2021-11-14

羽生善治藤井聡太と、紡ぐ盤上の物語

藤井聡太氏が竜王位を獲得し、最年少四冠を達成した。

羽生善治氏が最年少四冠を達成した際「この記録は今後破られないだろう」と考えていた、私を含む多くの将棋ファンには時代の変遷を感じざるを得ない圧倒的な出来事である

このあまり出来事に、感動のような、動揺のような思いが溢れているため、ここに思いを記します。

私は30〜40年来の将棋ファンで、将棋好きが高じて一時期は詰将棋の本を出したり将棋に関する雑誌編集を行ったりしていました。

私が将棋に魅力を感じ始めた古い時代将棋は、武士道に似た雰囲気をまとっていました。将棋で生きていくことを決めた少年たちは先生弟子入りし、そこで修行します。修行先生による直接の将棋指南や、高弟による指南将棋研究会などです。しかし当時の「修行」にはこれ以上の意味があり、掃除炊事や規則正しい生活をして礼節を学び、人間としてより良い生活を送ることで次第に将棋も強くなっていく、という考えがありました。ある先生の元では将棋戦略ではなく駒の持ち方や打ち方を教えていました。ここで言う打ち方とは「どこに銀を打つか」といった意味ではなく、「駒を自分の指でどのように持つか、どのような姿勢で盤面に置くのか、どのように盤に置くと美しい音が出るか」などです。

今となっては「そんな馬鹿な」と思われるかもしれません。確かにその通りだと思いますしか事実として、当時は「それが将棋である」と受け入れられていましたし、我々将棋ファン将棋道には武士道のような美しさや儚さ重ねて見ていました。そういう時勢もありトッププロの対局には真剣勝負のような凄みを感じていました。対局でのタイトルを獲った獲られたというのは一つの側面でしかなく、「人生将棋に賭けた人同士の決戦」という神聖さを重ねていました。

やがて将棋界にコンピュータの手が伸びてきました。生き方としての将棋ではなく、ゲームとしての将棋世間にあふれるようになりました。この頃、私は「これで将棋ファンが増えるぞ」と思ったものです。そうして確かに将棋はより一般的になりました。しかコンピュータの成長は早く、あっという間に「人間を超える」と危惧されるようになったのです。そうなるとコンピュータ将棋歓迎ムードは薄れ、「人間より将棋が強いコンピュータなんてありえない、人間尊厳を脅かすな」という反コンピュータ将棋ムードにわかに盛り上がりました。コンピュータ将棋は、将棋道ではない。人間がその人生を賭して将棋一本で生きてこそ、強く儚く美しい盤上の物語が生まれるのではないか。そう思っていました。

臭い将棋ファン将棋道に夢見ていた頃、そして羽生善治氏が竜王位を獲得した頃。当時は日本国民全員が「最強は羽生善治」と意見が一致していました。そんな氏が「将棋は完全なボードゲームである」と発言したのです。これは衝撃でした!薄々感づいていたことをついに言ってのけたのです。図星を突かれたとはまさにこのことです。「何を当たり前のことを」と思う人がほとんどでしょう。しかしそれは、古い将棋から脱却し純粋将棋の強さのみを求める、新時代を作る言葉だったのです。当たり前だろうというファンが多数でしたが、中には「古き良き将棋時代は終わった」と落胆する将棋ファンもいました。

そして時代が経って2012年米長邦雄氏がコンピュータ将棋で破れました。とてもエポックメイキング出来事でした。いつかこの日が来ることはわかりきっていたにも関わらず、やはり衝撃でした。2017年AlphaGo が柯潔氏を破った時と同じような衝撃、と言えば最近の方にも伝わりやすいでしょうか。今となっては馬鹿げた考えですが、「人間が紡ぐ盤上の物語は、もう終わるのではないか」。そんな考えも頭を過りました

そこから更に時代が経ち、2021年将棋盤の底まで読んだ加藤一二三先生もいなくなりました。今の時代人間AIに勝てると思っている将棋ファンなど一切いないでしょう。将棋中継ではAIによる優勢判定が表示されることも、プロ計算力の高いコンピュータを導入することも、それからプロ将棋研究のために Python コードを書くことも、当たり前の時代です。コンピュータに負けて激変するかと思われた将棋界は、以前の美しさをほぼ保ったまま、コンピュータを駆使してより進化していました。「ほぼ」と書いたのは、本当にごくわずかながら、古い時代将棋を懐古するからです。将棋の強さの観点ではもちろん現代の方が良いに決まってますが、あの時代の、人生生き方名誉を賭けたような勝負をたまに懐かしく思ってしまうのです。

藤井聡太氏が十代でありながら竜王位を獲得しました。前人未到で誰にも破れないと思われた羽生善治氏の記録は、30年弱で破られました。藤井聡太氏の圧倒的な強さ、それはまさに新しい風のようで、将棋界が非常に盛り上がっていることをとても喜ばしく思います

藤井聡太氏はとあるインタビューで、「AIが発達する今、人間棋士存在意義は?」と質問を受けました。正直に言えば、私はこの質問は「意地悪な質問だな」と思いました。10年前じゃあるまいし、今さらAIと対局したところで、どうにもならないじゃないか将棋界はAI共存してより良い形になっているではないか、と。前述の通り、コンピュータの猛烈な強さにはほんの一抹の寂しさを覚えていた私ですが、きっとそんな古臭い価値観を持っているはた迷惑ファンなどもう少ないでしょう。

しばし沈黙の後、藤井聡太氏はこう答えました。

今の時代においても、将棋界の盤上の物語は不変だと思います。その価値自分自身、伝えられればと思っています


これを聞いて、私はずっと追い求めていた答えをついに知ったような、そんな気持ちになりました。一瞬思考が停止しました。そして体の芯から熱のようなものがふつふつと湧き上がり、涙が溢れてきました。ああ、将棋ファンで良かった。何十年も将棋ファンで良かった。私の人生将棋があって本当に良かった。腹の底からそう思いました。

勝敗をつけるだけならジャンケンでいい」と言った羽生善治氏の言葉があります。これは勝敗だけでなく、人間が打った棋譜にも価値があると言っているのだと解釈しています棋譜、それはつまり盤上の物語のものです。私が夢中になった「将棋道」の頃の将棋ゲームになった将棋AI共存した将棋。それらすべて、棋士の背景や時代も含めて、打たれた将棋価値は変わらない。あの5二銀打が今後も語り継がれていくように、私が愛した対局はこれからもずっと愛していく。少々大げさな表現かも知れませんが、自分人生肯定されたような、納得がいったような、自分の心の暗い部分に温かな光が照らされたような、そんな言葉でした。

話が長くなってしまいました。古臭い将棋ファン戯言として聞いて頂けたら幸いです。

改めて、藤井聡太さん、竜王位獲得おめでとうございます

追記

https://anond.hatelabo.jp/20211116114350

記事への反応 -
  • 量子コンピューターが完成したら将棋なんてもうやる意味なくなるんだわ だから将棋をやる人間なんて無価値になるんだわ

    • バイクができても陸上選手は走ってるじゃん

    • 言うほど自動車が発明されて人間の100m走の意味がなくなったか?

    • それ言い出したら何もできなくなるな。 お愁傷様。 毎日量子コンピュータどころかマクロで出来るような仕事をして 頑張った気分になって家に帰ってシコって寝るだけの毎日が待って...

      • 先手必勝か後手必勝かで決まるクソゲーになるのに何言ってんの 量子コンピューターは組み合わせ爆発を解消するから組み合わせのあるゲームは全てクソゲー化する

        • 言うて分岐は大量にあるやろうしすべて覚えるのは不可能じゃね。 対局中継で優勢とか最善手とか出してるやつの精度が無限に上がるだけじゃね。

          • つまんねー やってる間も量子コンピューター使えば あーこっちの勝ちかーとかわかるし それで悪手さして負けたらこいつバカだわー ってなるクソゲーじゃん

        • それはお前が量子コンピュータ相手に指したらそうだろうなww

    • そして藤井竜王はジョン・コナーのように漁師コンピュータと戦うようになる 人間の手に将棋を取り戻すのだ 対局相手はアーノルド・シュワルツェネガーとか液体金属の警察官になる

      • むしろ藤井聡太こそ未来世界のショーギネットから送り込まれた殺戮将棋マシーンだろ

    • 実際に完全な解析が終わってるチェッカーは、いまだに大会が開かれてるから心配する必要は無い。

    • 量子コンピュータ程度の計算能力では将棋は解析できないんだわ というか、将棋の全合法局面と宇宙にある原子の数の推定量とほぼ同じなんだけど、増田はどうやって将棋の全局面を記...

      • 増田くんは一手ごとにりょーしコンピューター起動してコレが最適解!wってするんだから、その時間がかかった暇潰しの為に退屈で短い一生の全てを使うんでしょう

      • もちろんそれらを組み合わせたゲーム木の大きさはさらに爆発的に桁が増えるんだけど 組み合わせる必要あるの? 将棋の盤面はステートレスな気がするので、最適手がどっかに記憶さ...

        • 最適手がどっかに記憶されてるならそれを得るために「ゲーム木」を作る必要は無いのでは それは「最善手順」がわかった後の話だよね でもここでは、その最善手順を証明するため...

      • そんなことをする必要はない ご心配なら76歩34歩68銀88角成の局面から1億でも1兆でも気がすむまで対局してみればいい、100%後手が勝つから 今のAIだと評価値で500点差がつくと事実上逆転...

        • 俺がやれば負けるはい論破

        • 初期局面から±500点以内に収まる局面はおそらく10³⁰くらいしかない オセロの合法局面数は10^28だけどそれでもまだ完全解析されてない。まあ、これは暇な大富豪が円周率の計算のつ...

  • 今もなお敗けたら人生が終わるギリギリの戦いをしているのが奨励会員だ。 ここには将棋≒人生という昭和の世界がまだ残っている。 奨励会の三段リーグを突破して四段になり、はじめ...

  • 内容に大きな問題がある訳では無いが、この作者は嘘をついている。 断言する。数十年来の将棋ファンが書いた記事ではないし、雑誌の編集や出版もしていない。 将棋を「打つ」「打...

    • 将棋打ち警察です。 近年は「将棋指し」が正しく、書籍などでは「将棋指し」に校正されますが、 数十年前では「将棋打ち」も普通に使われていました。

      • 将棋ファン以外が「打つ」を使うのは今も変わらんだろ。 ファンは使わないんだよ。昔から。

  • ABEMAトーナメントのインタビューで、谷川浩司が「美しい棋譜を追い求めるのも将棋だが、こういう形でみなさんに喜んでいただくのもいい」みたいなことを言ってたのが衝撃的でした。...

  • フェイクと見抜いた方が出てきたのでネタバラシします。 この記事の内容は全部嘘です。 https://anond.hatelabo.jp/20211114150350 将棋はやったこともないし、ルールもよくわかりません。 プロ...

    • 本人なら元増田側に追記しなよ。

    • BigHopeClasic 「人間が打った棋譜」と書くあたりが、逆に「本物の古い将棋ファン」なのだなと思った。随所にん?と思うところがあるが、本物の古い将棋ファンとは「細かいことはええ...

    • でも「指す」と「打つ」はわかってて書いてそう id:BigHopeClasic 「人間が打った棋譜」と書くあたりが、逆に「本物の古い将棋ファン」なのだなと思った。随所にん?と思うところがあ...

    • あんたサイコーだぜ!

    • 増田も年末に向けて過疎化してきてるな あんまり場図ってネーナ

    • 死ねよ

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん