「sheila」を含む日記 RSS

はてなキーワード: sheilaとは

2017-06-30

ジェットスターを持ち上げている方がいたが

5.障害を持った乗客差別被害ジェットスター告訴

• 小児麻痺症候群脊椎圧迫を患うSheila Kingさんは、2008年ジェットスター航空アデレードブリスベン行きの航空券を手配するために電話をしたところ、そのフライトは変更しなければならないと言われました。

• ジェットスター航空国内線では、車椅子の援助が必要乗客は一便につき2人までという規則があり、Kingさんは3人目の乗客であるとのことでした。

• Kingさんはジェットスター航空規則は、障害者差別防止法に違反していると反論しました。

• しかしながら、Kingさんが車椅子乗客として搭乗出来なかったのは、ジェットスター航空ウェブサイト掲載されている特別な援助の規則に基づいた理由からであり、さらジェットスター航空は、他のフライトに変更するように伝えたという理由で、2013年1月連邦裁判所ジェットスター航空に有利な判決を下しました。。

• 判事Kingさんにジェットスター航空裁判費用として、最大で20,000ドル未満を支払うように命じました。

結局、無理な物は無理だという事で、訴えた側がジェットスターの2万ドル以下の裁判費用を支払わされているのです。

海外なら障碍者意見が何でも通ると思ったら間違いです。

余談ですが、某氏オーストラリアから同様の判決を受けているという説があるのですが、そのソースらしきものは見当たりませんでした。

2017-04-08

同性カップルの親を子供は何て呼ぶ?

最近大阪市男性カップルを養育里親として認定したニュース話題になっている。

で、ふと思ったのだけど、この場合子供は親をなんと呼ぶのだろう?

日本において、一般的呼称は「お父さん、お母さん」「パパ、ママ」あたりだと思う。

しかし、同性カップル場合、両親ともに「お父さん」または「お母さん」になるので、何と呼ばせるのか悩むことになりそうだ。(見た目や内面が異性のカップルであれば、従来の呼び方になるかも知れない)

最初に思いつくのは、名前で呼ばせる、という選択肢だが、日本では馴染みが無い気がする。

名前に「さん」を付けて呼ぶのもありかもしれないが、ある程度成長した後ならまだしも、子供が小さい頃から「さん」を付けて呼ばせるのに抵抗を持つ人もいそうだ。

他にはあだ名で呼ぶ、という選択肢もある。これもあまり一般的では無いが、名前を呼ぶよりは自然な気がする。

あだ名とは少し違うが、仮にカップル名前がタロウさんとケンさんの場合、「タロパパ」「ケンパパ」と呼ぶのもありかもしれない。従来の呼び方踏襲しつつ、呼び分けられるので、このあたりが妥当だろうか。

海外場合、親を名前で呼ぶのもそれほど珍しくないという印象がある。

調べてみて分かったが、多いのはひとりを「Mom、Dad」で呼び、もうひとりを名前で呼ぶ、というもの。(統計とかを見つけたわけではないので、サンプル数は少ない)

いくつか例を挙げてみると、

女性カップル名前AliceとAnnalieseで、呼び方MummaとMummaleise。(ケンパパ、みたいなもんかな?)

女性カップル呼び方は両方ともMomだったり、名前だったり。

女性カップルイギリス出身の方をMum、もう一人をMom。(発音違うのかな?)

女性カップル:実の母親Mom、もう一人を名前

男性カップル:PapaとDad。

男性カップル:実の父親をDad、もう一人を名前

女性カップル:実の母親Mom、もう一人をmom Debbie。

男性カップル:DadとBrian。

女性カップル:実の母親Mom、もう一人をsheila

…きりがないのでこの辺で。

やはりというか、英語圏では名前で呼ぶのに抵抗がない、というのが大きい。

まあ、家庭内で呼ぶのは何とでもなるだろう。難しいのは、他人がどう呼ぶか、という方だと思う。「~君のお父さん」とか、「~さんのお母さま」といった表現に多少無理が生じる。

今後、日本でも同性婚が認められ、姓も同じになると、もう名前で呼ぶか、文脈で上手く伝えるしかない。

あと、ここまで「カップル」と書いてきたけど、日本語ではどう呼べば良いのだろう。「カップル」は語感が軽すぎるので、他の呼び方が欲しいところだ。

夫婦」と同じ読み方で、「夫々」「婦々」とか?

夫々」は「それぞれ」とも読むのが難点だが、これなら読み方は従来通りだし、妥当な線だと思う。

いかがか。

2010-05-15

起業するなら心に留めておきたい5つの秘訣

1. ビジネスを立ち上げる日を設定する。BeckySheila場合は、5月会社をその年の9月に設立すると決めた。最初は「どんなにか大変だろう」と思ったのだが、それほどでもないことに気づいたが、日付にはこだわった。信念を持って計画を達成しよう。

2. 自分たちに完璧を求めないこと。努力するのはよいことだけど、顧客のための自分のドアを開く方法を見つけた方がよい。

3. テスト期間中に収益をあげよう。ビジネスを立ち上げ、ビジネスを始めるときには、すでに顧客からのフィードバック、何を売るのか、何に優れているのか、何が収益が高いのか、自分が何がしたいのか、ということが土台になっているように。

4. 狭いターゲットに絞ろう。これは非常に難しいことだ。なぜなら、人間の傾向として、巨大な市場の後についていって成長するほうが簡単だと、考えがちだからだ。小さな市場サービス提供するという信念は、最もよいチャンスに注力することや、とてもよい製品ソリューションを作るときに役立つはずだ。そうすれば顧客クチコミによってそれを広め売上がついてくるだろう。

5. 顧客課題を解決するために自分たちのツールを売り込むことよりも、顧客課題自体に集中しよう。この心構えは、ビジネスプランを練ったり、製品顧客ニーズに合わせることに役立つはずだ。これは、異なる製品サービスビジネスを成長させるためのソリューションになるかもしれないということを気づかせるかもしれない。

http://d.hatena.ne.jp/momoco-f/20100507/1273163950

5 Secrets from a Profitable Start-Up business

 A year ago, Becky McCray and Sheila Scarborough were entrepreneurs with their own businesses who attended the SOBCon conference and decided to partner to start a business. By September 2009, they had launched Tourism Currents to teach tourism professionals how to use social media. In their first month, they generated a profit. Today, they came back to SOBCon and shared the secrets of their success, with the caveat ? these are not rules, the path has not been perfect, but it worked for them, so it could work for you too:

 

 1.Set a deadline to launch your business. They decided in May that they would launch in September, and stuck to the deadline even as they learned their initial expectations of “How hard could it be?” were inaccurate. Push forward and…

 2.Don’t expect perfection of yourself. It is good to strive for this, but is better to find a way to open your doors to customers so you can…

 3.Generate revenue while you test. Launch and iterate on your business based on feedback from your customers, what sells, what you’re good at, what is profitable, what you want to do.

 4.Solve for a narrow target. This is very difficult because our natural tendency is to think it is easier to grow by going after a big market. Trust that solving for a narrow market helps you focus on the best opportunities and will help you create great products and solutions that your customers help you sell through word of mouth.

 5.Focus on your customer’s problems rather than the tools you’re selling to solve them. Having this mindset allows you to evolve both your business plan and products to meet their needs. This allows you to see that a different tool (your product or service), rather than a better one, might be the solution that helps you grow your business.

 http://blog.quickbooksonline.com/2010/05/01/5-secrets-from-a-profitable-start-up-business/

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん