「日本文化センター」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 日本文化センターとは

2019-01-14

日本文化センター」と「日本文化研究センター

梅原猛氏の死去の記事を読んだ。

日本文化研究センターの創設に尽力されたそうだが、驚いたのは同センター電話番号が「○○○-×××-2222」なこと。

テレビ通販でお馴染みの日本文化センターと紛らわしくない?

どっちが真似したんだろ?

ググってみると、日本文化研究センターの創設は1987年日本文化センター創業1975年

ウィキペには創業当初から末尾2222の電話番号を使ってたか記述はないが、1980年代前半には例のCMやってた記憶が。

すると後発の日本文化研究センターがわざわざ紛らわしい電話番号とったの?何のため?

2015-06-02

http://anond.hatelabo.jp/20150602104805

日本文化センターに見えた。

俺の夏休みの昼時のテレビの思い出。

ごはんケチャップ入れて混ぜただけのごはんを食べながら、いいとも見て、ラブの贈りもの見て、1時半からなんかちょっとこわいドラマが始まって。

その間のCM日本文化センターだった。

だらだらしてたらあっという間に3時過ぎて。

つのまにかめんたいワイド455が始まる時間になってしまう。

洗濯物を取り入れてたたみながら、突撃隣の晩御飯見て、いきなりシェフ(だっけ?)見て、スタジオ料理作るの見て俺も食べたいって思って、スーパーで値切るコーナー見て、俺も近かったら行けるのにって思って。

親がかえってくる前に味噌汁だけ作っておく。

つのまにかもう外は真っ暗だ。

あああああああああああああああ

2011-03-13

深い文化的基盤にもとづく、秩序ある災害対応

Orderly disaster reaction in line with deep cultural roots

http://news.blogs.cnn.com/2011/03/12/orderly-disaster-reaction-in-line-with-deep-cultural-roots/

災害発生時にしばしばつきものの、人々の混乱――食品サービスをめぐる略奪やいさかい――が日本においては皆無であることは、注目に値する。

「略奪(looting)は単に日本では起きないのだ。われわれがlootingという言葉を聞いたときに想起される概念を明確に表すことばが存在するのかどうかさえ、私にはよくわからない」と、グレゴリー・プルーグフェルダー氏(コロンビア大学ドナルド・キーン日本文化センター所長)は言う。

日本人は「社会への責任を第一に、最優先する感覚」を持っている、と同氏。

日本文化研究するメリーホワイト氏(ボストン大学人類学教授)にとって真の問題は、なぜ米国社会には略奪や無秩序が存在するかということである。同氏はその原因を、社会からの疎外と格差のせいだとする。

「確かに日本にも多少の疎外や格差はあるが、暴力をふるったり、他人のものを盗んだりすることは、文化として是認・支持されない」(同氏)

ルーグフェルダー氏は会議のため日本におり、東京での落ち着いた反応をじかに目撃している。東京は8.9Mの震源および広範な被災地からは、数百マイル離れた場所にある。

地震発生時、同氏は国立国会図書館の中にいた。

国会図書館では、閉館時間から1時間半にわたり利用者が館内に残ることが認められた。これは私が災害の大きさを認識した理由のひとつだ。通常と比較してこれほど予定が変更されることは、きわめて異例だからだ」と同氏は言う。

夜半過ぎ、地下鉄が再び動き出したときに整然とした行列ができたことも、プルーグフェルダー氏の印象に残った。

「そのような社会的秩序や規律は、通常時においてもかなり浸透しているので、緊急時でさえ、いつもの慣れた姿勢を維持することは、日本人にとってきわめて容易なのだと思う」

日本文化の基盤となっている協同精神は、災害時のストレス下において、さらにいちだんと効果を発揮するようだ、と同氏は言う。

米国では、独立して行動することが自然な傾向だ。

「(フリーマーケット的なあり方で)他者も同じようにふるまうという理解のもと、自分自身の利害を守るためにできるかぎりのことをする。そして秩序は、見えざる手のようなものから生まれる」

日本はそのように機能しない。秩序は個々の多様な必要性を平均化するような形で、集団や共同体から発生するように見える」

このような社会的態度は、日本災害から立ち直るのに役立つだろうか。

「ひとことでいえば、イエスだ」

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん