2020-09-30

いいまわしをひとつかえただけで、離婚危機を脱した

ちょっと大げさかもしれないし、あくまうちら夫婦に限った話かもしれないけど、割と目からウロコな話だったので聞いてくれ。

結論を先に書くと、「してもいい?」という言葉を「したい」に変えたということ。

同じと思うかもしれないけど、結婚して10年、前者はいつも使っていたけど、後者を使うことは多分一度もなかった。

その歪みが積もり積もって夫婦関係を冷ややかなものにしてしまっていた。

なぜ「してもいい?」という言葉を使っていたのかと言われれば、夫婦とは二人いて初めて意味のあるもので、何かしらの決定は常にお互いの承諾が必要だと考えていたからだ。

おそらく、その考え自体は間違ってないと思う。

しかし、その承諾を得る方法として、自分が選んだのは「してもいい?」という問いかけだった。

この言葉は、一見自分要望を丁寧に伝えているだけの言葉とも取れる。少なくとも自分はそのつもりで使い続けていた。

ところが、この言葉にはうっかり見落としてしまうような落とし穴があった。

それは、自分要望に対する責任相手依存してしまっているという点だ。

例えば、「今日の帰りに飲み会に行ってもいい?」と聞くとする。

少し難しい話をすると、これに対して「いいよ」と答えれば、それは”承諾”だけではなく”許可”が行われたことになる。

同じと感じるかもしれないが、大きな違いとして承諾ではなく許可をした以上は、飲み会に行っことに不満を持つわけにはいかないし、後になって飲み会に行ったことを咎められれば、聞いた側も「許可を得たのにどうして?」となってしまう違いがある。

さらに言えば、許可を求められた側は断ることに対してほんの少しの罪悪感を消費する。(もちろん相手が思いやりのある人だという前提で。)

このほんの少しの罪悪感が、10年も経てば積もり積もって離婚の原因となるほどの大きな歪みに十分なり得るのだ。

それならば、これが「今日の帰り飲み会に行きたい」という投げかけになればどうだろう。

そこには返答に対する責任存在せず、行きたければいけ、その代わりどうなっても自分責任を持てよということになる。

ここに一方的依存はなく、たとえ嫌な反応を示そうとも、それは素直な感情表現しかなく、罪悪感の歪みが生じることもない。

それどころか、受け入れれば相手に対してもポジティブな貸しをつくることもできるのだ。(もちろん自分が身勝手ではないとした上で。)

まり、「してもいい?」の問いかけは受け入れて当然、断れば罪悪感が残り、「したい」という問いかけは、断ろうが勝手、受け入れれば相手への貸しを一つ作ることができるという大きな違いがあるのだ。

同じ承諾をするにしても、片やリスク、片やメリットがあるという大きな隔たりがそこにはあった。

これは承諾を得る側にも言える。

「してもいい?」という問いかけは比較リスクが低く断られてもダメージが少ない一方で、「したい」という問いかけは一方的要望押し付けることになるので、承諾を得られたときに相応の報酬を与えなければならない。

まりある意味では相手良心の呵責に問いかけるようなずるい言い回しとも言えるのだ。

これだけでは離婚危機だなんて大げさかと思うかもしれない。

しかし、夫婦間での歪みはすでに危険レベルにまで達していたのは事実だ。

こうしたやり取りを繰り返していくうちに、妻は断る自分ばかりが罪悪感を感じていることに馬鹿らしさを感じるようになった。

その結果、妻はこちから提案に対して、冷たくそっけなく返事をするようになる。

それに対して自分の受け取り方はこうだ。

こちらは相手の顔色を伺って平身低頭お願いをしているのに、それを聞こうともせず冷たくあしらうとはどういうことだ。

事実、こうしたいらだちがお互いに溜まりに溜まって、結婚10年目にしてはじめて食卓がひっくり返るような喧嘩をした。

その後一週間、子供の前以外では全く口を聞くことすらなかった。

昨日今日始まったことではない問題根深さは理解していたので、もしかするとこのまま決別ということもあり得るかもしれないと、割と本気で考えるほどだった。

気軽に言っているわけではない。今までさんざんお土産を買ったり、喜ぶようなことをしたり、事あるごとにありがとう言葉を返したり、できる先回りして家事をやっつけたりと手を変え品を変え関係改善に努めてきたつもりだったのに、その結果がこうなのだからもう改善余地はないのではないかという絶望すら感じていた。

しかし、今回こうして感情的にお互いの気持をぶつけてみて、現状に対する認識に対してズレがあると感じたのも事実だ。

ならばそのズレの原因、認知の歪みはどうして発生してしまったのだろうか。

そんなことを口を利かない一週間の間にずっと考えてみた。

実を言うと、先日話題になった依存症の漫画を読んだことが一番のきっかけだったのだけど、そこで改めて”Iメッセージ”とは何かを考えたときに、自分の使っていた「してもいい?」は、実は”Iメッセージ”ではなかったのではないかという疑問に行き着いた結果、言い回しを変えてみたらどうだろうということになった。

発信は確かに”I”にあるのだが、決済責任が”I”にはない、あっても希薄だということに気づいたのだ。

それならば、ストレート要望を伝える言葉を選んでみたらどうだろう。

最初は、これすらも冷たくあしらわれたらどうしようと不安だったけど、いざ「~したい」と、自分要望を言い切りで伝えてみたところ、妻は一瞬はっとしたような顔をしてからむしろとても嬉しそうに快諾してくれた。

なんだ。こんな簡単なことだったのか。

そう思うと、ほっとしたのと同時に、久しぶりの妻の笑顔が見られたことが嬉しくて涙が止まらなくなってしまった。

まともに喋れる状況ではなかったけど、そこではじめて妻に謝ることが出来た。

「今までごめん。多分、僕の要望の伝え方はずるかったよね。窮屈な思いをさせてごめんね。」

多分、そんなようなことを言葉になるかならないかギリギリのところで話をしたと思う。

恐る恐る妻の顔を見ると、微笑みつつも瞳から大粒の涙をこぼしながら突然強く抱きしめてきた。

実は、妻からもそうしたストレート要望を聞いたことがなかった。

それも妻の遠慮がちな性格がそうさせていたのだと思うと、妻にもつらい思いをさせていたのだろうと悔やんだ。

これからはお互いを信用して、自分要望に対して素直に相手に伝えあえるようになろう。

そんな提案をすると、妻はとてもうれしそうに、恥ずかしそうにうなずいた。

ここから確証がもてないのだけど、おそらく、どちらかに偏ってしまたことに問題があったのだと思う。

自分の素直な要望は素直に伝えるべきだし、もしかして相手を傷つけてしまうかもしれないようなことは「~してもいい?」と相手の考えを口にできるきっかけを作り出すことが必要なのだと思う。

あんまり上手に説明できてないかもしれないけど、もしどちらかに偏ることで大切にしたい人との距離感がギクシャクしてしまっている人がいるなら、何かの足しになればと思い文字を起こしてみました。

  • 「~したい」 がやがて、 「~します」 に変わるのも時間の問題。 大人の関係っていうのはそういうものなんだと思う。

    • 「~します」でいいじゃん 「~しました」になると不味いものはあるけど 「~します」なら相手側から不許可の返答が来る余地は残る

  • なんかどうでもうんちでした

  • さすが、関取は対応が立派だ

  • スマホで打ち込む暇があったら嫁と話せよ根暗人間。

  • 的確な考察で真似しようと思った。 最近彼女と同棲を始めた自分は、確かに〇〇してもいい?と聞くことが増えたように思う。

  • 🐈なんやこれ。変なの!

    • いいまわしをつけて、国技館をねりあるく増田力士の姿がそこにはあった。 その姿はスポットライトをあびてむしろ神々しかった。

  • Oh! Nice [Mawashi] !!

  • 挿れてもいい? なんて聞くのはお母さんの許可がないとセックスもできないダメ男感があるよな 挿れたい と言われて女は濡れるんだから

  • 確かに関係がフラットになる気がする

  • 〜したい とか言われても許可求めてるように感じるのは何も変わらんがな。 〜する なら使ってもいい。 文句があればここで表面化できる。

    • ほんとこれ。何か相手におしつけることがない→したいとか言わずに勝手にしろよ 押し付けることがある→言い回しがどうだろうと罪は消えない 増田の一人ずもうって感じ。まわしだ...

  • ウットゥンドゥフ

  • なるほどね〜。 これがどれくらいの相手に当てはまるのかは分からないけど、覚えておいて損はなさそう。 自分も「してもいい?」と言いがちなタイプだから、今後はそれが適切か考え...

  • 言葉に希望を持ちすぎた文学部がお送りしました

  • この嫁もコイツも同意してるブクマカもバカなだけじゃん。 お疲れ様です!って言われて「疲れてねぇし!」とわめき散らすクソバカと同じレベルだと自覚した方がいい。 言葉そのもの...

  • 恋愛工学的視点での危険性を指摘してみる。 ホスピタリティの高い女性に対して、じつによく使われる手段がある。 それが、コメントでもいくつか指摘がある通り、この「~したい」と...

    • しょうもな 昔からヒモがやってきたことやんけ 工学っすか

      • 昔からヤクザがやってることも心理学の手法として取り上げられたりしてんじゃん 「恋愛工学」がガチの工学だと思ってるわけでもないだろ?

  • 節句・寿司・鯛

  • anond:20200930151330 デザインの仕事をしてるんだが、最近、企業の仕事をするようになって驚いたことがある。 納めたものをまともにチェックしない人が多いのだ。 バナー広告なんて、言葉...

  • セックスの時も、いれていい?より、いれたいのほうが、女の子は喜ぶよね。

  • 舌先だの裏返したアレで刺激し続けてたら妻が「入れてー。アソコが疼いてしょうがない」って叫んだよ。Uスポットとの同時刺激でスゴイ勢いのちつケイレン!!

  • 〜してもいい?は誘導や脅しだと思ってた。 前はそう思わなかったんだけど、一回一回責任取らされてる感じ。他の人からしたら一見親切なんだろうけど、私からすると『え?自分の意...

    • 被害妄想強すぎでやべーやつ

    • それはプレイの一種だからな。「〜して!」って懇願したらいいと思う。

    • 単純な興味で聞きたいんだけど 「してもいい」に意見がなく「したい」に意思があるように思えるっていうけど たとえば「したいんだけどいい?」ってどうなの? つまり、単純に「し...

      • >つまり、単純に「してもいい」の「したい」の部分と「問題ない?」の部分を分離させてるだけなんだけど それはまともな質問だから、ちゃんと答えられるわ。私も前はそういうも...

        • 悪いけど意見があわなそうだね。 考えを聞いといて拒絶するだけだと、増田に申し訳ないから、自分の考えを書くね? 上司はうざいだけで、「してもいい」という言い方自体に意味を...

          • あーそういうのは思いつかなかったです。だから、思いついてたら返してたとおもいます。 そして、その人は目上→年上の意味で言ってました。私を手助けしてくれる役割の人で上司の...

      • ぶっちゃけ、あれ単にメタメッセージが読めないアスペが自己陶酔してるだけなんだよな 妻とケンカしてたがそのおかけで賛同してくれたはそういうふうに読者をコントロールするため...

    • 自演乙でーす

    • 中出しする?→妊娠→結婚 中出ししたい!→妊娠→別れてもOK こういうこと?

  • つい先日、わたしもパートナーに対して、"〜してもいい?"じゃなくて"したい"って言ってくれた方が良いと伝えたばかりだったので、同じような人がいて嬉しい。 相手が〜してもいいか...

  • 微笑みつつも瞳から大粒の涙をこぼしながら突然強く抱きしめてきた。 そんな提案をすると、妻はとてもうれしそうに、恥ずかしそうにうなずいた。 から醸し出される非実在嫁感…

  • ええ気づきや。日本企業にもいえることですやん!

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん