2018-12-19

別れた恋人自殺した

短い期間付き合って、最近別れたばかりの女性自殺した。

彼女人生はとても苦しいもので、辛く悲しい思いをし続けた人だった。

今僕は悲しくて、辛くて、自分を責め続けている。

付き合っている間も、楽しかった思い出より苦しんでいる彼女をどうやって助けてあげられるのか、

自分にできるのは何で、何ができなくて、どうしたら互いにプラスになるように付き合っていけるのかを考え続け、こちらも辛かった時間のほうが多い。

でも、その少ない楽しかった記憶彼女は、とてもチャーミングで素敵な女性だった。

嬉しそうな笑顔を見たら僕の抱えていること・彼女の抱えている事の全てが消し飛ぶほど嬉しくなった。

可哀想なだけじゃない。本当に可愛らしくユーモラスで魅力的な、綺麗な声の人だった。

居ないと分かっていても信じられず、彼女の部屋へ行ってきた。

何度か寄っていったパン屋休みだったので、これもいつものコンビニでよく頼まれパン(それはなかったので似たようなもの)とおにぎりを買った。

いつも灯りの付いていた部屋の窓は暗かった。

何故、何をしに行ったのか分からない。

何かをして記憶に留めておきたかったのだろう。

彼女はそれは滅茶苦茶な性格生活だったのだが、仕事をしていた彼女を慕う人は多かったようだ。

その「もう一人の彼女」は、常に笑顔相手のためを思い努力をする、元気で明るく楽しい頑張り屋さんだった。

一風変わったセンスユーモアの持ち主で、スケジュールは常にぎっしりだった。。

「もう一人の彼女」であり続けるためそれを保ちつづけるために、見ていて痛々しくなるほど仕事に埋没していることもしばしばだった。

しかしたら様々な理由で失われてしまった本来自分を取り戻そうとしていたのでは無いだろうか?

自覚していなくても無意識自分を急き立て足掻いていたのではないだろうか?

当時は苦しい現実を一時でも忘れるために、自分を削りながら「もう一人の彼女」を必死で保ち逃げ込んでいたように思っていた。それが更に自らを痛めつけることを知りながら。

正解は分からない。辛くて何度も泣いていたことは知っている。

そして僕は何も出来なかった。一時は助けに心の支えになれている気がしていた。

しかしたら、彼女を変えられるかも、僕も変われるかもしれないという期待した事もあった。

気がしていただけだった。結局彼女は何も変わらず苦しみ続け死を選んだ。

おそらく素顔の彼女を知る人は少ない。

過剰なくらい責任感があり、断じて頭も悪くないし世間常識が無かったわけでもない。

無茶な生活も頭では分かっていても心と身体が言うことを聞かなかったのだろう。

それを自覚し苦しんでいたのだろう。

自死という選択が何を意味するのか理解していても、そう選択せざるを得ないほど苦しくこれ以上耐えられなくなったのだろう。

今はそう想像している。

素顔の彼女記憶する人間であり続けたい。

僕の知っている彼女は僕の記憶と僕の手元にある記録にしかいないのだから

これが僕が今彼女にできる唯一の事なので、せめてこれだけは辛くても抱えて生きていくつもりだ。

一緒にいる喜びを感じたときのことも忘れず思い出すよ。

可哀想な人だった、では終わらせたくない。

苦しみながら何とか良くなろうと誠実であろうと懸命に戦いながら生きてきた人だった。

凄いよ。偉かったよ。

嫌いになって別れたのではない。形的には振られた格好だが僕は彼女の持っている「つらさ」に耐えられなくなっていた。

彼女感情暴走し詰られたことも少なくない。言いたくても言えないと思っていたことが沢山あったのかもしれない。

彼女に対して嘘は言ったことは一度もない。彼女の事がわかり始めたときに嘘があったら続かないと心底思ったから。

でもそれだけじゃ全然足りなかった。そもそも僕は彼女気持ちに応える資格が無かったのだろう。

期待させて裏切った、恨むべき人間なのかもしれない。


こちからLINEに返事が少なくなり、ある日「忙しくて体調悪いのにうるさい、返信いらない」と送られた。

その後やり取りがしばらく途絶えた後、僕からの「落ち着いたら連絡ください」に応える形で

「たくさん助けてくれてありがとう貴方と会えて良かったと思ってる。でもやっぱり」と送られてきた。

僕は「僕は貴女の望んだ人間じゃないのだろうね。ごめん。付き合ってくれてありがとう」とお別れを言った。

その時、ほんの少しホッとしたのだ。楽になれると。

喪失感とともに安心感も有ったのだ。


お別れを言ってから彼女書き込みを見るのを止めてしまっていた。

少しして貸したままになっているノートパソコンの事が気になり、使えているかどうかLINEで訊いてみた。

嫌い合って別れたわけでは無いから、事務的なやり取りはできるだろうと思って。

たまに話したりする関係になれるかもしれない、という期待もあった。

程よい距離感、ずるい考えだと思う。

既読にならない。「そうだよな・・」

翌日彼女アカウントを開くと、自殺するとの書き込みがあった。

どうしたらいいか、今自分が連絡してさらにその感情を昂ぶらせないか、それともすぐに家に行ったほうが良いのか、

オロオロしやっと数少ない共通の知人に連絡をした。話に聞いていただけで会った事のない彼女の友人にも。


その後、自殺した、と分かった。

僕が読んだときにまだ生きていたのか、もう亡くなっていたのかまだ分からない。

最後文書には僕のことは全く触れられていなかった。新しい恋人との悲しいやり取りやこれまでの自分を振り返るような内容だった。

彼女は起伏の激しい人だったから、僕のことはもう少しも意識していなかったとしても頷ける。彼女が死を選ぶ要因の一部に僕があったなら、そう思っているから今辛くて苦しいのだけど、全くそんな事はなかったらそれはそれで寂しくはある。なんだそれ、自分の身勝手さが嫌になる。



辛かったね。しんどかったね。

今はちょっとでも楽になれていますか?

何もできなかった僕を恨んでいますか?いや簡単に人のせいにしたり恨んだりするような人ではないよね。ごめんなさい。

もう忘れ去ってどうでも良くなっていましたか?そうだったら、それはそれで寂しいね


今、彼女がここでないどこかで、

本来そうあるはずだった、

明るくて可愛らしくておっとりとした貴女に戻り、

とても愛くるしいあの笑顔を浮かべながらゆったりとペット達と遊んでいて欲しい。

もう頑張る必要はないのだからのんびりとゆっくり穏やかに休んで欲しい。



と、現実逃避している自分はとても狡くて卑怯人間だ。

先に書いた通り彼女は僕の後に別の人を好きになっていたらしい。

最期彼女の心の中には僕は全く存在していなかったのかもしれない。

それでも自分の弱さ卑怯さ狡さを呪うことを止められない。

これだってただ自分を慰めるために書いているに過ぎないし、全て見当違いの戯言なのかもしれない

[懺悔]

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん