「社会医学」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 社会医学とは

2016-06-09

http://anond.hatelabo.jp/20160609010040

wwwwwwwwwwwうぇwwっwwwむせるwww

俺はそもそもひよこにまともな議論は期待してねえよww特にお前みたいな勘違いちゃんなヒナにはな。

欲しいのはお前の出身大学と勤務先か臨床研修病院名前だけだ。この際県レベルでもいいわ。ウチでさえなければいいんだよ。

社会医学に対する風評被害を広めるのはやめろwwwパンキョーで習うレベル常識だろうがwwwマジでどこの三流大なんだよwww

世界で一番金がかかる研究ってのはアレだろ、素粒子とか反物質の、加速器使う類のヤツ。試料1g生成するだけで天文学的な金がかかると聞いてるぞ。

地方医者が行くの行かないのというのはノブレスブリージュの範疇だが、俺が義務責任だと言っているのはもっと単純な話だ。

お前には、結果を出す義務がある。というだけのことだ。

お前に権利があるとすれば、「結果」の定義においてある程度選択権があるというぐらいの権利だな。研究して医学寄与することにこそ意味があると考えるもよし、地方医療を支えたいと思うならそれも良し、国境なき医師団とかに入って本当に生命危機日常化しているところでちからになりたいと思うならそれも良し、だ。

ただ、どれを選ぶのであれ、お前にはそれを実行に移し、しかも成果を生む義務がある。何も結実するものがなければ、事実として、お前のやったことはゴミしかなくなる。それだけのことだ。

そして、倫理感情を抜きにすると、「何で医者患者犠牲を考える必要があります?」とかほざく医者病院診療所において雇用する際にトラブルや最悪訴訟沙汰の種になることが容易に想像され、また患者利益を優先することを重視する職員にとっては妨げ以外の何者でもない存在なので、「思想信条自由なのでどのように考えても結構ですが、ウチではあなたと働きたい人はいません。くさいから近寄らないでください」という結論になるな。

救急外科や循環器の下りは書いた通りだが。少なくともウチで若手が愚痴でもなく真顔でそんなクズみたいなことを言っていたらぶっ飛ばされるだろう、救急部長特に怒らすと超怖いと評判だから神様仏様ヘルメス様どうかこのくさいひよこはウチの関係者じゃありませんように。という意味だ。

http://anond.hatelabo.jp/20160609005931

現実問題としてさ。

女って、医者やめるし、外科とかキツイいかないし、転勤もしないか地方医療ますます崩壊するんで。

から、女を医学部に入れる量を規制するのは社会医学的にしかたないのよ。

これは差別じゃなくて、社会製作

http://anond.hatelabo.jp/20160609005025

お前、感情論抜きで、本当に俺と議論して、純粋論理で勝ってると思ってるの?それだけ教えてほしいわ。マジで俺を論破できてると思って書いてるのか、感情論で書いてるだけか。

  

ちなみに、軍事医学と同じくでもいいと思うぞ。ただ国家予算面で全然話違うが。

君も医者なら、世界で一番金がかかる研究が何かくらいは知ってるんじゃないか

  

本当に同業なら、一般教養ではなく、社会医学といわないかなー。

  

あと、本当に医者なら、「医学的な建前」を本当に理解してない君みたいなのって、少数派だよ。皆分かってて建前通してるだけだよ。

  

大人世界なら~~という話してるが、イヤイヤ、じゃあ地方医者が行かないのは君からみたら義務違反だろ、その辺どう解釈してるんだ?

中二的な、倫理どうこうじゃなく、社会的現実的な話で、「なんで医者患者犠牲なりを考える必要あります?」ってのを教えてくれ。もちろん、建前にすぎない倫理委員会を通して研究しなきゃだめだぞ的なジョーク抜きでね。

  

あと、最後のほうの、外科だの循環器とかも意味不明だな。俺の家族医学部教授それなりにいるが、もちろんお前の指摘してる分野の教授もいるが、お前の言うような倫理感とかねーぞ。

2014-10-13

http://anond.hatelabo.jp/20141013000301

で、疫学統計理解できなかったんだろw

頼むぜー、労基なんて今もう無能で使えない、労働者メンタルヘルス産業医バトンタッチってなったんだから理解してくれよそこ。

『標準公衆衛生社会医学』っていう教科書レベルでもいいから勉強してくれwそれすら勉強できないかもしれんが、それだけほえるなら読んでみてくれ。

2009-07-14

うつ病自殺はエピジェネティックスで解けるのか

村上和雄遺伝子オン、が要請されたのと程度の差はあれ同じ文脈だよな(つまり生物学オカルト的な期待を寄せる願望思考、ルイセンコ主義とか)

社会医学的には否だろうな

適応障害のひとを差別したら彼らがどういう形で壊れていくか

・そもそも休職に必要な診断書にふつう医者が心の中で思ってる診断名は今だって書かねえよなとか、そこを問題視すれば精神科がばたばた閉じるか

・実効性のある解決策があったとしてもそれは問題の所在を移すだけだろうというのは予想がつく

・それはそれとしてたとえばリチウムの効く病気とあまり効かない病気の区別をしたいというのは科学的にまっとうな問題意識であって政治的帰結がどうだろうと研究したい人は研究してしまう

・結局覚醒剤の類をどうにかこうにかして処方していい、という話になればこんどはシゾ圏の病気薬害)が増えるだろうし

・結論としては気分障害圏のかわりに(上述の薬害による医原病を含めた)シゾ圏の診断名がゴミ捨て場になるだけとか

・なんか政治犯クロルプロマジン投与して病院に幽閉してた旧ソ連の愚行を長期的になぞる方向なのか?

陰謀だとすればリスペリドンの薬価上げるとかリスペリドン禍を捏造するとか

パロキセチンについては大本営から薬価抑制目当てと思われるアラートが出てたけどあれはこの流れの中ではどういう意味を持つのだろうとか

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん