「装丁家」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 装丁家とは

2019-05-17

anond:20190517153226

出版社印刷会社勘違いしてる感がある増田

出版」のボーダーレス化が進んでるし仕方ない面はあるか…。にしてもアホすぎるだろう増田高校生ぐらいならしょうがないと思うが。

音楽比較するのであれば、例えば作曲演奏しているバンド作家プロデューサー編集者レコード会社出版社円盤製造してる会社印刷会社ジャケットデザインなど=装丁家、みたいな感じなんだけど、プロデューサーあかんくて売れない円盤なんて割と山ほどあったりするんだよね。同じように編集者出版社がまともに働いてなくて売れないものも割とある

一方で、音楽映画プロデューサーにも印税入るけど書籍編集編集者印税取ることないか編集者はひたすら気の毒ではあるね

2018-04-14

図書館漫画にはカバーが無かった

うちの近所の図書館にはちょっとだけ漫画コーナーがある。そこにある漫画はみんなカバーが取り外された上で並べられている。最初違和感や物足りなさがあったのだけれど、慣れてみれば読む分には何の問題もない。盗まれてもこれでは転売できないだろう。作者や装丁家表現の一部は見られないわけだけれど、それは購入者特権として、図書館漫画喫茶に卸すのはカバー無しでも良いのではないかと思った。

2017-07-27

【妻に論破されました】米粒を残すな⇒漫画の帯を捨てるな!

子供の頃から両親に米粒を残すなと教えられてきたし、親戚に米農家がいるので米粒を残すことはなかったが、それを他人強要したことはない。

結婚後妻が米粒を残すタイプ人間だと発覚し一度提案をしたら「わかった」といって残さなくなった。

その後親戚の米農家の手伝いをすると、「これをしたらもう残せないねー」と身をもって実感してくれた。


そして昨日……


妻「なにしてんの?!」

私「え?……漫画の帯を捨てているのですが」

妻「なんで捨てるの?!」

そう。私は漫画の帯を捨てるタイプ人間だ。コレクションとして持っているわけではないし、

帯が無いからといって作品自体面白さが変わるわけではない。不必要な物だ。

しかし、妻はそうは思っていなかった。

妻「キミは米粒を残すなと私に言った」

私「は、はい

妻「それと同じ!」

私「え?」

妻「装丁家に失礼でしょ!」


こうして私は妻に論破され、ゴミ箱から帯を広い漫画に挟んだ。

でも……捨てたい。

2016-08-08

http://anond.hatelabo.jp/20160808205325

あなたのような合理主義者には一笑に付されるだけだとは思うんだけど

紙の本はモノとしての良さがあるんだよな~

電書の装丁画像一枚だし本文サイズも可変だしで、デザインへったくれもないけど

紙本は装丁家によって内容と合致した設計がされて本文や口絵もそれに合ったデザインがなされていると

それを眺めてるだけでうれしくなる

情報としての本は電子書籍のほうがいいと思うけど、俺は紙の本も好きだわ

2008-10-06

著作権は難しいよ。

フリーマーケットでさ、マンガ主人公イラストが色紙に書かれていて、「作者の肉筆画!」って売られてたのよ。

買ったけど、他のファンから「贋作じゃねーか」と指摘された。

とりあえずこのイラストの真贋はおいといてさ、贋作だと仮定した場合、出版社って訴えられないんだってな。

出版社には書籍として製本されたものに権利があるから、ばらされてページをアップされたら訴えられるんだけど、キャラクターそのものの権利は無いんだってさ。

訴えるなら作者本人か、作者が組合みたいなものに加盟していればその組織がやるらしいんだけど、贋作イラスト色紙の作者や販売者を訴えるかというと、いちいちフリマを偵察してまわるわけでもないから実質放置

俺のように信じて買ったものが「こんな色紙を買ったんですが、描いた覚えあります?」と質問しても、

「描いた覚えはありません。そんな悪い人がいるなんて、残念です」で終わり。

誰も俺を助けてくれない。(笑)まぁ作者に真贋を鑑定して貰ったわけでもないから贋作確定とは言えないが。

悪徳業者ウマーだよなー。

他にも著作権侵害に怒っているやつ、本やCDレコードジャケットネットにアップしている奴に怒っているのは、まぁ俺は見たことがない。これ、装丁家への著作権侵害だろうに。ヤフオク商品画像の流用に怒っているのなんて、マナーの視点だろ、可愛いもんだよ。撮影者としての権利を主張している人は少数だろうな。

他にも「権利者の権利を守れ!」って言ってる奴のどれくらいが「権利者の権利を強固にしろ!」と言っているのかが興味有る。「守れ」ってのは損してる分を取り戻せって意味だけど、「強固にしろ」ってのは自分だって今以上に金を払わないといけなくなる場合もある。さて何人言ってるか。

2007-06-06

装丁家鈴木成一氏の場合

最近見たNHK番組でも同じような話があった。

http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/070522/index.html

装丁家鈴木成一氏がデザインの落としどころに悩んでいるとき。

正解の形が見えず、苦悶(くもん)するときもある。そんなとき、鈴木は、出来損ないの表紙を本に巻き、それを机に立てたまま、あえて別の仕事に没頭する。狙いは自分を無意識にすること。別の仕事に没頭し、ふとした瞬間に出来損ないの表紙が目に入る。その瞬間に何を感じるか、その感覚を探るのである。


悩んでも出てこないときに悩むのをやめることを選択するのってなかなか勇気がいるけど、こういうのって大事なんだなー。

http://anond.hatelabo.jp/20070606204809

2007-04-04

http://anond.hatelabo.jp/20070404124219

小説なんか、普通は著者がフォント指定したりしないだろうし、

でもない。一部は。太田一派とか。

良い傾向だと思う。

てゆーか、そーゆー発言は世のエディトリアルデザイナーとか装丁家を、ものすごい勢いで敵に回すので控えた方が。老婆心

余談。意外とコミックフォントに意識的。描き文字文化?

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん