「産科医療補償制度」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 産科医療補償制度とは

2018-02-05

妊婦が車上狙いに遭って、死にたい

ほんの一瞬の出来事だった。

両親が海外旅行へ行くので、空港への送り迎えに実家へ車で向かった。玄関先に車を止めて、両親を呼びに行く。

「もう少しかかるから寒いし中に入れば?」

そう言われて、数分だし、すぐに荷物積むし、と思って車の鍵をかけずに家の中へ入った。

数分後、トランク荷物を積んで、いざ出発しようと思ったら、後部座席に置いていた私のマタニティマーク付きリュックサックが忽然と消えていた。

リュックサック普段から持ち歩いているもので、中には財布からスマホやら免許証保険証も入っていた。

更に、私は妊娠中で母子手帳エコー写真も全てリュックサックの中に入れて持ち歩いていた。

一瞬で、全て無くなった。

安産祈願のお守り、健診結果、分娩予約金の控え、産科医療補償制度の申込控え、妊婦健診助成券、その他もろもろ。全て。

私はパニックになりながら、110番通報をした。警察の人が駆けつけてくれるという。

早くしなければ飛行機時間に間に合わないので、両親は弟の運転で車で空港へ向かった。

駆けつけると言うわりには悠長に、40分ほどかかって警官たちがやってきた。

開口一番に「はぁ、車はないんですか?」と。

「両親が空港へ行くために使っています。戻ってくるにはしばらく時間がかかります。」と気が動転しながら伝えた。

「困るんですよね、そういうの。こっちも車がないと何も出来ないんで。」と一蹴された。

私は必死に訴えた。

「車がなくてもできることはないんですか?何か少しでも手がかりを探すとか、周囲の人に話を聞くとかできませんか?」

呆れた様子で警官が「はぁ。そんなこと言われても車がないと指紋が取れないので、何もできません。こっちも一件だけに関わってられないんで帰ります。」と私の訴えを切り捨てた。

最低だ。人の話を聞く態度ではない。そう私は思った。

結局、警官たちは一人を残して帰った。残った一人に私は事情を全て話した。

調書を作成するために事細かに話をすると思いの外時間がかかり、既に盗まれから時間が経っていた。

両親を送り届けた弟が戻ってきた。先程帰った警官たちが戻ってきて、状況の検証を始める。

そして、「あー、これじゃあ指紋が擦れてて個人特定は無理ですね。」とあっさり言ってのけた。

指紋を取らなきゃ何も出来ないのに、指紋を取っても何も出来ないの?という言葉をすんでのところで飲み込んだ。

結局、被害届を出したが恐らく捜査はしてもらえないだろう。指紋が擦れてて役に立たないのだから警察指紋しか捜査しないのだ。近所に話を聞くとか、近所の防犯カメラ確認するとか、そういったことはこちから提案しても全く応じてもらえずに話にならなかった。警察なんて役に立たないところに連絡したせいで、被害に遭った日の午前中を無駄にした。(ついでに書いておけば、被害届受理番号すらこちから聞かないと教えてもらえなかった。)

その後、警察捜査してもらえないことを悟った私は、夫と弟にリュックサックを探してもらうことにした。スマホを探す機能は、GPSオフにしているため使えない。リモートで着信音を鳴らすことはできたため、着信音を鳴らしながら近所を探し回ってもらった。見つからない。

夜になり、無くしたものを書き出した。

ここにも全て書いておく。

免許証

保険証

診察券

財布

カード入れ

クレジットカード

キャッシュカード

ポイントカード

住基カード

母子手帳

妊婦健診助成

エコー写真

出産のしおり

分娩予約金領収書

産科医療補償制度の申込控え

お薬手帳

安産祈願のお守り

家の鍵

実家の鍵

これらが全て無くなった。

家の鍵はすぐに夫が取り替えた。

それ以外のものについては、手元に戻ってくることは絶望的だ。

リュックサックは、去年のクリスマスに夫からプレゼントしてもらったものだ。妊娠中の私に負担がないように、軽いものを選んでくれた。

財布は、結婚前に夫が誕生日プレゼントとしてくれたものだ。私は財布の開きかたにこだわりがあり、苦労しながら選んでくれた。

カード入れは、職場の後輩が異動のお祝いにくれたものだ。私の好きな色を聞いて、こっそり準備してくれていた。

エコー写真にはお腹赤ちゃんの成長が記録されている。最初は豆粒みたいなものだったのが、だんだん人の形になり、近頃は顔も分かるようになってきたところだった。

安産祈願のお守りは2つあり、1つは夫婦でお参りに行ったときのもの、1つは弟が旅行先で買ってきてくれたものだった。

全ての思い出が一瞬で手元から消えた。

次の日、免許証等の再交付をした。必要最低限のものは再交付できるが、思い出は戻ってこない。

交付する際も、必ず事情を書かされる。その度に自分の犯した過ちの大きさに潰されそうになる。

「鍵かけなかったんですか、この辺りは車上狙いが多いんですよ。」

受付する人の些細な一言で傷口に塩を塗られる。

まれから何十回、何百回も考えたことだ。あの時鍵をかけておけば、カバンを置きっぱなしにしなければ。考える度に傷が深まる。

自己管理がなっていない私が悪い。

そのせいで家族迷惑をかけ、思い出の品も全部なくした。

生きている価値なんてない、そう思う。

たったリュックサックがなくなっただけ、それでも死ぬほど後悔するし、傷ついた心は死んでいく。

もし、この記事を読んでいる人で、その辺に落ちているカバンを見かけた時は、無視せずにそっと中身を確認してみてください。

大事な思い出の品が入っているときは、手間はかかりますが、交番へ持って行ってください。荷物になって持っていくのが大変であれば、交番に連絡してもらえるだけでもいいです。

軽い気持ちで車上狙い、置き引き等をする人は、相手の心を殺していることを知ってください。適当に盗んだカバンは、あなたには価値なんてなくても盗まれた人にとっては守りたいものがたくさんたくさん入っていますマタニティマークを付けているリュックサックを盗もうという気持ちは、私にはさっぱりわかりません。正直気持ち悪いです。

軽犯罪」という呼び方をされるけど、盗まれた人からしてみれば人殺しと同罪です。心を殺されているので。

気持ちの整理のために長々書き殴りました。これを書いている今もリュックサックは見つかってません。死にたいです。

批判意見があることも重々承知です。

まれた人はこんなこと思ってるんだなとか、盗まれるようなお前が悪いとか、適当に思っててください。

しばらくしても見つからなかったら、私は死のうと思います

2013-12-07

http://anond.hatelabo.jp/20131207104237


http://phio.panasonic.co.jp/hoken/shikumi/kyufu/shussan_ichijikinseikyuu.htm

これなんかみると、まずは産科医療補償制度については病院が加入してるかどうか、だから元増田のケースはどっちかはわからないだろ。

ただ、ここには22週未満は39万、って書いてあるからそれには該当する。

最初からこれをきちんと出してくれれば39万で納得言ったのに、なんで産科医療補償制度の方を出した?一体どうやって確認した?


この場合、そもそもこれで39万でそのままなので、出産一時金でこの費用を賄う、ということで終わりだろう。

その、どちらか選べる、とかふざけた話はほんとなの?


後、流産した時、もし、これ以上60万、70万かかった場合には限度額適用認定証だとか

http://www.nttkenpo.jp/member/benefit/baby_a.html

もしくは高額療養費制度とか

http://hohochie.com/1867/

還付されるものもあるよね。



増田が何言いたいのかホントよくわからないんだけど、「よく知らないならマジ黙ってろ」だな。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん