2021-01-18

男性といるとなぜか緊張する

この前先輩に最近まれ女児の話をしていて、話の流れで「セクハラもあるんで守ってあげないといけないですね」と言った瞬間、あれ何で会社でこんなマイナスなこと言ったんだろうと不思議に思った。今まで気づいていなかった違和感があった。

家のベッドで真っ暗な天井を見ながら考えた。

そういえば男性がいると心のどこかが緊張していて常に疲れることが多かった。学校でも仕事でも何なら実家でも。

いわゆるモテるタイプじゃないから慣れてないだけなんだと思っていたけど、今までの人生を振り返ってみた。

家に隠されもしないたくさんの18禁の本や物が置いてあったこ

母のお金を盗る父と兄弟現金カードを隠す私達

兄弟大事な部分を触られたり、触らされたりしたこと

父親自慰を幼いながらに何度か見てしまたこ

同級生男子電子辞書を貸したら卑猥言葉達が登録されて返ってきたこ

同級生男子に地べたに這いずって下着を覗かれたこ

偏差値が高いはずの同級生男子達が同じように頭のいい子を苛めていたこ

夜道で大きな男の人に手を無理やり取られ撫でさすられて俺は相性がいいと思っていると言われたこ

LINEで急に下ネタ話題しかさなくなったひと

相手との初めてのデートで至近距離相手が背後にピッタリずっとついてきて離れなかったこ

初対面の相手相手の好きなAVの話をされて、相手職場で行われた下品すぎる催し物について聞かされたこ

待ち合わせした相手が待てど暮らせど場所に現れず連絡も取れなくなったこ

職場で既婚男性たちが他部署女性容姿を品評して「○○ちゃん」と呼んでいること ※○○は名前苗字ではなく違う言葉

顔の品定めをするためだけに他部署に行く既婚男性たち

お気に入り女性優遇する男性上司

あの部署可愛い人がいないという先輩

未婚女性仕事ができる上司をあそこまで人生捨てられないという既婚男性

そんなんだから結婚できないと言ってくる客、未婚の女性を笑っている未婚の男性上司

高齢者の客によるセクハラ報告の社内報の数々 大声で罵倒してくる男性客達

社内で何度も起きた不倫騒動


かに女性でも嘘はつくし手のひらを反してくるし、裏でひそひそ言われることも知っている。実際裏切られたこともある。

それでも職場女性しかいない場面は何も思わないし、ニュートラル状態でいる。男性のことを信用できなかったのは自分のせいでもあり、今までの経験もあったんだな。職場仕事問題を話し合うときになぜか女性にはそうじゃないのに男性相手によりマウントをとろうとしてしまうのは下に見られたくないという意識が過剰に働いていたから。今まで好意を伝えてくれた人もいたけど、疑いに疑いを重ねて自分が疲れてしまって続かなかったんだということを今更にして気づく。結婚した友人の事を今までよりも信用できなくなっていたのは、結婚できない僻みかと自分で思っていた。それもあるだろうけど、ただ正確に言うと少しずれていてなんというか悪の組織に引き込まれた元仲間みたいな意識になっていたんだと思う。じゃあLGBTはどうなんだみたいな話になると、今まで会ったことがないからわからない。今の自分の中での線引き、緊張するかどうかは生理学的な雄・雌で分けられていると思う。

自分が感じたマイナスより大きなプラスの要素を男性に見いだせないから今なんだと思う。職場での違和感理由もわかったことだし、これからは…どうしようか。あんなに職場では女性容姿とかゲスいことを散々言っている人たちが女児父親達ということがなんとなく解せないがまあそれは他人人生からそっとしておこう。

芸能人応援している男性アイドルもいるし、何ならテレビの前ではしゃいでるし、職場尊敬している男性上司はいるし、今後自分自身たぶんいつか結婚したいと思う…たぶん、いややっぱりわからない。どういう人を選んで、どういう人なら信じてもいいかからない。

どこか矛盾している。

男性が嫌いなわけじゃない。うまく言えない。あまり直視せずにここまで来たから拗らせてしまった。小さいころ自分ごめんよ。小さい頃の嫌だった、傷ついたであろう気持ち大事にしてもう少しはやめにケアしてあげればよかった。兄弟、なんで私のことを触ったの?今でもわからない。もう昔の事は忘れてる?私も忘れてると思ってる?親や誰かに言えると思うか。言えるわけもない。今まで取り繕ってちゃん兄弟関係を保ってきた私の苦労がわかるか。職場で同僚男性結婚容姿子供の時のことを言う度に、友人が子供結婚彼氏のことを言う度に、明確に思い出すわけじゃなくて無意識に昔から今までの嫌な気持ちが揺り戻されていて緊張したり疲れたりするんだと思う。 


昔の事は当たり前だけど現実には誰にも言えないからここに書き捨てていく。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん