2017-07-24

ファッションヘルスダブルブッキングされた話──あるいは客の民度謝罪ソリューション

 先週のこと、ファッションヘルスダブルブッキングを食らった。

 前の日に電話お気に入り女性の予約をして、1時間前に確認電話をして、そこまではまったく、いつも通りだった。いつも通りと書くくらいにはファッションヘルスにいつも行っているし、その中でも数年間にわたって通っているくらい、いつも行っている店での話だ。

 確認電話で指示された通り、予約時間の15分前に店着した。いつものように受付で予約した女性名前自分名前(偽名だ)を告げると、受付順番待ちのカードを渡されて待合室に通された。ちなみに、箱ヘルである

 数分後、再び受付に通されると、店員がぶっきらぼうに、こんなことを言う。

申し訳ありませんが、昨日予約をいただいた時点でAさんにはすでに別の方の予約が入っておりまして、本日はこの時間からお遊びいただけません」

 断固とした言い方だった。その言葉ほど申し訳なさそうでもない。

 怒髪、天を突いた。ハゲ上がるほどの怒りが、身体中を駆け巡る。ファッションヘルスを直前で取り上げられるとは、それほどの事態である。前日予約から10時間以上かけて徐々に気持ちを作り上げてきた私には、目の前の店員(クソ)を怒鳴りつける権利があっただろう。

 だが、相手ファッションヘルス店員であるファッションヘルスプレイルームには、すべからく「本番強要されたし者にはそれなりの対処をいたす」的な貼り紙がある。こうした店には「それなりの対処」要員がいるということだ。私はとりあえず怒髪を収め、「あ、えっと、えー……」と、曖昧リアクションをぶちかますにとどめた。

 すると、再度、店員謝罪をする。

申し訳ございません」

 この店には数年にわたって通っているが、初めての経験だった。おそらくダブルブッキング意図的ものではなく、本当に単なるミスだったのだろう。そしてそれは「私がAさんと今から遊ぶ」という予定にとっては、取り返しのつかないミスであった。

 取り返しのつかないミスをしたとき、どう謝れば相手が納得してくれるのか。

 私たち日常の中で、しばしばこうしたケースを「謝罪する側」として経験することがある。とにかく平身低頭相手気持ちを逆なでしないように、心の限り下手に出て、許しを請う。それが常道であるはずだ。

 だが、この店員謝罪からは「許してもらおう」という意図はまるで感じられなかった。「別にどっちでもいっすけど」「キレて帰ってもらってもいっすけど」彼の態度は、言外にそう述べていた。

 ファッションヘルスの客層、あるいは客の民度というものを考えた。おそらく、こうしたミスは往々にして起こるのだろう。そして、キレる客も少なくないのだろう。相手は性欲を持て余している上に、金を払ってその性欲を解消しようという人間だ。そして、今この瞬間、ファッションヘルスのほかに行き場所がなく、相手もない、そういう人間だ。そういう人間相手ミスをしてしまったとき、「キレて帰ってもらってもいっすけど」という態度は、実に正しいものだと思えた。もとより説得は不可能だし、事態リカバリすることはできない。そうした客の怒りに、彼らは何度も触れてきたのだろう。だから、彼らは「許されなくてもいい」というソリューションを選んでいるのだ。

 ダブルブッキングされたことに加え、いい大人から「説得不能な民度の低い客」と扱われたことへの怒りに打ち震えながら「うー……そうなんすか……」と、つぶやいた私に、店員は「今すぐでしたら、このお2人がお遊びになれます」と2枚のパネルを出してきた。好きな方を選べ、ということらしい。

 冗談じゃない、と思った。私は行きずりで来店したわけではない。お気に入り女性を前日に予約するということは、これはもうデート約束である。前日から、その女性のことばかり考えては勃起し、オナニー我慢することに苦心してきたのだ。今さらほかの女性と遊ぶ気になんて、なれるはずはない。

 だが一方で、御し難いほどに性欲は膨れ上がっている。そもそも数年にわたって通っている店なので、女性サービスレベルについては、ある程度信頼もしている。だからといって、あのお気に入り女性を裏切るのは……。

「でも、指名料は取るんですよね?」

 気が付くと、私は一歩前に進んでいた。指名料は2000円である。予約をドタキャンされた上に、代替女性に対して指名料を払うのは、これは道理が通らないだろう。そう考えていた。

「いえ、特別サービスしますよ」

 ならば話は早い。2枚のパネルのうち、背が低くてかわいらしいタイプ初見女性を、私は指差していた。数年にわたって通っている店なので、パネルマジック加減についても、それなりに心得ている。

 私は予約していたのと同じ、60分コース選択した。指名料を差し引かれたとしても、安くない金額である。安くない金額なので、財布に忍ばせていた500円の割引券を差し出す。すると店員は、「あ、特別サービスしちゃったんで、割引券はちょっと」と言い出した。

 特別サービスとは何事だ。こっちは予約の確認電話までして、クッソ暑い中30分も電車に揺られて来ているというのに。ドタキャンしといて、何が特別サービスだ。

 私は彼らを怒鳴りつけるかわりに「あ、そっすよね……」と番号札をふんだくって、待合室のカーテンを引き、ベンチシートに座って横柄に脚を広げた。怒りはまだ収まらない。代替女性に対して、いつもより乱暴プレイスタイル選択してしまうかもしれない。恨むなら店員を恨むがいい。ルール内であれば、何をやってもいいのがファッションヘルスだ。考えうる限りの恥辱を尽くしてやろう。待合室のテレビの下が本棚になっていて、「ゴルゴ13」の単行本があきれるほど並んでいる。

 間もなく、1人の客が入店してきた。受付での話し声が聞こえる。私が予約していた、あの女性名前が聞こえた。ダブルブッキングのもう1人の、私より先に電話をした男のようだった。私から彼女を奪い取った憎き悪漢は、どんなヤツなのか。

 カーテンを開けて待合室に入ってきたのは、本当に、なんの特徴もない男だった。紺のスラックスに白のワイシャツで、手ぶらだった。30くらいかもしれないし、40くらいかもしれない。金持ちかもしれないし、なけなしの金をはたいて来店した貧乏人かもしれない。

 不思議と、憎しみは湧かなかった。ただ、この男が私のお気に入りのあの女性あんなことやこんなことをするのだという事実けが、悲しかった。彼女の表情や身体の部位や舌使いをリアル想像できるだけに、とても悲しかった。頭の中が、あの女性の痴態で満たされていった。

 そして、勃起した。

 勃起したまま、私は店員に呼ばれ、代替女性と対面した。写真パネルとほぼ相違ない、かわいらしい女性だった。白く柔らかいさな手で私の手を握り、プレイルームに案内してくれた。そして、廊下を歩きながら、会うなり勃起している私の股間を触って、大変喜んでくれた。

「あ、もうこんなになってる!」

「か、かわいいから……もう勃っちゃった……」

 彼女が私の股間を握る手に少し力をこめて、私は「うっ」と唸った。目の前に天使がいた。その後のことは、あまりよく憶えていない。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん