2019-09-30

はじめてのドライオーガズム

エネマグラを買った。なぜならそれを肛門に入れて自慰行為をしたかたかである

 

肛門に何か物を入れて自慰行為をする快感を覚えたのは中学の頃だったと記憶している。動機は忘れたが、私は勉強熱心であり好奇心旺盛であるので、その矛先が肛門に向かうのは必然であったと言えるかもしれない。

大変に気持ちよかった。やばいよこれは。私は学校では成績優秀で真面目で通っていたので、まさか夜な夜なアナニーをしているなどとはゆめゆめ誰も思うまい

 

大人になり、それなりに異性と経験した。私は異性愛者であり、同性には全く感心がない。持ち前の強運によって23歳の初体験から恋人が途切れることはなく、なんなら全くバレずに浮気さえ可能なほどのフォーチューンクッキーが舞い降り続けていたので、私はあの刺激的なアナニーのことをすっかり忘れていた。ごめんねマイアス。

 

そしていま、大人になりすぎた。一度ものすごいメンヘラちゃん同棲してしまたことによって婚期を逃したし、結婚は向いていないことがわかった。もはやただのおっさんであるちょっとハゲてきているし、メタボってきている。自宅におっさん臭が漂っているような気がしたのでお香を炊いている。

恋人はいものの、なんやかんや理由をつけられて性交渉には至らない日々が続いた。当該恋人ものすごく年上である交際するには年上がよろしいが、性交渉をするのは年下が望ましい。ロリコンなんですかこれは。犯罪に手を染めるつもりはないので、チャットアプリJK日常会話をすることで発散している。

フリーランスという名の自立したニート生活悠々自適でありながらストレスが溜まる。上記フラストレーションも加勢し、私は再びアナニーに手を染めた。ただいまマイアス。私の肛門はそこで待ってくれていた。健気な奴だ。

 

肛門に挿入するものボールペン油性マジックドライバーの手で持つ方、などである快感への探求は留まるところを知らない。もっと太く、もっと長いものをと溺れていくのは必然。トングは気持ちよかったが、痛かった。そして私はエネマグラに手を出す。昨日のことであるアマゾンお急ぎ便だ。

私は勉強熱心であり好奇心旺盛であるので、振動付きのものにした。快感への探求は留まるところを知らない。振動したら気持ちいいんだろうなぁ。百聞は一見しかず。これは人体実験だ。ユリイカ

子供の頃の夢は冒険家であった。しかし、自我が芽生えると共に内気にインドア根暗になっていった。父は「冒険家になるなら自分に厳しくしなさい」と言っていたが、まさか自らの肛門探究心を燃やし、アマゾンお急ぎ便エネマグラを2種類同時購入する息子に育っているとはゆめゆめ思うまい

 

長い前置きであった。お急ぎ便が届いた。本日夕刻のことである夕焼けはいつも通りに美しかったし、隣家からはいつも通り豚肉を炒める香りがした。

到着したエネマグラを前にわくわくと戦慄が同居した。ついに着ちゃったよ。俺はまっとうな人間であり続けることができるのだろうか。酒だ、酒を持ってこい。とりあえずウイスキーをあおった。正座した。

深呼吸をし、アナルものAVエックスビデオで鑑賞し、気持ちを落ち着かせる。開封する。崇高なるエネマグラの前ではウイスキーいくらあおっても酔えない。それが自分へのプレゼントとは言え、プレゼント開封しないのは自分エネマグラに失礼なのでいい加減に開封する。「おーこれかー」とひとりごちる。

肛門に異物を挿入することは手練れだったので、迷うことなく挿入する。今日の昼間からずっと興奮状態であった。エネマグラ人類の英知とメーカー様の努力によってその形状が最適化されている。当然ながらボールペンより、ドライバーやトングよりもしっくりくる挿入感であった。

 

バイブを起動する。はじめのうちは「振動している、ちょっとやばい」くらいであった。だけど、どうしても声は出ちゃう気持ちを落ち着かせるためにあんあん言いながらタバコを吸う。誤解なきように改めて申し上げると、私はちょっとハゲてきたおっさんです。あん

AVを見ても、射精したいという感じではなかったのが意外であった。出したいというよりも、溺れたいという感じ。わかるかな?

そう言えば、ドライオーガズムというのがあったぞ、とここで思い出す。あんあん言いながらグーグルで調べる。前立腺を刺激することにより、射精しなくても射精した以上の快感が得られるという黒魔術のようである。よし、やるか。あんっ♡

 

まずはリラックスするのが良いらしい。そして、挿入後数十分経ってから快感が押し寄せるらしい。私は布団に横になった。いつもは布団を押入れに仕舞うが、本日お急ぎ便がいつ到着するかわからなかったので、布団を敷きっぱなしにしておいた。準備万端。

バイブは鳴り続けている。前立腺とやらが何なのかさっぱり検討がつかないが、バイブが明滅するかのように「ブルッ、ブルルッ、」と振動すると「いまきもちぃ」という瞬間がある。

けれど、イキそうにはない。まーたしか気持ちいいけどさー。仰向けになってリラックスバイブに集中する。その時なんかLINEが来たが、返信できないほどには気持ちよかった。

 

スマホさらに調べると、亀頭を刺激するといいと書いてある。裏筋は射精を誘発してしまうので、表の亀頭を手で刺激するといいよぉ。先人は偉大だ。性の先駆者のおかげで今の私がある。

仰向けになって右手亀頭を刺激する。右利きである。すると、なんかとても気持ちよくなってくる。肛門の中ではエレクトリックエネマグラヴヴヴヴと言っている。息遣いが荒くなる。溺れていく。AV気持ちよすぎて白目向いちゃってる女の人がたまに散見されるが、そんな感じ。視線を集中できない。射精AV直視して果てるが、これは違うぞ。

亀頭を刺激しているとイキたくなってきた。そんなに激しく刺激していたわけではない。ドライオーガズム射精しないで快感を得ると書いてある。でも。

やばい。出そう。

いく、でるぅ。

 

・・・

 

果たして、何も出なかった。いつもと同じ射精した感覚はあったが、何も出ていない。え? 何これ。しかし、たしかにイッた感覚はある。なんやこれ???

とりあえずバイブを止めた。息が荒い。私はいつも抱きまくらを抱きしめて眠っているが、抱きまくらをきつく抱いたまま放心であった。通常の射精であれば賢者モードが訪れるし、射精したもの不快なのですぐに起き上がって処理するところが、本日絶頂はそうではない。しばらく抱きまくらを抱きしめていた。このまま眠りたいとさえ思った。布団の上で、んー♡とひとりごち続けたおっさんがそこにいた。

 

これがドライオーガズムなのだろうか。ドライオーガズム射精の何倍も気持ちいいと聞いていたが、何倍も気持ちいか不明だ。通常の射精感覚であった。しかし、何も出ていない。そして賢者モードが来ない。これがメスイキなのかどうかもわからない。気持ちよかったのは確かだけれど。

射精した後のぐったりした感じは全くなかった。いつもは体力を消耗しきってもう何もやる気が起きないという感じだが、このドライオーガズムはそうではない。そして、射精していないにも関わらず満足している。今日はもう自慰行為はしないだろう。

 

不思議感覚であった。もう一度同じようにドライオーガズムとやらを体験できるかどうかわからない。だけど、バイブ付きエネマグラは私のものだ。いま充電している。肛門ちょっとヒリヒリする。私は真面目でクールで通っているので、今、私の肛門エネマグラなる異物によってヒリヒリしているとはゆめゆめ誰も思うまい

まとめると、エネマグラはとてもよかったよぉ♡

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん