2018-08-04

東京医科大学女性受験者一律減点に思う

おお、医師書き込みがちらほらと。

さすがに今回はいろいろ考えずにはいられないですよね。

あ、私も女医独身)ですが。

医師の働き方と医療の在り方について、ネット上のいろいろな意見を読んで考えましたが、結局はシンプル解決法はなくて、ひとつひとつ、少しでも業務を減らしたり、当直明けは原則休みにするという仕組みを作ったり(それでも24時間勤務だけど)、細かい部分から見直していくしかないんじゃないでしょうか。

東京医科大学女性受験者の一律減点の決断をしたときの状況がどんなだったかは知りません。すでに現場疲弊していて、これ以上女医を増やすなという声が上がっていたのかもしれない。

それでも、やはり一律減点は最悪の対応でしょう。聞いただけでぞっとする。自分のとった点数が女だからという理由で知らない間に減らされて、それで落とされるかもしれないとか…。

しかに、医師のなり手を労働力(その人の人生で勤務させられる時間の総量)として数字だけでカウントするのならば合理的判断なのかもしれないけど、その視点だけで物事を決めるのはどうかと思う。人を労働力しかみなさずに、人権人生も軽んじている。

一律減点って関係者からすれば楽な方法にとびついて、それがどんなにひどいことか、まったく考えられなかったんだろうか。

昔と比べて女医割合が増えたら、産休、育休がでたときの穴埋めの頻度も増えるわけで、たしか現場は大変。カバーする人の負担はとても大きい。

(現状では、男性医師で育休とれる人はほとんどいないので「女医割合が増えたら」という話になってしまうわけですが)

(あと、出産後数カ月で復職したばかりの女医さんに無理をいって通常の当直させているところもあると聞いたことある出産子育て中の女医負担かかるパターン

それでも、それをきっかけに医師業務の在り方そのものについてもっと負担を軽減する方法模索するしかないと思う。理想論だし、それだけでは解決しないと反論されそうだけど。

地道な業務改善の模索をめんどくさいと放棄して女医の数を制限するという選択肢だけは否定したい。

とりあえず私が思いつくのはさっきもちらっと書いたとおり2つ。当直明けの原則休みと、業務を減らす(というかレセプト病名業務なくしてほしいというただの願望)。

・当直明けの原則休み

当直の割り振りって、昼間の勤務内容とか外来曜日とか考えずに、とりあえず振り分けてる場合ほとんどでしょう?あとは医師どうしで交渉してくださいって感じで。

当直明けがそのまま外来日のときのしんどさよ(外科場合は手術もあるわけで…最近はそうならないようにしているところもあるみたいだけど)。

「当直明けは原則休みにする」というのが何とか定着しないかな…。そのためには外来日前日を当直にしないとかの調整が必要でめんどくさいだろうけど。

それを医師自身で調整しろって言われたら調整担当になった医師死ぬんで、当直決めてる事務方に面倒をお願いすることになるのが心苦しいけど。

休みと言われても病棟患者もってたら主治医はひととおりチェックすることが多いので休むつもりが気づいたらお昼…とかはあるあるだろうけど。

あと、結局回診やカンファの曜日とか決まってたり、人によっては会議とかあったりするので休めなかったりするかもしれないけど。

それでも原則が定着して、とりあえず昼間いったんは家に帰るなりして数時間休んでいいというのが当たり前になるとだいぶちがう気がする。

業務減らしてほしい(特に書類関係

なんだかんだで患者さん目の前にしての診療はがんばれるのだけど、レセプト病名業務だけはやってられない気持ちになる。

どさっとレセプトの束がくるたび、私の場合は1時間半くらいはとられているかな(もっと多い人もいると思う)。だいたい月2~3回?くらいにわけてレセプトの束がくるんだけど。

診療の終わった夜とか、当直の合間とかにみんなカルテ開いてぽちぽちやってる。

レセプト病名、要は保険診療にのっとってやっていますよということを証明するために、すべての処方や検査に対して根拠となる病名が必要

処方も検査主治医が出しているので、原則主治医がつける。医師しかできないことになっている業務患者何百人分たまると、けっこうな業務量になるわけです。

いや、通常のカルテ内容にはもちろん病名記載してるんですよ?それとは別に病名登録専用の画面に入れとかないといけないんです。

外来診療中にやってしまう人もいるのかもしれないけど、それはよほど手際がいいか余裕がある外来か。

外来ってただでさえ患者さんの話を聞いて検査結果もみて説明して何か異常あればいろいろ考えて検査と次の予約入れて処方入れて、造影剤使う場合は毎回同意書とって、ってやること多いので、別の画面開いて病名つける時間とかないもんな。

パソコンって反応にタイムラグあるので、それだけで時間とられる)

レセプト業務制度必要業務であることはわかるけど、こんな、医師負担をかける形でやらないといけない?ってもう10年以上ずっと毎回毎回思ってる。

なんかまあ、仮にこの業務がなくなったところで(なくならんだろうけど)、実際の診療業務労働問題解決していないけど…でもこういうところから少しずつ見直していってほしいなと思うのでした。

  • anond:20180804171144

    行間あけたつもりがなってない??すっごい読みづらいですね、すみません (by元記事書いた人)

    • anond:20180804171800

      増田は改行三つ入れないと行間開かない。 経っても直らないから直す気ないんだろう。

    • anond:20180804171800

      増田は改行三つ入れないと行間開かない。 いつまで経っても直らないから直す気ないんだろう。

  • anond:20180804171144

    話長いタイプの医者だー

  • anond:20180804171144

    こういう生の意見を、厚労省や医師会という組織に見せる場はないのだろうか

    • anond:20180804223825

      普通の子持ち女ならともかく医者がこんなとこにゴロゴロいるわけないだろ…

  • anond:20180804171144

    減点はどうでもいいですが、なぜ女医であるあなたは独身なのですか? 社会的責任を果たしてから医者を名乗ってくださいね

    • anond:20180805023715

      結婚は社会的責任ではありません。 そもそも独身の増田が社会的責任を語るなとw

  • anond:20180804171144

    東京医科大学の入学試験は、卒業後、系列病院に就職する人が多いせいで、 事実上の 入社試験の一部になってしまったから、差をつけざるを得なかったのは同情を禁じ得ないですな。

  • 女は自分をわきまえろよ。

    https://anond.hatelabo.jp/20180804171144 多額の税金で教育補助をしてもらって、そのすえに結婚だの出産だの子育てだので離職して全部パァにするなんて身勝手すぎるだろ。穀潰し、日本のダニ...

    • anond:20180805034011

      きょうび穀潰して。そういう発想になるってことは、お国のために生きてるの?あるいはお里(お家)のため? よっぽど田舎で教育を受けたんだなあ…

      • anond:20180805034720

        通常、エスタブリッシュメント層は「社会のため」に自分の(高い)価値を用いることを当たり前だと考えるように教育を受ける 逆に聞きたいんだけどあなたはどういう教育を受けてき...

        • anond:20180805034941

          社会の役に立ちたいという純粋な感覚と、国のために滅私奉公しようという感覚は思想的に頑然たる差がある。 それをきちんと区別できるのが現代日本人だよ。 社会主義じゃなく民主主...

          • anond:20180805041808

            社会に適合できなかった人を公で手厚く保護するのって 当人が都合よく奴隷にされたり逆に無敵化させないようにってのもあるけど それを見てる周りの人間も安心するんだよね もし不...

          • anond:20180805041808

            社会のために役に立ちたい=人に感謝されたい尊敬されたい=同性に威張り散らし魅力的な異性をゲットしたい 国のために滅私奉公=奴隷

          • 身勝手な女が社会と国を潰す。現代の社会保障があるのは女のかわりに男が頑張ってきたからだ。

            https://anond.hatelabo.jp/20180805041808 貧困国家を見てみろ。障害者なんて家族にとっても社会にとっても荷物だからなんの救済もない。女のわがままで税金を無駄にしていては日本もああなっ...

      • https://anond.hatelabo.jp/20180805034720

        こういうナチュラルに田舎差別するレイシストが日本のフェミニストのレベルなんだねえ。お里が知れるね。

    • anond:20180805034011

      考えが逆なんだよ 今まで不正があったから不正をなくす方向に行かなきゃいけない

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん