2013-10-16

http://anond.hatelabo.jp/20131015073706

タイトルの部分について監督映画をつくっているわけではないというのは大阪城を立てたのは大工さんというクイズみたいな理屈です。

本文は「つくっているもの映画またはそういうジャンルのものではない」というものだと理解しています

監督というものが何をしているかというと、見て楽しんだりダメだししたりする仕事です。ポケットマネーで作っているわけでなければ「作った」のが誰かという所在には諸説でてくるものです。

美術撮影、演技、その他各監督監督が何をしたいか伝え聞いてそれを纏めて現場に指示して成果を監督に献上してご意見を伺いOKであれば作品として追加されるという流れです。

まり監督お気に入りをつくるために多額の資金と大勢スタッフが動いて一品つくります

他の商品も「芸人○○完全プロデュース弁当」とかコンビににあったり化粧品やその他アイコンになる芸能人を掲げたものがあるでしょう。

つくったのは製作スタッフです。資金提供したのは大企業です。商品を「作った」ということに関しては掲げた看板芸能人のものになります

まったく同じ内容の商品で他の人間タイトルであれば売れないかもしれないという点を補って一つの製品化をしています

企業の形も同じです。社長がなにをしているかといえば自分のしたいことを人に指示して結果に満足したりダメだししたりするだけです。

その社長お気に入りを作るためにお付きの人がその下に指示を出しています

松本氏が動画を取って映画界で評価を受けたという構図について「この著名人が笑った」というタイトルを冠する動画を「撮りたい」と願ったスタッフが集まりその案に資金提供企業アピールもできるのではないかという会社が後押しし「完全プロデュース」みたいなタイトルのかわりに「監督作品」となっているだけです。

動画長編スポンサー形態や発表場所を「映画と同じ陳列にしよう」という結果映画ジャンル分けされているまでで、そこに流入してきた対象に映画界が評価を下し始めるのは自然な流れでしょう。

映画としては異例のユーチューブ配信」とかになれば単なる長編動画俗称映画」になっていたかもしれませんしそれでも映画界は評価をしてくるかもしれません。

各種媒体もその完成した製品を取り扱って部数や売上を伸ばしたいと考え陳列するでしょう。

松本氏の感性はすぐれているしかしそれは映画むきではない、という話だと思いますが「なんで松本おまえ映画なんてとるんだよ」という質問では「そりゃみんなが撮りたいって言ってきてくれるから」という回答に帰することになるんじゃないかと思います

映画という結果についてであれば「なんであの人の脳のなかを映像化しようとかおもったの。それ撮り方とか発表や媒体の選び方が別にあるでしょう?」と製作スタッフ一同もしくはスタッフ内の有力者について苦言を呈すべきものじゃないでしょうか。

酢豚パイナップルいれてパイナップル本人に「なぜ入ってきたの」と問い詰める図はおもしろいですが、酢豚について考えるならそれをつくった料理人に問うのが筋でしょう。

松本氏が映画を撮るという松本氏としての人生の一部でおきるイベントについて問うなら本人にでしょうけれども、作品ひとつについてどうしてこうなったと問うのは「松本氏がこれなら満足するんじゃないか」と思案して提示してきた内容を「実際につくった担当」でしょう。

料理人、つまりスタッフが「酢豚パイナップルを入れるのは料理界では定説だ」としていたとしても監督役割としては店主的な人間が「それはなしだ」または今回だけは、その客には等と指示をだして「酢豚パイナップルをいれないという作品」を作ることも、料理人が店主と交渉して「かならず入れる」という結果、最終的に映画料理といった結果が世に出ることになるでしょう。

「これ、おもしろいんじゃない?」といってくる松本氏に「それいいっすね、絵にしましょう」というスタッフと「松本さんこれどうっすか」と提示してくるスタッフのじゃれあいの結果が収録された長編ビデオが、映画界でいまいちだったということでしょう。

パイナップルの入った経緯がいろいろあって、それを商店街で出したとき酷評だったとかそういう話です。銀座の一等地ならヒットしたかもしれないとかそういうことはあるでしょう。

社長監督は赤子でも中学生でもできます。それを中心に「その人を満足させるため」と動く実働員に実績があり交渉において信頼があり決定について実際に動かせる経験、蓄えられた実力や資金がある人が動くことで計画が前に進みます

ただ大人もバカじゃないので商品として「その社長が売り出したもの」という冠を使って商品化したとき価値がでるものに就いていきます。話題の中学生社長雑貨を扱っていたとして、その雑貨の購入者が「これ中学生社長の」ということで商品価値を上げることができるものであれば、その案にのる大人もいるでしょうし、それならおっさんが売っても一緒だろというのであれば資金力を目安に支持する人間を選ぶでしょう。

映画について内容がとか評価がというのは、いじり方を間違えたプロデューサーが「監督役をミスキャストした」という話です。

まとめて、松本氏は自然にしていると面白いのに仲間内面白くいじろうとすればそれを収録した絵はいまいちだったり、いまいち大勢から評されることがあるという話じゃないでしょうか。

独裁者1人を倒したとしても、それを支えて構成していた人間の行動力を挫かないと第二代三の指導者がでてくるのと同じでアイコンは挿げ替えできるし、アイコンを挫くことでそれに連なる行動力を低下させることができるようなものでしょう。

同じ絵はおそらく他の誰かでも撮れたかもしれません。ただ今回据えたトップに批判が集中するのは「評価は下されたが撮影技術など他の実力を否定されずに延ばし続けることが出来るよう」監督が一身に受けることで現場保護し「作成したけど評価されない」という立場の人の、作ったというメリット批評というデメリットの集約点でもあるし、何百人というスタッフが作ったのに「ボクの作品」と言う特権責任でしょう。

かわいい女子は、撮影するだけで絵になりますが、あたまのなかがかわいいおっさんはいまのところどう撮影してもバラエティ番組あいかたのおっさんに突っ込まれなければその絵がとれないという現状なんじゃないでしょうか。

記事への反応 -
  • どうしてみんな松本人志が映画を作っていると勘違いしているのだろう

    最新作「R100」について、いわゆる松本信者、松本人志の初期の天才性を高く評価している人ほど酷評をしているようだ。 わたしも松本の天才性を認めるにはやぶさかではないし、...

    • http://anond.hatelabo.jp/20131015073706

      タイトルの部分について監督が映画をつくっているわけではないというのは大阪城を立てたのは大工さんというクイズみたいな理屈です。 本文は「つくっているものは映画またはそうい...

    • http://anond.hatelabo.jp/20131015073706

      鋭い。 R100なんてフロムダスクティルドーンともろかぶりだったもん。ダンスきっかけで後半別の映画が始まるところとか。 安易なメタフィクションなんか散々やりつくされて手垢にま...

    • [教養][liberal arts]

      アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない http://anond.hatelabo.jp/20131015073706

    • http://anond.hatelabo.jp/20131015073706

      単館や小規模でやりゃいいのに松本人志のブランドで拡大公開とかするから・・・・

    • http://anond.hatelabo.jp/20131015073706

      ああ、何か分かるような気がする。 その昔、ダウンタウンは自分達の漫才を 横山やすしさんに『そんなモンは漫才やない。街のチンピラが喋ってるだけや』 的に否定されたって話を聞...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん