2020-02-22

バターチキンカレーを求めて

──人は皆、いつかカレー作りに熱中する日がやってくる。俺のCデイはまさに今日であると言えた。

これは秘伝のカレーレシピではなく、俺がバターチキンカレーと呼べるものを作るまでの物語である

カレーとは何だろうか。

カレーだけに一口に言うならばインド発で香辛料をふんだんに使ったスパイシー料理等とでも言っておけば良いだろうが、誰もがそれを思い浮かべた際、そのイメージは一様ではないだろう。

カレーとは料理であり、概念である

きっと誰もが心の内に思い思いのカレーを秘めている。

スパイスなのか、ルーなのか。肉か、魚か、それとも野菜か。

時にナンで食い、時にライス、また時にはチャパティパンヌードル、言い出したら際限が無い。付け合せや隠し味になんて言及すらしたくない。

台所になぞ録に立ったことのない男子大学生天啓の如くチャーハン作りに凝りだすように、俺は今カレーに拘りを持とうとしていた。

俺のカレーとは、バターチキンカレーであるインドカレー屋で食べるバターチキンカレーは何故あんなにうまいのか。なぜあんなにナンがでかいのか。なんでどの店でも小鉢サラダに同じようなドレッシングがかかっているのか。きっと俺はその真実を知ることなく死んでいくのだろうが、それでも家でそれなりのバターチキンカレー作ってみたいと、そう思ったのだ。

これが昭和時代なら、俺はインドカレー屋で十年修行どころか単身渡印の上カレーの秘奥を求めて七難八苦を味わう羽目になったかもしれないが、今は情報時代である検索したレシピ適当につなぎ合わせて家と近隣のスーパーでどうにかなりそうな材料を見繕う。拘りとは時に労力をかけないことであると俺は都合よく解釈した。

具材スタンダードもので、スパイスといった雑多なものを除けばタマネギニンニクショウガホールトマト缶くらいのものである。あと鶏肉を事前にヨーグルトに浸けて置くといいらしいので、そうした。

理性的な量のバターを鍋に敷いたあと、タマネギとすりおろしショウガニンニク精神的に満足するまで炒めた後カレー粉を入れて更に炒め、缶のホールトマトを入れる。

本来であれば投入する量等も一考すべきだが、缶詰ってなんか半端に残すのが嫌なので全部入れてしまう。翌日以降の料理に引っ張られるのが自炊の嫌なところである

溶岩みたいになってきたところで鶏肉を入れさらに煮る。浸けていたヨーグルトも一緒に入り急に店のカレーみたいな色になる、感動の瞬間だ。ひとまず味を見てみる。

トマトである

トマトが、強すぎる。

あのカレー粉が完全に力負けしていた。トマト味のカレーカレー味のトマトかで言うならば、トマト味のトマトである

一人で食べる程度の量のカレートマト一缶は多すぎたらしく、俺の眼前にはホールトマトの壁が立ちはだかったのだ。つまり、ウォールトマトだ。

しかし、勝負はまだ終わっていない、むしろここからが本番なのだ

カレー粉を少し足し、レシピ生クリーム拡大解釈牛乳を足していく。きっと店ではちょっと引くほどのバター生クリームを入れているのだろうな。

カレーの色合いが変わった頃合いで再び味見をするとトマトの向こう側に僅かだがカレー健康的な浅黒い肌が垣間見えた。

なんだ、待っていてくれたのか。

カレーは俺を裏切らない。俺もカレーを裏切ってはならない。

牛乳を足し、カレーを啜る。牛乳を足し、カレーを啜る。そのたびに遠くで手を振るネパール店員が近づき、その笑顔が鮮明になっていくかのようだった。俺が脳内店員握手を交わした頃、現実ではカレーが完成していた。

もちろん、プロの作るカレーと比べるべくもない、やや一人前の量を逸脱したバターチキンが入ったカレーとでも形容すべきそれは、しかし俺にとっては紛れもなくバターチキンカレーと呼べるものだった。

途中我慢できず何度も味見をしたが、その度にうますぎて思わず笑ってしまった。

冷凍ナントースターで焼き、カレー通販で買ったカレー屋でカレーが入ってるあの金属器に入れる。なんならラッシーも作ってみればよかったと後悔した。

仰々しく食レポをする暇もなく、俺のバターチキンカレーはあっけなく胃袋に消えていった。後に残るのは汚れたキッチンと皿くらいなものであるが、それでも俺は満足感に包まれていた。消去法で厳選された材料を目分量で適当に入れたカレーは、決して店のカレー代替にはならないものだ。

それでも。

それでも、カレーを作ってみてよかった。

月並感想ではあるが、自分でやってみることで、それをとりまく楽しさ、苦労といった感情が実感できるものである

またいつか俺はカレーを作るだろう。

それはビーフカレーかもしれないし、フィッシュヘッドカレーに挑戦するかもしれない。

しかし、カレーを作るたび、俺は初めて心からカレーに対面した今日のことを思い出すのだ。

いつかバターチキンカレーを作ったとしても、きっと今日のこの味を再現するそとはできないだろう。

から、俺の体内に吸収されゆくバターチキンカレーにこの文を捧げる。

  • anond:20200222203048

    ネタはともかく分かるわ KKOなんだけど、最近の自炊のマイブームはカレーだったのだけど、トマトの量が多すぎると酸味が強すぎる トマトのスープになってしまう ここにヨーグルトを...

  • anond:20200222203048

    SEIYUで売ってる

  • anond:20200222203048

    トマトはしっかり炒めて水分を飛ばさないと酸味が強いよ 量の調整も大事だが、しっかり炒めて水分を飛ばしたトマトを前提に量を考えないとダメだ トマトが少ないとそれはそれで味に...

    • anond:20200223103703

      水分を飛ばしてくと味の相転移が起こるよね。 トマトのフルーティーな酸味感が、濃厚な旨味と甘味メインに変わる。 あの瞬間が好き。

  • anond:20200223004535 anond:20200222203048

    カレーの酸味強くてもええやん むしろある方が好き トマトスープって感じにはならんかな

    • anond:20200223005143

      カレーの味の本体はスパイスと具で、 それ以外の要素(トマトとかヨーグルトとか)に凝って、なんかそれら同士のバランス取ろうと増量するほどに なんか水増し感が増すだけと思う ...

      • anond:20200223005810

        スパイスだけだと味薄くない? 増田がどの程度を酸味があると表現しているのかわからんが インドカレーはトマトや酸味のある香辛料を使う(使わないこともある)のでワイは酸味はある...

        • anond:20200223010156

          生ショウガを刻んでぶちこんで具材とのハーモニーを楽しむ と、真ん中スカスカ感は感じない まあ個人的好みだけど

          • anond:20200223011017

            生姜のカレーめっちゃ好き!!!!!! 生姜のカレーなんでも好きだけど グリーンカレー風に生姜を大量投入するの好き!!! 最近自炊してないからしようかな

        • anond:20200223010156

          あれ?トマトとか柑橘系の酸味て、カレーの香辛料に混ぜると、辛さが消失されてしまわない?記憶違いだったかな。 トマト入れるとハヤシライスになった記憶あるんだけれど。

          • anond:20200223020038

            ハヤシライスにはならんけどマイルドにはなると思う けどそもそも入れないって選択肢がない トマト好き!!!!

            • anond:20200223021809

              甘味旨味酸味を備えたモノを、加熱で甘旨勝ちのバランスに傾かせる ...って、わりと「人間にとって何がウマイか」の答えに近いよな

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん