2014-04-16

家族を捨てることにした。

キング小説に出てくる殺人ピエロペニーワイズのモデルとなったジョン・ウェイン・ゲイシーは父親から常に完璧を求められ、少しのミスでも罵倒され続けた。

それでも彼は父を愛しており、父が求める完璧アメリカ人になれば自分を認めてくれるだろうと思い、幾たびの挫折を乗り越え必死努力して成功した。

福祉施設などを慰問し、子供たちの人気者になり、地元の名士としての地位確立する。

だが父が自らの事を認めぬままに死んだとき、彼の精神破綻し、33人の少年殺害し、アメリカ歴史シリアルキラーとして不朽の名を刻むことになる。

前置きはさておき、家族と30云年つきあってきてさすがに疲れた

ここ数年間、精神科アルコールの手を借りてまでどうにかしようとしてきたが多分もう無理だ。

距離的に、二度と会わずに済む場所で今仕事を探している。

近いうちに何も言わず引っ越し電話番号も変え、名前も変えようと思う(こういう時に外国人みたいな変わった名前であるというのは許可がおりやすくてラッキーだ)。

うちの両親が悪人なのか?と聞かれればいささか戸惑う。

彼と彼女は一個人としては極めて優秀な能力をもった人間であり、社会的地位年収も僕とはくらべものにならない。

貧乏な状況から必死努力し、這い上がった人間である

そしてこのタイプ人間の多くに見られるように(ワタミが典型例)自分自身の相対化というものがなく、自分ができることは他者もできるものであり、そうでないのは努力精神力がたりないから、という風に考えている。

そして子供立場からすると最悪なことだが、起きた出来事=その人間人格として考える、「状況だのなんだのいうのは甘え、自分人生はすべて自分責任を負うべき」という思想がある。

「部屋が汚い」→なんでこんな当たり前のこともできないのか。お前らは狂っている

といった具合に。

こういう親とずっといると子供も同じ思想に染まってしまうが、すでに罵倒され続け自尊心というものを奪われているので、ゲイシーのような一部の強者を除けば両親のマネをして成り上がろうとするも失敗する=自分存在意義全否定になる為にたいていの場合努力するのが怖くなり、逃げてしまう→俺は両親があたりまえにできたこともできない屑という風になり自尊心デフレスパイラルに陥ることになる。そしてそれをみた両親はまともに努力もできない屑と見て(以下略

僕と兄はずっとこの状態だった。

必死努力しようとしても怖くて仕方がなくなり、手がつかず「それでもあんな両親みたく立派になるんだ」などと愛情を抱いていた。

兄は勉強で頑張ろうとしたが、失敗し、ネトウヨになり、両親の代わりに関係ない在日に対して憎しみをぶちまけ続けた。

その後はヤのつく自由業になって成功し、今度は「金こそすべて」という価値観に逃避した。

そして生まれ子供に対して「こいつは俺が完璧に育てる。最高の教育を受けさせて海外で働けるような完璧人間にする」と、かつて自分自身が親にされたのと同様の事をやろうとしている。

僕は普通に働いていたが、数年前から不眠症アルコール依存、鬱を発症し、精神科やらカウンセラーのお世話になった。

そこで、起きた出来事=自分自身人格な考え方(典型的アル中うつ病人間の発想らしい)を指摘され、初めて自分自身のゆがみに気づき修正していくようになり、だいぶ回復した。

なんだかんだでこの数年間で学んだのは「人間は結局全てを背負う事なんてできないし、色んな状況で成り立っている。そしてすべてが自分責任という発想は宿命論を呼び込んで物事に対する選択肢を奪い、改善余地もなくし、他者自分自身を許そうという発想も出てこない」というごくごく一般的なことだった。

まあ先の例でいうなら

「部屋が汚い」→「俺は屑だからできない」

から

「部屋が汚い」→「動線の確保はできているかごみ箱を増やしては?本は電子化ルンバ購入して楽しよう」

といった具合に変化したわけだ。

で、先日そのことを両親に伝えたところ「いろいろつらい思いをさせてすまなかった」・・・などということはなく「お前は自分自身責任を負わず、親に責任転嫁しようとしている。そういう甘ったれた考えだからアル中や鬱なんかになる」「精神科医なんてのは責任をそらして甘やかすのが仕事。お前はそれに洗脳されている」などと言われた。

特に「お前は6歳の頃、勉強をやれと言って課題を与えてもやらなかった。俺はそれが信じられなかった。そういう無頼な生き方が現状を招いたのにそれを他人のせいにしようとしている。うちは普通の家庭なのにおまえらけが異常だった。普通の子供なら親にやれと言われたことはやる。我々は普通の子供が欲しかった」と言われたとき家族を捨てることを決意した。

僕と兄が育ったのは普通の家庭ではなくたった一つの事で六歳のガキんちょに異常者のスティグマを張るような家庭であることにようやく気付いた。

子供のころから特別に優秀な人間になって両親に認められたら幸せになると思っていたが、結局僕の幸せは「家族と関わらず、静かに日々の生活を送ること」なのだろう。

収入が下がるのは痛いがこのままこれを続けると遅かれ早かれロード・オブ・ジョン・ウェイン・ゲイシーに乗っかる予感がする。

から家族を捨てる。

長々と駄文にお付き合いさせてごめんなさい。

結局一言でまとめるとこういう事になる。

「我々は一見して家族のようであったが、残念ながら異なる惑星の住人だった」

追記1

部屋の掃除のたとえが誤解を招いたようですいません。

両親とは就職して以来、近所ですが別居です。

追記2

反響がとても大きくて驚いています。おそらく僕の文章云々ではなく、家族との関係に悩まされている人が想像以上に多いのだろうと思います

釣りだとおっしゃってる方もいらっしゃいますが、本当に釣り宣言でもできたらどれだけ楽かと思います

ジョン・ウェイン・ゲイシーの例は自身投影というよりも、自尊心を奪われた人間の行動の一つの極北として記しました。

自尊心を傷つけられ続けた人間に残る憎しみというのは消すことができないし、それは兄やゲイシーのようにまったく無関係人間に向けられるか、僕のように自分自身に向けられるかの場合ほとんどであるように思います

残念ながら自分を傷つけた人間に返して、謝罪なりされて許してハッピーエンド、といなるのはなかなか難しいのではないでしょうか。

あと、ブコメ欄で舞城王太郎の「奈津川サーガ」に触れていた方がいらっしゃいましたが、僕自身がうちの家庭や自分普通ではないのではないか?

疑念を抱いたのが、この本の元ネタになった村上春樹翻訳した「心臓を貫かれて」だったりします。

内容はこれまた殺人犯ゲイリーギルモアの家庭について弟がしるしもの虐待を受けた親がそれを子供にそのままぶつけ、子供たちは自分自身にぶつけるもの無関係人間を殺したり、みんな一様におかしくなっていく様を記したもの我が家に似ている部分が多々あり非常に衝撃でした。

まあ三十年以上問題がある家族と過ごした身としていえることは「対話による解決は難しいだろうし、まず逃げ出すことを考えた方がいい。」ということでしょうか。

時間が解決することもあればしないこともありますが、こういう生活は常に毒を飲み続ける生活に似ていますし、どんな人間でも毒に対する耐性には限界があります

そしてその貯めこんだ毒は自分自身のみならず、周りにも向けられるものでもあるのです。

僕は自分自身家族をつくったとして、その毒が子供や伴侶に向けられ、その子供が家庭をつくってさらに毒の拡大再生産をするような事態に一番怯えています

表題の「家族を捨てることにした。」というのはそういう意味では今ある家族のみではなく、将来家族を作るという選択肢放棄するという意味でもあります

さて最後暖かい意見をいただいた方も厳しいご意見の方も、ろくでもない我が家の家庭事情にお付き合いいただいた全ての方に感謝を。

ありがとうございました。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20140416141321
  • http://anond.hatelabo.jp/20140416141321

    仏心だか寂寥感で数年、数十年後に連絡なんてとろうとするなよ? 人間そうそう変わりはしない。 「話ができない身内」は関わった瞬間から平穏が崩れるからな。

  • http://anond.hatelabo.jp/20140416141321

    親と仲が良いわけでもないのに30年も実家暮らしをする奴は駄目だね 高校大学のタイミングで離れられてれば30代になった頃は親なんてどうでもよくなっていただろうに

  • http://anond.hatelabo.jp/20140416141321

     戸籍は、名前を変えようが何しようが、70年位経たない限り追跡可能なので  両親が死亡時になんかあるかもしれない。   それ以外は特に何もないと思うから、一刻も早く逃亡しち...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140416141321

    元増田さんには岸田秀さんの著作『ものぐさ精神分析』を読んでみてほしい。 ↓アマゾンのリンクね。 http://www.amazon.co.jp/dp/4122025184 性質は違えど似たような苦しみが書いてあるから。 ま...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140416141321

    どうもわからないのだが 行方をくらまして両親との この世のつながりを断つというのと 別に住んでいるんだから両親からの連絡を一切無視して関わりを拒絶するというのとではどう違...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140416141321

    俺も。仲間だな。よくわかる。 今兄弟の中で縁きらずにつきあってる奴は 彼らに反抗してた奴。 だからあまり彼らのいうことを聞きすぎ 長くつきあった者は裏切られる傾向があるね...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140416141321

    家族っていうから自分で見つけたパートナーと育てようと決めた子供のことかと思ったよー。 自分の家族を見つけて大事にしなね。グッドラック!

  • http://anond.hatelabo.jp/20140416141321

    わざわざ意趣返しをしようと決心するなんて、 両親の呪縛から自由になれていない証拠にしかならない。 普通に縁遠くなって、盆正月にも帰らないだけでいいのでは?

    • http://anond.hatelabo.jp/20140416194912

      仕返ししたいタイプと無視したいタイプとあるから。 どっちでもいいと思うよ。気の済む方法がいい。 あくまで合法的に。

  • http://anond.hatelabo.jp/20140416141321

    他の人も言うように、完全に消息を絶つのってなかなか難しいと思うよ。 増田もご両親が優秀だって認めてるんでしょ。ご両親何となくだが行動力もありそう。 扶養されたい・人恋し...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140416141321

    「自分自身の相対化というものがなく、」 自分の父も当にそうなんだ。 他人の価値感を共有したい、とか欲求がない。としかみえない。 確かに私の父などは団塊の世代、生まれ育った...

    • http://anond.hatelabo.jp/20140416210912

      追記:あんまし、謝るな、ね。 こっそり独りでそれやりんさい。それ私も悪い癖だなって。自分で。かといって、(父のように)開き直られたら困るんだけどw。 要は、「話を聴く...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140416141321

    応援してるよ。 増田のその後の人生に、幸多からんことを!!

  • http://anond.hatelabo.jp/20140416141321

    そのために、北海道、沖縄というものが存在する。 そうそこはパラダイス

  • http://anond.hatelabo.jp/20140416141321

    うちの父親の家庭がこうだったみたいだけど、まあ勉強だけは出来たから無事医者になってあまりグレたりはしなかったな、 ただやっぱり同じように壊れててまともに会話もできない木...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140416141321

    まず本家みたいにホモになってタイか中東かで男娼を買い漁るところから実践してみては?

  • [幼児虐待][児童虐待][性的虐待][時効][法治国家][放置国家]

    虐待されました。虐待には時効はあるのでしょうか? http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1213239692 時効の壁に悩んでます・・・ 困り度: 10年前に複数回にわたり、義祖父から性...

  • 自立

    http://anond.hatelabo.jp/20140416141321 そういううるさい親はいるがそれも親心の一つだ。 親もまた一人の人間であり子育ての名人とか達人ではないことに気づけばそれが自立のときだ。 おれも...

    • http://anond.hatelabo.jp/20140417074324

      何この「実家から離れて高校の寮に入って2年目となって自立したつもりになってる高校生」みたいな文章。 おまえ「話しができない」人間に会ったことないの?

  • http://anond.hatelabo.jp/20140416141321

    大変だな 世の中色々な人がいるもんだな。 あまりかかわらないようにすれば、 名前変えたり、仕事辞めたり、黙って引っ越したりはしなくてもいいんじゃないかと思う。 それで気が...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140416141321

    家族捨てるなんてつもりないのに音信不通になっちゃってる人間っていっぱいいると思うw

  • http://anond.hatelabo.jp/20140416141321

    世の中そんなひとだらけだよ。会社でもそう。 そして辞めるだろ?転職先みつからないよ笑

  • http://anond.hatelabo.jp/20140416141321

    震えるほど共感した。 ウチの親もたたき上げでそこそこ成功したタイプだが、両親ともに家族を会社のオプションとしてしか見てなかった。 父親は自分の金・時間を【自分(仕事・趣味...

  • 親から離れやすいってのは親がちゃんと子育てしたおかげ

    http://anond.hatelabo.jp/20140416141321 http://anond.hatelabo.jp/20140416141321 親と仲が良いわけでもないのに30年も実家暮らしをする奴は駄目だね 高校大学のタイミングで離れられてれば30代になった頃は...

  • 「三月のライオン」に見る毒親からの呪縛

    最近微妙にはてな界隈が毒親関係の話題で盛り上がっている気がする。 「家族を捨てることにした。」 http://anond.hatelabo.jp/20140416141321 「大人になってから自己肯定感を高めるには」 http:...

    • http://anond.hatelabo.jp/20140427171415

      え、零が本当に幸田家の息子だったらという夢で「いい子じゃない零」にほっとする母のシーンは?   あと将棋以外は全て捨てているってテーマには既に宗谷冬司が居るので、 零がそ...

記事への反応(ブックマークコメント)