「松井孝典」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 松井孝典とは

2015-12-29

何でババア石原を支持したのか

石原慎太郎と言えば有名なババア死ね発言があるが

「これは僕がいってるんじゃなくて、松井孝典がいってるんだけど、“文明がもたらしたもっとも悪しき有害ものは「ババア」”なんだそうだ。“女性生殖能力を失っても生きているってのは無駄で罪です”って。男は80、90歳でも生殖能力があるけれど、女は閉経してしまったら子供を生む能力はない。そんな人間が、きんさん・ぎんさんの年まで生きてるってのは、地球にとって非常に悪しき弊害だって…。なるほどとは思うけど、政治家としてはいえないわね(笑い)。まあ、半分は正鵠を射て、半分はブラックユーモアみたいなものだけど、そういう文明ってのは、惑星をあっという間に消滅させてしまうんだよね。」

「この間すごい話をしたんだ、松井さんが。私は膝をたたいてその通りだと。女性いるから言えないけど…。本質的に余剰なものは、つまり存在の使命を失ったものが、生命体、しか人間であるということだけでいろんな消費を許され、収奪を許される。特に先進国にありうるわけだ。でね…、やっぱりやめようか(笑)。あれが実は地球文明なるもの基本的矛盾表象している事例だな。」

「そして、他の動物、他の生命体とのかかわりの中で、人間人間というもの存在を主張し過ぎたために、非常に横暴な存在になった。そして、彼が例を挙げたのは、ほとんどの動物繁殖、種の保存ということのために生きて、それで死んでいくが、人間場合にはそういう目的を達せない人でも、つまり人間という尊厳の中で長生きをするということで、彼はかなり熾烈な言葉でいいまして、私はそのときに、なるほどなといいながら、しかし、それは政治家はいえないからあなたみたいな専門家じゃなきゃとてもいえませんなといって、そのときに慨嘆したんだ。(中略)私が思わずひざをたたいた所以の一つは、私の友人でもありました深沢七郎氏が書いたうば捨て山という、あの、要するに「楢山節考」という、年をとったそのおばあさんを、その部落貧困のゆえに、あえて生きている人間を捨てに行くという、これは年をとった女の人が、他の動物生存の仕方に比べれば、かなり横暴な存在であるという表現の、実は逆説的な一つの証左でありまして、私はいろんなことを思い合わせながら、その松井さんの話を非常に印象深く聞いたわけです。」

この狂った発言後の選挙で彼はババアの熱い支持を受けて再選した。

私的には不思議だった。

石原曰く爺は生殖能力があるから生きる価値があると枯れたイチモツを自画自賛しとるがめったに爺が生殖なんてせんし、しても甘やかしたり障害児だったりでろくでもない子供が多いし、世間を見たら定年して濡れ落ち葉になった爺よりよほど有用有意義暮らしている婆の方が多いし、パートタイマーでは圧倒的に爺より婆が使えるし、家事や孫の世話などでも爺より役立っているが万が一女性政治家

文明がもたらした最も悪しきものは爺ですよ、婆は役に立ちます仕事をやめた爺が生きているのは無駄で罪です(笑)

みたいな事を何度か言ったら爺の熱い支持を受けて再選するのは無理ではと思うのだ。

婆はずーっと男から侮辱的な言動を受け入れて、男から嘲笑われるのに慣れすぎているから笑って流したのかなぁよくわからん

セクハラとかも婆はわりと平気に受け流すしな。

2013-03-25

ババア発言

ババア発言 - Wikipedia

「これは僕がいってるんじゃなくて、松井孝典がいってるんだけど、“文明がもたらしたもっとも悪しき有害ものは「ババア



http://anond.hatelabo.jp/20130324184247

2010-06-14

http://anond.hatelabo.jp/20100614135441

反日かは知らないが、亡国ではあるんだろ

科学的素養のかけらもないアホが我こそ仕分け人とか言って天狗になってるようじゃな

キチガイ刃物だぜ

【拡散希望】「はやぶさ」は失敗と断じる仕分け人松井孝典

http://jif.blog65.fc2.com/blog-entry-275.html

2009-11-28

http://anond.hatelabo.jp/20091128050025

スパコンの件でも金田康正氏とか松井孝典氏とかいたし

今回いわゆる弁護側には一人も用意してもらえなかったが自民時代だった今までも見識者連れてきてはいたのよ。その流れで京速反対派だけ選んだっていうことも言えそうにない?予算の是非は議論として保留しておいて両氏の専門は例の長崎大学格安GPUグリッドでいける内容ってことも付け加える。スパコン以外でも同じ事起こってないのかね。

http://anond.hatelabo.jp/20091128040524

一つの見方として面白かった。

正直なところ、今回の事業仕分けで起きている混乱は、報道を担うマスコミがきちんと己の責務を果たしていないことで引き起こされている部分がかなりあるんじゃないかと思うんだよな(あまりマスゴミマスゴミ言うのは好きじゃないけど)。本当に蓮舫の居丈高な振る舞いだけのせいなのか。

もちろん、事業仕分けWGに全く責がないわけではないだろうさ。けれど、インパクトの強い部分をことさら針小棒大に取り上げることで、利害関係者(ステークホルダー)たる国民を過剰に疑心暗鬼にさせていることは否めないんじゃないか。そのことが、今回、元増田が取り上げたような、実際の議論の微妙ニュアンスを置き去りにしてしまうようなことに繋がってはいないか。

それに、WGのメンバーについて「専門外の素人財務省シナリオに乗っかって、大局を見ずにカネを剥がして回っている」みたいなことがよく言われているけど、実際には、座長はともかくとして、わりと各仕分け分野に対してちゃんと見識のある人間を連れてきてメンバーに入れてるよね。スパコンの件でも金田康正氏とか松井孝典氏とかいたし。

2009-11-25

日本ノーベル賞受賞者など5人、科学技術関連予算削減の見直し求める緊急声明発表

(略)声明は、事業仕分けの判断について「評価に問題があるだけでなく、若者科学技術世界から遠ざけ、海外流出を引き起こす」と批判したほか、予算編成には科学技術専門家意見を取り入れるべきだとしている。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00167243.html

これじゃまるで仕分けに参加したスーパーπの金田康正先生や地惑の松井孝典先生科学技術専門家じゃないみたいだ(涙)

2009-11-15

きくち November 14, 2009 @14:25:30

僕の意見は違います。

プレゼン側は「一位になれなければ、それを使ったシミュレーション研究でも決定的に遅れをとる」と「一位以外は無価値」としか受け取れない主張を続けました。

それに対し、仕分け側の趣旨は「二位だって、研究成果があがればいいではないか」です。

仮にそれが口だけだとしても、「一位でなければだめ」の一点張りでは説得できません。

れんほうの「二位になったときのリスクヘッジ」発言が取りざたされていますが、

文脈は逆で、彼女は「二位でもいいのではないか。どうしても一位でなくてはだめだというなら、

一位になれなかったときのリスクヘッジはどうなっているのか」という質問をしたわけです。

ここで「二位でも研究成果は充分に期待できる」と答えられなかったのが、すべてを決めたのではないでしょうか。

実際、計画通りに進んだとして、運がよければ一位になれるかもしれないけど、

なれても一瞬だろうということは、アメリカスーパーコン計画がわかった時点で誰もが考えたことです。

じゃあ、アメリカに抜かれた時点で無価値になるのか。

ですから、「一瞬の一位かもしれないじゃないか」という質問は当然です。

「二位ではだめだ」とプロジェクト側が主張してしまったので、

「じゃあ、一瞬の勝利のために、どんだけの税金を使うのか」という話になるわけです。

さらにいうと、「一位になれなければ日本研究は大きく遅れをとる」という主張を繰り返したので、松井孝典さんにも守ってもらえなかった。

ペタコンに話を限るなら、僕は仕分け側がたくさんのヒントを出したと思います。

ほかの事業に対する言いがかりのような発言に比べれば、非常に優しかったと言っていい。

ありていに言って、彼らは「この事業の本来の意義はこれこれではないのですか」と助け舟に近い質問をしていたわけです。

それに対して、「いや、一位を取ることだけが目標です」と明言してしまったプレゼン側は、いくらなんでもひどい。

あれを聞いて、「やっぱり一位を取ること以外は二の次だったのか」と再認識した研究者も多いのではないでしょうか。

http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1249777100#CID1258176330

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん