2019-10-28

逮捕記憶

二年ほど前、警視庁の某署に逮捕されたときの話。罪名は個人特定可能性があるので書きません。

金曜日の朝7:30くらいに、出社のため家を出ようとしたところ、出口で話しかけられる。

相手:××さんですね。
私 :はい相手:いまからよろしいですか。
私 :へ?今から出社するので後日でよろしいですか。
相手:××さん逮捕状出てんだよ!
私 :えええええ・・・・(しらんがな)。
相手:今のうちに連絡はしてもいいです。どうやっても今日は帰れないから。
私 :(激しく動揺しながら会社に連絡)休みます相手あなたは××さんですね、逮捕状が出ています家宅捜索するので、同行してください。

容疑を伝えられ、家宅捜索される。ケータイPC、記録メディア、移動系のICカード領収書を根こそぎ証拠として取り押さえられる。

警察あなた逮捕し、某署まで連行します。逮捕状はこれ。手錠は車に乗ってからでもいいでしょう。車に乗ってください。

逮捕される。この時権利系は一通り宣言され、逮捕状も読み上げられる。車の中では拘束はそれほどきつくないが、今後の不安で胸がいっぱいになる。某署に到着。警察官が大人数でお出迎え。すぐに取り調べが行われる。この時も権利系が宣言される。取り調べの最中、当番弁護士相談できることを言われ、すぐに依頼する。

容疑については一部否認したが、この一部が犯罪成立のキモになる部分だったようで、否認として取り扱われる(ということを後から当番弁護士に聞いた)。昼食は粗末なパンと粗末なおかず。とてもじゃないがのどを通らない。取り調べは続いたが、夕方になると「指紋」と「DNA」を採取され、留置所に行くこととなった。明日検察官の取り調べがあり、裁判所に対して拘留請求するかの判断を行うとのこと。拘留請求が行われないこともあるようだが、あとから知ったことによると「否認」で拘留請求されないことはほぼ無いようだ。

当番弁護士への面会が可能となったので、面会を行う。話してみると非常に頭がいい人物である。そのまま私選弁護人になってくれることを依頼したところ、快く引き受けてくれ拘留阻止のために動いてくれるとのことだった。拘留とは「逮捕後に認められた最大72時間の取り調べ時間」を最大13~23日まで延長すること。拘留請求が行われないか裁判所却下されれば3日で一旦出られるか、拘留請求が求められれば13日から23日まで拘束されるとのことで、社会復帰できるかできないかは、拘留されるかされないか次第であることが容易に想像できた。拘留の阻止には2つポイントがあり、1つは検察に対して拘留請求を行わないように働きかけること。もう一つは裁判官に対して、拘留を認めないよう働きかけることのようだ。ここで重要となるのが、社会的信用と身元引受である。身元引受から拘留に対する意見書は非常に大きな意味を持つようであった。身元引受人になるような人を弁護士に聞かれ、電話番号を答えたが、正直なところケータイ全盛の今、電話番号なんて覚えていない人がほとんどじゃないだろうか。この日は残念ながら弁護士に伝えた電話番号では身元引受人と連絡が取れなかった。連絡が取れようがとれまいが、翌日の検察取り調べについては、弁護士意見してくれるとのことだった。この後、留置所に入れられた。日本人2名と外国人1名との同室であった。取り急ぎ、同室の人にいろいろルールを教えてもらう。翌日の検察送致の辛さを脅されながら、その日は寝る。

翌日土曜日検察護送車で送致される。護送車は内側の人間と外側の人間が、決まった手順で操作しないと扉があかない仕組みのようであった。容疑者群もシートベルトを着けるように指示されるのだが、超絶ゆるゆるなシートベルトで、意味をなしていない。道路交通法の条文だけを守っており、容疑者群を守っているのではなさそうだった。基本的警察官はシートベルトしない(これが道路交通法上正しいのかは不明)。鉄線入りのガラスでおおわれているように見えて、実は鉄線が入っていないガラスも一部にあるように見受けられた。護送担当警察官は、決まったことを決まった手順で遂行することが任務のようであった。容疑者群の手錠にひもを通し、両端を警察官に括り付けることで、脱走を防いでいる。合理的方法だ。護送担当警察官は異常に大きな声で号令する。のどは大丈夫なんだろうか。

東京地方検察に連れてこられた容疑者群は狭い部屋にてひたすら検察官の呼び出しを待つ。この間まったくしゃべれないので、非常に苦痛であった。また、検察椅子は座り心地なんてまったく考えられておらず、尻が非常に痛いのだった。合計6時間はすることがなく、尻もいたいというなかなかの体験であった。

検察官に呼び出される前に、弁護士に面会できた。

・月~金は専門家検察官が取り調べを行うが、土日は当番検察官が取り調べるので、拘留請求判断については土日のほうが厳しいようだ(拘留請求しないのが例外なので、専門外の分野で拘留請求しないのは検察官にとってリスクがある)。
・検察官感触は非常に悪かったようだ。なぜなら、否認しているのと、容疑がかかっている犯罪について検察官自体の印象が悪いから。
・身元引受人との連絡は取れていないようだ。

まり拘留請求されない可能性は低いようだ。明日裁判官判断するので、そちらに期待したほうがよさそうであった。

検察官は非常にクレバーであり、取り調べは取りつく島がない感じであった。案の定拘留請求は行われた。このまま警察署に護送されたのだが、土曜日なので渋滞がひどく、護送車が遅れに遅れ、非常に疲れた

翌日日曜日裁判所護送車で送致される。裁判所では検察よりはましな椅子検察よりは圧迫感のない部屋にて待機する。

裁判官に呼び出される前に、弁護士に面会できた。

・身元引受人との連絡は取れた。
・裁判官感触は悪くなかったようだ。身元引受人の書いてくれた意見書が効いているようだ。

裁判官はしっかり判断してくれて、拘留までは不要と言ってくれた。後で調べると、最近の傾向として拘留請求棄却例は東京で多くなっているらしい。その後警察まで護送され、警察官と今後の取り調べについて話し合った上で釈放された。まあ、警察官は押収した証拠について声を荒らげていろいろ追求してきたが、「否認している部分についての直接証拠」は存在しなかったようだ。

その後、いろいろあって不起訴となった。弁護士が有能だった、裁判官がまともだった、警察官の事情聴取で作文されなかった等、非常に運が良かったと思う。とりあえず、いろいろわかったことは以下の通りだが、証拠隠滅とみなされるかどうかは知らない。

PCHDD暗号化しておき、生体認証使用しないほうが良い。パスワード黙秘権対象。
・秘密を守りたいならiPhoneが良い。生体認証使用しない。Andoroidはどうにもならん。
・面倒なようだが、SUICA定期は期限切れたら交換したほうが良い。
・不要領収書は捨てること。
・SNS履歴は定期的に消すこと。
・弁護士必須。どうにかして、有能な弁護士を知っておくとよい。
・身内の電話番号は覚えとけ。
  • anond:20191028031522

    長文罪

  • anond:20191028031522

    どーせ元増田が悪いことしたんだろ

  • anond:20191028031522

    記述内容から推測すると盗撮や児童買春がらみではないか。護送車に関する観察がやたら詳しいから、自動車関連の仕事をしている人間かもしれない。

    • anond:20191028100553

      閉鎖的な空間で何もすることがないから記憶してるだけだろう

      • anond:20191028101339

        俺も同じ体験をしたことがあるが、護送車の仕組みなど興味がないからそのあたりは何も記憶にない。

        • anond:20191028110346

          興味ないのになぜそのことが興味ないことを語れるのか謎 つまり記憶はある。

  • anond:20191028031522

    ・ありふれた罪名ではない可能性が高い ・ネットに報道記事が残っている可能性が高い ・事件にSNSが関係している ・オフラインでの行動も関係している ・金銭の授受が絡む事件である ...

    • anond:20191028104757

      素人探偵のキミの推理はみんなが思ってるレベル その程度の推理で書き込むとは恥ずかしすぎる 

      • anond:20191028105257

        図星を衝かれた破廉恥犯が真っ赤な顔で火消しに必死だな。早く罪を償って真人間になれよ。

    • anond:20191028104757

      仮にこれが正解だとして iPhoneとPCを暗号化してると警察は何も出来ないって事か

      • anond:20191028113400

        政治とITに詳しい俺からすると所轄の警官のITレベルはEXCELに苦労するレベルだから無理なんだろう。 国家レベルの犯罪になると専門家動員して、もしくは他国の専門集団に解析を投げて...

  • anond:20191028031522

    おもしろかった。 なお拘留じゃなくて勾留ね。細かくて済まん。

  • anond:20191028031522

    児ポかなんかでしょ。

  • anond:20191028031522

    SNSでJKと出会ってやった 撮影もしてたとかだろ

    • anond:20191028115651

      私もそう思う。起訴されなかったのは「相手が未成年だと知っていた」と警察や検察が立証できなかったから。

      • anond:20191028123943

        「容疑については一部否認したが、この一部が犯罪成立のキモになる部分だった」。ほぼ確実に児童買春と児ポ製造。

    • anond:20191028115651

      領収書切る場面あるかな?

      • anond:20191028124300

        ホテルの領収書を経費で落としたとか?

      • anond:20191028124300

        多分元増田が言ってるのはレシートのことだろ Suicaの履歴がどうのと言ってるから足取りを調べられるからレシートを不用意に持っておくなということじゃないかな

        • anond:20191028125015

          考えてみれば「ホテル近くのコンビニで飲み物を買った」だけでも普段の生活圏と違うところに行ってた証拠にはなるわけか

  • anond:20191028031522

    知識の共有には感謝だけど、無実であればスイカの履歴とかは残しといた方がいいと思うけど。 種々の履歴が逆に無実を証明してくれるのでは? つまり増田は、隠したい何かを行った、...

  • anond:20191028031522

    2017年頃の金曜日、警視庁に児童買春・児童ポルノ関連の容疑で逮捕された事件を探していけば、こいつが誰なのか特定できそう。

  • そもそも 逮捕されるようなことを するんじゃない

                                                                                       ...

  • anond:20191028031522

    Androidでもストレージの暗号化設定すれば iPhone と変わらんよ https://support.google.com/nexus/answer/2844831

  • anond:20191028031522

    とりあえず増田が犯人ってことはわかった

  • https://anond.hatelabo.jp/20191028031522

    ×拘留(こうりゅう。刑罰の1種。判決後に実施される。禁固刑より短い) ○勾留(こうりゅう。取り調べや証拠隠滅防止など捜査上必要なときにする拘束)

  • anond:20191028031522

    うぽつ

  • anond:20191028031522

    > いろいろわかったことは以下の通りだが 全部やっていたら、日曜日以降も勾留されていたのでは?

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん