2017-09-09

アイマス越境NLを擁護する層

 

アイドルマスターシリーズ、とは

プレイヤーが『プロデューサー』として、アイドルと共に『トップアイドル』を目指すゲームである

 

それ以上でもそれ以下でもないただのゲームであるが、それを見失っているユーザーが多いジャンルでもあるのだ。

 

 

公式歌詞にあった「みんなまとめてアイドルマスター」を拡大解釈し、ユーザーユーザーに噛みつきマウント合戦を始める。

「〇〇好きじゃない奴はPじゃない!」と声高に叫ぶゲームエアプ。

ただの地獄絵である

 

 

特に最近このはてブロ話題になった記事

 

『エアプはライブ現地をプレイしているユーザーに譲って欲しい』

事務所越境のNLが苦手な人もいる、あくま非公式もののため検索除けをして欲しい』

 

こういった、プレイヤーとして当たり前の感情大勢正義の味方のような顔をして暴言を吐き叩く。

異常としか言えない。

 

 

ちなみに、前者のブログ

男性Pはライブに行くな、ということか!」

曲解され、文脈を読み取れない馬鹿・痛い所をつかれたエアプ共・人づての伝言ゲーム鵜呑みにするゴミのいいあぶりだしとなった。

 

後者ブログはまだ燃えており、

アイマスに『境』なんてない!だから越境じゃない!」

越境が嫌いなんてお前アイマス向いてないよ」

「デュンヌって面倒な奴多い」

等々心無い罵声が飛び交っている。

 

なんて無恥で醜悪な連中なんだろうか。

 

アイマスに境はないか越境じゃない」←同シリーズだが、あくま主人公登場人物も違う別作品

越境が嫌いな奴はアイマス向いてない」←公式越境NLを推奨しているわけではなく、『プレイヤー担当できるアイドル』として事務所が違う男女が会話したシーンは未だない。

「デュンヌ」←男だろうが女だろうがプレイヤーは「プロデューサー」だと公式定義しているのを無視

 

他にも、涼ガーJupiterガーで喚く層もいるが、涼とJupiterを都合の良いバットにしている時点でお察しではあるが涼・木星Pの言葉ではない。

また、涼もJupiterも315プロ移籍してから他の事務所アイドルと会話しているシーンはなかったはずなので、SideM時間軸でいえば越境NLは非公式なのだ

 

とある声優が、「プロデュースの形は人それぞれ」とか言ったらしいが、

それを「プレイしないことの免罪符」にしている奴の多いこと。

 

ゲームしてない、CD買わない、グッズ買わない。

「でも俺私はプロデューサーです!」

ってバカかよ。

金出せ金、金出したら今みたいに公式妄信できなくなるからとりあえずお前らはその大好きな公式様に金払ってみろ。

 

 

本題。

 

アイマス越境NL。

要するに、315プロとそれ以外の事務所の男女でのカップリングだろう。

 

これに関しては、まあ好きなものは人それぞれだとは思うがアイマスじゃない・もしくは見えない場所でやっていて欲しいというのが正直な気持ちだ。

男女入り混じった作品なんて世の中にいくらでもあるんだから百合作品でもBLでもない貴重な男女別れた数少ない一般作品まで侵略しようとしないで欲しい。

 

俺は俺と担当アイドルで親愛度あげたりしながら二人三脚で行くのが好きだからアイマスをやっている。

からのめり込めるし、イベやガシャで新しいカードがくれば金を払ってでも欲しくなる。

イベで一ケタ順位に入った時の、寝不足疲れはあるものの「担当と一緒に走り切った」感は非常に楽しい

ただの俺嫁厨と言われればそれまでではあるが、親愛度や信頼度というシステムがある以上、プロデューサーであるプレイヤーアイドルは仲を深められるのだ。

自分にとっては、これが「俺なりのプロデュースの仕方」だ。 

 

そして、越境NLについて。

 

自分に親愛、信頼を感じてくれているアイドルを、『お似合いだから』という理由で面識のない余所事務所の異性アイドル恋愛関係にさせようとする」

これが、事務所越境NL好きがアイドルたちにさせていることなんだけどどう?

これが「アイマス」?

名前趣味や前職が同じなら『お似合い』?

ゲーム内で会話したことどころか会ったこともないのに?

 

 

アイドルアイドルをくっつけさせて、待っているのはスキャンダルという両者の破滅しかない。

俺は自分担当が好きだ。できれば引退結婚したいというベクトルで好きだ。下心も当然ある。

でもそれ以上に、『アイドル』として頑張っている担当の姿が大好きだ。

どうか輝いて、そして幸せになってほしい。

そんな彼女に、スキャンダルを背負わせたいとはとてもじゃないが思えない。

 

 

黙って越境量産している人は人それぞれの趣味からどうでも良い。

ただ苦手な奴がいる、非公式のものである以上担当名前検索した時に出ないような配慮はして欲しい。

ただ、『越境NLを愛せない奴はプロデューサー失格』と越境NLを擁護している連中は許せない。

イベ走ってガシャ回して担当と親愛・信頼を深める奴と、余所事務所アイドルとのお見合い必死な奴。

 

どっちが『プロデューサー』失格なんでしょうねぇ。

 

というか「プロデューサー」という言葉を「プレイヤー」以上の言葉にしているというか神格化してる奴が多くて引く。

思い込むのは勝手だが、一消費者であるってことを忘れない方がいいって言おうと思ったけどそういう層って大体エアプだから正しく消費者ではないのか。

 

あのブログを書いたPが安らげる環境になりますように。

以上

 

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん