「野党勢力」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 野党勢力とは

2016-09-15

外国ルーツがあってもいいけど外国に心がある政治家は嫌だ

Ayrtonism 彼女批判している人たちは決して口に出さないけど、一部の人は「外国ルーツを持つ政治家リーダー立場に就くこと自体気に入らない」って本音を持っているように見える。実際ちらちら見える。

リンク2016/09/15 Add Starchibastian53Hozumax

これ。

ID出して自分過去ブコメ提示したいとこだけど政治ネタID出すのが怖いチキンさは許してくれ。

自分はこれまでかなり蓮舫さんに期待する言葉を何度も書いて来た。

民進党蓮舫代表のもとでこそ若返り生まれ変われると思ってた。

だって東京都知事戦でも、野党勢力の中で鳥越候補を後押ししつつ最も正気を保ってたのは蓮舫さんだと思った。

もちろん蓮舫さんのルーツ外国にあるのは知ってて、それでも応援する気持ちがあった。




けど今回の国籍騒動

手続きミスはもちろん良くないし

説明がその場しのぎの嘘で二転三転したのも良くないけど、

それより何より、発掘された蓮舫さんの発言録ではっきりわかってしまった。

蓮舫さんは台湾、というかそれ以上に(お父さんのルーツである中国に対してすごく心を寄せてる人だ。

日本は嫌で中国が恋しい、みたいなニュアンス発言もある。

日本との結婚生活のためで、何年経っても本当に好きなのは幼馴染で初恋中国だけ、みたいな。

この人が力を持ったら何を始めるだろう…?

というかこの人がじっとしてても、中国側絶対近付いてくるし(というかもうとっくにきてるんだろうけど)

近付いて来たら喜んで迎えるだろうし。




残念ながら現在中国は膨張と侵略露骨方針としていて

多くの周辺国にとっても日本にとっても最も危険な国になっている。

その国に心を寄せてる人が国政の重要位置に来るのは、悪いけど嫌だ。

だって言うか怖い。

どう考えてもまずいじゃん。

これがせめて中国じゃない、もっと利害関係のない国やのどかな国(ベルギーとかジャマイカとかアイスランドとか)だったら、母国に強く心を残した人が日本の政治家になってもそれほど怖くも嫌でもないんだけど。

すぐそばの侵略的な国家出身母国に思慕や忠誠心をもった人が日本の政治家になるのは悪いけど反対だ。絶対危険だ。戦争侵略リスク高まるじゃん。これに反対するのは賢明平和主義じゃないんだろうか。




というか自分軽率さやミーハーさを反省した。

よくわかんないまま蓮舫さんを支持・応援していた。

しかしこんな重大な情報スキャンダル起きるまで出てこないってどうなってんだ。

2016-07-11

選挙が終わっての感想

 選挙が終わって、色々と思っていたことを書く。まず結果は結構バランスのとれたものになったと思う。事前情報で色々あったにも関わらず、蓋を開けてみれば程よく与党勢力に勝たせて、しかも勝たせすぎなかった。自民党だけでは過半数を取らせない、というのもすごくバランスが良い。現状、野党ほとんど何もしておらず、実質公明党自民党カウンターとなっている状態なので、その公明党キャスティングボートを持たせるような選挙結果に落ち着いたというのが、すごいと思う。なんだかんだ言って庶民はよく見ている、ということだよね。

 それから今回強く思ったのだけれど、今の野党はおそらく自民党(あるいは安倍首相)の術中に完全にはまっているということなんだ。どういうことかというと、今の野党勢力の最大の弱点というのは、護憲を重視していることで、それをうまい具合に突かれているいるということなんだ。

 もし自分が今与党を率いている立場ならば、例えばひどい内容の改憲草案でっち上げ(内容に矛盾があったり、人権的に問題があったりするとなお良い)、自分以外の人間を使って、「我々は改憲を強く目指している」とやらせるわけだ。この時、できるだけ炎上するような発言をさせるとなお良い。発言があまり話題にならないなら、適当マスコミリークして騒がせるとさらに良いだろう。今の野党勢力護憲を強く打ち出しているので、そうしたアクションに対して強く反発するわけだけど、それこそが狙いめだ。つまり護憲」をテコにして彼らを思考停止に追い込んでしまうわけだ。そうして、彼らの意識憲法改正問題に強く引きつけておけば、ほっておいても選挙のたびに野党は争点として「護憲」を取り上げることになる。誰の目から見ても与党改憲案はひどいものだし、争点としやすいとついつい感じてしまう。しかし、それは単なる「エサ」なんだよ。だってほとんどの国民は、「護憲」に対してそれほど強い関心を持っているわけじゃない。それよりも日々の生活を良くすること、将来にわたって安心して暮らせることの方がよっぽど大事で、かつ政治に期待していることだからだ。でも野党護憲という「エサ」につられてしまっているから、ついついそうした日常生活や将来についての話題については二の次になる。そこで与党側は、日々の暮らし経済活性化生活保障を中心的な話題として選挙活動を行うわけだ。当然、憲法については特に何も言わない。そうすれば普通庶民から見れば、自分たちの関心事について一番熱心に考えているのは与党だ、ということになる。別に野党だってそれを考えていないわけじゃないけど、それよりも「護憲」だ、とやるものから、「なんだ、メシより思想か」と感じてしまうことになる。結果、与党は大勝し、野党惨敗することになる。まさに今起こっていることだよね。

 この巧妙な仕組みのうまいところは、「護憲」という旗印はあまりにも歴史的経緯ありすぎて、今の野党はその旗を降ろすに下ろせないところだ。だって、そんなことしたら、ただでさえ選挙に負け続けているのに、数少ない味方である護憲勢力まで敵に回してしまうからだ。もちろん、それを断行しなければ結局は勝てないわけだけど、下手をすると党が空中分解しかねない、危険な賭けなのでとても乗り出せないだろう。かくして与党としては、対して苦労もせずに安定した勢力を維持できることになる。

 もちろん、現実政治的状況はより多くのものが複雑に絡み合っているわけだけど、その中でも特にこの憲法をめぐる状況は大きな部分を占めているように思う。まあ、一種陰謀論じみているところもあるとは思うけど、じゃあ考えてみて欲しいのは、現在自民党構成している面々が本当にあれほど粗雑な憲法改正案の問題点を気付くことができないのか、という点だ。今の左派勢力は、自分たちが賢いと思いすぎていて、しか相手の知性を見下すところがあるので、「あいつら頭悪くて何もわかっていないし、人権なんてものを全く理解できていない」と考えて、ちっとも疑問視していないのかもしれないが、本当にそんなレベルの知性で、日本という国の運営が滞りなくできると思っているのかな(まあ自民党内には本当にそのレベルの知性の人もいるのかもしれないけれど)。そうだとすれば、この政治状況を抜け出すことは本当に困難なのではないかと思うよ。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん