「人格改造マニュアル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 人格改造マニュアルとは

2019-03-18

ピエール瀧感謝する。

1995年青山正明雑誌『危ない1号』を創刊、特集は「ドラッグ」。96年に鶴見済が『人格改造マニュアル』を出版人格なんて簡単に変えられる、たとえばクスリを使えばといった内容。

で、鶴見済覚醒剤でパクられて『檻の中のダンス』を出版する。レイヴカルチャーに感化された鶴見社会に閉じ込められた身体ダンスで開放せよと説く。レイヴにはドラッグは欠かせない。特にアシッドエクスタシーはこの頃、日本でもアンダーグラウンドではたくさん流通していた。

96年には『RAINBOW2000』という大型レイヴ富士山の三合目で開催されて18,000人が集まった。フジロック前夜だ。石野卓球アンダーワールド、CJボーランドケン・イシイ細野晴臣アンダーグラウンドから一気にオーバーグラウンドへとテクノが浮上した。NHKでも特番放送されたこフェス日本におけるテクノムーブメントピークだったような気がする。

当時、電気グルーヴ武道館コンサートをするぐらいには成功していた。その一方でクラブカルチャーにもどっぷり浸かっていて、新宿リキッドルームイエローマニアックラブなんかで卓球や瀧がぶっとんでる姿を見かけた。瀧は20代からコークをやってたらしいが、六本木アマンドあたりを歩いているイラン人に声をかければ簡単に手に入るブツひとつだった。スピードよりもクールドラッグジャンキーの間ではそんな共通認識だった。

1995年前後東京クラブシーンはよく言えば熱のある、まあ、テクノに狂ったやつらが大勢いた。この空気感言葉で伝えるのは難しい。ひとつ言えるのは決して退廃した雰囲気ではなく、広義のテクノ音楽未来を感じ、皆、高揚感に溢れていた。当時のことを体験している、そして今もクラブに通うおじさん、おばさんたちは、この界隈の人たちがドラッグが大好きなことを知っている。テクノドラッグは相性がいい、というか、クラブミュージックドラッグありきのカルチャーだという側面がある。本人たちも当事者だったりするので黙して語らずだが。

瀧がパクられて、あの頃の郷愁を糧に生きていたやつらは、まあ俺のことだが、色々と終わったんだなと現実直視することになった。ドラッグ被害者のいない犯罪だというが、いま自分がパクられたとしたら妻や子供がどれだけ肩身の狭い思いをして、世間の冷たい目に晒されるかと想像すると辛すぎる。

90年代サブカルは終わったんだ。Shangri-La幻想だった。ロマン優光新刊を買おうと思っていたが今回の件で読む気も失せた。その金で息子に何か買ってあげようと思う。

2016-10-12

抗うつ剤20年飲んでるメンヘラエリートですが

最近くるみ食べる様になったら、落ち込みが浅くなった。

気のせいかもと思って一回やめてみたらやっぱ凹んだからくるみ自分にはあってるんだと思う。

へこんでる人、瞑想や自立訓練法もいいけど、一回試してみて。

関係ないけど、瞑想や自立訓練法、最近流行ってるの?

両方とも人格改造マニュアルっつー超古い本にも紹介されてたんだけど、ひょっとして、恐ろしいの人は人格改造マニュアルの愛読者!?

あれ読んでたら大分ヤバいと思うよ。恐ろしい。

2011-07-27

http://anond.hatelabo.jp/20110726145739

人格改造マニュアルという本を思い出した

あれ読むと自己啓発も効果あるのかなーって思うよね。

そしてさらに鶴見ロジックにハマっていくというドツボ。

2009-06-06

神経科に行ってきた

 不安な気分は偉大なオクスリの力で解決しちゃおう!レッツショックサイエンスケミカルハイ!

 ということで、神経科に行ってきた。精神の不調が身体の不調として顕在化されてきたということもあり、そろそろ限界かな、と思っていたのだ。毎日いつどこにいても心が安らぐことがなく、常に緊張していて、息の仕方も分からなくなり、寝ても三時間程で目が覚める。更に人前で話すと顔の筋肉と声がプルプルと奮え出してしまうので、自分の言いたいことも伝えられない。

 ああ!こんな僕がこのしがらみだらけの世の中で生きていくにはどうすればよいのだろう!?

 そんな時に頼りになるのは他人の上っ面だけの励ましなんかじゃなく、オクスリさ!人格改造マニュアルで培った知識を駆使してお医者様からオクスリを貰うんだ!オクスリを飲んでケミカル人間になれば僕だってアッパーになれる!もう僕にはクスリしかないんだ!

 そうと決まれば作業は緊急を要する。なぜならば次の週にはゼミの個人発表があるからだ。それまでになんとかしてクスリを手に入れないと、皆の前で恥をかき、影で「あいつすげー震えてたよなw」などと噂されてしまうんだ。その事態を回避する為にも、一刻も早く近くにあるクリニックに予約を入れなくてはならない。

「あ、あああ、あの、よ、予約お願いしたいんですが!」

「今大変予約が混み合っておりまして、一番早くて6月の中旬にお取りすることができますが」

 …ああ、ストレス大国日本。どこに電話してもここ二週間程は予約でいっぱいだ。生きる気力が沸かないのは僕だけでなく、みんな同じなのか。現代日本の裏側を垣間見た気がして憂鬱になる。

 そうして何度も電話をかけていくうちに、今すぐにでも診療可能なクリニックが一つ見つかった。数々の診療場が予約で一杯のなか、ここだけが空いている状態にあるということは不可解だけれど、そうも言っていられない。ホームページを見てみたら物凄くがさつに作られていて更に不安になったけれど、オクスリを貰えるならばどこでも一緒だ。

 決意を固めて、自転車を漕いでクリニックへ向かう。BGM戸川純

 着いたらそこはかなりアングラなところだった。マンションの一室みたいなところでやっていて、ボロいし狭いし、「この場所は明らかに精神に良くないだろ!」と思わずツッコミを入れたくなるようなアングラっぷりだった。…なるほど!だから空いていたのか!

 受け付けで手続きを済まし、番号札を渡される。「名前個人情報なので、お呼びする際には番号で呼ばせていただきます」とのことだったけれど、あまりの狭さのせいで医者の診断の様子が待合室まで筒抜けの所で個人情報も糞もないだろ!と憤怒する。「また薬いっぱい飲んじゃって…」などと聞きたくもない他人の鬱事情が聞こえてきて、こっちまで深く静かに憂鬱になる。

 そのうち僕の番号が呼ばれた。カーテンの向こう側へ行くと、なぜか知らないけれど明らかにお医者様は苛立っていて、「お前が精神落ち着けた方がいいんじゃないか?」と、思わず心の中でツッコミを入れてしまった。なにからなにまで、まるでコントのようだった。症状を吐露したらわりと呆気なくお薬は貰えた。

 かくして手に入れたのは精神落ち着ける薬であるドグマチールエビリファイ副作用止めの薬2種類、睡眠薬一種類。一番欲しかったレキソタンは貰えなかったけれど、今日睡眠薬の偉大さを知りました。

 と、いうわけで。

 不安な気分は偉大なオクスリの力で解決しちゃおう!レッツショックサイエンスケミカルハイ!

2009-03-05

人格改造マニュアル

頭パープーで悩みなんか欠片もなかった高校生の頃に手に取ったきりだった『人格改造マニュアル』をブックオフで100円で見かけて、買ってみたりしたわけなのさ。

うわー、抗うつ剤すげー。

自己開発セミナーすげー。

認知療法すげー。

……感想はそんな感じ。

思わず、僕もこの漠然とつらい精神状態を打破するために、近々病院に行ってみようかとか思うくらい。

しかし、ふと冷静に考えてみると、僕の周りで心療内科(たぶん)に通って薬を処方してもらっている人たちって、「無いよりはマシ」らしいけど、けしてイケイケでハッピー死語)になっていることはないんだよなー。むしろ、どっかこう、つらそう。これってなんでなんだろう?

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん