2020-11-28

スズメバチコロニーシステムとしての死

 スズメバチ一年間のサイクルを繰り返す。つまり女王が生まれ女王が巣を作り、滅びる。これを繰り返すのである

 いやしかし滅びるってなんなんすかという話であって、勿論字義通りスズメバチの巣は最終的に滅びるんですけど、その時に一体何が起こってるのかについてはあんまりよく知らない人もたくさんいると思うわけです。実際のところ、スズメバチの巣が滅ぶ際には色々常識を超えた現象が起こっています


巣が設置されて発展するまで

 女王蜂が巣を作り始めるのは四月とか春の時期で、まあ色々とその時にも障害がありますそもそもきちんと巣を作ってコロニー形成できる女王複数いる女王の内の数%程度に過ぎないという説もあるくらいで、巣作りが失敗する理由としては、例えば純粋病気とか栄養不足のほか、天敵に狙われてしま場合など色々あります原理的にコロニー形成したスズメバチには殆ど天敵はいないのですが、つまりは翻って言うならば、彼(女)らの天敵になり得る存在スズメバチ自身です。

 面白い生き物がいまして、これをチャイスズメバチと言います

 チャイスズメバチ女王基本的自分で巣を作らずに、他の巣を作ろうとしているスズメバチ女王を襲い、巣を乗っ取ることによって勢力を持つのです。チャイスズメバチキチン質の硬い表皮(カブトムシなどと同質)を持っており、よほどのことが無ければ他種のスズメバチの毒針はチャイスズメバチの表皮を貫通しません。勿論その他の噛みつき攻撃などにも耐性があるので、少数の例外はあれどチャイスズメバチ女王はなんなく他の女王から作りかけの巣を乗っ取り、あげく成長した働き蜂をフェロモン支配してその後の巣の運営の為に馬車馬のごとくコキ使ったりするのです。怖いですね。

 いずれにせよ色々な障害のために巣作りが失敗することもあるのですが、上手く発展の軌道に乗る巣も当然存在しています。で、そういう巣は爆発的に発展して人間の目の敵になったりするんですけれど、上手くいけばその巣は十月頃まで発展します。逆に言えば、十月が彼らの滅びの始まりとなるのです。


滅び/女王殺し

 秋から冬にかけて純粋スズメバチの食物がなくなるので巣は滅びへと向かいます。その過程では女王殺しが行われる場合もあります

 女王は年老いてくると新しい女王に据え替えられる場合もあり、その際に働き蜂から追放され、悪ければアレされます。この女王殺しが起こる条件には色々あるようなのですが、一説には遺伝子多様性の確保のために女王殺しが行われるそうです。つまり複数女王血統からなるコロニーでは女王殺しが行われないのに対し、単一女王血統のみからなるコロニーにおいては女王殺しが起こりやすいのだそうなのです。どうやら、単一女王のみが働き蜂を産み育てることで、遺伝子多様性崩壊するのを恐れる傾向が、働き蜂にはあるのですね。子の心親知らずというか。逆に言えば、遺伝子多様性担保されている場合にはある程度円満コロニー運営されます

 いずれにせよ冬に掛けていかなるスズメバチの巣も滅びへと向かいます基本的には、その際に生き残るのは新しい女王蜂のみです。この新女王蜂は木の虚とか比較的越冬しやす場所で来春までの時を過ごします。翻って言うならば、そのような女王としての素質を持っていない働き蜂は皆滅ぶことになるということです。

 ここで疑問を持つ方もいるかもしれません。つまり女王蜂と同じように働き蜂も越冬すればええやんけという話です。何なら女王が木の虚とか堆肥とかそのテの越冬しやす場所で年を越せるのであれば、コロニー内の風通しの少ない場所で働き蜂らもある程度なら越冬できるはずなのです。しかし、そこがこのシステムのミソで、要するに新女王を除いて全ては滅びるようになっています


死というシステム

 スズメバチ社会昆虫なので、一度コロニー形成してしまえば基本的に大型の猛禽クマなどの肉食動物を除いて天敵が存在しなくなります。例えばオニヤンマやシオヤアブ、雀などの鳥類一時的スズメバチを打倒できるとしても、数百匹の群れを成すスズメバチに対抗できる動物はさほど多くありません。つまり、繰り返すように基本的スズメバチにとって天敵は存在しないのです。

 となれば、何故スズメバチ個体数はそれほど増加せずに、ある一定の値を保ち続けているのだろう――そういった疑問を持つ方もいるかもしれません。勿論、季節のサイクルにおいてスズメバチ生存が難しくなることは先述の通りなのですが、女王蜂が越冬できる事実から言って、他の働き蜂が皆滅びる運命しかないと断じてしまうことには些か違和感を持つ方もいるかもしれません。女王が生き残れるのであれば、全体とは言わずとも一部であれば来春まで越冬する働き蜂もいるんじゃねえのという話です。

 とは言え、それは現実には殆ど起こりません。全く起こらないというわけではないのですが、まずもって起こらないのです。

 それは、スズメバチの一生のサイクルには死というシステムが組み込まれてあるからです。

 次に話すのは周知の事実ですが、基本的に子孫を成すのは女王だけで、一般の働き蜂は子孫を成すことができません。当然交尾のための行動も行わないのです。何故ならば、彼女たちは女王の分泌するフェロモンによって生殖能力制限されているからなのです。女王の持つ権能はそれほどまでに及びます

 しかし、女王もまた定命のものです。時を経れば経るほどに、その肉体的な能力は弱体化します。つまり、その際には女王の出すフェロモンの分泌能力にも翳りが生まれるのです。

 女王の出すフェロモンには色々な種類があって、まずは先述の生殖能力制限する目的のものそれから、働き蜂らを統制するためのフェロモンです。彼女らが何故馬車馬のようにあくせく文句も言わず働いているかと言えば、女王の出すフェロモン彼女らを統制しているからに他ならないのです。では、そのフェロモンを出す能力に翳りが生まれるとどうなるのでしょう?

 そう、スズメバチの巣には内乱が起こります。巣の内部にいる働き蜂は、万民万民に対する闘争状態さながらに攻撃を開始します。その攻撃対象は、女王、幼虫、蛹、全てに及び、そこに見境などありません。彼女らは暴走し、一切を食い尽くし、全てを破壊していきます。新女王蜂だけが先見性を持ち、その内乱から脱出し次の巣を作るという使命を持って行動することができるのです。つまりスズメバチの巣においては、仮に気候条件が彼らの味方をしようとも、女王フェロモン効果が薄れるにつれて必ずや内乱が起こるようになっているのです。そのため、彼らは気候条件の云々によらず、必ず滅びる運命にあるということなのです。


まとめ

 そんなこんなで、彼らは新女王を除いて滅びます。その血統レースは一時中断し、新女王が次のコロニー制作に低確率成功するまでは、その成否は保留されることになるのです。

 スズメバチ基本的世界最強のハチであり、さしたる天敵さえも持っていません。それにも関わらず彼らがその個体数を爆発的に増加させないのには、そのような理由があったのです。言わば、彼らの生命サイクルには、内乱と死が含まれているのです。その死が彼らのシステムに含まれていることによって、その個体数は増加せずに済んでいると言えるかもしれません。


 以下の文章私見となるのですが、あるいはこれは自然生態系というシステム破綻を来さないために設けた、一つの安全装置のような気がします。ある種の強大過ぎる種類が個体数を増やしすぎないという、生態系必要機能のコア部分が、スズメバチの生態というシステムには凝縮されているように思えるのです。

  • まあでも無敵のシステム作ったら餌の枯渇やらハチクマの大量繁殖やら起きそうだし、何らかの調整弁なんだろうな

    • うっわ頭悪そう。餌が’枯渇してもなにが大量繁殖しても自然も生態系もなーんにも困らないし誰も気にしない。だから誰も何かを調整する理由がない。

      • いや結果的に調整のようなことが起きてるって話やろ。バランス崩壊すると蜂と同じ餌の種は単純にいなくなる

        • いや餌で競合する種がいなくなったとしてもべつに「バランス崩壊」したわけでも、そもそもバランスを保たなくちゃいけない理由もないんですが。 局所的に一種のみが(生息場所を含...

          • それで滅ぶ種は困るやろ

            • だから「大きく生態系を乱す」とか「バランス崩壊」とかは単に人間の主観でしかないって話だよ。自然はどんな状態になってもただの自然だ。 たとえ結果的に滅ぶ種が出たとしてても...

          • それで滅ぶ種は困るやろ

      • 本文中にある通り「仮に気候条件が味方しても」スズメバチは滅びるというのがミソです。東南アジアやその他亜熱帯地域においてもスズメバチは大きく生態系を乱してはいませんよね...

        • はい、論点すり替え詭弁。

        • 東南アジアやその他亜熱帯地域においてもスズメバチは大きく生態系を乱してはいませんよね。 結果的にそうなったというだけで何かがそうなるように調整したわけじゃない。 しかも...

          • お互いに反証不可能なテーゼをぶつけ合ってる感はありますねえ いずれにせよ、海外の調査によると内乱は「起こる」、よって気候的に恵まれた状態でも「個体数は増えすぎない」(少な...

            • だからさあ...   「何かが起こる」ことと「起こったことには目的があった(はずだ)」ということは別だって言ってるのよ。本当に頭悪いなあ。 個体数なんてのはその環境で生存でき...

              • 神みたいな超越的存在が目的をもって調整してるみたいな前提で自然を語る人多いよね

            • バカが論破されると関係ない話し始めて「どちらも正しいと証明できませんね」とか逃げるパティーン草生える

  • 昔実家にできたスズメバチの巣は最終的に幼虫や成虫の変死体を撒き散らす地獄絵図と化していたけど、こういう舞台裏があったんだな…

  • https://ja.wikipedia.org/wiki/ネジレバネ コガタスズメバチの働き蜂に寄生し、寄生された宿主はネジレバネにコントロールされ、複数個体に寄生された場合を除きほとんどの場合は衰弱せず働...

  • 事実上生殖能力を制限されてるKKOは働き蜂なんだなぁ。 人間も真社会性を持ちつつある。

    • (家事をしない)家事手伝いのKKO(キモくて子どもも産めないオバサン)は働きアリでさえないね

  • 新女王がフェロモンで旧女王の働きバチを洗脳すればいいのに

  • 少しは何かを知っているのかも知れないが、総合すれば戯言のレベルだろう。

  • https://www.kagaku-kentei.jp/news_detail/data/202 信頼性は知らんが増田以外で類似した内容を書いてる記事

  • ところどころ正しいのに所謂「種の保存」的な理解をしているせいで変な解釈になってる。 Re: 滅び/女王殺し 一部は正しい(「複数の女王の血統からなるコロニーでは女王殺しが行わ...

    • うわっ、君気持ち悪いなぁ〜

    • ハチも大変だなあ 質問:ドア開けてると必ず小型のハチが偵察に入って来て反対の窓から出て行くんだけどこれは何ですか?

    • 指摘する人ってなんでこうやって相手を馬鹿にして見下して指摘してしまうんだろう 普段の生活でもこんな風にやらかしてんのかな

    • 元増田もこっちも正しいかどうか分かんないや なのに分かったようなブコメ書いてる人って知識すごいなあ

    • 二人とも間違ってるね。 全ては自然淘汰という繰り返されてきたループの中における生存バイアスでしかない。 長い長いライフゲームの中でたまたま人類が見つけた周期的な点滅パター...

      • 遺伝子は意思を持たず、進化の方向性すら持たず、生き残りやすい奴が偶然生き残り、 利己的遺伝子は (人間からすると)利己的(に見える)遺伝子 であってまさにそれなんだが

        • 本気でそう思ってるなら現国の教科書を読み直したほうがいいな。 小1のからだぞ

          • 言葉の意味の問題じゃなくて、本のタイトルの付け方の問題!

  • これ普通にWikipedia、ナショジオあたりを検索すれば載ってるやつなんだが

  • どうやら、単一の女王のみが働き蜂を産み育てることで、遺伝子的多様性が崩壊するのを恐れる傾向が、働き蜂にはあるのですね ねーよ

  • これ

  • スズメバチってクッソ危険だし絶滅させちゃだめ?

  • これフロム・ソフトウェアのダークソウルシリーズやんね

  • 天敵の一つが「飢え」であって、巨大なコロニーを維持できるだけの栄養が冬~春にない所為だろうね じゃあその間は、最小限の栄養で行けるように女王だけにしておく方が良いんじゃ...

  • 面白かった。強すぎるが故に群れを殺す能力を持っているっていうのはなんか他の生物でも見たことがあるような気がする。 この内容について書いてある、オススメの本とか図鑑とかあ...

  • スズメバチって怖いからあんまり興味なかったけど専門の動画チャンネル作ってる人がいてそれ見てすごく興味持ったなあ 元増田は知ってそう https://youtube.com/c/196710noby

  • はじめに ※2020年のやつ誰も作ってくれないので、自分でまとめ ※増田文学でない奴が混じってると思う ※「○○が入ってない」、「▲▲は益田文学でなはいのでは」等あればコメント...

  • 順位 タイトル ブクマ数 日付 ジャンル 備考 1 意識の低いフリーランスの生存戦略 2260 02/26 テクノロジー 2 ケンタッキー初心者...

  • 順位 タイトル ブクマ数 日付 ジャンル 備考 1 意識の低いフリーランスの生存戦略 2260 02/26 テクノロジー 2 ケンタッキー初心者...

  • トップ700 順位 ブクマ数 タイトル 日付 ジャンル 備考 1 2260 意識の低いフリーランスの生存戦略 02/26 テクノロジー 2 2246 ...

  • トップ700 順位 ブクマ数 タイトル 日付 ジャンル 備考 1 2260 意識の低いフリーランスの生存戦略 02/26 テクノロジー 2 2246 ...

  • 順位 ブクマ数 タイトル 備考 1 2260 意識の低いフリーランスの生存戦略 2 2246 ケンタッキー初心者指南 3 1980 100分de名著シリ...

  • 順位 ブクマ数 タイトル 備考 1 2260 意識の低いフリーランスの生存戦略 2 2246 ケンタッキー初心者指南 3 1980 100分de名著シリ...

  • 順位 ブクマ数 タイトル 日付 備考 1 2260 意識の低いフリーランスの生存戦略 02/26 2 1848 プログラミングスクールなんか行かなくてい...

  • トップ500 順位 ブクマ数 タイトル 日付 備考 1 2260 意識の低いフリーランスの生存戦略 02/26 2 2246 ケンタッキー初心者指南 ...

  • トップ500 順位 ブクマ数 タイトル 日付 備考 1 2260 意識の低いフリーランスの生存戦略 02/26 2 2246 ケンタッキー初心者指南 ...

    • パンティー変はないのか

    • 昨日、M区のクライアントのオフィス行ったんです。クライアントのオフィス。 そしたらなんか知らない人がめちゃくちゃいっぱいいたんです。 で、よく見たらなんか垂れ幕下がってて...

      • 🍛👳🏽‍♀️👳🏽‍♂️🧒🏻ナマステ―!!🍛オイシイヨ

        • それは逆じゃなくてナン、、、 一瞬考えちゃった。

        • はてラボ人間性センターの質問に付き合ってるうちに雑学を色々検索してしまって、ナンのコメントするべきだったか忘れてしまう現象に名前をつけてください。 anond:20210115222013 anond:202...

    • 月刊増田文学賞も創設してくれやで ワイは妖怪寿司女を推す https://anond.hatelabo.jp/20210112213223

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん