2009-11-28

漢方薬署名活動に対する疑問

みんなホイホイ署名すぎじゃね?

署名ってそんな軽い気持ちでいいのか?

そんな軽い気持ちで書いた署名に力があるとでも思ってるのか?

正直いって署名したやつも実際どういう問題なのか把握してないんじゃないの?

まあ、俺も把握してないんだ。だからみんなの代わりに調べてみたよ。

詳細は長いので下に書くけど、俺がこの署名活動について調べて思った結論は、

「薬の非保険化を拡大解釈すぎじゃね?

これから具体的に議論していこうって「方向性」が決まっただけなのに、

署名活動とか早急すぎね?」

ってことだ。じゃあそう思った経緯と調べたことを書く。

発端


そもそもの署名活動がいっせいに広まった発端としてはこれだ

漢方処方が日本からなくなるかも知れません」

http://lolocaloharmatan.seesaa.net/upload/detail/image/IMG_0003-af1d4-thumbnail2.jpg.html

「皆さんに緊急のお知らせです。」

http://lolocaloharmatan.seesaa.net/article/133805128.html

なるほど。どうやら漢方に関わる専門の方の考えのようだ。

チラシの重要な点を持ってくると

  • 「仕分けによって漢方薬保険適用外とする方向で結論が下された」
  • 保険適用外になると漢方薬を処方することは不可能になる」

ということだそうだ。

これが文面そのままのとおりだったら大変かもしれない。

俺は漢方は飲まんが、使っている人はたくさんいるのはわかる。

俺がこの文を見たとき、「全ての」漢方薬が適用外になるらしい、と解釈した。

みんなもそうかもしれない。しかし後々わかるがそんな単純な話でもない。

コレは1専門家意見だ。もしかしたら別の考えもあるかもしれない。

そう思って俺は仕分けのソースにあたることにした。今はソースすらネットにある。便利な世の中だ。

仕分け議論内容

行政刷新会議WG「事業仕分け」(2009/11/11・2-5)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm8782740

↑市販品類似薬の非保険化に関して(今回の問題に関わる部分)は55分あたりからだ。聞け。

なに?長いから読み込むのも大変だ?

しょうがない、俺なりのまとめになるが、議論で話されていた要点を書き下す。

でもあとでちゃんと聞けよ。俺の解釈が間違ってる可能性がないとはいえないからな。

「市販品類似薬の非保険化すれば、非保険化したぶん薬の利用者の負担が増えるので、

国民的な議論・慎重な検討が必要。方向性もまだまだこれから(方向性すら決定ではない)」

保険の掛かった薬は安く買える分、必要以上に買いすぎるということもある。

その分、国民税金保険料)から無駄遣いを行わせている。

現状の無駄のでる制度はやめて、その分を他の高額医療にまわしたほうが理解が得られるのではないか。」

「やめることで、どの人にどれだけ負担がかかるのかこれから見極める必要がある。

薬ごとに使う人も違っているのでこれから慎重にみていく。」

治療を受けられている方の負担も、保険料を支払っている国民全体の負担も大事。」

厚生労働省の考え方として、保険料の適用範囲は病気や怪我の治療に関わるもののみ。

病気の予防や単に気分が良くなるようなものについては負担はしない。

ただし、一見薬が予防にかかわるだけのもの(治療する薬ではないもの)、

治療者の気分をよくするだけのようなものでも回復に繋がることはある。

そういう事例には保険が適用されている。」

仕分け人15名中11名の同意が得られているので

方向性としては保険外にする方向で。

しかしまだまだ範囲についてなど十分な議論がなされていないので、

これから議論していくことがもっと必要」

(注:仕分け資料によると、高齢者の半分近くが処方された薬を飲み残している。その分、薬に掛かった保険料無駄になっているとのこと。資料の55ページ参照)

http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/pdf/nov11-pm-shiryo/06.pdf

という感じだ。もし俺のまとめ方に誤りがあるなら訂正してくれ。もしくは補足してくれ。

「後発品のある薬価の見直しについて」の話はジェネリックに関することがほとんどで、

「市販薬類似薬は保険外」についての議論は最後の約5分間のみだった。

つまりほとんど議論されておらず、まだまだこれから議論していきましょう、っていう話だ

ここで、上にリンクした仕分け資料をよく読んでみよう。

市販薬類似薬についてどのようなものを考えているかというと、

ビタミン剤・健胃剤・弱いステロイド外用薬・弱い鎮痛内服薬など、とある。

更に下を見ると、「湿布薬・うがい薬・漢方薬などは薬局で市販されており、医師が処方する必要性が乏しいもの」とある。

つまり、仕分け人の考えとしてはこういうことのようだ。


「現状の制度では国民が負担している保険料無駄に使われている部分がある。

保険料無駄(=国民全体の負担)はできるだけ少なくなるように改正したい。

とはいえ、市販類似薬を保険外としたらそれは治療者の負担となる。

場合によっては致命的な事例もあるだろう。

なので、市販類似薬の中で医師が処方する必要性が乏しく、

簡易に安価で入手でき、医療的な重要度の低い薬について保険外とすることで、

治療者の負担は最小限にしつつ、国民全体の負担も減らそう」

という話のようだ。少なくとも俺はそう解釈した。

さらに、具体的にどの薬が治療者にとってどれだけの負担になるかは、

これから検討していくという話だそうだ。

なるほど。仕分けの理由は理に適っているように思える。

保険だって税金だ。無駄は少ないほうがいい。日本お金が少ない今ならなおさらだ。

どうも仕分けの議論を聞く限り、「漢方薬全て」を保険外にしたり、

ましてや「漢方薬が処方できなくなる」という話ではなさそうだ。

せいぜい負担増だ(やったとしてもどれだけ増えるかはまだ未定)。

まあ、ここで署名推進派(=保険外反対派)の意見も見てみよう。

最初の署名の話と随分と違う気がするが、俺の解釈が悪かったのかもしれん。もしくはもっと隠された問題があるのかもしれない。

保険外反対派の意見

どうもいろいろ意見を見ると、署名活動をを広めている大本があるようだ。

これだ。

医師から治療手段を奪う暴挙は許せない」(日本東洋学会 会長 寺澤)

http://www.jsom.or.jp/pdf/opposition/opinion.pdf

中の人が考える漢方の大事さとか、

無駄に長いし仕分けの論点とは違うことが書かれている気がするが、

そりゃあ専門家だからいろいろ思うことはあるのだろう。

まあいくつかポイントを見てみる。

>「漢方薬、うがい薬、パップ剤」の保険外しが答弁されました

この書き方だとまるで「漢方薬全て」の保険はずしみたいにも取れる。

俺が仕分けの議論を聞いた限り負担の少ない薬の一部という解釈だが、

もしかしたらそうでもないのかもしれない。

>「薬局薬店でも漢方薬は買えるものである」との主張~云々

むしろ、薬局薬店で買えるような程度の軽い薬の範囲で、検討するぐらいの話な気がするが・・・。

乳がんとか膀胱炎だとかの漢方薬使用例とか具体的な事例は出されてるが、

そういう医師の処方する必要のある重要そうな薬は今回の範囲外じゃないのか・・・?

まあ、俺は専門家じゃないし、薬の知識はないから

もしかしたら漢方薬というのはほとんどが医療的に重要度の高い薬なのかもしれない。わからん

漢方製剤の保険外し問題は17年前にも議論されたことがありましたが、

>150万人の皆さまから反対署名を頂き、保険外しを免れました

過去にも似たような例があったらしい。へえ。

コレについてはよく知らんし調べてないので誰か教えてくれ。

>消化菅の手術字に大建中湯という漢方薬を用いると~数十万の手術料云々

もしその漢方薬保険適用外になったらそれぐらい負担が増えるらしい

でも仕分けでは手術に使われるような薬や治療者負担の大きくなるような薬まで考えられてないような・・・?

そもそも大建中湯を保険適用外にするなんて話も聞く限りでてないし。

もしかして医療関係者しか知らない事情があって、

その薬が保険適用外になる可能性が高いとかあるんだろうか?わからん

他にもまあいくつか理由やこの人の考えは書かれているので是非読んでくれ。

専門家意見だからな。大事だ。

あと、こんな記事もあった。

医療漢方薬保険適用外 価格が3倍以上治療に支障?

http://www.j-cast.com/2009/11/27054955.html

ここにも日本東洋医学会の意見があった。

日本東洋医学会によると、保険適用の漢方薬は149種類、OTCが200種類ある。

>そして、OTCと同じ成分の適用薬が多いため、149種類のほとんどが適用外になるのではないかとみている。

成分が似ているから、

ほぼ全ての漢方薬保険外になるのではないかと危惧しているようだ。ふむ。

そうすると上の疑問に対しての理由は少しはわかるが、

薬って成分で判断するものなのか?

厚生労働省治療者の金銭的負担や、実際の効能・実態で見てるんじゃないのか?

成分似てても違う薬で治療者の負担が大きかったり、医師の処方が必要な薬であれば、

ちゃんとその辺は検討・考慮して、今回仕分けの対象にはならないんじゃないか?

俺は薬に詳しくないのでいまいちわからん。詳しい人誰か教えてくれ。

そういえば、さっきの記事には賛成派の意見も書かれていて、

>一方、OTCの7割を扱うドラッグストア業界では、保険適用外の方向性を歓迎しているようだ。

日本チェーンドラッグストア協会では、「基本的には賛成」としており、

>近く結論を出す予定だ。その理由として、広報担当者は、

>「健康保険の財源を安定的に維持していくことが必要だからです」と説明している

とある。他にもいくらか意見があるのであとで読んでくれ。

上に挙げた記事以外にもいろいろあるしな。探して欲しい

特に署名した人、これから署名しようって人にはな。

さて、もしかしたら他にも反対派の意見もあるかもしれないが

俺はこの辺で署名する気が失せて力尽きてしまった。

が、俺が反対派の意見現場の実態をよく知らないだけかもしれない。それは是非教えて欲しい

そもそも署名ってなんだよ

最初から思ってたんだが、署名するってことでどれだけの説得力があるんだろう。

なんか過去署名で上手くいった例はあるみたいだけどさ。

ほとんどは詳しい事情もしらないやつの名前が、ずらずらと並んでいるんだぜ?

特にこんな専門性の高い分野なんだからさ。

素人がちょっと調べただけじゃ本当の実態もわかりゃしねーのよ。

俺だって相当時間かけたがまだよくわからんよ。

だからせめて、もっと素人にもわかる説得力のある説明をしてから署名活動してくれよ。

いまの感じじゃなんかイメージ漢方重要性を語られてるようにしか見えないぞ。

論点はそこじゃないだろ?

保険外反対派がするべきことは、署名活動なんかじゃなくて、まずは

現在保険が適用されている漢方薬一つ一つについて、医療的にどれだけ重要なのか、

保険が外れたら治療者の負担がどれだけ増えるのか、具体的にデータで明らかにする」

ってことじゃないのか?

重要な薬は保険適用のままって厚生労働省も考えてるみたいだしさ。

漢方薬」でひとくくりで語るからよくわからなくなるんだよ。

そうすることで署名を集めやすく狙ってるのかもしれないけど。

あ、なんか性急に署名を集めてるのも、署名をたくさん集める作戦なのかもしれないね。

仕分けではこれからじっくり議論をしていこう、って流れに見えるけどな。

まさか2,3ヵ月後に漢方薬保険が外れるみたいな話でもないだろうに。

ホントにそんな署名を急ぐ必要があるの?そんな署名に説得力があるの?

誰か、素人の俺に教えてくれ。

納得したら、俺も署名するよ。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20091128040524
  • http://anond.hatelabo.jp/20091128040524

    一つの見方として面白かった。 正直なところ、今回の事業仕分けで起きている混乱は、報道を担うマスコミがきちんと己の責務を果たしていないことで引き起こされている部分がかなり...

    • http://anond.hatelabo.jp/20091128050025

      スパコンの件でも金田康正氏とか松井孝典氏とかいたし 今回いわゆる弁護側には一人も用意してもらえなかったが自民時代だった今までも見識者連れてきてはいたのよ。その流れで京速...

      • http://anond.hatelabo.jp/20091128090504

        両氏の専門は例の長崎大学の格安GPUグリッドでいける内容 下記2件のソースくれ。 例のGPUグリッドってGRAPEモドキじゃねえの?他に何ができるの? 金田さんの専門って何?大規模数...

  • http://anond.hatelabo.jp/20091128040524

    そのサイトの内容には疑問が多いので俺も少し書いてみた 気が向いたら書き足す http://anond.hatelabo.jp/20091127234400

  • http://anond.hatelabo.jp/20091128040524

    署名は低コスト。放置することで本当に漢方が買えなくなるのは高リスク。 とりあえず署名しとこうという気になるな。

  • http://anond.hatelabo.jp/20091128040524

    ネットで署名(笑)すればタダだからな。 キーッって署名したやつで市ヶ谷にいった人いないんじゃww 俺達の自民(笑)のときは、闇の中で決まってたことなのにねww

    • http://anond.hatelabo.jp/20091128112506

      この話もほとんど報道されてませんけどね。 ツムラの社長が会見開いたおかげで表ざたになっただけで。 民主政権が開放的(笑)なんていう幻想はそろそろ捨てた方がいいですよ

      • http://anond.hatelabo.jp/20091128173859

        ツムラがやってるのもロビー活動なんだけどな。 実際、事業仕分けのどの部分の決定が該当するのかを指摘するのもムズカシイわけで、漢方が外れるっていうのは一体どの決定を指して...

      • http://anond.hatelabo.jp/20091128173859

        すべて公開されてるんじゃないの? これに関しては開放的だと思うんだけど。

  • http://anond.hatelabo.jp/20091128040524

    漢方薬で難しいのは、同じ薬でも効果が人によって全く違うこと、同じ症状でも処方すべき薬が体質によって全く異なることなんだよな。だから「薬局で売ってるんだから医者で処方し...

  • http://anond.hatelabo.jp/20091128040524

    ナチ党が共産主義を攻撃したとき、私は自分が多少不安だったが、共産主義者でなかったから何もしなかった。 ついでナチ党は社会主義者を攻撃した。私は前よりも不安だったが、社...

  • http://anond.hatelabo.jp/20091128040524

    薬って成分で判断するものなのか? 厚生労働省は治療者の金銭的負担や、実際の効能・実態で見てるんじゃないのか? 成分によって効能が決まるんだから、成分で判断することと効...

  • そもそも民主党が信用されていないという問題

    漢方薬の署名活動に対する疑問 「そこまで無茶な事はしないだろう」と、楽観的な観測でほっぽっとくには危険すぎるというのは「CO2ガス25%削減」などのトンデモを考えればわかると...

  • http://anond.hatelabo.jp/20091128040524

    漢方というのは医師の処方箋が必要なバイアグラとは違って、どれも市販に買えるものです。だから、今回の仕分けが本当に実施されれば漢方の保険適用外はまぬがれないでしょう。 そ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20091128040524

    パソコンで文章を書くと軽くなると言われていたように、ネットを通すと気軽になるんじゃないかな。大意での悪口でも、ここや2ちゃんやニコ動なんかでバンバン書いてるじゃない。匿...

  • 漢方薬に保険が効くようになった経緯

    経緯 1967年10月、国は事務局長通知の形で、製薬会社が新薬を申請するときに、二重目隠し法による臨床試験のデータを提出するよう規定 しかし、1967年10月以前に許...

    • http://anond.hatelabo.jp/20091128145746

      あなたのいう『二重盲検で集めるデータ』というのは「対症療法」を主眼に置く発想に基づくものだよね。 そのことによって薬効が確かめられる薬というものの効能を否定するわけでは...

      • http://anond.hatelabo.jp/20091128185012

        あなたは、『二重盲検で集めるデータ』か「対症療法」のどちらか、あるいは両方の意味を勘違いしているように思う。 『二重盲検で集めるデータ』というのは、処方された薬にどのく...

        • http://anond.hatelabo.jp/20091128222851

          東洋医が主張する如く、「証」にあわせて漢方または偽薬を処方すれば、データを集める事はできるはず。 これには同意。効けば漢方凄い、効かなかったら証が合ってないで済ませち...

          • http://anond.hatelabo.jp/20091129001120

            そんな検証したら「二重盲検で明らかに効果がないことが証明される」薬が少なからず出てくることになりかねないから漢方業界は全力で抵抗するだろうなぁ いやそりゃ口で言ってるく...

            • http://anond.hatelabo.jp/20091130005737

              少しずつ始まってるけどね ポジティブデータが出るはずがないと思ってる人に言っても無駄だと思うけど 小青竜刀とかは効果が確認されている そもそも金と時間をかけてそんな実験や...

        • 申し訳ないが、あなたは漢方を分かってない

          そのために、申し訳ないが反論が反論になってない、と思う。 『二重盲検で集めるデータ』というのは、処方された薬にどのくらいハッキリした効果があるのかを見るためのもの。薬...

          • http://anond.hatelabo.jp/20091129120858

            『なぜ』そうなるかを現時点で説明しきれないとしても、『確かに良い』と多くの人が言ってきて、今も言っているものについて、まだその理由が分からないうちから捨ててしまうよう...

          • http://anond.hatelabo.jp/20091129120858

            保険制度ってのはそのハッキリした効果を保証するためのものなんだから、ハッキリしない漢方が除外されるのは仕方ないんじゃね。 保険の外でやればいい話。

          • http://anond.hatelabo.jp/20091129120858

            二重盲検と対症療法についてちょこっとだけ書いた増田です。 なるほど、少し分かった気がする。 あなたは漢方について、効果だけでなく根底にある思想を含めて評価してるんだね。 ...

            • ていねいにお返事頂き

              ていねいにお返事頂き感謝します。 これだけ丁寧に読んで頂くと、もうこちらからコメントすることって余りないんですが。 東洋医学の方法も、ちゃんと研究デザインを考えれば(...

          • 西洋医学は対症療法で東洋医学はそうでないのか?

            http://anond.hatelabo.jp/20091129120858 たとえば、近所の川が淀んでなんか嫌な感じの臭いとか虫が発生して困ってるとしよう。で、近所の西洋さんが言うわけだ。「脱臭剤と殺虫剤をぶちこめ...

            • http://anond.hatelabo.jp/20091129193948

              これなんか、東洋医学が実は対症療法だった可能性の一例になるんじゃないかな? 前の書き込みの最後三行を読んでみて。あなたの言う程度のことは知っているけれども、それは『東...

              • http://anond.hatelabo.jp/20091129195836

                東洋医学の観点から西洋医学の「盲点(かもしれない)」ことを指摘したけど、別に俺は西洋医学の優位性を否定しようとは思わないよ。 いや たとえば、近所の川が淀んでなんか嫌...

                • http://anond.hatelabo.jp/20091129201205

                  どうしても「優位劣位」ゲームに囚われてるみたいだけど、俺はそのたとえのまとめとしてハッキリ書いてるよね? 発想の根底が違うものを同じフィールドで比較するのは全然フェア...

                  • http://anond.hatelabo.jp/20091129201946

                    最後に弁当をくったのはいつだろうとGood

                  • http://anond.hatelabo.jp/20091129201946

                    たとえば、近所の川が淀んでなんか嫌な感じの臭いとか虫が発生して困ってるとしよう。で、近所の西洋さんが言うわけだ。「脱臭剤と殺虫剤をぶちこめば収まりますよ」と。そりゃ、...

                    • http://anond.hatelabo.jp/20091129203121

                      最初のエントリのポイントが「どっちが優位か聞いても意味ねえ」って点にある、と書いたことは華麗にスルーしちゃうんだ? はあ。 「他人の書いた文章の、明示された『意図』を無視...

                    • http://anond.hatelabo.jp/20091129203121

                      最初のエントリのポイントが「どっちが優位か聞いても意味ねえ」って点にある、と書いたことは華麗にスルーしちゃうんだ? はあ。 いやいや、あなたの最初の文章を読む限り「...

          • http://anond.hatelabo.jp/20091129120858

            人体の仕組みは川のメカニズムよりもっと複雑だから、『なぜ』そうなるかを現時点で説明しきれないとしても、『確かに良い』と多くの人が言ってきて、今も言っているものについて...

          • http://anond.hatelabo.jp/20091129120858

            医療を巡る西洋医学派と東洋医学派の争いは根深いよな。西洋医学は「科学的」(実は西洋科学的なのだ)証明を求め、東洋医学派は経験主義をたてにそれに反論する。そんなのが明治...

    • http://anond.hatelabo.jp/20091128145746

      まぁEBMの時代だから再評価もいいと思うよ それで薬効が確認されている配合もあるしね 今までの処方の蓄積が「データ」じゃないって感覚はどうかと思うけどね こういう人が「日本の...

    • http://anond.hatelabo.jp/20091128145746

      めっちゃ正論。 漢方薬と市民運動って、なんでつながってるんだろ。 スモン訴訟等の薬害裁判で活躍した医学者が、 漢方薬批判を始めた途端に、市民運動家から攻撃されるようになっ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20091128145746

      わが国で使われている医療用漢方薬147種類はすべて、 特例として治験を経ずに承認されており、ツムラによると、 通常の承認手続きに則る形で開発が進められている 漢方薬は「温脾...

    • anond:20091128145746

      本来の漢方に二重盲検はムリ。それが「ほげほげ」という名前だろうと「はなくそ」という名前だろうと 患者を診て合うモノだけを処方するのが神がかった漢方医だから。 それができな...

      • http://anond.hatelabo.jp/20091130081223

        妊娠している人にろくすっぽエビデンスが無いような漢方薬出す方がよっぽど怖いと思うけど。 「普通の薬は化学物質だから駄目だけど漢方薬は自然のものだから安心・安全!」と言う...

    • http://anond.hatelabo.jp/20160122122155

      漢方の保険適用過程は真っ黒 しかも医師会会長が関わってるんやで http://anond.hatelabo.jp/20091128145746

  • http://anond.hatelabo.jp/20091128040524

    そもそもこの事業仕分け。言ってる事がメチャクチャ 1.>保険の掛かった薬は安く買える分、必要以上に買いすぎるということもある。   医者の薬は医師が処方するもので、患者...

    • http://anond.hatelabo.jp/20091128162158

      1.>保険の掛かった薬は安く買える分、必要以上に買いすぎるということもある。   医者の薬は医師が処方するもので、患者が選んで買うものではない 揚げ足取り。 2.>...

      • http://anond.hatelabo.jp/20091128165215

        揚げ足取り(笑) 患者が選ばず医師が処方する薬でどうやって「安すぎて買いすぎる」なんてことが起きるのか教えてもらえるかい?

        • http://anond.hatelabo.jp/20091128165851

          実際の発言を聞いてみないと分からんが、 患者が医者に「安いんだからもっと処方してください!」とか頼む 医者が大量に買い込んで、その在庫を患者にばらまいて医療報酬点数稼...

          • http://anond.hatelabo.jp/20091128170425

            ・患者が医者に「安いんだからもっと処方してください!」とか頼む こじ付けにも程があるw ・医者が大量に買い込んで、その在庫を患者にばらまいて医療報酬点数稼ぎ これを待って...

            • http://anond.hatelabo.jp/20091128171108

              ・患者が医者に「安いんだからもっと処方してください!」とか頼む こじ付けにも程があるw いや、実際にあるそうだよ。「薬をいっぱい処方されないと安心できない」からと、...

              • http://anond.hatelabo.jp/20091128172129

                >> いや、実際にあるそうだよ。 << でもそれは漢方薬と直接因果関係のある話じゃないし、医者の対応が問題なのであって薬の値段が安いのが問題って訳じゃない >> そもそ...

                • http://anond.hatelabo.jp/20091128173014

                  そもそもWGが特に漢方薬を槍玉に挙げたという事実はない、というのが元増田のエントリの趣旨だろ そんなことはない、何もわからないまま槍玉に上げているというのがこの反...

                  • http://anond.hatelabo.jp/20091128173851

                    そのエントリも資料の読み違いをしているに過ぎない 漢方薬は全部市販されている以上、以下の理屈だと基本的にすべての漢方が保険除外対象になる >>湿布薬・うがい薬・漢方薬な...

                    • http://anond.hatelabo.jp/20091128174659

                      つまり、「(湿布薬・うがい薬・漢方薬など)類似薬が市販されており、医師が処方する必要性が乏しい」薬については保険適用から除外すべきでないかということであって、「漢方薬...

        • http://anond.hatelabo.jp/20091128165851

          横だが、患者側が選ぼうが、医師が処方しようが、必要以上に出すという結果になるのなら、その指摘には揚げ足取り以上のもんはないんじゃね? そりゃ調剤薬局と病院の経営が別れて...

    • http://anond.hatelabo.jp/20091128162158

      患者が要望すれば薬でるよね。 年よりが腰が痛い言えば、シップ処方してもらえるじゃない。 高齢者なんて病院に世間話ししにいくようなもんだから、じーちゃんとかばーちゃんから余...

  • http://anond.hatelabo.jp/20091128040524

    医師が処方する漢方薬のうち、「市販品類似薬ではない」ものなんてほとんど無いぞ。 ミスリードだとか早とちりだとか、寝ぼけてるとしか思えない。

    • http://anond.hatelabo.jp/20091128181243

      医師が処方する漢方薬のうち、「市販品類似薬ではない」ものはない 純粋な興味からなんだが漢方って処方と市販で成分同じ?つまり、例えば、湿布は薬効が処方の方が市販のものより...

      • http://anond.hatelabo.jp/20091128181942

        >純粋な興味からなんだが漢方って処方と市販で成分同じ? 成分ってのがどこまでを指すかによるが、漢方は「何が入ってるか」がポイントで「どれくらい入ってるか」は規定がない。 ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20091128040524

    増田の発言を見て、邪推なのかもしれないけど 薬の通信販売規制強化も、今回の件も 「日本○ェーン○ラッグ○○○協会」 がらみなのかと思った。 それで、モ○ガ○や○ずほは会社の...

  • 署名したならもうすこし問題に目を向けてみようぜという話

    漢方薬の署名活動に対する疑問 http://anond.hatelabo.jp/20091128040524 ↑では、署名活動の趣旨や内容について疑問を抱いたので、 それについていろいろ調べたり素人なりにぶーたれたりし...

    • http://anond.hatelabo.jp/20091129014645

      自分は何もわからないままおかしいおかしいと騒ぐくせに、相手にだけ論理的説明を求めそれが出来ないならお前らの主張は間違ってるとする矛盾

  • 漢方薬の保険適用除外と混合診療問題

    http://anond.hatelabo.jp/20091128040524の件について。 漢方薬と混合診療 署名を呼びかけるチラシの中に、以下の一文があった。 「保険適用外になると漢方薬を処方することは不可能になる」...

  • 漢方薬が保険適用外になるかもしれない問題について

    タイトルに書いたようにブログや漢方を取り扱っている会社がもう漢方は保険適用外になるように書いてあるけどどうなんでしょう?漢方処方が日本からなくなるかもしれません皆さんに...

  • http://anond.hatelabo.jp/20091128040524

    厚労省から公式見解が出ましたね http://anond.hatelabo.jp/20091128040524 つまり仕分けの方針としては、「漢方薬は市販のものを買って、すべて保険から外しなさいという指摘」であったという事...

  • http://anond.hatelabo.jp/20091128040524

    事業仕分けに法的な決定権が無いんだから、口だけじゃなくて、ちゃんと話合いをしてくれよって意味で署名した。 政府で話合いも無しに、拡大解釈が現実の物となって実行されたら、...

  • 気になる事 2009/11/29

    はてな匿名ダイアリー申し訳ないが、あなたは漢方を分かってない大本ネタ:漢方薬の署名活動に対する疑問事業仕分けネタ。今回取り上げられた事業って生贄的要素強すぎな感じがする...

  • あのぅ。

    「葛根湯」が保険適用されなくなると思うと、結構キますね。 実際「何が」保険適用外に成るのか?というのが次のステップでしょう。 多分ね、コレ決まんないと踏んでます。政治家は...

  • http://anond.hatelabo.jp/20091128040524

    「皆さんに緊急のお知らせです。」 http://lolocaloharmatan.seesaa.net/article/133805128.html 消えてる。 LOLO CALO HARMATAN: 漢方保険はずしその後 http://lolocaloharmatan.seesaa.net/article/134262161.html 情報の流...

  • 絆���ʋ�����

    「漢方薬の保険適用除外か?」の報道に大騒ぎの様子ですがどちらの意見にも肩入れするものではないけれど、どうも嫌な感じがしていた。方々を巡りながら、どう書いたらよいものかと...

記事への反応(ブックマークコメント)