「神田橋」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 神田橋とは

2015-10-18

妊婦に優しくされない人間妊婦に優しくする筋合いなどない

一日、あまり鬱屈としているウェブを見ずに転部のための勉強 つまりTOEFL勉強をしたがいつもより気分が良かった。

土曜日の夜に神田橋に立って川面を見ているときと同じくらい落ち着いていた。

今度は朝日新聞記事ネタにして不毛な議論をしているようだ。

妊婦マタニティマークを付けるのを恐れているという記事だった。

自分マタニティマークを見ても譲らない。

立っていたら、おっかなそうな老人は座らせるけど、妊婦には譲らない。

自分がその妊婦勃起しても譲らない。勃起させる力を持っていることが腹を立たせなおさら譲ろうとは思わなくなる。

とりあえず、朝日新聞記事がどのくらい真実なのか確かめる気はないが、その記事鵜呑みにしたうえでのはてブを見ると呆れるものだった。

大抵が「妊婦に優しくしないもの死ね」だ。極稀に優しさをみせるものがあったが、大半が妊婦に優しくしないものは死んだほうがよいというものであった。

妊婦に優しくされたことがなく、そして、妊婦に優しくされる予定もない。

そんな人間に対して「妊婦に優しくしろ」と言われても、嫌になるに決まっているのではないか。

自分は顔の良い妊婦には苛立ちを覚える。

おそらく、その妊婦は男を選ぶ余地があっただろう。とりあえずセックスには困らなかったはずだ。そして、今まで優しくされていただろう。将来自分に対して優しくすることはないだろう。もしかしたら金目的ならあるかもしれないが、そんな輩死んでしまえと感じる。

まぁ、妊婦が優しくしてくれなかったし、これからも大抵は優しくなんかしてくれないのだから、譲る筋合いなどないと言われたら言い返せないということだ。

また、妊婦けが優しくされるのにくるしむ人間だっているだろう。

自分高校生の時 腎臓の病の薬の副作用で、醜い容姿がより醜く 顔全体が腫れ、ニキビだらけになり膿や血やら脂やらが吹き出て、つねにお腹が張り気持ち悪く、不眠で気が狂いそうだったが総武線に30分乗っていた。誰も優しくなんかしてくれない。

気持ち悪がられはしたが、優しくされなかった。

これから妊婦になるかもしれない、顔のいい女は嫌がって自分の隣には座らなかった。

現代社会妊婦の大抵は、散々幸せ享受し、これからもそうなのだから優しくなんかしたくないと思う人間がいても仕方ない。

また、産まない選択だってある。それくらいでギャアギャアいうならば産むなと言われても仕方ない。

コメントから一番汲み取れる悲しいことは、腹の中にいる子の多かれ少なかれは妊婦に優しくしない人間死ねなんていう人間がいるこんな世の中に生まれてこないほうが幸せであることだ。

自分は生まれたくなかった。

追加

病人を助ける必要があるのは、自分病気になるかもしれないという理由かあるからで、それを理解できる人は多い。

しかし、妊婦というのは限られた人間しかなれないものだし、殆どなりたくてなる。

まり特権的階級と思われてもしかたがないし、なりたいのになれない人間妊婦に悪意を向けるのはやむ得ないし、弱者ではないので助ける必要がないという理由になる。

※再追加

あんまりこんな不毛ものを書く必要はないのだが、自分不細工な母の、それまた不細工高卒の弟は40代40代容姿のよくない女と結婚した。

そして容姿が悪い女の子が生まれた。容姿が悪い妊婦はどうなのかという問いかけなのだが、おそらくそんな女でも優しくはしないだろう。

美人妊婦ほどのイラ立ちは覚えないが、譲りはしない。腹の中の子に対してかわいそうだとは思うときはある。自分の両親の容姿がよくないから

腹が立つ妊婦が増えている可能性はある。都内地下鉄を乗ると容姿の良い妊婦がおおいことに気づく。妊婦まで行くというのがある一定容姿女性特権になっているのかもしれない。

腹は立つが生まれてくる子は容姿が良い方が幸せだ。自分はそんな風に生まれてくる顔の良い子が大っ嫌いだが、その子たちは幸せだ。叔父の子は不幸だ。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん