2017-07-07

異性のいとこと同居している話

仕事事情で、三年間ほどとある地方都市で働かなければいけなくなった。

そのことを親に告げたら、「あそこにはいとこのA子ちゃんが住んでいるから世話になったらいい」と言われた。

いとこのA子は俺より年上で、子供の頃はよく一緒に遊んでいた。

だがそれは幼き頃の話で、お互い大学で都会に出ていってからは、正月法事お盆なんかに親戚が集まった時

に話をするくらいの仲だ。

A子は優しくて元気なお姉ちゃんで、話も合うし、全く悪い印象はなかったので、アパートはどの辺がいいかとか、その辺のことを聞いてみようかなとは思っていたが、

暇な母親がぶしつけにもA子に電話をして、今度俺がそっちの町で住むことになったとベラベラ喋った挙句、気が付いたら、A子のマンションに一緒に住む流れになっていた。

ちょっと待て、一応お互い未婚の男女が一つ屋根の下ってまずいだろうと俺は主張したが、母は、「A子ちゃんだから

大丈夫でしょ」と呑気なものだ。母に無理やり押し付けられたのかもしれないと、A子にも聞いてみたが、

「いや別に。部屋は余ってるし、男手がいると楽だから住んでくれると助かるわ」とあっさり言われて終わった。

 

A子はもうアラフォー独身貴族である彼氏かいるんじゃないのと思ったが、いないらしい。

A子が提案してきた家賃その他の金額は、その地方の標準よりはるかに安く、駐車場も完備、そして会社まで歩いて行ける距離だった。

こんな物件は俺の給料では手に入らない。

A子は本当に、気にしなくていいと言ってくれたのと、母親自分の顔をつぶす気かとうるさかったので、ええいままよと同居に踏み切った。

 

生活してみるととても快適だった。

A子と俺は時間帯が合わずそもそもまり会うことがない。食事も完全に別だし、風呂洗濯は、ついでに相手のもやっておいてやる、な感じ。

A子は年はいっているがけっこう美人スタイルもよい。もてるんだろうなと思っていたが、男の影は全くなかった。

務めている会社普通なのだが、なんだか副業をしているらしくえらいお金を持っている。

しかお金には興味がないようで、普通生活をしている。

世の中、大金を稼ぐようになると人が変わったり派手になる人も多かったので、あまりにも普通でびっくりした。5ケタの貯金を持ちながら、

スーパーの半額の惣菜に喜び、ランチも780円で十分。絶対に言われなきゃ富豪ってわからない。

色っぽい話は全くないが、時々休みに一緒に遊びに行ったりはした。

 

ある時、いい感じによっぱらっていたので、卑怯だが聞いてみた。彼氏はいことないのか、結婚する気はないのか、と。

彼女人生今まで誰とも付き合ったことはないと言った。

嘘だあ、と思った。俺だって何人かお付き合いしたことはある。ましてやアラフォーで外見もきれいな女性恋愛経験ゼロとかありえない。

しかよっぱらったA子は「まじで。私Aセクなの。人を好きになったことがないし好きになる気持ちがわからない。そういうこともしたことない」

と言い切った。

Aセクってなんだかわからず、ググった。正直「好きな人が今までできなかっただけで、好きな人が出来たら変わるのでは?」と思った。

だがA子は「そういうことはたくさんの人に言われて、いろいろな人とデートもしてみたがさっぱりわからないままこの年になった」と。

 

確かに言われてみれば、A子は恋愛ドラマに全く興味がなかったし、俺にコイバナを振ってくることも一度もなかった。女性が好きと思われる

芸能人結婚出産についても、「おめでたいねえ」の一言で終わらせていた。会社女性福山ショック受けてたが、そういう態度はA子には

全くなかった。

翌朝から困ったことになった。

俺がA子を意識するようになってしまったことだ。下品にも、薄いパジャマラインから想像される彼女の素肌を想像して、あの体にはまだ

どの男も触ったことがないのか、と思ってしまうと、触りたくて仕方がなくなってくる。相手はもうおばちゃんと言われる都市で、アラサー

だっておじさんだっていうのに。

これは恋愛感情ではなく、ただの男の本能だと思う。彼女が今まで恋愛経験豊富なら、こんな気持ちは抱かなかった。失礼すぎて相手に言えるわけがない。

そして先月末に、9月で異動だと上司に言われた。

A子との生活が終わりになり、俺は本社に戻ることになる。

それがわかった途端、帰りたくないと思った。

A子と一緒に生活していたい。一緒にくだらない話して、一緒にご飯食べて、できたら触りたい。

ずっとあの家に住んでいたい。

だがこれは恋愛感情なのだろうか。俺が彼女意識したのは、彼女処女だと知ってからだ。

ただの本能なだけで、一度手に入れたら満足して興味もうせてしまうのでは、という気持ちがぬぐえない。

それ以前に、彼女恋愛に興味がないのだ。そういう感情を向けられるのは苦手だと言っていた。

応えられないから、と。

 

告白して玉砕するべきなのか、いやそれ以前に俺は彼女を本当に好きなのだろうか。

異動は断ることもできる。もし彼女告白してOKがもらえたら、俺はこのままここに住める。そのリミットは今月末だ。

そもそも彼女は断るだろう。Aセクなのだ。いやでも、もしも、もしも。でも俺だって本気で彼女が好きなのかわからない。

悶々と悩みながらリミットが近づいてくる。

どうしよう。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん