「マタタビ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: マタタビとは

2019-11-06

ねこでありたい

誰もいない実家に帰ると、ねこはいつかと同じところで同じポーズで寝ていた。いや、こないだとは少しだけ場所がズレているか。障子の隙間から差す日が少し傾いて照らされる場所が変わって、ねこお気に入り場所日時計の差す時刻のように移動している。和室一角日焼けして藁のような色だ。なんとなく私もねこの隣に横になってみる。なるほど、畳が温い。ここがいいとちゃんとわかっているのだ。

い草の匂いはとうの昔に褪せて、湿気の匂いがした。隣に横になった拍子で、ねこはその振動に反応して半眼になって、二ヶ月ぶりに会った私を見て、ああ、お前かと安心したように黄色い目を閉じた。ゴロゴロと喉を鳴らす。ギブアンドテイクが当たり前のこの社会に揉まれて命からがら帰ってきた私は、何もしてやっていないのにただ横に来ただけでそんなに幸せそうにしてくれるねこを見て感傷的になってしまうのだ。どうしてそんなに私に懐くのか。お前を拾ったのは私じゃなくて妹だろう。餌は小さい頃から母がやっていたろう。まともにトイレなんか綺麗にしてやったことはなかったろう。実家にいた高校卒業するまでの私は、家に帰った時にせっかく出迎えに来たお前を置いて部屋に閉じこもっていただろう。

それなのに。お前は私の気持ちがわかったみたいに、でも人のいい友人のように同情した風でもなく、純粋に私のことを好いてくれる。

なんだか切なくなって、罪滅ぼしの気持ちで頭をわしゃわしゃ撫でてやる。ゴロゴロが大きくなって、ねこはぎゅっと目を閉じた。だから、私も同じように目を閉じてみる。ここが耳で、ここが鼻。寝ているから鼻がカラカラに乾いていた。幾度となくこいつを撫でてきたから、触れるだけで良かった。

私は、手の感触ねこのシルエットを想像しながら色んなことを考えるのだ。

なぁ、ねこ。ここ最近、私は初めてお前のように生きてみたいと思ったよ。私はねこがすきだけど、もともとはねこになりたいなんて無責任なことを言うやつが嫌いだったんだよ。

お前はお寺の近くで、拾ってくださいという札を首にかけられて彷徨っていたね。いつお母さんと離れ離れになったんだよ、かわいそうに。そこから得体の知らない私たちに拾われたね。運の悪いことに、うちは住宅地だし車が多く通るから外には離してあげられない家だった。いつも窓から外を見て、小鳥を見るとちょっとだけ切ない声を出す度、私も切なくなるんだよ。

お前は幸せかい

そんなことを考えたこともないのかな。

毎日同じ餌ばかりだけど、お前はいつも美味しそうに食べて。何もない休日も、同じところを初めて歩くみたいにして歩いて、またよっこらしょと横になって。みんなが夢中になっているテレビというものはわからないだろうし、本に向かっている人間気持ちもっとからいからとりあえず読んでいる最中の本の上に乗ってみたりして。

いつも喧嘩が絶えない家だったけど、頑張って一緒に乗り越えてきたよね。お前はどんな風に見てた? 大きい声が聞こえると、お前は自分が怒られたと勘違いしていつも部屋の隅に隠れて大人しくしていたね。八つ当たりされたこともあったか。めちゃくちゃになった家族をなんとか落ち着けて、皆が寝静まった午前1時、突然虚しくなって悲しくて一人で泣いていたこと、親や兄弟とかの人間たちには隠したけど、たまたま隣にいたお前だけには隠せなかった。お前は私の気持ちを知って膝の上に乗ってきたのかい? どっちにしても、上から降ってくる涙が冷たくてごめん。

家族バラバラになった今、一番家にいるのは間違い無くお前だけど、私に気づかなくてお前が気づいていることってある? みんなをどうやったらもっと幸せにできると思う?

他にもいっぱい聞きたいことはあるけどさ、どうやったらお前みたいに強く生きられる?

お前ほど辛くはないけど、私も結構似てるところがあるんだよ。僕も物心ついた頃、お母さんが病気になったせいで両親から離れ離れになってあまりしたことのなかった祖父母の家で育てられてさ。祖父母仕事テレビ新聞ばかりでちっとも取り合ってくれなかったよ。理不尽な叱られ方もした。少し大きくなると親も少し元気になって、ようやく両親の元へ帰れて、その頃お前と出会ったんだよ。でも知っての通りずっと喧嘩が絶えなくて、その怒鳴り声を聞いて、また家族が離れ離れにならないか怯えてた。時々酔った母が暴れて殴られたこともあった。今思えば、なんにも悪いことしていないのに生きてるだけで罪悪感に押しつぶされそうで、部屋の隅で耳を塞いで泣いてたよ。実際家族はバラバラになって、そのまま私は出来るだけ親に迷惑をかけないようにそつなく生きたよ。勉強もそこそこ頑張ったつもりだよ。そのまま実家を旅立って、今は一人暮らしになって、単調な日々を過ごしてる。同じ時間に起きて同じところを歩いて、キャットフードよりはバリエーションがあるけどぶっちゃけ毎日毎日同じようなものを食べてる。お酒っていうマタタビみたいなものに溺れる日々で、少し頑張ってみてもすぐ疲れてしまうし、人一倍寝るのが好きだよ。なんだか、色々とお前と一緒だね。

というか、お前を可哀想ということで自分可哀想と思いたいだけなんだろうね。わかってる。

でも、お前とは違うんだよ。お前と違って私は、時々過去を思い出して、心の傷とか変われない自分かに悩んだりして、虚しくて泣いてしまうんだよ。今までは生きるのに必死だったけど、突然に単調な日々に取り残された今、全てに取り残された気分だよ。毎日がつまらなくて、生きるために生きていた頃と違って、なんのために生きているのか本当にわからなくなって、笑ってもこころスカスカで、何故だか生きるのが辛いよ。まだまだ到底、お前のようには生きられないんだよ。今だって閉じたまぶたの端の方から涙が漏れ出してしまいそうで、必死に目を閉じて蓋をしているんだよ。

私も捨て猫みたい?

ねこになりたいって言うやつが嫌いなのはそういう理由だよ。ねこの拾われる前の壮絶な人生と、その後の退屈で虚しい人生想像できないやつは嫌いだよ。

ねことか私のことを見て、のうのうと生きてていいなと思うだろうから

私はお前の気持ちがそこらの人間よりはわかってると思う。でもだからこそ、純粋なお前に純粋に憧れるんだよ。お前を見ているとお前のようでありたいと思う。ただ、お前のような強くて優しいこころが欲しい。お前は、変えられない過去なんか振り返らないし、おそらく変わることのない未来を嘆いたりしない。ちょっとずつ変わり続けるだけの今を黄色くて丸い目でじーっと見つめて、いつも全力で飛びかかる。だからちょっとした季節の変化で寝るところを変えてその温かさに目を細めたり、食卓から盗んだお刺身一切れを幸せそうに食べたり——そんな儚いだった一瞬の幸せ絶対絶対に逃さない。

からお前は、美しい。ただ生きているだけで、見るもの幸せにするんだね。

お前と比べて、私はダメダメだね。

あ。ねこはそんなことも思わないのかな。きっとお前はほかのやつと幸せを比べたりもしないよね。外にいる野良猫を見て毛を逆立てて、フーッと威嚇して怒ることはあっても、あいつは自由でいいなと羨むことはない。

この先どうなるんだろう、とか。

生きるって何、とか。

認められたい、とか。

そんなことより、日で温もった畳って温かくていいな、なんて思っているのかな。

私がこんなことを考えているうちにも、ねこはずっとゴロゴロと喉を鳴らし続けているのか。なるほど。つまりはそういうことなのかな。

ねこでありたい。

ねこになりたいのではない。だって、もうほとんどねこになっているのだから

そう、ねこでありたい。ねこでありたいのだ。

大丈夫明日も強く生きる。

2019-05-01

生のマタタビの実を包丁で刻んでいたら股間がすごいことになった。

いまの時期はないから去年の夏の話だけど、産直市場マタタビ売ってたんですよ。虫こぶになっているやつ。

それでマタタビ酒作ろうとしてたんだけど、洗って包丁で切ってたら、汁を吸いこんで、そうしたら・・・

なんか発情しちゃってもうね、やばい人間にもマタタビって効くんだな。

2019-04-13

[]

最近庭における糞尿被害が認められない。というか糞袋自体近所で見かけない。公文教室の近くには相変わらずインモラルBBAが正々堂々

アレしているんで、2匹ほど見かけるけれど、近所には居ない。どうもあそこの汚い家のおばさんが、寝たきり状態になったようだ。この前も救急車

夜来ていた。家からはあまり出られないが、寝たきりというほどではない頃は、窓の外を常に眺めてて、糞袋が近づいたら窓を開けて

不正行為に走っていたみたい。しかし、最近はそれも、できなくなったようだ。ざまーみろ。やっぱりそういうおばさんが自滅すると、糞尿被害って暖かくなっても滅するんだな。ちょっと様子見だ。さらに暖かくなると、どうなることやら?

去年の秋に「落花生殻の刻みとマタタビ粉と魚粉をこねて、薬液に浸した団子」を公文の近くに大量投下した。昨冬は、毛割れしてボサボサ袋を見かけて、人々はニンマリしていたけど、ボサボサは、越冬できなかったみたいで、最近は見かけない。去年、相当定食供給したので、繁殖ほとんどなかったというのも一因だろう。ということで、12月以来久しぶりだが、今日特に報告することはニャイ。

2019-01-05

猫にマタタビって依存性ないのか

人間にも似たようなものあればよかったのに

2018-10-23

anond:20181023210745

🐈オヤツかマタタビか、それが問題ニャね。

技術進歩により、覚えることは多いニャ。

猫界も大変ですニャン。労い合って仲良く頑張るニャ✨

お日様に干したふかふかのたおる、おふとん。

ご主人様のお膝の一等席

ちょっと怒られる可能性を秘めた観葉植物プランターでお昼寝

野良ニャンにはそういうのがないミャから

癒しがあると良いニャね。

2018-08-21

異常に猫に好かれる

別に猫が好きなわけでもない。

どちらかというと犬の方が好きなんだけど、異常なほど猫に好かれる。

信号待ってると、足に絡みついて横腹なすりつけられたり。

家の前でちょっと視線が合っただけなのに、カギ開けてる間に横に来て一緒に帰宅されそうになったり。

うちの猫、人見知り激しいからお客さん来ると隠れるんだ」っていう子も十匹ほど遭遇したけど、もれなく膝に乗られたり、体スリスリなすりつけられる。

今夏も遊びに行った友人宅の猫が、夜中ふとんに入ってきたと思ったら結局朝まで隣にいたし。

この現象なんだろう、体臭マタタビっぽいのかな?

2018-05-21

anond:20180521175259

突き抜ければ何でも価値になる。ADHDよりもADHDっぽい文章を目指せ。前人未踏文章だ。助けてくれる人はいないだろう。それでもおまえにはADHDがある。自分信じろ。昨日食べたバナナは殊更甘かった。台湾キウイフルーツ原産地というけれど、イリオモテヤマネコもやっぱりマタタビが好きなのかな?ロート製薬の目薬にはメントールが少ないやつがあって、いつも行く商店街バナナが目に付いたから買ってみたのだ。

2018-04-17

anond:20180417210337

マタタビ自由販売されていることが問題なのか、ボケ老人が自由に外出できることが問題なのか、野良猫ボケ老人の誘惑に負けてしまうことが問題なのか、何が問題なのかわからなくなってきた。

anond:20180417210802

うちの団体に限っては、エサやりの後は後片付けをちゃんとしたり、私有地には入らないようにしたり、割と躾はできていると思います。その上で、マタタビをやり過ぎてしまボケ老人にどう対応するかという問題です。

マタタビ販売規制してほしい

近所のボケ老人が野良猫マタタビを一袋丸ごと一気にあげてしまうから

猫によって反応は違うけど、反応が強い場合は、興奮して縄張りの外を徘徊したり、近くの猫や人に攻撃したりする。マタタビ不適切使用は猫に命の危険ももたらす。老人は笑ってみているだけ。老人に注意しても上の空で、しばらくたつと同じ事を繰り返す。

突き詰めて考えると、マタタビが何の制限も無しに100均などでも販売されていることが問題だと思う。それなら、「包丁やハサミだって使い方を間違えたら危険」という意見はあるだろうが、そういう話ではなく、薬品などと同じ発想で、使い方を正しくする方向で考えたい。処方箋薬のように販売時に適切な指導をするか、劇薬のように取り扱いに資格必要とするか、麻薬のように一般人の取り扱いを禁止するか。

さて、どうすればいい? 窓口は厚労省環境省都庁? こういうことを扱ってくれる政治家はいるか?

2018-04-05

anond:20180405111543

実際そうなんで・・・

女性はその肉体全身から、男を惑わす香りをまき散らしていることをもう少し自覚したほうが良いよ。

その香りは、猫がマタタビに酔うのと同じく、本能レベルで男を低俗にさせる効果がある。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん