2022-07-28

青山剛昌尾田栄一郎の対談がクソ面白かった

ワンピースコナン、両者とも100巻を超えたということで迎えたこの対談。なおコナンのほうが話数はちょっと多い。

ファンとしても青山剛昌がたびたびワンピース名前を出していたこと、100巻が同じタイミングで来るのでそこで対談をしたいと言っていたこと。コナン100巻のときに尾田が青山を戦友だと祝ったことなどがあったので、かなり楽しみにしていたのだが、ついに初対面!

なんとつながる表紙!声優の祝福コメントコラボ動画看板!などなどお祭りムードが漂った中でサンデー編集長は尾田に名刺を渡していつでもこっちに来いと言わんばかりの熱だ。

多分青山はこんな大事になるなんて思わず提案したに違いない。

そんな対談では読者が初めて知る新情報散見された。作品ファンは要チェック!なのだが本当に面白いのは二人のスタンス、そして雑誌の色がわかる部分であった。

尾田が語るジャンプ競争の激しい世界だ。

常にアンケート順位を気にしている。そして他誌のことはライバルだと思っていたそうだ。ワンピース連載当初というと灰原哀が出てきた頃でコナンは人気爆発を始めたころ。だからコナンは敵でライバルであったので読まなかった。しかも「推理漫画少年漫画の一位であってはならないと思ってた」などの超失礼発言が飛び出す。現場ジャンプ編集長はここで胃が焼き切れたであろう。

そんな尾田に対して青山ジャンプサンデーの味方だったと話す。仏か?

そもそもジャンプ自分の描く漫画共通点が無いのでライバルになりえないらしい。

元々ジャンプ漫画家が入れ替わる漫画雑誌だ。それに対してサンデー漫画家を据え置きで漫画が変わっていく風潮がある。

このあたりが二人のスタンスを大きく分けた部分でもあり、二人がその雑誌の色にハマった部分でもあるのだろう。

そしてジャンプサンデーの違いを青山が指摘し、尾田が解説した部分が興味深かった。

ジャンプラブコメラブコメ、バトルはバトルと分かれている。それに対してサンデーにその境目はない。殺人ラブコメも同じ場所で起こるのだ。

ジャンプ恋愛を挟まずヒットした作品成功体験としてあるのだろう。尾田自身もラブを挟むと人気が落ちると思っている。

しか青山は即答で否定する。むしろ燃え上がって応援してくれると言う。これは青山サンデーラブコメを挟んだ作品成功体験があるからだ。

どちらが良いかいかではない。そういう色なのだ

ここまで本当に漫画論がなかなか噛み合わない二人である

ジャンプ側の前編はそれが如実に現れており、尾田が「あの頃のジャンプを語ってくれ」と頼むと青山は「マガジン派だった(見てない)」と返すのだ。

ジャンプ第一線でずっと戦ってた大手企業勤めの尾田とサンデー特別顧問立ち位置でアホほど稼ぐフリーランス青山と言った感じ(干支が一回り違うのもある)。

そんなバチバチジャンプ対談から後編サンデー対談になると、一気に空気が緩和されるのだ!こんなところにも雑誌の色が?と思ったのだが、狂犬の尾田が仏の青山に心を開いていくのだ。

前編では見出されなかった共通点がどんどんと増えていく。

ファンレター嬉しい

考察厨の扱い方

入院中でも仕事したい

・周囲だけ変わっていく

自分の年齢もだが声優の年齢も心配

大谷育江かわいい

映画に関わりすぎた感がある(忙しい)

漫画描くの辛いと思ったことがない。楽しい

・転生してもワンピコナンは描く

・一作品で好きなこと全部やってる

・一応終わろうとは思ってるが約束しきれない

などなど。このあたりから意気投合モードだ。

狂犬尾田が最後には「せーので一緒に終ろう」とか言い出すほどなのだ

正直なところ青山はいろんなジャンル漫画家と対談する機会も多いのと超がつくマイペースなので、どこでもこんな風ではある。

しかし尾田のこの感じはなかなか見れないものだった。とくに少女漫画大好きの青山ラブコメを後押しされてしまった今後の最終章ワンピース!いたる所でカップルが生まれるかもしれないし生まれいかもしれない!

そのきっかけとなるかもしれない対談、何度も言うが必見である

なお大量に入荷したらしい近所のサンデーがもう売り切れているので注意が必要だ。電子もあるがポストカード欲しいなら急ぐように。

  • そもそもONE PIECEなんて、今の小中学生のジャンプ読者は読んでないでしょ。 今、誰が何のために何をしているのか、そもそも登場人物は誰なのか、小中学生にはサッパリ分からない。 海...

    • コナンも大きな女オタクしか見てないで

      • いやいや子ども見てるよ・・・ こどもおらんの?

      • 腐女子人気「だけ」で毎年90億前後の興行収入叩き出せるわけないだろ 女にそこまでの力はない、過大評価しすぎまとめサイトに毒されすぎ 普通に小さい子連れの家族や男子学生が学校...

      • 大きな男オタクだけどコナンは読んでるよ こないだの浮気の匂いにテンション上がる浮気研究家灰原哀めちゃくちゃよかったよね

    • 最近のワンピースのバトルは全員バラバラに戦いすぎて全然おもろないわ ルフィやゾロの戦いあたりは主役級で面白いけど、サンジやウソップパートですでにだいぶ盛り下がるし、トナ...

  • 尾田栄一郎はジャンプ読者がそのままジャンプ漫画家となったジャンプ至上主義者の態度がそのまま現れててキャラが立ってたな 「ジャンプ以外は興味ねぇ!!」って大声で言える風格 ...

  • 小学館は編集がクソだからなあ

  • 長期連載の漫画家ってなんかプロ意識感じないんだよな。そんな長いストーリーがベストなわけがない。 その点、進撃の巨人とか、鬼滅の刃は潔かった。

    • 稼いでこそプロだよ 長く続けると周りにも多大な利益が出る 人のためになればもうプロっすよ

  • キモい。 チャンネル桜あがりのチンピラ代議士となんで対談してんだ? あれか、表自戦士繋がりか。 それで面白い面白い、って言えるんだからお前らほんとチョロいな。

  • 冨樫はアウトオブ眼中

    • そらいまサンデーで連載してる久米田康治より話合わないだろうし…

  • >> 自分の年齢もだが声優の年齢も心配 << ジジイのションベンみたいにダラダラダラダラやってるからな。

  • 尾田「なんのゲームやんの?」 青山「簡単なやつしかやんないよ。艦これとかあつ森とか」 艦これってかなり難易度高いよね…

  • ジャンプ買った人がサンデー買ったら数足りないだろ!

  • 初期の青山は独特な絵を描く人で好きだった

  • ジャンプしか読んでないけど対談面白かったわ サンデー買ってみよかな

  • まーた工作員による宣伝だよ。最近ワンピース終わる終わる宣伝うっとうしい位頻繁だよな

  • 最初のトラバでくだらないレスバが伸びてて泣ける せっかくの元増田が汚されてる

  • サンデーには高橋留美子・あだち充というメディアミックスの権化がおり青山も追随したわけだが、 ワンピース、尾田の同時期に脂が乗った漫画たちはクールジャパンの導火線になった...

  • ジャンプとサンデー買ったわ

  • 恋愛要素入れたぐらいでそこまで人気が急落するということはないと思うが、2ch(5ch)の少年漫画板に住みついてるような、自分の気に入らないものにはすぐ女媚びだ腐媚びだと騒ぐおじさ...

    • 恋愛ができるようになりました、結婚して子供が生まれました、というのは「日常に戻ってきた」ことの象徴としてわかりやすいからな。

      • まあ大衆への分かりやすさ(安易でもある)と、子孫編でまた商売できる商業的理由もあるんだろうなと

    • >でも最終回で総カップリング化みたいになる作品多いよなジャンプ   数で言えば多くはないと思うが、 鰤やナルトみたいな、脇役まで全部人気あるみたいな作品だと 全員にそれなり...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん