2018年02月03日の日記

2018-02-03

ダリフラキャラを見て

TOLOVEるララ春菜みたいな感じだなと思ったらコミカライズ矢吹でびびった

描き分けが大変じゃね…?

anond:20180203221141

増田さんは風俗外人AVとで汚れてるので

一般10代や20代結婚するならぼろが出る前に急いだほうがいいよ。

anond:20180203235325

どうせ10万ぐらいなんだろ?

いくらか書けよ

30超えてようやくアニメを見るのがしんどくなってきた

それで今更洋画とかドラマとか見るようになった

人より成長が遅いんだろうな

キャラ萌えとかエロ同人誌とかは全然興味なくて純粋に内容で楽しんでた

ダリフラの中にヒーローマンが混ざっても気づかないと思う

『本にしないんですか?』が重い

注意:これはある腐女子はてな匿名ダイアリー日記を読んで、そういえばこんな事あったな……と過去モヤモヤ言語化しているだけの愚痴です!

アラサーになって、とあるカップリングにハマった。

めちゃくちゃハマった。

元々ノマカBL百合なんでも食う雑食オタで、学生時代は読み専だけどそこそこ腐ってた。

けど、就職後クソほど忙しい会社に入ったせいでめっきり二次創作からは足が遠のいていた。

だが、アラサーになって出会ったある作品、そしてそこで描かれていた二人のキャラ自分でもどうかと思うほどハマり、この二人は付き合っているに違いない、この二人の恋愛を語るのが我が使命とまで思った。

具体的に言うと、そのカップリングにハマったせいで腐女子アカウントを作って同カプの人と交流をしたり、小説を書いたり、即売会デビューキメたり、自分でも本を出すようになった。

それまでオタクだけど同人活動なんて縁遠い生活してたのが嘘みたいだなって程度にハマった。

ハマってから本を出すまで約半年

若者のような体力こそなくなってきたが、経験だけはあったアラサー特有の行動力だ。

同人イベデビューを果たした後も、私は精力的に本を出した。

一年に2〜3回イベントに参加し、100p以上の小説同人誌出版した。

同じカップリング好きな人イベントで会って話して、本を手に取ってもらうのが楽しかった。

ツイッターで萌シチュを語り、RTやふぁぼをもらったり、延々とリプを交わすのがとても楽しかった。

そんな生活が、二年ほど続いた。

ある時、イベントを終えた私は、宅配便で届いた在庫戦利品を堪能したり整理し終え、心地よい疲労感に浸りながら、いつもどおりツイッターで萌シチュを呟いた。

立て続けにリプライがついた。

『本にしないんですか?』

『その本待ってます

私が呟いたシチュエーション評価してくれている、本を買ってくれたこともあるフォロワーさんからの、好意的リプライ

そのはずなのに、泣きたくなった。

勝手な話しだけど、その時の私はこう思ったのだ。

『じゃあ私がこのシチュエーションの本を出すのに必要時間費用のすべてをあなたが持ってくれるんですか? 出した本に感想をくれたわけでもないあなたが』と。

ここで補足すると、私はそこそこ長めの同人小説を書いていた。

同人誌印刷費はページ数に比例する。印刷所にもよるが100p越えの本を100部刷るのにどう見積もっても6〜7万以上はかかる(ここ、もっと安い印刷所あったら不勉強すみません

正直、安くはない価格だ。

頒布価格を極端に安くはしているわけではないが、すべてハケてようやっとイベント参加費用等の諸経費込みでトントンになる程度。

それを年2〜3回捻出し、そのために原稿期間を設けて自由になる時間執筆に費やす執筆スピードにもよるけれど、たとえば3ヶ月で6万字書こうとしたら1ヶ月で約2万字書かないと間に合わない。一日に直すと600〜700字。とはいえ、執筆ができない日もあるからもっと偏る。

毎日仕事家事をこなしながら、空いた時間を使ってコツコツ原稿を書きためて、印刷費を稼いで……正直楽しいからやっていられた。

……それでもすべての本が売れるわけではない。

イベントの後、在庫をどうするか考えたり、次のイベント参加予定を考えたり、どうやれば印刷費を捻出できるか考えたりするうちに、私は少しずつ同人活動に疲れていたのだろう。

精力的に本を出している字書きの『こんなシチュエーション萌える!』というツイートに対してかける言葉として

『本にしないのですか?』が間違っているとは思わない。

けれど、同人活動に疲れていた私にとっては、それを受け止める気力がなかった。

『私が一回の印刷費にどれぐらいかけているかご存知ですか?』

『私がこのシチュエーション小説本を書き上げるまで、あなたはこのカップリングにハマっていてくれるんですか?』

どれも勝手な言い分だ。

けれど、偽らざる本音だった。

ここで冷静な自分

在庫を抱える程度に発行したお前が悪い』

『そうは言っても今まで交流があったからでこそ、作品を楽しみにしてくれたのでは?』

『単に言われたタイミングが悪かったんでしょ』と言う。

——正直、すべて正しいと思う。

その少し後、友人から勧められた別ジャンルに手を出して、今はそちらメインで活動している。

ツイッターpixivアカウントを作り直して、かつてそうしていたように交流二次創作を続けている。

けど、同人誌を作る予定はもうない。

『本にしないんですか?』と言われることはもうないし、本を出さなくても感想をいただくこともある、それに好きなカップリングに対して好きなだけツイートができる。

から、今の私にとってはそっちの方が楽なんだろう。

と、ここまで延々と愚痴を書いていて言うのも嘘くさいが、

別に私は『本にしないんですか?』とリプライをくれたフォロワーさんを恨んでいるわけではない。

感想をくれたわけでもないってところに関しては特に恨みがましいなぁ、とも思うが、ツイッター交流したり、本を手に取ってくれるだけで本来はありがたいものなのだ

多分同人活動への疲れがなかったら、好意好意として受け止められただろう。そこに関しては『間が悪かったですね』という感情しかないし、言い方がもっと別ならば——たとえば『そのツイートの続きもっと聞かせてください!』と言われたら喜々として語っただろう。

それに、真にもって難儀な話だが、未だに同人誌作る気力は沸かないけれど、二次創作小説書くのは大好きなのだ

ただ、期日までに原稿を作り上げ、印刷費を捻出し、さらに当日会場に出向いてスペースに立つ、という同人活動はとてもエネルギーがいることで、ふと息切れをした瞬間に今まで通り『精力的に本を出す自分』を求められた時、容易に心は折れる。当たり前に走っているように見える人も、呟かないだけで疲れているかもしれない。

から、声やリプライをかける時少しだけ『もしかたらこの人はとても疲れているかもしれない』と思って優しくしてあげてほしい。

とんだワガママだが、それで傷つく人は多分いない。

そう思うのだ。

不意にスタデギフトを思い出した

昔、スタデギフトかい物乞い企画あったじゃん。

色々あってポシャったやつ。

あの女の子、今なにやってるんだろうなと思うんだ。

今でも悪ノリ物乞いで食ってそうな気がする。

これでしっかり普通OLかになってたら馬鹿にしてごめんなさいだけど。

尿道グルーガン挿れた結果wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

死んだンゴ…

anond:20180203233543

自分も同じだ。

まあまあのオッサンで、そこそこの数の人間と会う仕事だけど、同じだ。

でもココまで何とか切り抜けて来たで。

いまだに数回のミーティングを経ても「誰だっけ?」な人とか結構いる。

相手名前を呼ばないで会話を回すとか。結構どうにかなるもんよ。

友人らしきもの

本当、迷惑

お前は1人でないと行動できないのか?

私がいなかったら1人でいたくまいとあれだけボロクソに言ってたやつと行動するのめっちゃ面白い

八方美人だよね、その子に私の悪口言いまくってんの簡単想像できるよ。

ぽかぽかした原っぱで猫や犬と一緒にゴロゴロお昼寝する夢を見たんだ

けど起きたらなぜか夢精寸前くらいにちんこビンビンになってて困惑したことがあった

anond:20180203234239

親も貯金なしで年金だけで細々生きてるんだよ

田舎過ぎて仕事がないから私はそこから近い町で就職したけど

ほんと持たざる者はなにも持てないよねえ…

時間お金もないか資格とるとかも無理だしさ

移民賛成!

足引っ張るのに一生懸命リベサヨ国外追放にして

海外から国をよくしようという意欲ある移民をたくさんいれる

それで日本はだいぶ良くなるだろ

これぞウィンウィンってやつ

あいつらなにも考えてないか

これをする理由とかないか

毎日やるものから

疑いを持たないか

anond:20180203233727

灰になるまで男はけだものだと父は申しておりましたよ。

増田さんは男子として成立しなくなったら一気に老けちゃうタイプですね。ボケそうだし。

anond:20180203222300

若い女に全く相手にされないけど年増には好かれてるって状況ならわかるけど、若い女に好かれてるんならそれでええやん

なぜにわざわざ年増の価値のなさを語りたがるのか

https://anond.hatelabo.jp/20180203233543

とにかく特徴を書いて、覚える努力をするしかない

小中高ずっとクラスメイトまともに覚えられなかったが

なんとか社会人やってるわ

料理の一手間は無駄って言うけど

レトルトカレー湯煎した方が旨くない?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん