼女には申し訳ないことをしたと思ってるし、繰り返し謝っているんだけどやっぱりどこかおかしいんだな

間内唯一この話を知ってるやつにも彼女はおまえには過ぎた子だから、かわいそうなことをするな、彼女のためにちゃんとしてやれと怒られたことがある

あ、あと彼女は両親とうまくやってます

彼女は嘘をつくのがとても上手だからと言っていた

まあこう思うくらいだからどこか現実味がないのかもしれない、そんなこと言ってちゃいけないけど

スロットは2年半かかったがやめられた

今は暇つぶしにも行かないようになった

世間的にはまあまともな暮らしだと思う

でも改めて考えると正解がないな

彼女結婚するのか、別れるのがいいのか

彼女意思としたら「何も問題がなければ結婚したい」って感じなんだと思うけど

俺が自信を持って彼女のためになると言えることといえば彼女性格を他の人よりはかなり理解できるところだけか

彼女は頭はいいが世間に合わせすぎてストレスたまるタイプで、何年も経ってやっと愚痴を話してくれるようになったくらいだから

仕事も顔も性格も、別に彼女がその気になれば俺より上の男を手に入れることなんて余裕だろうし

わかんないなあ、わかんないってことはやめておくべきなのかな

彼女必要としてる間は彼女に尽くして生きるくらいがちょうどいいのかもしれん

  • anond:20191120020517

    お前人間として最低だよ 親の圧が強くて自分よりも弱い存在に救いを求めた彼女と共依存になってるだけ 彼女の親が子供を支配的に育てていたのは良いことではないが 自分がした乞...

  • anond:20191120020517

    ぞっとする。 共依存なんだろうけど、そのお前のぼやっとした愚鈍さが怖い。 お前、生きてちゃいけない人間だよ。

  • anond:20191120020517

    パチスロで彼女を奴隷にして親とも断絶させて相手の親を嫌う。頭おかしいね

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん