2017-07-17

想像妊娠想像を絶した

ちょっと前の話だが、私はたぶん想像妊娠をしていた。

今思うとただの生理不順だったわけだが。

想像妊娠には理由があって、私の場合妊娠はしてはいけない状況下にいて、心配するあまり発症

避妊はしたけど失敗したのでは?と相手に対して懐疑的になってしまっていたのだ。

記事を書こうと思ったのは、

あの世界(あのとき自分)がこわい

と思ったからだ。

一時的にだったけど、明らかに人が変わっていた。ここまで追い詰められるのは稀かもしれないけど。

ちなみに、身体にでる症状はこんな感じだった。

・軽度の吐き気

・食欲不振(全然お腹減らない)

頭痛

生理前症状(PMS)がない

お腹がゆるい

・食後の貧血

妊娠初期と生理不順は見分けがつきにくいほど初期症状が似ている。

そして、精神的にやられて出た行動がひどい。

時間の使い方が変わった

まず、普段の日課のようなものをする時間がなくなった。

ブラウザは『妊娠 兆候』みたいなページで占領されていったのだ。

出勤時間から休憩、夜寝るまでもずっと探していた。

周りにも相談できなかったので、たくさんの記事を見ては一喜一憂した。

相手相談したけど、失敗してるはずないよ、の一点張りに近かった。

人が変わっていた私は、かなりイラッとしてしまった。少しくらい心配しろよ!とかざけんな!とも思ったし、ちょっと嫌いにもなった笑

・何にも集中できず、涙が止まらない

仕事をしていても、ふとそれを思い出すと泣きそうになった。

MTG中もそれを思い出しては話が遮られて入ってこない。

会社の人とお昼に行っても、自分のような汚れた人間(おろす可能性が高いし、一部ネット中絶殺人者とも呼ばれている)と一緒に食事させていると思うと申し訳なくなって、すごくつらかった。

・手術を想像して泣く

身体負担がかかるのは自分(女性)だ。

中絶により不妊リスクが上がることが予想されるので、本当に赤ちゃんが欲しいときにできなくなるって思った。すべてが自業自得だと思ってさらに泣く、の繰り返しだった。

夜も考えすぎてわんわん泣いた。泣きつかれて寝る日々だった。

経済的計算をし始める

とくに、自分で全部しなければならないところに大きなな負担を感じていた。

経済的に頼れるのも自分だけだった。

でも、お金もそんなにある訳じゃない。

相手経済力は頼れないことがわかっているのでなおさら泣けた。

中絶保険ももちろん適用外だし、そもそも使うと周りにバレる。

・頭のなかで親に謝罪した

親にはもちろん言えなくて、心でバカな娘で本当にごめんなさいと何度も何度も謝った。しばらく実家に帰れない……と思った

電車をみて自殺願望すらでてくる

生きてる方がこの先辛いんじゃないかと思えてきて、電車を見ては頭に死がよぎるのだった。

Twitterはてなで『生理 こない』とか『妊娠検査薬』で検索する

男が『生理こない』って書いてて殴りたくなった

でも、同じような悩みを抱えている女性結構いることがわかって、ちょっと上の感情とか落ち着かせることができた

結局そんなこんなで一週間半くらい鬱まじりの想像妊娠経験した。

生理が来たときは、本当に嬉しくてめちゃくちゃ泣いた。

灰色世界に明るい色がついたくらいに世界が変わった。

食べ物がおいしい。人と話すのが楽しい

なんて幸せなんだろう、と思った。

生理の痛みすらありがたくて拝みたくなるくらいだった。

あのときの私は菩薩並みだったと思う。

急な仕様変更友達の完全アウトな相談もすべてを受け入れられた。

ひとつだけ変わったことといえば、相手には可哀想だけどセックスは産めるまで避妊ありでもNGにしたことぐらい。

想像妊娠ネタとかでバカにされがちだけど、本当につらいから、リスクがある人はちゃんと認知しておいてほしい。

妊娠できないくせに避妊してないような人とか信じられないけど、一時の快楽のために彼女を月一で苦しめているかもしれないので、大切であればちゃんと考えてあげてほしい。

そして、女性のみなさんも、どうか私みたいな鬱混じりの想像妊娠経験しないでね。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん