「ガレー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ガレーとは

2019-03-19

anond:20190319153621

マルタ島大包囲戦』

歴オタから

16世紀地中海マルタ島でのオスマン帝国聖ヨハネ騎士団の攻防戦を描いた本。

当時のイスラム世界キリスト教世界の焦点となり、

世界最大・最強・最新のオスマン軍と、少数精鋭・高い士気・鉄の規律十字軍騎士団という対照的軍隊が双方ボロボロになるまで死闘するという点も熱く、

ワイが戦史の中で一番好きな戦い。

また両軍とも70歳超えの最強有能ジジイが率いており、最強ジジイ対最強ジジイ(+援軍で80超えのさらなる最強ジジイがくる)という構図も良い。

著者が史料を集め取材を重ねて書いた歴史本だけど小説表現も多くあり、

騎士団員が海を見張っていると水平線からオスマンガレー艦隊が姿をあらわす場面など印象的なシーンがいくつもある

ほんま映画化してほしい

2018-08-06

anond:20180806151034

これの原典に当たるのはフランス作家ロマンガレーによる小説自由の大地」(邦訳1959年)であり、

このエピソード引用したコリンウィルスン「至高体験」によって日本で広く知られるようになった。

この引用の際、レジスタンス兵士に、貴婦人少女に書きかわった。

このバージョンインターネットで広がり、同時並行的なタイミング同人マンガ版も書かれた。

2014-09-23

ヒト由来の乳酸菌って、そもそも誰の乳酸菌だったの…?

想像すると、ひたすら怖い。

どこの誰とも知らない研究者のオッサンの腸に潜んでいた乳酸菌を、どういう方法かわからないけど取り出して、


培養して培養して培養して、


最終的に私の腸に届くビオフェルミンになる。

もうホント、誰由来かはっきりしてほしい!!


最近では、バファリンの成分ですら、半分優しさじゃなくなってるし。


セチガレー!!

2011-11-21

http://anond.hatelabo.jp/20111119084030

ゲーテは大作『ファウスト』において人生意味テーマとして扱っている。そこでは、今ある空虚を満たそうと欲望をどれほど追い求めてもその空虚は埋まらない、それどころか、欲望の充足を追求すればするほど、かえってその空虚が際立ってくる、ということを示している。金が欲しい、地位や名誉が欲しい、異性が欲しいなどの欲望は、欲望を満たしたとたんに次の新たな欲望が生じ、どこまでいっても満たされない、という「永遠欲求不満」の状態に置かれてしまう[28]。

ファウスト』第一部では、大学者のファウスト学問を究めつくしても人生はただむなしいだけと気づく。そこで悪魔メフィストファレスと交渉し、ファウストを満足させられたら死後の魂を差し出してもかまわない、と約束する。ファウスト悪魔の力で若さを得て、マルガレーテと恋をし身ごもらせるが、その結果母と兄を失うことになった彼女は生まれたばかりの赤ん坊を沼に沈めて殺してしまう。ファウストは「ああ、俺は生まれてこなければよかった」と嘆く。第二部では、懲りないファウスト皇帝の家臣となり、ふたたび悪魔を説き伏せ、黄泉の国からギリシャ神話伝説の美女、完全な美の体現のヘレナの霊を呼びださせ、結果としてふたたび恋におち、子供をつくり平和な家庭を築き、今度こそ満足のゆく生活を手にしたかのように見える。だが愛する子オフィリオンは平和な家庭を否定し、戦いを求めて旅立ち死んでしまう[29]。

では、その後ファウストが、「ここにこそ人生意味がある」と思え、「時よ止まれ!お前は美しい!」と叫ぶことができるようになったのはどのような時かというと、自分の欲望の満足させようという思いは捨て去り、万人のための自由な国を建設しよう、と人々のための「理想の国」実現に向けて戦いはじめた時であった。つまり、『ファウスト』における「人生意味」「本当の幸福とは何か」「本物の満足とはどのようなことか」というテーマの答えは、自分の欲望の満足へのこだわりは突き抜けて、それを手放し、自己(小我)を超越し、利他の状態に状態に至ったときにはじめて手に入るものだ、ということである[30]。

なお、ファウスト心の旅があらゆる学問への絶望から始まるように、人生意味や真の幸福というのは、学問思索によって得られるものではないのであり、「人生意味は○○である」とか「真の幸福とは○○」であるということを書物や文章を読んで学んだところで、それで人生意味幸福が得られるわけではなく、実際に「自分の命を懸命に燃やす」ことによってのみ人生意味や真の幸福はつかむことができる、と表現されているのである[31]。

wikipediaから引用だけど、「自分の命を懸命に燃やす」ことによってのみ人生意味や真の幸福はつかむことができる、というのが

何に価値を置くかはその人次第だけど恋愛好きな人の為に生きるってことに幸福に繋がる人が多いんでしょうね

2008-08-22

プライバシーを晒すとあがる発言の重要性 - 不思議インターネット

この記事を読んで思ったことだけれど。

増田さんへ。私は久しぶりに激怒しました。 - iGirl

http://d.hatena.ne.jp/asami81/20080821/masuda

id:asami81のこの記事がたくさんの人の共感を得たりするのは、この余談のおかげ。

余談

私は去年結婚しました。詳細は除きますが当時の旦那の年収は260万円も全然なかったです。私の家族への挨拶2007年4月1日*7に行って、見事増田さんと同じような目に合い*8、2007年10月末日までの7ヶ月間延々と家族*9 と話し合いを続けました*10。私たちは週1回のペースで呼び出されてた*11w もうね、とんでもない7ヶ月でしたよ!「縁切る」までの話になったし。それでも結婚できたし今は家族とも普通に戻ったし。

増田さんの気持ちとか彼女さんの気持ちとか痛いほど分かるつもりです。でもだからこそ腹が立った。できることがたくさんあるから。とりあえずお酒に頼らないでほしい。

応援しています!!ガンガレーーーーーーーーー!

とりあえず記事の中身は棚上げとするが、もしこれが結婚なんかしていなくて、全て脳内の話だったとしたらこの記事はもっと叩かれるんだろうな、と思った。

そして、これまで書かれたブログ記事でのid:asami81私生活(プライベート)や、顔写真オフでの色んなブロガーとのふれあいなど、そういったプライバシー晒しの連続が、この記事に説得力(タイトルでは「発言の重要性」としたが)を持たせている。

所詮はリアルでの裏付けがなければ、どんなに良い発言をしてもその発言は説得力に欠ける。

逆に、良い印象や良いイメージさえ先行していれば、多少自分勝手な発言や、思いっきり私感でも、感化される人間が増える。

では、プライバシーとはなんなんだろうか。

不思議世界をぼくらは住処にしている。

2008-03-13

http://anond.hatelabo.jp/20080312025012

初々しいですな。

まあ、さっさと逃げられない状況に男を追いこむことですね。ガンガレー

ちなみに、町中にこにこ歩いていても、家では大ゲンカの毎日なんてこともあります。

土日だから、恋は盲目でいられたことも、毎日だと気になって喧嘩することもよくあります。

ただ、喧嘩して喧嘩して、お互いを理解しないと、逆に破局は突然来るような、そんな気が

僕にはしているので、適度に喧嘩できる今が実は嬉しかったりします。

2007-11-18

ガレーニャ

Magalenha

いい曲だ。

ポルトガル語らしいのだけどどういう意味なのだろう。

どうしても曲ッがーれ! という台詞が脳内に浮かんでしまう。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん