「尾玉なみえ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 尾玉なみえとは

2014-06-30

色々詳しい増田の民よ教えてくれ~

最近忙しくて面白い漫画を探す時間がねえ。昔ならあんま読まない雑誌とか買ったりして探索の時間がとれたんだが…

ということで、最近おすすめ漫画を教えてくれ~。なお参考に私が好きな漫画適当に羅列しておく。どうぞよろしく。

最近疲れているので特に爽快な漫画を教示くださると有難い。

(なんつーか、忍者が変身して戦いまくって変身する味方や敵がわんさか出てきて変身して特殊能力駆使する…的な)

弐瓶勉BLAME!

太田垣康男ムーンライトマイル

こうの史代この世界の片隅に

平本アキラ監獄学園』『アゴなしゲンと俺物語

尾玉なみえ市川春子全般

麻生周一『斉木楠雄のΨ難』

貴家悠、橘賢一『テラフォーマーズ

2013-10-05

市川春子

うーーーーん市川春子の連載何巻まで続くのだろうか?

しかしたら、全然作品の雰囲気は違うのだけど、尾玉なみえと同じような連載の流れになるのかもしれないと思った。

ということは10年かかる、気がする。

一巻の表紙は最高にキッチュで如何わしい出来で私は大興奮なのだが、いかんせんこのペースに脳がついていけない、気がする。

2013-08-07

尾玉なみえ

尾玉なみえって、もう天才というか常人とはかけ離れ過ぎてすごい存在なのだと思う。

最近の作品では、なみえはその濃い世界をわかりやす表現して、ずいぶん気を割いてくれているのだと痛感する。

ジャンプ読みきりでやってのけた「ヒロインワキガ主人公のおちんちんがおっきして二人は変身して巨大獣と闘う」なんて濃さは、常人には常用できず、耐えられないのだ。そこはナウシカの浄化された世界に似ている。常識的な漫画コードに毒された私は、尾玉の真に濃いところに触れると肺から血を噴き出して倒れてしまう。そして読者は絶え、なみえ打ち切りの憂き目にあう。

孤独なみえは、内臓をやっちまいながら、特濃の世界を我々に向けて翻訳する術を得た。それが『マコちゃんのリップクリーム』なのではなかろうか。『マコ』では今までの連載において登場したモチーフが幾度も連続して現れる。家族(変な両親)のモチーフ小学生が変身するモチーフモテナイ人間モテナイが故の変態行為モチーフ。男と男のモチーフ。どれも洗練され、難解な濃い尾玉汁が啜りやす構造になっている。

尾玉なみえが登場して十年。なみえもグレードアップし、きっと読者もまた耐性をつけたのだろう。

機は熟した。実は今こそ尾玉なみえを「読みうる」時代になったのだ。2000年初頭はその時期ではなかったのだ。

2013-05-30

ネットカフェ

この前結婚式三次回のあと、ネットカフェに行った。

深夜だったし、ちょうど読みたい漫画(『アフロ田中シリーズと『のりりん』)があったのだ。

手続きを済ませて番号25番の部屋へ行った。少しは寝たかったので床タイプフラットタイプ)の個室だ。

さて、ネットカフェでは、個室に入る瞬間どうしても隣の個室がちょっと見えてしまう。

座ってしまえばなんてことないのだが、入る瞬間は目線が高く、隣が見えてしまう。これはネカフェを利用した人なら何となく理解していただけるだろう。

今回もそんな感じだったのだが、なんと左隣の個室のやつが全裸で寝ていた。

いや、正確には全裸ではなかった。ヘッドホンだけしていた。衣服は棚の上だ。

彼は都会の片隅のビルの、のぞけば見えてしまう仕切りの裡から、全身をありのままちんちん含めて、その身体を虚空へ擲っていたのだ。

さてどうしたものか。というか聞きたいのだが、これはどうすればよかったのだろうか?

まずネットカフェ全裸になるのはOKなのか?ホテルでは勿論OKだ。でもネカフェでは?よくネカフェオナニーする是非が問われるが、全裸はいいのか?そんなことを考えた。

マジで教えてほしい。

中退アフロ田中』を棚から持ってきつつ、もう一度男を見る。すがすがしいほどにすやすやと寝ている。

一糸まとわずその身のままにささやか安息のまどろみに湿潤し、一帯の持つ雰囲気と完全に自己を溶融させんがばかりだ。ネカフェ個室の曇りガラスが、全面肌色に染まっている。

初めの問いと関わることだが、この全裸野郎が全裸であることを知っているのは私だけのようだった。もし何かの拍子で誰かが近くを通ったら無言で親指を立てるしぐさで「隣を見ろ」と示唆したものだが、あいにく店員含めて誰も通りかからない。

のりりん』を棚から持ってくるときだんだん慣れてきた私は彼のおちんちんを見てみた。自分のはまぁよく見ることもあるが、他人のはあまり見たことがなかった。小学生ときとかはそれなりに見たことあっのだろうが。

感想は、尾玉なみえ少年エスパーねじめ』のヒロイン練川えすてる((練川えすてるは『ねじめ』の主人公ねじめ」と友人のエスパー「へびくん」のおちんちんを並べてみる機会があって、そのとき男性器に個性があることに気付いた。私も気付いた。))の言葉をかりると「それぞれ個性があるう」だ。

朝になると、彼は消えていた。彼は自分全裸だと気付いた時何を思ったのだろうか。「恥ずかしい」とか、「やってしまった」とか思ったのだろうか。今となってはわからない。ただ私は、漫画を読む以上のことを体験することができた。個性だ。彼はぬらりひょんのように、誰も知らないうちに鮮やかに空間を盗み出したのだ、と感じだ。まぁああはなりたくないが、これって結構すげえことだと思う。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん