「二分の一成人式」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 二分の一成人式とは

2017-03-21

二分の一成人式って多分モンペ対策だよね

http://makomako108.net/2017/01/05/nibunnoichiseijinshiki5/

実際、2分の1成人式に出席した親です。そして、元教師でもあります。13年ほどやってました。

この記事に概ね同意意見SNSでよく見る。読んでみて、なるほどと思った。たしかにその通りと。

いっぽう、参加したときはそれはそれでやっぱり感動した。

うーん、なんだろうこの違和感

ところで2分の1成人式って、うちら子供ときはなかったよなと思った。

ただ、調べてみると考案自体1980年代という昔からのようだが、普及はどれくらいなのだろう。少なくとも私の学区では無かったです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/2%E5%88%86%E3%81%AE1%E6%88%90%E4%BA%BA%E5%BC%8F

さて先の記事に戻って考えてみますと、感動ポルノっていう表現を使っているけども、たしかになんかそういう押し付けがましさは思った。

子供は、決まった答えしか書けないよな、と。

参加してみて、いろいろな子供の夢や感謝言葉を聞いた。へえとか、将来の夢にYouTuber声優が多いのって今風だよなと思いつつも、

なんかバラエティ番組を見ているようにも感じていた。

まり、前述の記事で取り上げられている境遇の子供のことは抜きにして、とりあえず9割がたの親は感動ができるとは思いました(ベネッセアンケートより)。

そうなると、現場先生にも凄くメリットがあると気づきます

・夢を語るというプレゼン=正解のない課題をさせることで先生負担が減る

・親御さんに満足を与えられる=モンペ対策(こんな素晴らしいことをしてくれる先生!)

正解のない課題をさせることはとても楽なのですよね。

例えば、割り算の単元に入ったときそれを全員に理解させることは難しいけれど、だいたいが筋書き通りであれば良い作文は、ほんと楽です。

事前にある程度のテンプレプリントを配って、授業時間を割り当てるだけで良いんですから。あと、出来た子供に出来ない子供フォロー

をさせれば良いし。目標クラス全員の行事成功ですから、出来る子供も納得。

※もちろん全校生徒で合唱したりと大変な一大行事になっている学校もあるとは思うけれど。それでも「テストなどの学力関係ない授業」

というのは、それに比べれば気は楽だと思う。

そして、親御さん側も正解を持ち合わせていないため、ほとんどクレームはこないでしょう。

モンペ対策は言い過ぎにしても、ラポール形成には、費用対効果的にきっと相当のプラスだと思いました。

ただ「ほとんどこない」、というのは前述の記事のとおりです。

前述の記事のように、そもそも感謝言葉を全員が述べたい、という前提の行事なので、そうでないケースがあると成り立たない。

そして、記事の著者は「学習が本分」というが、本当にそのとおりと思います

ただ、その学習の前提であるクラス調和先生多忙さが、このような行事を安住させたのではないかと。記事を読んでふと思ってしまいました。

しかに感動はしたけど、たしかに無くても困らない・・・

感動ポルノちょっと煽りすぎだと思いましたけれど、冷静に考える機会を与えてくれたとは思いました。

さて、ですが、ただそれを「じゃー来年からやめようよ」と、一介の親が言い出せないもどかしさは残ります

教育って、楽な方に行こうと思えば、ほんと簡単に行けちゃうんですよね。

だって、よほど受験熱の高い学区じゃない限り、正解ってないですし、子どもたちも、ある程度は楽な方をやっぱり喜びます

まして、厳しいことを厳しくできる学校って、ほんと限られてると思うし。とくに公立はほんといろいろな生徒が来るわけで。

なんか教育制度って、細かい点ではおかしいと思うことはほんとたくさんあると思うのだけど、何からどうすればいいんですかね。

難しい。

2017-02-06

子どもへの手紙

長女(中1)の学校から、親への宿題が出た。

思春期の子どもに、手紙を書いてください」とな。

性教育の授業で、命の大切さ、自分いかに愛されているかを伝えるために、生まれときのことや成長の様子、気持ちなどを書いてほしいのだと。

あのさ、あなた先生)にしてみれば、心温まる素敵な授業になるかもしれないけどさ、こっち(生徒と親)にしてみれば、そんな手紙は何回も書いてるの!

幼稚園卒園の時は、まだ難しいことは書かなかったので別としても、

小学4年(10歳なので『二分の一成人式』という行事があった)、小学6年(卒業式)ともなれば、かなり抽象的な概念理解できるから

中学1年の今伝えたいことと、ほぼ同じことを、既に書いているんだよ。




例文として配られたプリントには、生まれつき心臓が弱かった子の親が書いた、とても感動的な手紙が載っていた。

もちろんその親と同じように我が子のことは愛しているけど、その手紙を持ち出されちゃうと、うちの愛が見劣りしちゃうよな。

2017-01-07

高専を志望していたけど志望を普通校に変えた話

誰にも読んでもらえなくてもクソみたいな文章インターネッツの海原に放流するだけで気持ちは落ち着くので書いておく。

小学校の頃から、将来の夢はプログラマだった。

小学三年生の"二分の一成人式"みたいなものには、関数電卓を片手にプログラムを書く自分の絵を書いたことを覚えている。

中学に上がり、高専という学校があることを知った。

幸い成績は悪くない方だったので、高専に進学するという目標を持ちつつ中学三年生まで過ごした。

ここで転機が訪れた。三年の六月頃、とあるTwitterユーザーに影響されて車好きになったのである。段々と車にハマっていき、将来は車に関連する職業に就けたらいいなと思い始めた。

あと短波ラジオをよく聴くようになり、無線技術にも興味を持ち始めた。

そして九月の三者面談、ここで問題が発生する。

機械工学電気電子制御情報...学科が決められないのだ。

学科が決められない状態オープンキャンパス体験授業まで続き、なんだかなぁと思いながらも毎日を過ごした。

そして十二月の三者面談、思い切って普通校に進学すると伝えた。親は驚いたし、友達にも"あれ?高専じゃなかったの?"みたいなことも言われた。

そして今、目当ての普通校に進学するための受験勉強をしている。

高校卒業後に訪れるのは華やかなキャンパスライフか、それとも浪人生活か。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん